10/29 3:00 ASAS

  • 2017年10月29日
  • 2018年10月8日
  • 2017-01
毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

10/29 3:00 ASAS
台風22号は足摺岬の南を北東に進んでいる。
四国の南には強い雨域があり、先行する前線付近も含めると四国から東の太平洋側ではまとまった雨になっている。
このまま南岸に沿って東北東に進み夜には関東の南海上に到達する見込み。暴風域を伴う可能性があり警戒が必要。
今朝の千葉エリアはやや強い北の風。全体的に波数も増えてサイズアップしてきている。ただ台風22号からのうねりはまだ反応はしてないはずで、東に抜けた高気圧からの吹き出しにより東から南東うねりがメインになっているはず。九十九里エリアでは胸肩から頭サイズでここ最近は風を軽減できる片貝新堤が無難なポイント選ぶになりそうで今日も朝一から混雑。一宮周辺は風があわず頭サイズあるがイマイチ。少し南にいって御宿から部原が引き続きこちらもコンディションは良さそう。サイドオフが強めだが腹胸サイズで楽しめるブレイク。
千葉南エリアは北西ベースの風が強めに吹いており風は合うがかなりあおられてテイクオフが降りていかない感じ。どのポイントも胸肩から頭でサイズは十分。マルキで開催してるWSL大会のライブ中継を見ていると、やはり昨日と一昨日のコンディションよりは波質は良くない。
湘南はまだまだ台風22号からのうねりは反応が鈍い状況、北のオフショアで面はクリーン、由比ヶ浜でこの時間腰腹サイズまでアップしてきた。鵠沼から大磯まで概ね腰腹サイズでサーフィンは可能。吉浜は腰胸くらいあり今朝も混雑してきている。朝一の情報をみて吉浜まで向かったサーファーが多いはず。
関東目線ではこれから夜にかけて雨風が強まり風も北ベースから変化してくるかもしれないので、コンディションの急変に注意が必要。いきなりサイズがあがり危険なコンディションにもなり得るので、今日はこれからの時間は無理しないほうが無難。
磯ノ浦では腰腹サイズと南うねりの反応は鈍い。
#surf #surfer #surfing #wave #beach #波 #波情報 #海 #波乗り #気象 #天気 #サーフィン #サーフ #いい波 #sunrise #japan #swell #海 #ocean #台風22号

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての記事です。 ・風の向き・強さ・持続時間によるうねりの向きと強さ ・太陽と月と地球の位置関係から変化す […]

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、その限られた時間の中で ”いい波” をあてるために知っておきたい気象や海に関する知識と経験則についての記事です。 ・風の向き・強さ・持続時間によるうねりの向きと強さ ・太陽と月と地球の位置関係から変化す […]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!