毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

10/4 3:00 ASAS

  • 2017年10月4日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01

10/4 3:00 ASAS
昨日本州沿いにあった前線は東の海上に移動性し千島には低気圧が停滞、西からは高気圧がゆっくり東進してきており一時的に弱い冬型の気圧配置に。
今朝の千葉エリアは北から北東の風。斜めに伸びている等圧線に沿った形で北東よりの風が強めに吹いており、千葉エリアでは風の影響を受けてしまう気圧配置。九十九里から一宮までは既にグチャグチャな面になっていてサイズは胸肩くらいまであるが風クローズ気味。飯岡や御宿では風をかわしているもののスモールなコンディションになるいつものパターン。こんなときは鴨川マルキが頼りになる。風をかわしていてサイズも腰腹くらいあり周辺と比較すると一番無難なポイント選択となりそう。潮がこれから引いてくるのでもう少しよくなるかも。湘南も今朝はスモールコンディション。鎌倉から大磯まではショートには厳しいコンディション。吉浜までいけばセットで腰くらいありそうだがショートライド。上空にはこの時期としてはかなり強い寒気が入り今朝から平年を下回る気温になる。今日がピークで金曜あたりまで肌寒いが土曜日から来週は暑さが戻ってきそう。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

海底の地形と波アイキャッチ

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識 目次 1 波はどうして崩れるのか?2 海底の地形や形状によるブレイクの特徴2.1 ①ビーチブレイク2.1.1 波のコンディションはサンドバー次第2.2 ②リーフブレイク2.2.1 リーフブレ […]

目次 1 ポイント毎に異なるうねりの反応2 鳥取エリア3 兵庫エリア4 京都エリア4.1 丹後エリア4.2 舞鶴エリア5 福井エリア5.1 高浜エリア5.2 敦賀エリア5.3 三国エリア サーフィン関連商品ならQUIKSILVER(クイックシルバー)公式通販サイト ポイント毎に異なるうねりの反応 前 […]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!