毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

太平洋側には南東うねり、ハワイノースショアには大きな北西うねりが反応しそう【2019.12.10】

気圧配置&天気と波情報 : 今朝は冷え込み緩む

午前3時の実況天気図 ASAS

高気圧の中心は東海上へと移動していき関東地方は気圧の谷となっています。

東シナ海にも高気圧があり西日本から東海あたりまでは高気圧の前面となって晴れ間が広がりそうですが、関東地方は朝のうちは雲が多く雨が降りやすい空模様ですが次第に晴れてきそう

今朝の気温はアメダスでも冷え込みが緩んでいるのがわかります。
内陸部でも5度以上あり、日中も昨日より暖かくなり寒さはやわらぐでしょう。

高気圧の中心が東海上へとシフトしていったということは、太平洋側には高気圧からの吹き出しによる南東うねりの反応が期待できる気圧配置となってきます。

今回の高気圧も1028hpaとそこそこ強い勢力となり、今夜にかけて南東のうねりの反応が良くなってきそうです。

さてこの時期に気になるのがカムチャツカ半島からアリューシャン列島にかけての低気圧の発達と等圧線の向きです。

昨日からハワイのノースショアでは、ビラボン パイプライン マスターズの期間がはじまりました。

https://www.worldsurfleague.com/events/2019/mct/2927/billabong-pipe-masters

昨日は開催なかったですが、今朝はPipe Invitationlのイベントが開催されており、サイズは本来のパイプとまではいかないですがクリーンなフェイスでコンテストが開催されています。

ここ最近の気圧配置を見てみると、このエリアからの低気圧からのうねりがノースショアに北西うねりとして反応してきそうな気圧配置です。

低気圧の中心気圧は956hpaと発達しておりさらにこのハワイへと向かう北西の風の吹走距離が長いことから、今週は連日開催されるのではないかと思います。

パイプライン開催中はいつも通勤の電車の中でライブ中継を興奮しながら見ていて、電車が少し遅れるくらいのほうが長くみれて嬉しくなる期間です。

今年は脇田さんの日本語での解説があり、聞いているのも楽しいですね。

昨日のコンディションはこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 週の中頃は気温高くなりそう午前3時の実況天気図 ASAS昨日から晴れをもたらしている高気圧は中心をゆっくり東へシフトさせてきています。今日は広い範囲で晴れとなり日中の気温は15度くらいまで上がる[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、北から北西の風。

千葉エリアでは東から南東のうねりの反応が続いており、今朝も九十九里から一宮周辺までは北西のオフショアベースの波。腰腹から胸くらいのサイズがあり今朝も十分サーフィン可能。

冬の朝一は寒いんですけど、北西が吹くのでこんな感じでコンスタントにサーフィンできる日が多くなります。やはり、上達するには空いている海でいい波で練習したいですね。

千葉南エリアも腹胸くらいのサイズ感で、今日は午前中に大潮の干潮の時間帯をむかえます。午前中のオフショアベースの風で引きのミドルタイドのタイミングに合わせて入れば、なかなかのコンディションでサーフィンできそうです

