関東は今日にも梅雨入りしそう、南西の風が吹き続き風波でサイズアップ【2020.6.11】

気圧配置&天気と波情報 : 磯ノ浦や伊良湖もサイズアップ

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

おはようございます。6月11日木曜日の午前7時を過ぎました。

昨日は西日本を中心にして東海地方までの広い範囲で梅雨入りとなりました。

太平洋高気圧の勢力が強くなって梅雨前線が西から北上し今朝は西日本の日本海側まで位置はシフトしてきています。

太平洋側では高気圧から前線に向けての南西の風が昨日よりやや強めに吹き続いており、昨夜の遅い時間も吹いていてベランダに干してあるウエットスーツとタオルはずっとユラユラと揺れてました。

その南西の風は今朝もやや強めに吹いており、ウエットスーツはユラユラ揺れたまま。

朝一は青空も見えるくらいの雲の量で雨はまだ降っていませんけど、午前7時を過ぎたあたりからは低い層状の雲に一面覆われてきて周囲は次第にやや暗くなってきています。関東地方も今日にも梅雨入りとなりそうです。

レーダーアメダス

梅雨前線に向けて南西の暖かく湿った風が吹き込んでいることで大雨に対する警戒が必要になってきています。

昨日の記事でも書きましたが、この梅雨前線と高気圧の位置では九州の東シナ海側は特に注意が必要で、今朝のレーダーナウキャストを見ても前線のすぐ南側に位置する佐賀や長崎、熊本あたりまで激しい雨が降っています。

高気圧の縁辺を海を通って吹き込む風が前線に向けて入るエリアは、海を通った湿気たっぷり含んだ風が入りまた前線付近では少し風向が異なる風が収束しやすいこともあり大雨となることが多くなります。

過去に梅雨前線や秋雨前線が絡む豪雨災害が発生したときは、今回のように海からダイレクトに前線に暖かく湿った風が入る気圧配置のときが多く、今回も警戒が必要です。

衛星画像

衛星画像を見ても九州北部あたりの雲の輝度の高さといいますか雲の真っ白さ、つまり雲が発達しているということですが、まとまった雲がかかっています。今夜から明日にかけても前線は同じような位置に停滞しそうであり、雨量が増加しそうです。

土砂災害や河川の増水・氾濫、また雷や突風なども発生するところもありそうなので、十分ご注意ください。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置と波情報 : いきなりの大雨に要注意午前3時の実況天気図 ASAS6月10日 水曜日です。本日は更新が夜になってしまいました。今日は梅雨前線が西日本から北上したことで、九州北部を除く西日本エリアの一斉梅雨入りのタイミングと[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは南西の風が強めにふいた状態でのスタート。

鴨川エリアもオンショアがびゅんびゅん吹いており、ヘリポートの吹き流しも今日は斜め下くらいになびいています。

吹き続いているオンショアにより昨日よりも風波がややアップしたような感じもありますが、潮も多くまとまりない波。朝一の5時くらいは二人ほど入っていましたけど、7時過ぎには誰も海に入っていません。駐車場もあるのは2台くらい。

風の影響を受けてしまうポイントではだいたい今朝はこんな感じ、風波で少しサイズがでてきているけどオンショアに潰されて走れるフェイスのほとんどない波なコンディションが続きそうです。

一方で南西の風をかわす一宮周辺や千歳・千倉では膝腿くらいのスモールサイズ。千倉や千歳では朝は潮が多くショアブレイクがほとんど。

湘南は南に開いたエリアなのでオンショアの風。波はまとまりないですけど、鵠沼ではセットで腰くらいのサイズの波が入ってくるようになったようです。これからもう少しサイズが出てくるかもしれませんが、オンショアのコンディションは続くでしょう。

西日本から東海あたりまでは既にもう少しサイズアップしてきており、今朝は和歌山の磯ノ浦で胸肩くらいの風波が反応しているようです。南からの風は強いですけど、紀伊水道の奥に位置するポイントであることから、強めのオンショアでもそこそこできるコンディションをキープすることも多く、今朝もまだ遊べる波が入ってきているようですね。

