カノア五十嵐が準優勝!優勝はバロン・マミヤ Hurley Pro Sunset Beach【2022.2.19】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

2月19日 土曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

ハワイ・ノースショアで開催されている
Hurley Pro Sunset Beach Presented By Shiseido

今日はWomen’sとMen’sともに
ファイナルまで進み
五十嵐カノア選手は準優勝となりました!

今大会はカノア選手は絶好調だったので
惜しかったですね・・・

でもスポンサーの資生堂の大会で
サンセットビーチでの日の丸背負った選手が
CTでの準優勝ということで
これはホント嬉しいですね

優勝したのはワイルドカードで出場した
地元ハワイのローカルボーイ Barron Mamiya

前回のPipeline Proのモアナ・ジョーンズ・ウォンの
優勝といい、今回もBarron Mamiyaのワイルドカード
での優勝といい

今回のハワイの2つの大会は
地元のローカルサーファーが
かなり強かったですね

いいライディングするたびに
地元のギャラリーの方たちが大盛り上がりで
Barron Mamiya選手もインタビューでは
感極まってたのが印象的でした

この大会はカノアは絶好調な感じで
各ヒート共に危なげない試合運びで
ハイエストなポイントを連発しており
これはファイナルもいけるかなと思って
ライブ配信を見ていたのですが

このヒートはBarron Mamiyaが
圧勝という結果となりました

WSL結果_220219
Source:https://www.worldsurfleague.com/

詳細はWSLのホームページにて
https://www.worldsurfleague.com/

五十嵐カノア選手のCT優勝は
2019年にバリのクラマスで開催された
CT第3戦”Corona Bali Protected”で優勝しており

また今年も優勝すること期待して
日本人選手としてのカノア選手を
応援したいですね!

関連記事

サーフィンの世界最高峰ツアーCT第3戦で歴史的な初優勝バリのクラマスで開催中のCT第3戦”Corona Bali Protected”にて、日本人プロサーファーの五十嵐カノアが優勝しました。CTとはサーフィンの世界チャンピオンシ[…]

それでは今日も気圧配置からみていきましょう
今日は順次更新していきます
【無料キャンペーンのお知らせ】

いい波にのるために(4):
エリア毎の特徴とうねりの向き Kindle版

https://amzn.to/36rOc5F

明日17時から無料キャンペーン
開催することになりました

いい波にのるために(4): エリア毎の特徴とうねりの向き
よろしければご覧いただき
ぜひAmazonでのレビューをお願いします!

今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図

実況天気図

今日の午前3時の実況天気図です

昨日日本海に中心のあった高気圧は
日本を横断しながら中心を東海上まで
移動させてきました。

関東地方は高気圧の後面に位置するようになり
朝から雲が優勢な空模様に

アメダス風向風速_220219_0700

冬型の気圧配置が緩んできたことにより
昨日強く吹いていた北西~北の風は
今朝はおさまっており
風の影響は受けてないポイントが
多い土曜日の朝のコンディションです

唐桑の波浪観測データ_220219_0900

今日も千葉北と茨城エリアは
強い北東うねりの反応が続いており
九十九里~一宮周辺まではまだまだ
ハードなコンディションが続いています

東北の唐桑の波浪観測データを見ると
昨日の夜からは波高はだいぶ落ち着き傾向
となってきており
周期の長い波の観測も少なくなって
きているのがわかります

一方で昨日の記事にも記載しましたが
千葉南エリアは北東うねりの反応は
千葉北よりも弱く

今朝も程よいミドルサイズの波で
遊べるコンディションからのスタートです。

今日の波

今日の波

朝一はほぼ満潮に近い時間帯だったため
潮が多くて乗れる波は少なく
セットもかなり待ちましたけど

次第に潮が引きに動いてきて
東~北東から入ってきてそうな
ワイドな波がコンスタントに
入ってくるようになってきてました

風の影響が出る前は
腹胸たまに肩くらいのセットも入ってきて
ワイドな波ながらも楽しめる
コンディションな時間帯もありました

午後にかけて次第に南~西よりの風が
入ってきそうでしたが
沿岸部の南よりの風は夕方になっても
それほどは強まらなかったようでしたけど

伊豆諸島のアメダス風向風速データを見ると
沖合では強めに南よりの風が吹いていたようで
午後は次第にまとまりのない波にも
なってきたポイントも多かったようです

一宮周辺は落ち着いてくるかどうかと
いったところでしたけど
夕方になってもまだまだハードな
コンディションが続いたようですね・・・

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/02/19
日の出:06:20 / 日の入:17:24
中潮
満潮:06:31(134cm) / 18:06(139cm)
干潮:00:04(4cm) / 12:14(47cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/02/19
日の出:06:24 / 日の入:17:27
中潮
満潮:06:47(141cm) / 18:21(140cm)
干潮:00:21(4cm) / 12:35(52cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

