北東うねりが残りポイント選んでサーフィン可能【2019.2.13】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

毎日の天気図と波情報

2/13 (水) 午前3時 地上天気図と波の概況

アリューシャン方面へ北東進している低気圧は980hpaとなり更に発達しながら北東へ進んでいます。

関東の南東海上には低気圧が解析されており、現在8時時点では千葉県には雪雲がかかってきており沿岸部でも弱い雪になっている地点がありそうです。

山越えの道では引き続き道路の凍結には十分注意が必要、特に下り坂のカーブになっている橋上などは危険なのでスピード落としてエンジンブレーキ使いながら慎重に走行をお願いします。

大局的に見れば冬型の気圧配置ですが、南岸に低気圧が解析され通過する傾向が多くなってきました。

先週金曜日から始まった今回の寒波は明日木曜までとなりそうです。

今朝の千葉エリアは北北西から北の風

2019.2.13 am7:00 風向・風速

沿岸部ではやや強めに吹いているところもあるようです。

アリューシャン方面へ移動している低気圧からの北東ベースのうねりの反応が弱まりながらも続いているようです。

九十九里エリアでは昨日よりもワンサイズ小さめの腿腰から腹くらいのサイズになっている模様。風はまだ影響少ないようですが北よりの風なので片貝周辺から北のポイントが比較的良さそうです。

千葉南エリアも腿腰から腹くらい。北の風なので白渚周辺が遊べるサイズで比較的できそう。鴨川マルキは和田エリアよりもワンサイズ小さめだと思います。

湘南エリアは西のうねりの反応は小さく鵠沼で膝腿くらいのスモールコンディション。

御前崎沖合では西の風が強めに吹いていますが、石廊崎から大島では北東の風が強めに入り西うねりの反応はイマイチです。

全国の波の概況

仙台新港は北東よりのうねりが弱いため膝腿くらいのスモールコンディション。

福島から茨城の東向きのポイントでは腰腹から胸くらいはありそう、風の影響なければ楽しめるコンディションになってるかもしれません。

伊豆は東向きの白浜で腰くらいでなんとかできそうですが、コンディションはイマイチ。

伊勢もうねり弱く今日も厳しいとサイズ、磯ノ浦もフラットな日が続きます。

四国は生見はスモールサイズだけど中村エリアの方が少しサイズありそう、ポイントと時間帯選べば腿腰くらいはあるかもです。

宮崎も腿腰サイズでサーフィンは可能なサイズはありそうです。

日本海側は北からのうねりが強弱ありながらも続いています。北日本ではハードなコンディション。北陸もややハードなポイントありそうですが、十分できるポイントもありそう。

西日本はややうねり落ち着いてきてますが、これからまた北うねりが強まってきそうです。

北東うねりはなんとか続きそう

午後9時の予想天気図

今日はこのまま同じくらいのサイズ感で続きそうですが、次第に北東から東よりの風にシフトして吹いてくるかも。

北東の風を軽減かつうねりの反応がよいポイントが良さそうです。やはり千葉北ですと片貝周辺から椎名内あたりまでが比較的出来そうでしょうか。

鴨川マルキはもう少しサイズ欲しいところです。

明日は北東の風がネックになりそう〜21時更新

明日午前9時の予想天気図

東海上から北東へ進んだ低気圧はアリューシャン付近で猛烈に発達をしていきます。

中心気圧は958hpaとなり中心付近は円形上の等圧線ですが中心から左側では等圧線は縦に走り、日本海に中心をシフトしてきた高気圧との間で北の風がかなり強めに吹き荒れそうです。

西日本から冬型の気圧配置は緩んできますが、関東から西の太平洋側には高気圧の南に位置し等圧線が横たわる形となり、関東付近では高気圧吹き出しによる北東の風が強く吹きそうです。

千葉エリアは低気圧からの北東うねりに加えて北〜北東の風波によるサイズアップもしてきそうな感じです。

明日も千葉北エリアでは片貝周辺や吉崎浜など北東の風を少しでも軽減できるポイントが無難そう。

飯岡や御宿は風はかわしますが、サイズが物足りない状況になりそうなので、少しうねりの反応がよい椎名内や部原などをチェックするとよいかもしれません。

千葉南エリアは鴨川マルキが無難なポイントセレクトになりそうですが、サイズはやや物足りないかもしれません。和田エリアも出来そうですがサイドオン気味の風となり面はかなりざわついてくると思います。

平砂浦は風は合うのですがサイズ不足となりそう。

湘南も同じく風はあいますがスモールコンディションが続きそう。午後には北東から東によりの風にシフトしてくるかもしれません。

On This Day(02/13)~過去の同じ日の気圧配置と波情報

2017:

2/13 ASAS weather&wave 

2018:

2/13 3:00 ASAS 気圧配置と波情報

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?週末が近づくとこの土日はどんな波になりそうなのか、沿岸の風はどこから吹きそうか 風が強いのか弱いのか 潮回りは何か 干潮と満潮の時間は 地形は決まっているのか どの[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!