台風17号の南西うねりは磯ノ浦まで反応、湘南と千葉はまだ南東ベースの波【2019.9.21】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

気圧配置&天気と波情報 : 夕方には南西うねり反応あるか⁈

午前3時の実況天気図 ASAS

大型で強い台風17号は、午前7時45分の発表では久米島の西南西100kmの海域にあり北北西に時速20kmで進んでいます。

中心気圧は970hPa、中心付近の最大風速は秒速35mとなっており、風速25m/s以上の暴風域を伴っています。

台風17号はこのまま東シナ海を北上して進路を次第に北北東の方向へシフトさせてくる
見込み。

明日の朝には東シナ海の北緯30度付近にまで達し、その後北東へシフトしながら対馬海峡を通って日本海を北東進する予想となっています。

九州はまだこの時点では活発な雨雲はかかってないようですが、これから警戒が必要な時間帯になってきます。

また月曜日は日本海を台風が北東へ進むことから西日本から東日本にかけては台風に吹き込む南よりの風が強まり、荒れた空模様となってきそうです。外出時には注意が必要となってきます。

さてサーファーが気になる波のほうはといいますと、湘南と千葉の状況は後の見出しで記載するとして、

四国の内妻や和歌山の磯ノ浦では南西のうねりによりサイズアップしてきているようですが、まだ腹胸くらいのサイズ感で大きなサイズアップにはなってない模様。今日の後半にかけては更にサイズアップしてくるんじゃないかと思います。

伊良湖から御前崎までの遠州灘エリアについては肩から頭くらいのサイズが反応している模様。

ただこのサイズは、今週ずっと南の海上で吹き続けていた東ベースの風による高気圧吹き出しのうねりなはずで、南東ベースのうねりによるサイズアップではないかと思います。

一部南西うねりも入ってきているとは思いますが、卓越波向としてはまだ南東ベースとなっているかと。

というのも伊豆の状況を見てみると、多々戸はまだそんなにサイズアップしてなくて腰くらいですが、東向きの白浜のほうがサイズがあり腹胸くらいの反応があるようなので、やはり南東ベースの波がまだ卓越しているものと思われます。

朝7時の石廊崎の波浪観測データです

昨日の20時から周期が10秒以上の波が観測されはじめました。その後も今朝8時のデータまで10秒前後の波が続いており、波高も1.0m前後の状態が続いています。

やはりまだ南東ベースの波が反応しているような感じで、これから南西うねりが入り出せば波高と周期ももうすこし値が大きくなってくるのではないかと思います。

湘南や平砂浦も朝からすこしサイズでてきていますが、まだこれは台風からのうねりではなさそうで、南東〜南ベースの波によるサイズアップ。

これから夕方にかけて南西うねりがどれだけ反応してくるかが今日の注目ポイントです。

昨日のコンディションはこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 三連休はあいにくのお天気になりそう午前3時の実況天気図 ASAS大陸から高気圧が張り出してきており今日も南海上に停滞する秋雨前線の北側では北東から東よりの風が吹く気圧配置です。昨日午後に予想通りに発[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、北から北東の風。
一部エリアではすでに強めに風が吹いているようです。

千葉北エリアは南西うねりには反応しにくいエリアなため、台風からのうねりはまだまだ反応はありませんが、東から南東のうねりが弱く反応しています。

ただ今週続いていた北東の風の影響が残り一宮周辺は腹胸くらいのサイズあるようですが風が合わず良くないようです。

今日も片貝周辺など北東の風を軽減するポイントでのサーフィンが良さそうです。

千葉南エリアも同じくらいのサイズ感で腹胸くらい。北東の風が吹いているので、やはり鴨川マルキが無難なポイント選択ではないかと思います。

平砂浦も少し反応が出てきている模様なので、サイズアップしてくれば北東の風をかわしてコンディション上向いてくるかもしれません。

湘南は朝から腰腹サイズが全域でコンスタントにブレイクしており、朝から遊べるスタート。

風も弱くまだ小ぶりなサイズながらも十分楽しめるコンディションです。

これから南西うねりの反応が出てきたら、鎌倉エリアを中心にいい波が割れてくる可能性があります。どれだけ反応してくるかが注目ポイントです。

今日の注意事項は、、、

湘南と千葉エリアではまだ大きなサイズアップはないですが、これから台風17号からの南西うねりが反応してくると大きくサイズアップしてくる可能性があります。

ビギナーの方は波が大きくなってきたと感じたら無理はしない方が良いでしょう。

特に湘南エリアでは午後から夕方にかけて一気にサイズアップしてくる可能性があります。

また中級者以上の方も月曜にかけてはサイズアップしてきますので、技量に合わせたポイント選択が必要となります。

先週月曜も熱帯低気圧からの南東うねりでサイズアップしたとき茅ヶ崎で15人くらいのサーファーが流されたということがあったようです。

パドルに自信のないときは無理に入らないようにすることと、カレントがよく発生するポイントには入らないようにするなど、よくポイントの状況と自分の技量と相談してから行動に移すようにしたほうがよいでしょう。

