【2019.6.11】千葉の風は今日も冷たい北東ベース、片貝や鴨川が今日も無難な選択

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想を毎日更新しています。

海に行く前のポイントセレクトやいい波をあてるために、参考にしてもらえたら嬉しいです。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則などについても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報を更新してます
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


気圧配置&天気と波情報 : 千葉はしばらく北東うねりが続きそう

午前3時の実況天気図 ASAS

関東の東には梅雨前線とは少し離れた位置に低気圧があり東へ進んでいます。

梅雨前線は日本の南海上を東西に横たわり南西諸島付近まで相変わらずのびてます。

オホーツク海付近にある高気圧からの吹き出しが、関東沖合にある低気圧に吹き込むような気圧配置となっていて、朝から北東の風が関東地方沿岸部ではやや強めです。

今日は昨日よりは日中の気温が上がりそうですが、朝はかなりヒンヤリ。

朝晩は上着がないと少し寒いくらい、千葉の朝一に海に入るならジャージのフルスーツがあったほうがいいかもしれません

東海上で北東うねりが発達しており、関東沿岸から東北にかけて、また東海エリアや伊勢まで東うねりとして反応が出ているようです。

仙台新港は今日もサイズがあって良さそうな波になりそう。伊良湖や伊勢も腰腹から胸くらいのサイズ反応がありそうで風の影響も少なく遊べる波がありそうです。

磯ノ浦はうねりの方向が合わずにスモールコンディション。

四国は生見よりも中村エリアの方が反応がいいかもしれません。

昨日のコンディション

気圧配置&天気と波情報 : 梅雨の時期らしい気圧配置午前3時の実況天気図 ASAS東の海上にある低気圧は東進を続けており更に遠ざかっていますが、そこからのびる前線が梅雨前線として南海上に横たわっています。梅雨前線上には新た[…]

週末サーファーがいい波に乗るために 週末サーファーがサーフィンできる時間は非常に限られていますが、そ […]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

今朝の千葉エリアは、北から北東の風がやや強め。

近くにある低気圧の影響なのか、千葉の南部では朝一だけ北西の風が吹いているようで、オフショアからサイドオフ。朝一だけ千倉から千歳あたりもできているかも。ただすぐに北東の風が入ってくる見込み。

昨日よりもサイズは少しアップしてきてますけど、風をかわせないポイントではジャンクなクローズになってきてます。

今日も千葉エリアは北東の風を軽減できるポイントが中心のサーフィンとなりそうです。

片貝の漁港や新堤、鴨川のマルキが風をかわしつつ北東うねりにも反応しやすいポイントなので、今日もこの二つのポイントが周辺に比べてコンディションは良さそうです。

ワンサイズ落ちますが、飯岡や御宿も風をかわすのでビギナーの方はこちらのポイントがいいかもしれません。

湘南は北東のうねりとなると鵠沼や鎌倉ではスモールコンディションとなりますが、吉浜までいけば腰腹くらいの反応が出ていると思います。風も合いそうなので湘南エリアの方は西へ向かうとそこそこ出来そうです。

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/06/11
日の出:04:23 / 日の入:18:56
小潮
満潮:10時44分(106cm) / 23時59分(126cm)
干潮:05時21分(76cm) / 17時08分(50cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/06/11
日の出:04:26 / 日の入:18:57
小潮
満潮:10時57分(111cm) / 時分(0cm)
干潮:05時59分(87cm) / 17時31分(54cm)

今日の注意事項は、、、

昨日もツイッターで記載しましたが、先週末に伊良湖エリアのビーチにて50代の男性がサーフィン中に亡くなるという事故が発生してしまいました。
大変悲しいニュースです。
原因などはわかってなくてどれくらいの技量と経験をお持ちの方だったのかもわかりません。
サーフィンは自然を相手にするスポーツなので海や気象に関する知識があれば危険を回避できる場合も少なくありません。

こちらのブログでは安全にサーフィン楽しめるように、今までの私の経験則や気象と海に関する情報を、まだまだ微力ながら発信していきたいと思います。

今後の気圧配置と波

午後9時の予想天気図 FSAS24

関東沖合の低気圧はややまとまって等圧線の間隔が狭くなり、後半にかけては北東から東北東の風が沿岸部では強めに入りそう。

東向きのポイントではさらに荒れたコンディションとなりそうで、風を軽減できるポイントでも面がザワザワしてきて流れも出てくるでしょう。

波のコンディションとしてはあまり期待できないですが、引き続き片貝や鴨川が無難なポイントとなりそうです。

湘南は鵠沼周辺では膝腿くらいが続きそう、吉浜は引き続き腰腹から胸くらいのサイズはあり遊べる波はありそうです。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

今日よりは風は弱まりそうですが、引き続き北東ベースの風となりそうです。

千葉エリアでは北東うねりの反応が続くので、明日も片貝や鴨川などの北東の風をかわすポイントが無難なポイントセレクトとなりそう。

吉浜も明日はまだサイズ残り出来るコンディションとなりそうです。

今日のツイッター波情報

https://t.co/67ZXur5tWb

https://twitter.com/ys_h369/status/1138200067037323264

https://twitter.com/buhizuki/status/1138201260778065920

https://twitter.com/thashikura/status/1138175298229264385

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/06/11)

6/11 3:00 ASAS北海道の東の海上には上空に寒気を伴った低気圧がありゆっくり東進、一方、東シナ海には前線を伴った低気圧がありこれから西日本へ。今朝の千葉エリアは北ベースの風。千葉北の九十九里から一宮周辺エリアでは腰腹サイズを[…]

IMG
最新情報をチェックしよう!