毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

南西〜西うねりが反応し南向きポイントはサイズ十分、夕方はまとまってくるかも【2020.2.18】

気圧配置&天気と波情報 :

午前3時の実況天気図 ASAS

日本海にある低気圧は昨日とほぼ同じような位置にあり南東方向へとゆっくり進んでいます。

この低気圧は前線を伴っていない低気圧で上空の寒冷渦に対応した低気圧。上空の偏西風から切り離されてしまいクルクル同じような場所でまわっている渦の状態になっているので、前線を伴った通常の温帯低気圧とは性質が異なる低気圧です。

この低気圧の南側に位置している関東地方は
昨日は西からの風が非常に強く吹き続いた地点が多くなり、千葉南エリアも昨日は夜遅くまでずっと西からのすこし冷たい風が強く吹き続きました。

これだけ南西から西の風が吹くと湘南や平砂浦ではサイズアップしてきて、千葉は南からのまわりこんだ波が強い風に抑えられながらもすこし反応してくる感じになってきます。

久しぶりに石廊崎の波浪観測データを掲載しますが、先週木曜と今週日曜からの南西の風により大きく波高が変化しています。ただ風波なので台風のときのように周期は長くないというのがわかりますね。

また今回は西日本から寒気が南下してくるパターンで今朝は近畿地方の各地でもかなり冷え込んでいるようです。

衛星画像を見ても西から寒気が流入している様子が見てとれます。

今日はそこまで強くない寒気とはなりそうですが、この西まわりの寒気がやってくると瀬戸内海で雪雲が発達するときがあり大阪城の天守閣がうっすら積もり雪景色になることもしばしば。

寒気の南下といってもこの流入の仕方で、雪の降りやすいエリアが変わってきて、その降かたによって山雪型や里雪型とか言われます。

冬は北極で育った寒気がどんな感じで北半球におりてくるのか、その偏西風の蛇行具合をチェックするのが楽しみの1つでもありますが、今年は寒気はほとんど南下してきませんでしたね。もう2月の後半にさしかかってきているので、今年の冬はホント今までの中でも一番の暖冬となってしまうかもしれません。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS日本海と三陸沖にはそれぞれ低気圧があって発達しながら東から北東方向へと向かっています。昨夜から鴨川エリアでは南から南西の風が強く吹き、隙間風でピューピュー大きな音がす[…]

今朝の千葉南エリアの風と波

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは西の風がやや強めからのスタート。

南西の風波がまわりこんで千葉エリアにも反応してきています。

西うねりの場合は千葉北エリアへの反応はほとんどないのですが、南西からの風波がまわりこんで少し反応しているようです。

西からの風で各ポイントでオフショアベースとなり、一宮周辺でもミドルサイズで面は整ってきて形になる波も入ってきている模様。

千葉南も南西から西のうねりがまわりこんで反応してきていてオフショアベースの風。ただ午前中は長潮の潮がべったりと多い時間帯となるので全体的に割れにくいコンディション。

湘南は南西から西うねりで大きくサイズアップしています、これから風が北西にシフトしてくればいい感じのコンディションになってきそう。

今朝の鴨川マルキポイント

昨日からの強い西風は午前8時の時点ではおさまりほぼ無風になってきました。

西うねりが反応しているのがよくわかります。海に向かって右から斜めにうねりが入ってきており、左側の岩場の方には海岸線沿いの道路にまっすぐうねりが入ってきている状況。

マルキは北東うねりの岩場からのレフトの波が良いですが、こんなときはライト方向へのブレイクがよくなってきます。

まだ少しまとまりがない感じでセットが入るとちょっとハードでカレントが強そう、でも風がおさまったのでこれから良くなってきそうな感じ、もう少し待ったほうが良さそうです。

※午後2時くらいのチェック。まだ西の風が強めに入ってヨレた左へのカレントが強いコンディション。やれなくもなさそうですけど、誰も入ってません。

千葉南エリア 朝一波チェック

今日は午後からのチェックとなります。別途動画をアップします。

和田浦

サイドオフに風をかわして面は比較的良くそこそこ走れる波が入ってきてました。今日の午後は千葉南ではここが一番良さそうでした。

千歳

ストレートなオフショアで面はクリーン、乗れる波は少ないですがまったりとサーフィンできてました。

YouTubeにもアップしていますのでチャンネル登録をお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

今後の気圧配置と波:

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜かけては北海道の西にあった寒冷渦に対応した低気圧は三陸沖へと抜けていく予想、冬型の気圧配置へと移行していく見込みです。

午後は次第に各地で北成分の混じった風が入ってきそうなので、コンディションが整ってくるポイントが増えてきそうな感じです。

今日の夕方には湘南もまとまった波でいい感じでブレイクしてくるかも。

千葉南エリアはストレートなオフショアのポイントはサイズは物足りなさそうですが、鴨川から和田エリアでは夕方にかけて潮も引いてきて良くなってくるかもしれません。

湘南の状況もみつつ平砂浦に向かえば人知れずいい波を独占できる時間帯もありそうです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日は早くも冬型の気圧配置は緩み高気圧に西から覆われてきます。

午前中は北西→北の風ベースですが午後には北東にシフトした風になってきそうなので、明日は早めに入っておいたほうが良いでしょう。

サイズダウンしてきますので、朝早いほうがサイズも残り風も合う時間帯です。

過去の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/02/18)

2/18 9:00 由比ヶ浜昨日は春一番が関東地方でも発表され強い南から南西の風によりジャンクながらもサイズアップした波が今朝はオフショアの風により程よくシェイプされブレイクしているアメダス風向から昨夜22時くらいに寒冷前線が東京湾から[…]

IMG
OnThisDay(2018/02/18)

2/18 3:00 ASAS昨日南海上を東進した低気圧は日本の東の海上で発達を続けており更に東へ進んでいる。本州付近は冬型の気圧配置となり等圧線が縦に走る北日本から東日本では北西の風が強く吹いている。関東地方も昨日午後から西の風が強まり[…]

IMG
OnThisDay(2019/02/18)

毎日の天気図と波情報2/18 (月) 午前3時 地上天気図と波の概況大陸からはゆっくりと高気圧が東進してきており今朝は晴れている地点が多くてなっています。今夜には高気圧の中心が関東の東海上まで移動してくる見込みです。[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/02/18
日の出:06:22 / 日の入:17:23
小潮
満潮:02:14(99cm) / 10:40(118cm)
干潮:04:42(96cm) / 19:23(30cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/02/18
日の出:06:25 / 日の入:17:26
小潮
満潮:02:36(101cm) / 10:29(116cm)
干潮:04:49(100cm) / 19:38(33cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/02/18
日の出:06:34 / 日の入:17:36
小潮
満潮:03:02(115cm) / 12:23(122cm)
干潮:07:15(104cm) / 20:32(32cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/02/18
日の出:06:41 / 日の入:17:44
小潮
満潮:04:21(121cm) / 13:07(121cm)
干潮:08:29(112cm) / 21:29(31cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/02/18
日の出:06:54 / 日の入:18:02
小潮
満潮:03:09(124cm) / 13:15(134cm)
干潮:07:48(104cm) / 21:02(32cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/02/18
日の出:06:23 / 日の入:17:16
小潮
満潮:09:17(128cm) / 00:00(cm)
干潮:18:26(31cm) / 00:00(cm)

こちらの記事がよろしければシェアをお願いします!

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!