風が北東に変わってきたら、風を軽減するポイントへ移動しましょう。

湘南は南東から東うねりとなると、やはり吉浜の反応がよくなります。

千葉北で腰腹から胸くらいのサイズがあれば、吉浜でも腿腰から腹くらいのセットが入ってきてもよさそうです。

一方鵠沼や鎌倉エリアでは膝からたまにモモくらいのスモールサイズなコンディション。

サイズのある波でサーフィンするなら、吉浜まで行くかもしくは千葉に行くのが無難でしょう。

今日の注意事項は、、、

午後はサイズアップもうすこししてくるかもしれません。

サイズ小さめの波がよければ、千葉なら飯岡や御宿が風をかわしてスモールなコンディションで練習できるとおもいます。

ちょっと小さすぎかなと思ったらすこしそれぞれ南下した、椎名内や吉崎、御宿だと浜ポイントや部原をチェックすると良さそうです。

今後の気圧配置と波: 午後はもう少し南東うねり反応しそう

午後9時の予想天気図 FSAS24

日本の太平洋側には南東うねり
ハワイのノースショアには北西うねりが十分反応しそうな気圧配置です。

アリューシャン付近の低気圧のほうが等圧線の間隔が非常に狭くなっており、その分発達した波が北西うねりとなってパイプラインに届くことでしょう。

一方太平洋側は等圧線の間隔がすこし広いので、太平洋側のポイントにはこの気圧配置だどだいたい胸肩からセットで頭くらいの波が反応してきそうです。

風を軽減できれば十分にサイズのある波で楽しめそうなので、風向きと潮回りをチェックしていい時間帯にいいポイントで入りたいところ。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

明日の夜には日本海と南海上にはそれぞれ低気圧が発生して東進してきます。

日中は東海上の高気圧からの南東うねりの反応が続き、千葉エリアでは十分なサイズが反応続きそうです。

風向きがやや不安定になりそうですが、それほど強くは吹かなそうなのでポイント選べば十分楽しめるコンディションとなりそう。

湘南も西湘エリアを中心にもうすこしサイズアップしてきそうです。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2016/12/10)

12/10 湘南 辻堂この週末は冬型が強まり北西の風が強まる予報、千葉エリアはここ最近パワーのない腰くらいの波が続いている一方、湘南は昨日の日本海を東進した低気圧への南から南西の吹き込みによる風波により昨日は胸肩サイズまでサイズアップ[…]

IMG
OnThisDay(2017/12/10)

12/10 3:00 ASAS昨日東の海上に抜けた低気圧はさらに北東に進み956hpaまで猛烈に発達している。ハワイノースショアでは今日からパイプマスターズがはじまる。初日の今日はlay dayになったようだが明日には新たな北北西からのう[…]

IMG
OnThisDay(2018/12/10)

12/10 3:00 地上天気図と波情報今朝の首都圏は今シーズン一番の冷え込み。最低気温は一桁前半になってきました。東京は最高気温は9度予報、今日は暖かい服装でお出かけ下さい。北日本を中心とした冬型の気圧配置が続いています。[…]

各エリア : 今日のこよみ潮まわり

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/12/10
日の出:06:38 / 日の入:16:27
大潮
満潮:03時45分(130cm) / 14時49分(144cm)
干潮:09時06分(80cm) / 21時40分(17cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/12/10
日の出:06:39 / 日の入:16:30
大潮
満潮:04時02分(132cm) / 15時09分(144cm)
干潮:09時28分(78cm) / 22時01分(17cm)

伊良湖エリア:今日のこよみと潮まわり(赤羽根)

2019/12/10
日の出:06:50 / 日の入:16:41
大潮
満潮:04時41分(153cm) / 16時02分(159cm)
干潮:10時18分(77cm) / 22時40分(15cm)

磯ノ浦:今日のこよみと潮まわり(和歌山)

2019/12/10
日の出:06:54 / 日の入:16:51
大潮
満潮:05時22分(158cm) / 16時44分(165cm)
干潮:10時56分(86cm) / 23時26分(18cm)

宮崎:今日のこよみと潮まわり(宮崎)

2019/12/10
日の出:07:04 / 日の入:17:11
大潮
満潮:05時08分(166cm) / 16時37分(176cm)
干潮:10時48分(76cm) / 23時12分(12cm)

仙台新港:今日のこよみと潮まわり(仙台新港)

2019/12/10
日の出:06:42 / 日の入:16:17
大潮
満潮:03時01分(126cm) / 13時53分(142cm)
干潮:08時06分(85cm) / 20時55分(18cm)

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

台風情報

台風情報は刻々と更新されるので以下より最新の情報をご確認ください。

気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報
http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

あわせて読みたい

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!