毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

台風10号で週末はハードなコンディション、技量に合わせたポイント選びと慎重な行動を【2020.9.4】

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

気圧配置と波情報 : 西日本は暴風に厳重警戒

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

太平洋側に南西うねりをもたらした台風9号は昨日の午後に中国東北区まで北上し温帯低気圧となりました。

これから東へ移動し温帯低気圧として日本海を通過してくるのかと思いきや、そのまま北へ進みシベリア方面へ??

台風9号

台風は温帯低気圧となりましたが、千葉と湘南にはまだ台風9号からの南西~南うねりの反応が弱まりながらも続いています。

石廊崎の波浪観測データでも波高は同じくらいの値か少し下げたくらいをキープしています。

ただ周期はさすがに短くなってきましたね。台風からの直接的なうねりは弱まって昨日吹いた南よりの風波の成分が多くなっているのかもしれません。

石廊崎の波浪観測データ

台風10号による風と波は??

気になるのがその次に控えている台風10号です。

この台風に関しては早くから警戒が必要との情報が出ており、気象庁からも特別警報が発生する可能性がある旨の発表・会見もありました。

こちら今朝の衛星画像です。

しっかりと渦をまき雲域が引き締まって中心には台風の眼が確認できます。

衛星画像

そしてこちらが今朝時点の予想進路図です。

毎度記載していますが、台風情報コロコロ変わりますので常に最新のものをご確認ください。

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

台風10号

予想進路としては昨日の時点とほぼ変わっておらず、九州の西の東シナ海を北上するコースが予想されています。

7日の月曜の午前3時には鹿児島付近に中心が移動してくるような予想となっており、次の日曜から週明けにかけて九州~近畿あたりまでの非常に広い範囲で警戒が必要となってきそうです。

こちらはWindy.comで7日の月曜の午前3時の風の予想

紫や濃い赤の強い風のエリアが近畿地方から東海の一部までかかりそうな感じであり、九州から中四国地方の一部は暴風域にすっぽりと入ってしまう恐れがあります。

雨の降り方がまだよくわかりませんが、中心から北東側を中心に暴風域がひろがる予想となっているため、今回は大雨とともに暴風への対策が必要となってきそうです。

Source: Windy.com

以前にこちらの記事にて、台風への備えに関してサーファー目線での持ち物や対策できることなどを書いた記事があります。こちらの記事の中でも暴風への備えについて一部記載していますので参考にしてもらえればと思います。

関連記事

サーファーが知っておきたい台風への備えこれまでに5回にわたって、「サーファーが知っておきたい台風の知識」として記事を投稿してきましたが、今回はサーファー以外の方も知っておきたい台風への備えについて記載していきます。台風への備[…]

そして波のほうはといいますと

台風10号は北緯20度線を越えてきたばかりですけど、今回は久しぶりに北緯20度線を越えると台風のうねりの反応が出てくる説にあたるようなうねりの反応がでてきそうです。

早ければ今日の後半にも太平洋側では反応するエリアがでてくるかもしれません。

Source: Windy.com

まず南東~南ベースのうねりから反応してくるはずなので、千葉エリアでは今日の後半あたりから反応が出てくるかも。

でも東海上の高気圧からの東ベースのうねりも反応していることから、台風からのうねりが入ってきたのかどうか見わけがつかないかもしれませんけど、海に入っていれば力強いセットが入ってくるのが実感できるでしょう。

湘南も後半には再び反応してくる可能性もありそうです。今日はそこまで反応してこないかもしれないですけど、明日には再びサイズアップしてきそうなので、週末に合わせたサイズアップということから、今日は早めに仕事を切り上げて飲み会もキャンセルし早く帰って寝たほうがよいでしょう。

ただ技量に合わせたポイント選びと慎重な行動が必要になってきますので、その点は十分ご留意ください。
昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置と波情報 : 台風9号と10号の波の反応状況午前3時の実況天気図 ASAS大型で強い台風9号は勢力はほぼ維持しながら朝鮮半島の東岸沿いを北へ進んでいます。気象庁の予報では午後にも温帯低気圧に変わる見込みです。[…]

台風10号

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは南よりの風。

台風のことばかり記載していたら時間がなくなってきてしまいました・・・

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは昨日よりも波はだいぶまとまってきていて、胸肩~頭くらいの乗れる波が入ってきています。

まだすこしボヨつき気味な感じの波ではありますけど、セットはサイズは十分あってインサイドまで走れる波も入ってきていますね。

でも9月に入ってからは平日の朝が急に人が減ったような気がします。今朝のこれくらいのコンディションであれば、先週までだったら朝から駐車場は満車で海の中も大賑わいだったんですが、、、今日も空いてますね。。。

夏休みが終わったから??なのかどうかわかりませんけど、平日の朝の風景が戻ってきたような感じもします。

千葉北

東うねりがベースで今朝も十分なサイズでサーフィン可能ですね!

