台風15号の南東うねりで朝からサイズアップ!関東は夜から暴風に厳重警戒【2019.9.8】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/


気圧配置&天気と波情報 : 今夜は外出も危険な暴風域に

午前3時の実況天気図 ASAS

台風15号が関東地方に向けて接近してきています。

午前6時の台風情報では、八丈島の南の海上にまで北上してきており中心気圧は960hPa、中心付近の最大風速は秒速40mで暴風域を伴ってます。

北西に時速30kmで進んでおり、夕方には伊豆大島の南の海上、そこから進路を北東方向へシフトさせて関東地方に上陸し、午前6時には茨城県付近にあることが予想されています。

昨日の予想よりも台風の進路予想が西よりにになってきたことから、関東地方はより警戒が必要になってきました。

今回の台風は大型ではないため、雲域も比較的コンパクト。よって台風がかなり接近してこないと雨風はそれほど強くない時間帯があるかもしれませんが、その分接近してくると急激に雨風が強まります。

ぜんぜん台風の影響は出てないのではと油断していると大雨と暴風で外出も危険な状況になってきそうですので、今日は夕方までに早めに帰宅したほうがよいです。

勢力が強いまま接近・上陸しそうなので、雨も強く降りますけど暴風が非常に心配です。

台風に関する記事にも記載していますが、風速が秒速25m以上の暴風域に入るとなると、一時的にこの1.5-2倍の秒速50mの風が吹く可能性があるということです。

秒速50mの風という表現だとわかりにくいかもしれませんけど、時速にすると180kmです。

つまり新幹線の屋根の上にいるようなもんで、とてもじゃないですけど立っていられない風速です。看板や瓦が空を飛び、車が横転して電柱も倒れる可能性があります。

電柱が倒れるとなると停電が発生し、夜の台風襲来時には更に危険な状況にもなってきます。あらかじめスマホの充電をしておいたほうが良さそうです。

また倒木や土砂崩れなどにより交通機関への影響も懸念されます。

明日月曜の朝は関東地方を走る路線でも運休や遅れなどが少なからず発生するはずなので、それを見込んだ予定に今から変えておいたほうがいいかもしれません。

あわせて読みたい

台風を良く知るための連載(2回目)前回の記事では台風の基本的な知識として、台風の定義と名前について、および台風情報でも表現に使う強さと大きさについて、記載しました[sitecard subtitle=台風のことを知っておく(その[…]

あわせて読みたい

なぜサーファーが台風に注目するのか?[caption id="attachment_8459" align="alignleft" width="2016"] 某ポイント:台風の強い南うねりが入ったときに素晴らしい波が現れる[/capt[…]

あわせて読みたい

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています[sitecard subtitl[…]

一方で波のほうはというと、台風13号からの南西うねりは弱まってきており台風15号からの南東うねりがベースとなってきました。

南東うねりとなってくると反応してくるのは関東地方の沿岸部から反応してくるので、本州では千葉がいち早く反応してきている状況に。

千葉と湘南の状況は次の見出しのなかで記載しますが、茨城では大洗や大貫でも胸肩くらいのサイズまでアップ、伊豆の宇佐美や静波も腰腹くらいまでアップしてきている模様。

御前崎から伊良湖までの遠州灘は台風13号からの南西うねりもまだ少し残りつつ南東うねりも反応してきて胸肩サイズ。

伊勢はまだ腰腹くらいのサイズですがこれからサイズアップしてきそう。四国の生見も腰腹くらいでこれから。

ISAが行われている宮崎の朝はまだ腰腹くらいのサイズですけど、これから台風15号からの南東うねりが反応してきそうです!

昨日の状況はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 南西うねりの反応は鈍いまま午前9時の実況天気図 ASAS台風13号は黄海にあって北に時速40kmで進んでいます。中心気圧は970hPa、中心付近の最大風速は秒速35mとして解析され[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、不安定に弱い風が吹いてます。

千葉エリアにも朝から台風15号からの南東うねりが反応してきています。

九十九里エリアでは南東うねりをダイレクトに拾うため朝から肩から頭サイズですでにハード気味なコンディション。

一宮周辺は南よりのうねりを少しかわすためまだハードではないですけど胸肩くらいでコンディションはそこそこ良さそう。

飯岡や御宿はまだサイズは小さい状況で腰腹くらいのブレイク。

千葉南エリアも南東うねりの反応がよくなってきていて鴨川から和田では胸肩から頭くらいの反応、千倉は少しうねりかわして胸くらい。平砂浦も南東うねりによりサイズアップしていて胸肩くらいはあるようです。

南東ベースのうねりのため、内房にどれだけ反応しているのかが気になるところ。

南成分が入ったうねりであれば回り込んで内房のポイントも反応しているかもしれません。反応していたとしてもそこまで大きなサイズにはなってないはずなので、午後もサーフィンするなら内房のサイズ抑えられたポイントへ移動したほうがよいでしょう。風も東よりでオフショアベースとなります。

