毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

寒暖差による体調不良にご注意、雲ひとつない青空とほぼ無風の土曜の朝【2020.4.25】

今朝の気圧配置と空模様 : 朝晩は冷え込

午前3時の実況天気図 ASAS

※しばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えてまして、概況レベルの記載に留めています。

おはようございます。
4月25日土曜日の朝です。

今朝は冷え込みました。
朝の最低気温は6度。

風はほとんどないのですけど、もう来週はゴールデンウイークだというのにこの冷え込みです。

今週は沿海州からサハリンあたりの上空に停滞していた寒冷渦の影響で
ずっとこの「寒の戻り」が続いた週となりました。

日中は20度くらいまで昇温して寒さはあまり感じないかもしれないですけど、

朝晩は冷え込みが続き、この時季に長い寒の戻りというのも珍しいかもしれません。

でも今朝は雲ひとつない青空が広がりました。快晴です。沖合に浮かぶ船もくっきりとよく見えます。

さて今日の気圧配置ですけど、

昨日も記載したとおり同じような気圧配置からやっと変化がでてきました。

上空の寒冷渦に対応した低気圧はカムチャツカ半島あたりまで移動し、

代わって大陸の中国東北区からの新たな低気圧が日本海へと進んできています。

また関東の東海上には相変わらず小さな低気圧が解析。

これら低気圧はそれぞれ上層の500hPaの気圧の谷に対応した低気圧であり、
いつも見ている地上天気図の低気圧や高気圧は、多くの場合、高層の気圧配置、偏西風の流れから引き起こされる現象です

いつも波をベースに記事を書いていることから、地上天気図ベースでしか記載はしていないですけど、
発生する気象現象を捉えるには大気の状態を面だけでなく空間で立体的に捉えることが必要です。

ただ、海に行くまえにそんな高層の天気図まで見ている時間もないので、、、

地上天気図だけを見て、
どこでどんな風が吹いてどの方向からうねりが入ってくるのかを、
ざっくりと捉えられるようになれれば、まずは十分なのではないかと思います。

話がそれましたけど、

と言うことで、今日は日本海に低気圧が東進してきて低気圧に南東から南西の風が吹く気圧配置です。

今週の寒気は一旦は過ぎ去っていきそうですので、今日は南ベースの風で日中は暖かくなりそう。

寒暖差が大きくなりそうなので、どうしてもお仕事で外出される方、体調崩されませんようお気をつけください。

特に今このコロナ感染がひろがってしまっている最中にも懸命に多くの方を支えてくださっている医療関係者の方にはホント感謝しかありませんので、
くれぐれも体調崩されませんようにしていただければと思います。

昨日の記事はこちら

昨日の気圧配置と風と波

今朝の気圧配置と空模様 : サイズダウンし風の影響もありそう午前3時の実況天気図 ASAS※しばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えてまして、概況レベルの記載に留めています。おはようございます。4[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは弱い西からの風。

昨日も昼前あたりからは南の風が強まってきて波の面もザワザワ。

今朝はヘリポートの吹き流しも真下に垂れていてほぼ無風な状態。

今日もうねりの弱い状態が続いています。

千葉エリアにははるか東海上にある高気圧からの吹き出しによる東うねりと、ここ最近の南西ベースの風波の残りが弱く反応

今日は正午まえに干潮時刻を迎えますので、これから潮が大きく動いてくる頃となります。

ちょうど潮が引きいっぱいに近づいてくる時間あたりから、南東の風が強まってきそう

うねりの反応が弱いながらも、風の影響少なく潮回りも午前中が良さそうな感じですね。

とはいえ、今は家にいて人と接触しないことが重要なので、家で波の予想と空の観察。
あとは海をきれいにすることですね。

※緊急事態宣言によりしばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えようと思います。

※YouTubeには千葉の海や空の映像などを控えめにアップしていますので、よろしければチャンネル登録をお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

今後の気圧配置: 明日終日南西の風

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけては日本海に前線を伴いながら低気圧が日本海を東進します。

日本の南には高気圧があってそこから低気圧にむけての南西の風が午後には強く吹くでしょう。

東ベースの波はおさえられがちとなり、南西の風波で少しサイズに変化があるかどうかといったところ。

南に開いたポイントでは昼過ぎから面がかなり荒れてきそうです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日は低気圧がさらに東進してオホーツク海まで移動してきます。

低気圧からのびる寒冷前線が明日の夜には千葉エリアを通過してきそう、

今夜から明日夜にかけてはこの寒冷前線の南側で暖かく湿った空気が流れ込むことから、広い範囲で大気の状態が不安定となってきそうです。

明日も南西の風となることから、南に開いたポイントではオンショアのコンディション。

風をかわす東向きのポイントでは波は抑えられてしまい、スモールコンディションが続くといった感じになりそうですね。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay(2017/04/25)

4/25 3:00 ASAS https://t.co/tnKnpNtUCi日本付近は高気圧の後面に位置してきており明日にかけて天気は下り坂。アリューシャンにある低気圧からの北東のウネリと高気圧からの吹き出しによるウネリが主な波源と[…]

IMG
OnThisDay(2018/04/25)

4/25 3:00 ASAS前線を伴った低気圧が本州付近を東進中。西日本ではすでに寒冷前線は通過した模様で風は北西にシフト、東日本はまだ暖域に位置しており南の風が強まっている。東日本ではこれから昼前にかけて雨風が強くなる見込み。風が[…]

OnThisDay(2019/04/25)

毎日の天気図と波情報4/25(木) 3:00 ASAS 今日の波と天気概況本日も簡易更新的な内容となります。。。〜前線を伴った低気圧が太平洋沿岸に沿う形で東進しています。東の海上には高気圧があり低気圧の前面では南東の風、低[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/04/25
日の出:04:54 / 日の入:18:19
大潮
満潮:05:09(137cm) / 18:23(132cm)
干潮:11:47(8cm) / 23:54(65cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/04/25
日の出:04:57 / 日の入:18:22
大潮
満潮:05:23(145cm) / 18:41(143cm)
干潮:12:05(14cm) / 00:00(cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/04/25
日の出:05:07 / 日の入:18:31
大潮
満潮:06:18(163cm) / 19:19(163cm)
干潮:00:31(63cm) / 12:47(16cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/04/25
日の出:05:16 / 日の入:18:38
大潮
満潮:07:04(167cm) / 20:00(172cm)
干潮:01:11(67cm) / 13:32(16cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/04/25
日の出:05:34 / 日の入:18:50
大潮
満潮:06:55(178cm) / 19:50(178cm)
干潮:01:04(61cm) / 13:21(13cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/04/25
日の出:04:46 / 日の入:18:21
大潮
満潮:04:16(136cm) / 17:38(130cm)
干潮:11:02(8cm) / 23:02(71cm)

こちらの記事がよろしければシェアをお願いします!

沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!