台風15号は午前5時に千葉市に上陸、猛烈な雨風で大きな爪痕残す【2019.9.9】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

気圧配置&天気と波情報 : 千葉で最大瞬間風速 57.5m/sを記録

午前3時の実況天気図 ASAS

台風15号は強い勢力を維持したまま午前8時には茨城県南部の行方市付近にあって、北東に時速25kmで進んでいます。

中心気圧は960hpa、中心付近の最大風速は秒速40mでまだ暴風域を伴ってます。

関東地方では昨夜遅くから伊豆の下田などで激しい雨と風を観測し、日付が変わってからは雨風の激しいエリアが北に移動してきました。

午前1時から2時くらいまでには風がかなり強まり出し、午前4時過ぎくらいの緊急メッセージと外の風の音で起こされ、しばらく風の音で寝れませんでした。

台風15号は三浦半島を通過したようで、そのまま東京湾に入り横浜の東のあたりを北上してから午前5時に千葉市付近に上陸。

見出しにも記載しましたが、千葉市では最大瞬間風速は4時28分に秒速57.5mの南東の風を記録。懸念されていた風速60m/sに近い値が観測されてます。

各地で大きな被害

この記録的な暴風と大雨により関東各地では大きな被害が出てしまっている模様です。

各地で電柱倒壊や電線が切れたことなどによる停電が発生し、道路には倒木などの影響で渋滞が発生しているところも多いはず。

横浜では大雨による床下浸水が発生した地域もあるようで、大きな爪痕を残しました。

また鉄道各社は昨夜の時点から計画運休を決めており始発から首都圏の電車はまったく動いてない状況。

東京湾を通過しているときの中心気圧はおそらく950hpaくらいのはず。今後の気象庁の解析結果に注目です。

海はまだまだ危険な状況

台風本体はまもなく東海上に抜けて陸地からは遠ざかります。遠ざかるにつれて次第に風も収まってくる地域も多くなりますが、海はまだまだ危険な状況です。

千葉と湘南の各ポイントでは台風の影響でジャンクなクローズの状況が続きます。

荒れている状況においては、海に近づくのは危険です。間違っても海に入ろうなんてことにならないようにお願いします。

インサイドにいたとしてもすぐに沖に流されて戻ってこれなくなることも多いです。

また、落ち着いてきているポイントもあるのかもしれませんが、そんなポイントでも少なくとも夕方までは様子見しておいたほうがよいでしょう。

今回の台風でも御前崎と平塚で2件のサーフィンに関連する事故が発生してしまっています。

今日の千葉と湘南エリアの前半は無理に入るようなコンディションではないので、落ち着いてくるのを待ちましょう。

昨日の状況はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 今夜は外出も危険な暴風域に午前3時の実況天気図 ASAS台風15号が関東地方に向けて接近してきています。午前6時の台風情報では、八丈島の南の海上にまで北上してきており中心気圧は96[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、強い南西の風。

千葉県は台風の進行方向から東に位置していたため、風向きは時計回りに東→南→西へとシフトしていっている状況。

千葉市で最大瞬間風速の秒速57.5mを記録したのは午前4時半頃で南東の風でした。まさしく台風が接近してきている最中においての暴風です。

午前8時時点では既に台風は千葉県を通過しているため風は台風に吹き込む南西の風にシフトして強く吹いています。

当然ながら千葉エリアの各ポイントはクローズアウト。少なくとも今日の前半はまだまだ危険なコンディションなので海に近づくのも控えて落ち着いてくるのを待ちましょう。

湘南も同じくクローズアウト。
湘南も南西から西南西の風となり、台風から遠くなってきた分、風も弱くなってきていますが、海はまだまだ荒れたコンディションが続きます。

今日の注意事項は、、、

台風により危険なコンディションです。

今日は大荒れな状況が続いてしまい海は危険な波が押し寄せてます。

また海に向かう道中も危険がたくさん忍んでいるはず。各地でもモノが飛散していたり車が横転していたりするかもしれません。

また千葉の山越えの道路などでは倒木や土砂崩れの危険もあり、海に行くまでも危険が多いため、今日は無理に海に向かうのは控えたほうが良さそうです。

台風に関連する記事を3つ紹介しておきます。

関連記事

なぜサーファーが台風に注目するのか?[caption id="attachment_8459" align="alignleft" width="2016"] 某ポイント:台風の強い南うねりが入ったときに素晴らしい波が現れる[/capt[…]

