曇天と花冷えの東〜南東うねり、東風かわすポイントへ【2022.3.29】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

3月29日 火曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

今日は更新が遅くなりそうなので、とりあえず昼の時点での状況をアップしておいて、夜の時点での状況は遅くなりそうですが、追記で更新しようかと思います。

 

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

日本付近をすっぽりと覆っている
高気圧はゆっくり中心を東に移動させてきて
午前9時には高気圧の後面に
位置するようになってきました。

今日の千葉エリアは朝から全天を
雲に覆われてどんよりした空模様
からのスタート

朝の冷え込みはそんなでもないんですが
今日は日中はほとんど気温は
上がらなそうで
花冷えの一日となりそうです

高気圧の後面に位置してきたことにより
沿岸部の風は北東~東の風が
吹きやすい状況となり

今日はこのやや強めに吹いてくる
北東~東の風の影響を受ける
ポイントが多くなってきそうです

先週末に通過していった南よりの
うねりの反応から
今日は東よりのうねりへとシフトして
くるのが昨日の沿岸波浪予想図でも
予想されていましたが

はるか東海上にある高気圧からの
東~南東うねりが反応しているのと
日本付近を覆う高気圧の吹き出しによる
北東~東の風波がともに反応していて
千葉エリアはサイズはあるものの
風の影響でできるポイントは
限られてきています

北東の風をかわすポイントからチェックしていくのが無難となりそうで、片貝や部原、鴨川が風の影響を軽減して比較的良さそうな感じでした。

飯岡や御宿はワンサイズくらい小さめになりそうですが、ビギナーの方には練習できるコンディションにもなりそうです。

風の影響はまだない時間帯でしたけど、ボヨつき気味でややまとまりのないブレイクが中心の波

セットは胸くらいのサイズでショートライドはできてました

北東というより東の風が午前9時ころにはもう吹き始めてきて、面に影響が出てきつつも、たまに入ってくるセットは乗れる波も多く入ってきてました。

今日はこの後もサイドの風がやや強めに吹き続きそうなので、南向きのポイントで入るのが無難となりそうです。

湘南エリアも昨日よりはやはりサイズは落としてきましたけど、西湘エリアでは腰腹サイズは反応があったようで、鵠沼でも朝は腿腰たまに腹くらいの波は入ってきていたようです。

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/29
日の出:05:30 / 日の入:17:57
中潮
満潮:03:35(123cm) / 14:23(120cm)
干潮:09:07(74cm) / 21:14(15cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/29
日の出:05:33 / 日の入:18:00
中潮
満潮:04:01(131cm) / 14:41(124cm)
干潮:09:28(80cm) / 21:39(16cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

東海上に中心を移動させた高気圧は明日はさらに中心が遠ざかる方向へ東に進んでいきます。

明日の関東地方も高気圧の後面に位置して、雲が優勢な空模様が続いてしまいそうです。

高気圧の後面にあるということから、明日も南東の風が入りやすそうな気圧配置ですが、概ね南東〜南の風が入りやすい状況が続くのではないかと想定します。

東〜南東の波が今日より少し反応が良くなる可能性があり、朝一はまだ風の影響が少ない可能性もあるので、

今日出来ていたポイントで朝一から入るか、朝一を逃してしまったのであれば、南からの風を少しでも軽減する一宮周辺や千倉などで早めに入るかなどでしょうか

湘南エリアも今日と同じくらいで反応が続く可能性がありそうなので、こちらも風が弱そうな朝早くからロングや厚めの浮力のあるボードを持参して入るのが良いのではないでしょうか

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/03/30
日の出:05:28 / 日の入:17:58
中潮
満潮:03:58(128cm) / 15:18(129cm)
干潮:09:40(58cm) / 21:53(16cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/03/30
日の出:05:31 / 日の入:18:01
中潮
満潮:04:22(134cm) / 15:37(135cm)
干潮:09:58(63cm) / 22:18(16cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

明後日の午前9時の予想気圧配置です

高気圧は更に遠ざかっていく見込みであり、日本列島を横断するかたちで長い前線がかかる予想となってきて、前線上の東日本あたりには低気圧も予想されています。

関東地方の沿岸部はこの前線や低気圧にむけての南西の風が入りやすい状況となり、朝からやや強めに吹いてきそうです。

南西の風をかわすポイントへ向かうことになりそうですが、また明日の状況みて更新します。


気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

329日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210329/wave-18541/
2020
https://asasfsas24.com/20200329/wave-12412/
2019
https://asasfsas24.com/20190329/wave-6723/
2018
https://asasfsas24.com/20180329/wave-564/
2017
https://asasfsas24.com/20170329/wave-201/

今日の記事は以上です。

うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
最新情報をチェックしよう!