千葉南部は引き続き南西の強風、川のような左へのカレントに注意【2020.6.12】

気圧配置と波情報 : 千葉は風クローズが多い

午前3時の実況天気図 ASAS

おはようございます。6月12日 金曜日です。

昨日の木曜日の午前11時に、気象庁から九州北部・関東甲信・北陸・東北南部の梅雨入りが発表されました。大方の予想通りでしたね。

まずは昨日の状況から

昨日は千葉南のエリアでも北に位置する鴨川と南に位置する南房総では、南にいくほど南西の風が強く感じられました。

ちょうど昨日は午後から波をチェックしたのですが、鴨川マルキでは思ったよりも南西の風は強くなく、ややサイズアップしてまとまりはないながらも少しは走れるフェイスあり、6~7人くらいのサーファーが入っていてショートライド中心でしたけど乗れてましたね。

南下して和田や白渚までくると南西の風がかなり強い状態、コンディションがよくないときも何人かはサーファーがいる白渚も見た感じでは誰も入ってませんでした。

千歳は風をかわしつつもサイド気味の風で海にむかって右から左にかなり流されるコンディション。波も斜めに入ってきて南西からの風波だということがわかりました。こちらも5人くらいサーファー入ってましたけど、インサイドよりの波でかなり物足りない感じでした。

今日の気圧配置ですが、

昨夜には日本海沿岸まで北上した梅雨前線ですが、今朝は南下してきています。

東海上にある太平洋高気圧の勢力は西にひろがり、その縁辺をまわる暖かく湿った風が前線に向けて吹き込む構図は続いている状況。

今日も千葉エリアでは終日南西の風が吹き続く一日となりそうです。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 磯ノ浦や伊良湖もサイズアップ午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。6月11日木曜日の午前7時を過ぎました。昨日は西日本を中心にして東海地方までの広い範囲で梅雨入りとなり[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは朝から南西の強い風。

南房総では地面は濡れていますけど、午前5時過ぎから雨は止んでいるようです。海を見てみると・・・昨日から吹き続く南西ベースの風により、海は向かって右から左へと川のような流れができています。

強い南西の風が続いているので、見た目にもわかるくらいの強い流れができていて、今日は海に入ったらすぐに流されてしまいそうです…。

そんな千葉南エリアですけど、朝は相変わらず潮の多い時間帯とも重なっており、風を軽減する千歳ではインサイドよりのブレイクが中心で強いカレントあり。

昨日と同じく白渚と和田は南西の風をもろにくらっていて、ほぼ風クローズな感じ。

千葉北もおなじような感じですね、、、一宮は風はサイドオフでかわすも流れのあるスモールサイズ。昨日よりか少しサイズはあって腰くらいのセットは遊べそうでしょうか。

湘南は風波が昨日からサイズアップしてきましたね。石廊崎の波浪観測もちゃんと反応してきています。

鵠沼では肩頭くらいのサイズでハードなコンディションとなっていますが、サイズあるのでやれないことはなく千葉よりかはまとまっている感じでしょう。アメダスを見ると風も千葉よりかは弱く、そんなに影響なさそうです。

昨日も記載しましたけど、やはりこんなときは由比ガ浜など湾の奥に位置するポイントのほうが他よりも少しまとまっていて、コンディション的にはできる場合が多いです。

今日もそんな感じで鵠沼よりもワンサイズは小さいですけど、まとまりないながらもまとまっていて十分サーフィンはできそうです。
千葉では内房のポイントがサイズでてきているかもしれませんね。

風が強く流れもでているポイントも多いので、海の中では目標物を確認するなど十分注意しておきたいところです。

※YouTubeには千葉の海や空の映像などをアップしています。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければチャンネル登録といいねボタン&コメントも是非お願いします!

今後の気圧配置と波: 明日は北〜北東の風が吹きそう

午後9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけてもやや梅雨前線は南下してちょうど関東地方の真上あたりに停滞する感じの気圧配置です。

前線の南では高気圧からの南西の風が入る気圧配置がつづき、南西の波が今日は終日続くでしょう。

千葉エリアは外海なのでこれだけオンショアをくらってしまうと、まともにできるところが少なくなってしまいます。

サイズは抑えられますが風をかわす一宮周辺や千歳から千倉あたりがまだ出来るコンディションとなりそうですが、いいコンディションにはならないでしょう。

湘南は風波は今日いっぱいは十分残りそうで、千葉南部よりも朝は風が弱いようなので波が少しまとまってくるかもしれません。

まだハードなところも風が弱ければ次第にまとまってきて鵠沼などでもそこそこ出来るようになるかもしれないですが、12時くらいからはまた南西の風が強まる予想がでています。午前中の早いうちに1R入っておいたほうがまだできるかも。午後に入るなら由比ガ浜などの湾の奥や大磯が少し風をかわせる感じでしょうか。

なおフィリピン付近にある熱帯低気圧が台風へと昇格する予想がでています。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

関東地方は次第に梅雨前線の北側に位置してきそうです。

サイズアップした風波はダウン傾向となりそうですけど、北から北東の風へとシフトしてそれほど風は強まらなそうな感じか。

今日の夕方にどれくらい風波が残っているか次第ですけど、明日の朝も風波が残れば今日よりもまとまった波になってきそう。今の時点ではちょっとだけ期待しておくくらいですかね。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay(2017/06/12)

6/12 3:00 ASAS大陸から冷涼な高気圧が日本海へ東進中、日本のはるか南には太平洋高気圧の張り出しが伸びていて、二つの高気圧の間に梅雨前線が停滞。台風2号は北上を続け明日には大陸に上陸する見込み。上陸後は勢力を弱めながら東へ向き[…]

IMG
OnThisDay(2019/06/12)

気圧配置&天気と波情報 : 茨城から東北はうねり強くハードな波午前3時の実況天気図 ASASオホーツク海付近には高気圧があって南海上には梅雨前線が長く横たわるという梅雨の時期の気圧配置です。関東の東海上には三[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/06/12
日の出:04:24 / 日の入:18:53
中潮
満潮:07:39(117cm) / 22:18(119cm)
干潮:02:41(89cm) / 14:54(37cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/06/12
日の出:04:26 / 日の入:18:57
中潮
満潮:07:54(122cm) / 22:38(126cm)
干潮:03:09(96cm) / 15:21(46cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/06/12
日の出:04:37 / 日の入:19:04
中潮
満潮:09:02(137cm) / 23:15(148cm)
干潮:04:01(105cm) / 16:00(55cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/06/12
日の出:04:46 / 日の入:19:11
中潮
満潮:09:53(139cm) / 00:00(cm)
干潮:04:56(117cm) / 16:57(64cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/06/12
日の出:05:07 / 日の入:19:20
中潮
満潮:09:50(150cm) / 23:41(158cm)
干潮:04:34(104cm) / 16:38(56cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/06/12
日の出:04:11 / 日の入:18:59
中潮
満潮:06:43(127cm) / 21:27(121cm)
干潮:01:37(93cm) / 14:04(40cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

あわせて読みたい

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

あわせて読みたい

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるといくことをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

あわせて読みたい

都内から週末に通える海週末サーファーは毎週のように海に通ってサーフィンする方が多いと思います。1年間はだいたいの年は52週あるとして、春夏秋冬の毎週欠かさず海に行くとすると1年間で52回海に行くことになります。私の場合、海に[…]

あわせて読みたい

大阪市内から週末に通える海前回の記事では、都内に住んでいると仮定して関東地方で週末に通える千葉、茨城、湘南の各エリアの概要について記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

アイキャッチ画像

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!