湘南

台風9号の南西うねりはサイズ下がってきましたけど、まだ腰腹~胸くらいのブレイクは残っているようです。

風の影響がでていてまとまりはないブレイクが多くなっているようです。

 

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 次第にハードなコンディションへ

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

後半に台風10号からのうねりの反応があるかどうかをチェックしておきましょう。

21時更新

台風10号からの南東~南うねりが入ってきましたね。

南房総の海も普段は割れないところが割れるようになってきました。

そして石廊崎の波浪観測データも午前10時頃から、再び周期が10秒以上の波が観測されるようになっています。

石廊崎の波浪観測データ

夕方の千葉南エリアは南西の風が吹いたこともあり、更にサイズアップして鴨川~和田エリアではほぼクローズアウトなコンディション。

南西の風をかわす千倉や千歳では頭オーバーのセット入ってきていますが、クローズはしてなくて中・上級者の方は十分サーフィン可能なコンディションとなっていました。

週末にむけての風と波

予想気圧配置48時間

土曜はしっかりサイズアップして日曜は更にサイズアップしてクローズアウトなポイントが増えてきそうです。

無理はしないよう十分注意して、技量に合わせて入るポイントを変えるなどしたほうがよいでしょう。

21時更新

夕方の湘南も台風10号からの南東~南うねりが反応して各ポイントで頭オーバーのセットが入ってきていたようです。

明日の朝は更にサイズアップしている可能性があり、ビーチのポイントではクローズアウトにもなってくるでしょう。

鎌倉から東のポイントへ人が集中しそうですが、上級者向けの波となりますので、くれぐれも無理のないよう、自身の技量をわきまえた上でエントリーするかどうかは慎重にお願いします。また、普段はブレイクしないポイントにも人が集まりそうですので、路駐などの問題が発生しやすくなります。

ビジターの方が無理にクルマを駐車するなどして地元の方に迷惑がかかると、そのポイントではもうサーフィンできなくなってしまうかもしれないので、その点だけは注意してもらえればと。

これだけの情報化社会ですから、関東周辺ではもうシークレットなんてポイントはないと思いますけど、、、

この日を1年間待ちわびていたローカルの方もいると思いますので、ビジターとして海に向かうときはその辺は考慮しておきたいところですね。

 

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

9/4 3:00 ASAS台風15号は千島の東までスピードを上げながら北上し温帯低気圧となった。冬型の気圧配置のようになり温帯低気圧として更に発達を続けている。964hpaまで発達しているためノースショアにもうねりが届くかもしれない。日本[…]

IMG

9/4 3:00 ASAS / FSAS24台風21号は午前6時時点では足摺岬の南約160㎞にあり、北北東に35㎞/h(20KT)で進んでいる。中心付近の気圧は945hPa、中心付近の最大風速は45m/s、非常に強い勢力を維持して上[…]

気圧配置&天気と波情報 : もう1つの熱低の動きにも注目午前3時の実況天気図 ASAS台風13号は強い勢力となって石垣島の南付近を北へ進んでいます。速度は時速15kmとゆっくりで、このまま東シナ海を北上し朝鮮半島を指向する現時[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/09/04
日の出:05:13 / 日の入:18:02
大潮
満潮:05:12(151cm) / 18:01(146cm)
干潮:11:39(32cm) / 23:52(55cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/09/04
日の出:05:16 / 日の入:18:05
大潮
満潮:05:30(149cm) / 18:14(147cm)
干潮:11:59(30cm) / 00:00(cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/09/04
日の出:05:26 / 日の入:18:13
大潮
満潮:06:19(179cm) / 19:02(178cm)
干潮:00:27(70cm) / 12:41(42cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/09/04
日の出:05:35 / 日の入:18:21
大潮
満潮:07:08(193cm) / 19:46(192cm)
干潮:01:09(79cm) / 13:26(48cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/09/04
日の出:05:51 / 日の入:18:34
大潮
満潮:06:55(202cm) / 19:33(198cm)
干潮:00:59(72cm) / 13:14(45cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/09/04
日の出:05:08 / 日の入:18:01
大潮
満潮:04:19(159cm) / 17:14(149cm)
干潮:10:52(41cm) / 23:06(64cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

ぼっちサーフィン

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

台風の知識

前回までの記事では、いい波に乗るために台風のことを知っておくというシリーズとして2つの記事を投稿しました。1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載しています[sitecard subtitl[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

台風10号うねり
最新情報をチェックしよう!