週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

‪冬至の今日は広い範囲で冷たい雨、はるか南海上には今年最後の台風29号が発生!【2019.12.22】‬

気圧配置&天気と波情報 : 南海上を低気圧が東進してくる

午前3時の実況天気図 ASAS

2019年の冬至の朝を迎えました。

今日の千葉南にある館山の日の出は6時44分、日の入りは16時31分。

日の入りが一番早いのは12月の上旬頃で、今日よりも5分くらい早い時間で日の入りを迎えます。

逆に日の出が最も遅いのは1月上旬くらいで、こちらも今日よりも4−5分くらい遅い時間に日の出があります。

毎年お正月の初日の出の時刻は、6時47分くらいですよね。今日よりも少し遅い時間になっているのがわかるかと思います。

冬至は一年で一番日照時間が短い日となりますが、日の入りと日の出が一番早い/遅い日というわけではありません。ちなみに冬至の日照時間はだいた9時間45分です。

上記の通り日の入りは12月上旬、日の出は1月上旬でそれぞれ5分くらい早い/遅いという感じで覚えておけばよいでしょう。

ちなみに上記はあくまで千葉目線での時刻なので、地域によってこの時刻は変わってくることにご注意ください。

さて気圧配置といいますと、高気圧が東海上へ抜けていきその後に続く気圧の谷も東へ抜けていきましたが、今朝の関東地方はすっくりしない空模様。衛星画像をみても雲にすっぽり覆われています。

というのも西日本の南海上には前線があって
これから低気圧を伴いながら東進してきます。

この影響で冬至の今日は西日本から東日本にかけて冷たい雨となり、関東の雨は明日の明け方まで続きそうです。

この低気圧の東進に伴い風向きも変化しますが、概ね北よりの風となって寒いでしょう。

一方ではるか南の海上には熱帯低気圧があり、今後台風になる予想が出ています。もちろん日本への影響はないですけど、発生すれば台風29号となり今年最後の台風となるでしょう。

→先ほど10時頃に台風29号が発生しました

昨日のコンディションはこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 今年のイタロの活躍は凄かった午前3時の実況天気図 ASAS日本付近は東海上と南シナ海の2つの高気圧に挟まれています。西日本の太平洋側は晴れ間も出ているようですが、日本海側は雲が多い天気。朝の[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、北北西から北北東の風。

東海上へと抜けていった高気圧や低気圧により東からのうねりの反応が弱く続いています。

はっきりとしたうねりではなく、いろんな方向から混ざっての波となっている感じで、今朝もアベレージで腰腹くらいのサイズ感からのスタートです。

朝のうちは西の成分が入った風が吹いているので、うねりの反応がよい一宮周辺では出来るコンディション。ただ物足りない感じの波にはなってしまってます。

千葉南エリアもだいたい腰腹くらいのサイズ感。朝は潮が少ない時間帯なので、和田から千歳あたりまでのうねりの反応がよいポイントではそこそこできている模様ですね。

湘南はスモールコンディションが続いてますが、潮が少ない時間帯にひざももくらいはありそう、ロングではなんとか楽しめそうです。

今日の注意事項は、、、

千葉北では既にブーツが必要な水温です。

忘れてしまうとせっかく海に行ったのに、寒くてすぐに上がらないといけなくなりますので、冬のサーフィンは必ず行く前の持ち物チェックをしてから出かけましょう。

今後の気圧配置と波: 明日の午後は期待できるかも

午後9時の予想天気図 FSAS24

低気圧が南の海上を発達しながら東へと進みます。
夜には東海沖まで移動してくる予想となり、低気圧の北東に位置する関東地方は、この低気圧に吹き込む北東の風がこれから強く吹き込む見込み。

午後遅くになればなるほど風は強まりそうなので、今日は午前中に出来ているポイントで入っておくのが良さそうですね。

気温も上がらず冷たい風でかなり寒く感じるでしょう。防寒対策しっかりとしていきましょう。

はるか南海上の熱帯低気圧は台風29号となりそうです。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

南海上の低気圧が東の海上へ抜けていきます。

この低気圧からの東ベースのうねりの反応が良くなりそうです。

低気圧の通過に伴い風も北から北西の風にシフトしてきそう。風が合うポイントではそこそこコンディションが整ってきそうです。

千葉エリアは、朝のうちは北の風が強めに残りそうで、午後の方が西の風が入ってきて風も収まってきそう。午後は多くのポイントでいい感じのコンディションになってくるかもしれません。

湘南も東ベースのうねりが西湘方面から吉浜では少しサイズが出てくるかもしれません。

千葉と湘南ともに午後の方がコンディションが良くなってきそうな感じがしますので、明日は少しゆっくり目のスタートでもよいかもですね。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2016/12/22)

12/22 3:00昨日の千葉エリア、午後に少し反応が良くなり腰腹サイズで風もなく面ツルで楽しめていたところもあった模様今朝の日本付近は高気圧の後面に位置しこれから日本海に東進してくる低気圧の暖域にさしかかる今日から明日にかけてこの低[…]

IMG
OnThisDay(2017/12/22)

12/22 3:00 ASAS今日は冬至。昼間の時間が一年で一番短い日となり明日からは少しずつ昼間の時間はのびていく。2週間くらいまえの小雪の頃が日の入が一番早く千葉では16時半くらい、日の出が一番遅くなるのは正月か[…]

IMG
OnThisDay(2018/12/22)

12/22 9:00 地上天気図と波情報東の海上にはちょうど袋状の高気圧があり、今朝はちょうど潮岬あたりに低気圧が前線を伴わない状態で解析されています。雨のエリアは西日本から東日本へシフトしてきて、千葉エリアでも朝一からどんより[…]

各エリア : 今日のこよみ潮まわり

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/12/22
日の出:06:46 / 日の入:16:31
若潮
満潮:01時33分(112cm) / 13時00分(136cm)
干潮:06時47分(75cm) / 20時07分(36cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/12/22
日の出:06:47 / 日の入:16:34
若潮
満潮:01時49分(112cm) / 13時31分(131cm)
干潮:07時17分(70cm) / 20時29分(38cm)

伊良湖エリア:今日のこよみと潮まわり(赤羽根)

2019/12/22
日の出:06:57 / 日の入:16:45
若潮
満潮:02時38分(131cm) / 14時17分(150cm)
干潮:08時10分(74cm) / 21時10分(32cm)

磯ノ浦:今日のこよみと潮まわり(和歌山)

2019/12/22
日の出:07:02 / 日の入:16:55
若潮
満潮:03時21分(136cm) / 15時05分(156cm)
干潮:08時57分(81cm) / 21時57分(36cm)

宮崎:今日のこよみと潮まわり(宮崎)

2019/12/22
日の出:07:11 / 日の入:17:16
若潮
満潮:03時03分(145cm) / 14時50分(167cm)
干潮:08時41分(71cm) / 21時37分(29cm)

仙台新港:今日のこよみと潮まわり(仙台新港)

2019/12/22
日の出:06:50 / 日の入:16:21
若潮
満潮:00時42分(105cm) / 11時53分(134cm)
干潮:05時35分(77cm) / 19時15分(39cm)

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

台風情報

台風情報は刻々と更新されるので以下より最新の情報をご確認ください。

気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報
http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
波をつくるための風

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!