また千葉エリアではまだ災害復旧作業が多くの地域で行われていることもあり、ガソリンや食料の調達は事前にしておくなどの配慮を引き続きしたほうが良さそうです。

品数が足りてきているのであれば逆にその地域でお金を使ったほうがよいのですが、地域によりその状況が異なるので何とも言えないところがあります。

引き続きこの点は考慮しておきたいところです。

今後の気圧配置と波: 明日は南西うねりがしっかり反応してきそう

午後9時の予想天気図 FSAS24

台風17号は発達しながら東シナ海を北上して北緯30度付近まで移動してくる見込みです。

秋雨前線は九州から北へ盛り上がってシフトしていくものの、関東付近にかけてはまだ南海上に停滞したまま。

よって沿岸付近の南海上では東から南東の風が吹く状態が続いており、これが台風からの南西うねりにどう影響してくるか。

前回台風13号のときは東からの風と波により南西うねりは抑えられた感じとなり、サイズアップの反応がかなり鈍かったです。

台風17号からの南西うねりは和歌山までは少し反応しているのがわかっているので、これからどのタイミングで紀伊半島より東のエリアで反応してくるか。今日はその反応状況をチェックしていこうと思います。

湘南はその反応度合いにより午後から夕方にかけてサイズに変化が出てくるかもしれませんので、今日の情報をこまめにチェックしておくのが良さそうです。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

明日の夜には台風17号は対馬海峡付近まで北上していく予想です。

台風の北上にともない関東地方付近の前線も北へ位置をシフトさせてきそうであり、明日は南から南西うねりの反応が更によくなってきそうです。

南西うねりをいつも狙っている私的には、この三連休は明日の日曜日の午前中のミドルタイドが南西うねりの反応と風向きが一番ベストな時間帯だと思ってます。

今日の湘南エリアの波の反応具合と石廊崎
波浪観測データにて、今日は一日南西うねりの反応チェックの日になりそうです。

反応してくれば湘南のビーチのポイントではクローズアウトなコンディションになってくるでしょう。鎌倉から東のエリアのリーフのポイントが目を覚ましてきそうです。

千葉エリアは南エリアのほうが反応がよくなり、平砂浦でも頭オーバーになってハードになってくるかもしれません。

鴨川マルキなども南西うねりには反応してくるので、北東の風をかわすこちらのポイントの状況もチェックしておいたほうが良さそうです。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2016/09/21)

T1616 温帯低気圧に今朝も北から北東よりの風が強めながら、千葉、湘南ともに胸肩~頭サイズあり飯岡は風があい腰胸サイズでいい感じに割れてそう、鎌倉から鵠沼あたりも面はクリーンでいい感じだがサイズダウン早そう平砂浦も今日はよさそうな感[…]

IMG
OnThisDay(2017/09/21)

9/21 3:00 ASAS昨日サハリンから日本海に拡がった低圧部はサハリンから三陸沖にかけての低圧部にシフトし、東からは移動性の高気圧に覆われてきている。千葉から北のエリアではアリューシャン付近にて発達している低気圧からのうねりにも反[…]

IMG
OnThisDay(2018/09/21)

9/21 3:00 地上解析図 / 48時間天気図秋雨前線が関東の南から九州をとおり東シナ海へとのびている。前線の北側にある高気圧と南側にある高気圧張り出しとのせめぎ合い、昨日からは北側にある冷たい空気が優勢となり関東地方は今朝は上着が必要[…]

各エリア : 今日のこよみと潮まわり

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/09/21
日の出:05:27 / 日の入:17:39
小潮
満潮:08時56分(120cm) / 19時43分(135cm)
干潮:02時15分(45cm) / 13時50分(93cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/09/21
日の出:05:29 / 日の入:17:41
小潮
満潮:09時29分(119cm) / 19時46分(134cm)
干潮:02時35分(38cm) / 14時09分(95cm)

伊良湖エリア:今日のこよみと潮まわり(赤羽根)

2019/09/21
日の出:05:40 / 日の入:17:52
小潮
満潮:09時57分(146cm) / 20時56分(152cm)
干潮:03時17分(58cm) / 15時12分(106cm)

磯ノ浦:今日のこよみと潮まわり(和歌山)

2019/09/21
日の出:05:47 / 日の入:17:59
小潮
満潮:10時55分(155cm) / 21時42分(160cm)
干潮:04時17分(68cm) / 16時04分(122cm)

宮崎:今日のこよみと潮まわり(宮崎)

2019/09/21
日の出:06:02 / 日の入:18:13
小潮
満潮:10時28分(163cm) / 21時39分(169cm)
干潮:03時52分(64cm) / 15時50分(114cm)

仙台新港:今日のこよみと潮まわり(仙台新港)

2019/09/21
日の出:05:23 / 日の入:17:36
小潮
満潮:08時11分(122cm) / 18時46分(144cm)
干潮:01時30分(49cm) / 12時47分(100cm)

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

台風情報

台風情報は刻々と更新されるので以下より最新の情報をご確認ください。

気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報
http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?週末が近づくとこの土日はどんな波になりそうなのか、沿岸の風はどこから吹きそうか 風が強いのか弱いのか 潮回りは何か 干潮と満潮の時間は 地形は決まっているのか どの[…]

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!