予想気圧配置

今夜9時と明日午前9時の予想気圧配置です

西から二つ玉の低気圧が
東進してきています

日本付近は気圧の谷となり
今夜から明日の明け方にかけては
まとまった雨となるところが
多くなりそうです

雨は明日の朝一まで残っているかも
しれませんが
天気は回復してきて午後は日差しも
でてきて暖かくなりそうです

今日の昼から明日のまとまった雨が
通り過ぎる頃までは南寄りの風が
強く吹く見込みであり

南よりの風波・うねりにより
湘南や千葉の南むきのポイントでは
明日は朝から大きくサイズアップした状態
からのスタートとなりそうです

沿岸波浪予想図

沿岸波浪予想図

明日朝の沿岸波浪予想図では

  • E:房総半島沖では南南東の波
    周期9秒、波高3.0m
  • F相模湾沖も南南東の波
    周期9秒、波高2.2m

とそれぞれ予想されており
千葉エリアには北東うねりの反応も
続きますが卓越波向としては
南南東へとシフトしてくる見込みです

サイズは十分アップしてきそうなのは
わかりましたけど
沿岸部の風がどうなるか次第なところが
ありそうですね

明日は午前9時の予想気圧配置では
すでに低気圧は2つとも東海上へと
抜けている見込みで

日本付近は低気圧の後面で
等圧線の間隔が狭く縦縞でかかるように
なってくる見込み

西高東低の気圧配置となってくるので
午前9時のこの気圧配置になってくる頃までには
風は北よりへとシフトしてきているのでは
ないかと想定します。

まず湘南エリアは
朝から大きくサイズアップしてきているはずで
北寄りの風へとシフトする時間も
千葉より早そうであり、

内海であることからも
朝一までには南の風波が整い始めている
可能性もありそうです

南寄りの風でアップした風波と
東海沖では西風も強まってきて
西うねりの反応もでてきそうなので
夕方までサイズは十分残るのでは
ないでしょうか

午後も北東っぽい風になってきそうですが
オフショアベースの風が続き
一日を通して遊べるコンディションが
続く可能性がありそうです。

千葉エリアも日の出の時間までには
南風から北風にかわっていると思われますが
沿岸部でもかなり強い南風となりそうで
まとまりないジャンクでハードな
波からのスタートとなってきそうです。

千葉は外海であることから
これだけ沿岸部で強いオンショアが続くと
北風が吹いてもすぐにはまとまらない
ことも多いので

朝一から海へ向かうなら
明日は湘南へ向かったほうが良さそうです。

千葉エリアも
北よりの風は午後も続きそうなので
午後に少し落ち着いてまとまってきた
くらいのタイミングで

北風をオフショアとする
ポイントへ向かうというのは
ありかもしれません。

波の落ち着き度合い次第となるので
コンディションとしては
湘南のほうが無難となりそうですが

落ち着き度合いにあわせて
タイミングよく海に入れれば
千葉エリアのほうが空いてて
いい波に乗れる本数も多くなるかも
しれませんね

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)
2022/02/20
日の出:06:19 / 日の入:17:25
中潮
満潮:06:54(135cm) / 18:48(133cm)
干潮:00:34(13cm) / 12:48(40cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)
2022/02/20
日の出:06:23 / 日の入:17:28
中潮
満潮:07:09(140cm) / 19:04(135cm)
干潮:00:51(14cm) / 13:09(44cm)

明後日の気圧配置と風と波

明後日の午前9時の予想気圧配置

予想気圧配置

予想気圧配置

明日午後9時と明後日の午前9時の予想気圧配置です

低気圧は東海上をまとまりつつ
北へと移動していきそうで
千島の東あたりで猛発達してくる
予想気圧配置となっています

日本付近は等圧線の間隔が狭くなり
西高東低の気圧配置となってきます。

風は北~北西ベースとなり
通過した低気圧が残した
南~南東うねりの反応と
東海沖からの西うねりの
反応も続きそうで

南向きのポイントを中心に
遊べる波が残る可能性がありそうです。

湘南もコンディションよく楽しめる
波がありそうで、
千葉は北西の風が冷たそうですけど
風を考慮してポイント選びすれば
十分サーフィン可能となってきそうです

また明日の状況みて
更新します

気象関連実況データ

Twitterタイムライン

Windy:https://www.windy.com/

Wind

Waves

Swell1

過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

【千葉・湘南】今日の気圧配置と波情報(2022/02/19)
2月19日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210219/wave-17964/
2020
https://asasfsas24.com/20200219/wave-11801/
2019
https://asasfsas24.com/20190219/wave-6302/
2018
https://asasfsas24.com/20180219/wave-526/
2017
https://asasfsas24.com/20170219/wave-163/

今日の記事は以上です。

ぼっちサーフィン

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

ISA-WSG

世界レベルのサーフィンを観戦しに宮崎へ2019年9月7日から15日まで宮崎の木崎浜で開催されている、ISAワールドサーフィンゲームスを観戦してきました(Day6 ; 9/12)。実は元々は観戦する予定はなかったのですが、世界のト[…]

気圧配置による風と波

はるべえ今回は気圧配置の型によってどんな波になるのかを詳しく解説していきます毎日毎日天気図みて気圧配置の流れからどんな波のコンディションになるのかを見ていますが、、、気圧配置にもいろんなパター[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
五十嵐カノア準優勝
最新情報をチェックしよう!