毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

関東も梅雨入り間近⁈ 九州北部を除き東海まで一斉に梅雨入り【2020.6.10】

気圧配置と波情報 : いきなりの大雨に要注意

午前3時の実況天気図 ASAS

6月10日 水曜日です。本日は更新が夜になってしまいました。

今日は梅雨前線が西日本から北上したことで、九州北部を除く西日本エリアの一斉梅雨入りのタイミングとなりました。

これから約1ヶ月半の雨のシーズンへの突入となります。

毎年のように特に梅雨末期には非常に激しい雨が降ることで、災害も発生しやすい時期です。今年はコロナの影響が大きかったことから、自然災害への関心が少し低くなっているような気もしますけど、コロナの感染がまだ完全には収束していない状況での自然災害が発生してしまったらそれこそ大変な事態となります。

山の斜面に近い方は大雨による土砂災害には十分注意する必要がありますし、大雨による河川の氾濫にも警戒が必要となります。

明日明後日と関東にも梅雨前線がかかる予想気圧配置がでており、関東甲信地方の梅雨入りも秒読みの段階になってきました。明日からは関東地方もぐずついた空模様が続きそうです。

なお、フィリピン付近の東には熱帯低気圧が解析されています。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 沖縄では大雨に警戒午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。6月9日火曜日の朝6時をまわりました。梅雨前線が沖縄地方に停滞していて活動が活発になっています。これまでにも雨量[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアも南西からの風が強めに吹きました。

相変わらずのうねりの反応が弱い状態が続いており、今朝も朝一は潮が多いこともあって鴨川マルキポイントはほぼショアブレイクのみのコンディション。

朝一こそ風はまだ吹いていませんでしたけど、午前6時半ころには南西の風が吹き始め、午前7時ころにはだいぶ風も強くなってきて面に影響がではじめた感じ。

潮が多くても比較的周辺のポイントよりかはブレイクしやすい白渚ポイントは、南西からの風でオンショア強めのコンディション。すぐにヨレヨレなコンディションとなりバックウォッシュも一部で入った乗れない波ばかりなコンディション。

風をかわす千歳や千倉はサイズ的にもかなり小さめ、千葉北でも一宮周辺が風をかわすポイントとなりますがうねりはかなり弱くかなり物足りないコンディション。

かといってオンショアのコンディションとなる南向きのポイントでは風波によるサイズアップはほとんどせず、、、

石廊崎の波浪観測もピクリとも反応してないですね

今日はそんな状況が終日続いてしまい、サーフィンするにはイマイチなコンディションでした。

湘南も南西からの風波となりましたが、ほとんど反応しないまま面が乱されただけで今日は終了といった感じです。

※YouTubeには千葉南エリアの波チェックや海や空のタイムラプス映像などをアップしています。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければチャンネル登録といいねボタン&コメントも是非お願いします!

今後の気圧配置と波: 関東も梅雨入りのタイミングへ

明日午前9時の予想天気図 FSAS24

明日も太平洋高気圧が西に勢力を拡大していて、梅雨前線は西日本の日本海側まで押し上げられます。

高気圧の縁辺をまわる南西の風が明日も太平洋側には入る状況が続きます。

梅雨入りして間もないですが早くも西日本には大雨となりそう、関東地方も明日からは雲が多く広がり雨となるエリアも多くなってきそうです。

明日も千葉エリアには南西ベースの風がはいり続け、風があうポイントでは物足りないスモールサイズ、風があわないポイントでは風波で少しサイズアップするかどうかといったところでしょうか。

明日も朝の早い時間から風が入りそうなので、波は期待できなさそうです。

明後日午前9時の予想天気図 FSAS48

明後日の朝には梅雨前線がしっかりと描かれており、関東地方にもばっちりかかってくる予想気圧配置です。

太平洋高気圧の縁辺の暖湿流が太平洋側に大量に流れ込み前線の活動も活発になってきそう、特に九州の東シナ海側では集中豪雨が発生してもおかしくないような状況にもなりそうで、広い範囲で雨の降り方には要注意な金曜日となりそうです。

風や波は前線の微妙な位置で大きくかわることもあり、なかなか予想しにくい時季となりますが、今のところでは今日から引き続き南西ベースの風が入る状況が続きそう。

うねりもまとまりなく中途半端な感じでサイズアップしてくるかもしれませんけど、いい波がはいってくるような気圧配置ではありません。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay(2017/06/10)

6/10 3:00 ASAS今日は南高北低の気圧配置。南の高気圧から北海道の西に中心を持つ低気圧に向けて強い南から南西の風が吹く。今朝の千葉エリア、朝一は風は無風から弱い西よりの風。多くのポイントでオフ寄りの風だが昨日よりサイズダウン。[…]

IMG
OnThisDay(2019/06/10)

気圧配置&天気と波情報 : 梅雨の時期らしい気圧配置午前3時の実況天気図 ASAS東の海上にある低気圧は東進を続けており更に遠ざかっていますが、そこからのびる前線が梅雨前線として南海上に横たわっています。梅雨前線上には新た[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/06/10
日の出:04:24 / 日の入:18:52
中潮
満潮:06:10(137cm) / 20:49(125cm)
干潮:00:57(91cm) / 13:29(14cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/06/10
日の出:04:26 / 日の入:18:56
中潮
満潮:06:19(143cm) / 21:07(133cm)
干潮:01:19(100cm) / 13:53(21cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

あわせて読みたい

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
あわせて読みたい

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風
あわせて読みたい

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!