関連記事

台風を良く知るための連載(2回目)前回の記事では台風の基本的な知識として、台風の定義と名前について、および台風情報でも表現に使う強さと大きさについて、記載しました[sitecard subtitle=台風のことを知っておく(その[…]

関連記事

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています[sitecard subtitl[…]

今後の気圧配置と波: はるか南海上に大きな低圧部

午後9時の予想天気図 FSAS24

台風15号は午後9時には三陸沖にまで移動する予想がでています。

これからの時間帯は関東北部から東北地方で影響が出てくる可能性が高いです。

まだまだ強い風が吹き続けますので十分注意が必要となります。

千葉エリアの今日は南西の風が終日吹き続く見込み。海は大荒れな状況が続き、今日いっぱいはクローズアウトなポイントがほとんどとなりそうです。

ただ南西から西南西の風がかなり強く吹きそうなので、千葉エリアではオフショアとなるポイントも多くなりそう。南西ではなく西成分が多く入った風が強く吹くならば、夕方にはまとまって落ち着いてくるポイントがあるかもしれません。

一宮周辺や千倉周辺など南西の風をかわすポイントでは、後半になれば落ち着いてできるようなコンディションにもなってくるかもですが、技量に自信のない方は様子見しておいたほうがよいでしょう。
どれだけ落ち着いてくるのかを今日はチェックしておきたいと思います。

くれぐれも無理して海に入らないようにだけは注意しておきましょう。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

台風15号は東海上を遠ざかり温帯低気圧となる予想です。

明日にはだいぶ落ち着いてきそうですが、今日の状況次第なところがあるので、まずは今日のコンディションの変化をみておきたいところです。

気になるのははるか南海上の低気圧。
非常に大きな渦として巻いてきそうであり、今週の後半までにどのように推移していくのかが注目されます。
来週末にもこの大きな渦からの影響が出てくるかもしれません。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/09/09)

9/9 9:00 ASAS日本付近は秋雨前線が南下し西から高気圧に覆われてきた。日本の東にあった低気圧は北東に進みやや発達。日本のはるか南には熱帯低気圧があり発達しながら北西に進んでいる。今朝の千葉エリアはほぼ無風のスタート。千葉北では[…]

IMG
OnThisDay(2018/09/09)

9/9 3:00 ASAS / FSAS24今朝も本州に沿う形で前線が停滞、昨日と同じような気圧配置に。よって今日も南から南西の風が入りやすい状況が続いて、昨日と同じくオンショアでチョッピーながら少しサイズがあるポイントと、オフショアで面[…]

各エリア : 今日のこよみと潮まわり

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/09/09
日の出:05:18 / 日の入:17:57
長潮
満潮:15時02分(126cm) / 時分(0cm)
干潮:07時25分(47cm) / 20時04分(104cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/09/09
日の出:05:20 / 日の入:17:58
長潮
満潮:15時21分(124cm) / 時分(0cm)
干潮:07時41分(43cm) / 20時23分(102cm)

伊良湖エリア:今日のこよみと潮まわり(赤羽根)

2019/09/09
日の出:05:31 / 日の入:18:09
長潮
満潮:01時00分(139cm) / 15時53分(155cm)
干潮:08時34分(62cm) / 21時31分(114cm)

磯ノ浦:今日のこよみと潮まわり(和歌山)

2019/09/09
日の出:05:38 / 日の入:18:16
長潮
満潮:01時54分(146cm) / 16時45分(168cm)
干潮:09時30分(68cm) / 22時21分(128cm)

宮崎:今日のこよみと潮まわり(宮崎)

2019/09/09
日の出:05:55 / 日の入:18:29
長潮
満潮:01時52分(157cm) / 16時16分(171cm)
干潮:09時07分(67cm) / 21時54分(118cm)

仙台新港:今日のこよみと潮まわり(仙台新港)

2019/09/09
日の出:05:13 / 日の入:17:55
長潮
満潮:14時22分(129cm) / 23時30分(135cm)
干潮:06時28分(54cm) / 18時23分(117cm)

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

台風情報

台風情報は刻々と更新されるので以下より最新の情報をご確認ください。

気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報
http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!