伊良湖から御前崎までもサイズアップしてきているので、湘南もこれからサイズアップしてきそうです。

今日の波チェックと空模様タイムラプス@千葉南

雨入りした千葉南エリアは南西の強い風が吹き続く~

  • 波チェック:鴨川マルキ→和田浦→花籠→千歳
  • 雲の流れタイムラプス:鴨川 am 6:30 – pm 4:00 

この日の午前11時に、九州北部・関東甲信・北陸・東北南部の梅雨入りが発表されました。

梅雨前線は日本海沿岸まで北上しており、太平洋高気圧から前線に吹き込む強い南西の風が千葉エリアでは吹き続いた一日

千葉南のエリアでも北に位置する鴨川と南に位置する南房総では、南にいくほど南西の風が強く感じられました。

この日は午後からの波チェック。

鴨川マルキは風でヨレは入っているものの思ったよりも荒れてなくて走れるフェイスもあり6-7人くらいのサーファーが入水中。

和田や白渚までくると南西の風がかなり強い状態、コンディションがよくないときも何人かはサーファーがいる白渚もさすがにこの日は誰も入ってませんでしたね、、、

千歳は風をかわしつつもサイド気味の風で海にむかって右から左にかなり流されるコンディション。 波も斜めに入ってきて南西からの風波だということがわかりました。こちらも5人くらいサーファー入ってましたけど、インサイドよりの波でかなり物足りない感じ。

鴨川の上空の雲は南西からの風によって早いダイナミックな雲の動き。 ずっと見とれてしまう梅雨入りした日の空模様をご覧ください。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ
よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 湾の奥に位置するポイント⁈

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけても梅雨前線は九州北部から日本海沿岸をとおって三陸沖あたりまでのびる予想気圧配置です。

九州は引き続き大雨に警戒が必要となります。

太平洋側は南西ベースの風が入り続けることで、風波の反応がよくなりサイズアップしてくるポイントが多くなります。

千葉エリアは南向きのポイントを中心にサイズアップしてきますがオンショアが強く風クローズな感じになってしまいそう。風をかわす一宮周辺や千倉千歳ではサイズ小さめですけど潮が少ない時間帯に少しできるかといった感じでしょうか。

湘南もまとまりないながらもサイズアップしてきます。千葉は外海ですけど湘南は相模湾の奥なのでオンショアながらも比較的できるポイントはあり、そんなポイントで遊ぶのが良さそうでしょうか。由比ガ浜などの湾の奥に位置するポイントではぐちゃぐちゃって感じにはならずのコンディションをキープするかもしれないので、チェックしてみてもよさそうです。

あとはこんな南西の風が強く吹いたときには千葉だと内房が気になりますね・・・。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は前線がやや南下してきて関東の上空にも前線がかかってきそうです。

南西の風は吹き続き曇が多く雨も降りやすい空模様となり傘が手放せません。

千葉と湘南は今日と同じような感じのコンディションとなりそうですが、オンショアにより今日よりも風波がサイズアップしてきてそうです。風をかわす一宮周辺や千歳・千倉は波は抑えられたままとなりそうですが、内海の湾の奥でオンショアでサイズアップするポイントでは、波質は期待はできませんけど今日よりもできるポイントもあるかも。外海の南向きのポイントは風クローズな状況が続くでしょう。

九州には変わらず前線が停滞しており雨量がかなり多くなる懸念があります。前回九州北部で豪雨が発生したときに被害に遭われたエリアでは今日のうちから念のため避難への備えをしておいたほうがよいかもしれません。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

6/11 3:00 ASAS北海道の東の海上には上空に寒気を伴った低気圧がありゆっくり東進、一方、東シナ海には前線を伴った低気圧がありこれから西日本へ。今朝の千葉エリアは北ベースの風。千葉北の九十九里から一宮周辺エリアでは腰腹サイズを[…]

IMG

気圧配置&天気と波情報 : 千葉はしばらく北東うねりが続きそう午前3時の実況天気図 ASAS関東の東には梅雨前線とは少し離れた位置に低気圧があり東へ進んでいます。梅雨前線は日本の南海上を東西に横たわり南西諸島付近まで相変わ[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/06/11
日の出:04:24 / 日の入:18:53
中潮
満潮:06:51(127cm) / 21:32(121cm)
干潮:01:44(90cm) / 14:10(25cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/06/11
日の出:04:26 / 日の入:18:56
中潮
満潮:07:02(133cm) / 21:51(129cm)
干潮:02:07(99cm) / 14:36(33cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/06/11
日の出:04:37 / 日の入:19:04
中潮
満潮:08:09(148cm) / 22:25(152cm)
干潮:03:03(106cm) / 15:14(42cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/06/11
日の出:04:46 / 日の入:19:11
中潮
満潮:08:59(150cm) / 23:17(158cm)
干潮:03:51(117cm) / 16:11(49cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/06/11
日の出:05:07 / 日の入:19:19
中潮
満潮:08:58(162cm) / 22:51(163cm)
干潮:03:38(103cm) / 15:51(42cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/06/11
日の出:04:11 / 日の入:18:59
中潮
満潮:05:55(139cm) / 20:43(121cm)
干潮:00:41(95cm) / 13:21(27cm)
こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

あわせて読みたい

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

あわせて読みたい

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるといくことをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!