ただ、夕方からは天候の急変がある可能性があり夜に備えて早く帰宅することをお勧めします。

湘南も朝からサイズアップしていて、鵠沼や辻堂では胸肩くらいまで上がってきている模様。

鵠沼から西のポイントではおおよそ腹胸から肩くらいのサイズ感。

鎌倉エリアは南東うねりなので少しうねりは抑えられて腰腹くらいのサイズとなっているようです。

今日の注意事項は、、、

これからどんどんサイズアップしてきます。

外海のポイントは午前中までにしておくのが無難です。

湘南もサイズアップしてきてカレントも強くなってくるので、自身の技量に合わせて無理のないように。

雨風が強まってくるのは夜からになりそうですけど、海はもっと早い時間からハードになってきます。

今日はなるべく早めに上がって帰宅して、飛散しそうなものを固定したり物置にしまったりと夜の暴風に備えたほうがよいでしょう。

夜は外出するのも危険になってきます。特に深夜は危険なので外出はしないように。

今後の気圧配置と波: 明日の午後まで待ちましょう

午後9時の予想天気図 FSAS24

九十九里エリアから一宮周辺ではすでにクローズ気味もしくはそろそろクローズになってきそうです。今日はこのエリアでは朝一だけにしておいたほうが良いでしょう。

まだサイズの上がってない飯岡や御宿でもこれから急にうねりが反応しだす可能性があります。うねりを避けて今入っている方も、これからカレントも強くなってくるので十分注意が必要です。

千葉南エリアも一部でまだできるようですが午後はハードになってくるので午前中できりあげるのが良さそう。平砂浦もハードになってくるでしょう。

湘南もこれからさらにサイズアップしてきそう。北東から東北東の風でサイドオフ気味の風が強まってきそうです。

午後は鎌倉から逗子方面にうねりを避けていかないと、ビーチのポイントはクローズっぽくなってきそう。午後も早めに行動したほうが良いでしょう

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

台風15号は明日の午前9時頃までには茨城県から東海上へ抜けていく予想となっています。

もちろんですが、明日の朝一は海には近づかないようにしましょう。まだまだ朝一の時間帯は危険です。

午後まで落ち着くのを待ちましょう。

午後になれば次第にできるポイントが増えてきそうで、いい感じの波が残る可能性もあります。

ただまだまだうねりが強い状況ではあるため、ビギナーの方はもちろん明日はやめておいたほうがよいでしょう。

中上級者の方も慎重な行動が必要となりますので、自身の技量に合わせてのポイント選びで無理しないように楽しみたいところです。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/09/08)

9/8 3:00 ASAS秋雨前線が引き続き停滞中、昨日と同じような位置の東の海上に低気圧があり、これからやや発達する見込み。南の海上には太平洋高気圧、さらにその南には熱帯低気圧がありしばらくすると台風に昇格してきそう。今朝の千葉エリア[…]

IMG
OnThisDay(2018/09/08)

9/8 3:00 ASAS / FSAS24ここ数日同じような気圧配置が続いている。前線が本州に沿うように横たわり東海上に中心を持つ高気圧からの吹き出しが前線に向かって流れ込む。関東地方は今週火曜日から南の風が入りやすい気圧配置[…]

各エリア : 今日のこよみと潮まわり

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/09/08
日の出:05:17 / 日の入:17:58
小潮
満潮:14時20分(118cm) / 23時06分(122cm)
干潮:06時04分(52cm) / 18時13分(111cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/09/08
日の出:05:19 / 日の入:18:00
小潮
満潮:14時46分(117cm) / 22時48分(118cm)
干潮:06時18分(48cm) / 18時35分(110cm)

伊良湖エリア:今日のこよみと潮まわり(赤羽根)

2019/09/08
日の出:05:30 / 日の入:18:11
小潮
満潮:15時06分(146cm) / 時分(0cm)
干潮:07時14分(68cm) / 20時22分(124cm)

磯ノ浦:今日のこよみと潮まわり(和歌山)

2019/09/08
日の出:05:38 / 日の入:18:17
小潮
満潮:16時14分(160cm) / 時分(0cm)
干潮:08時21分(74cm) / 21時39分(138cm)

宮崎:今日のこよみと潮まわり(宮崎)

2019/09/08
日の出:05:54 / 日の入:18:31
小潮
満潮:00時03分(158cm) / 15時23分(161cm)
干潮:07時49分(73cm) / 20時46分(129cm)

仙台新港:今日のこよみと潮まわり(仙台新港)

2019/09/08
日の出:05:12 / 日の入:17:57
小潮
満潮:13時45分(121cm) / 21時31分(138cm)
干潮:05時03分(58cm) / 16時00分(119cm)

今朝のtwitter波情報まとめ

twitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。

主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップ。

湘南と千葉の波情報が多めですが、その他ポイントの波情報もtwitterではリツイートしていってます。

https://t.co/67ZXur5tWb

https://twitter.com/ymax2/status/1170441327529476096

https://twitter.com/417387/status/1170461022101966849

https://twitter.com/ys_h369/status/1170425212208218112

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

台風情報

台風情報は刻々と更新されるので以下より最新の情報をご確認ください。

気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報
http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?週末が近づくとこの土日はどんな波になりそうなのか、沿岸の風はどこから吹きそうか 風が強いのか弱いのか 潮回りは何か 干潮と満潮の時間は 地形は決まっているのか どの[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

↓Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↓

最新情報をチェックしよう!