毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

千葉の海水浴場は今夏は全て開設中止・・・海の事故が増加しないか心配です【2020.7.16】

気圧配置&天気と波情報 : ビーチにはいくつもの赤旗が・・・

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

おはようございます。7月16日木曜日の気圧配置と波情報です。

昨日は朝に千葉南エリアの波チェックしに行きましたが、、、南房総の各海岸にはサムネイル画像にも掲載したこんな赤旗がいくつもありました。

海水浴場は中止の写真

ニュースでもご存じの方も多いと思いますが、タイトルにも記載したとおり、今年の夏の千葉県内の海水浴場は全て開設中止となったことによるものです。

関連するニュース
https://mainichi.jp/articles/20200620/k00/00m/040/060000c

先週金曜日に波チェックしたときは、まだこの赤旗はなかったと思うので、おそらく今週に入ってから設置されたものかと思います。

この赤旗は1本だけではなく、ビーチには50mおきくらいでしょうか、そんな間隔で設置されていた状況。

今朝見ただけでも、和田浦、白渚、千歳には設置されてました。

原因はもちろんコロナなんですけど、、、これはとっても寂しいですね・・・

まあ、サーフポイントは海水浴場であるところとないところがあり、海水浴場ではないポイントは今までどおりではありますけど、

やはり夏といえば海ということで、

千葉の海には毎年多くの方(昨年は95万5,000人)が来られて賑わうことから、そんな光景が今年は見られないと思うとちょっと寂しい感じが今からしています。

寂しいと思うだけでなく、もっと大きな影響を受けてしまうのは、海の家や民宿・宿・ホテル、周辺の飲食店などかなりの範囲で大きな影響を受けてしまいそう。。。

海水浴場の開設だけでなく、今年は花火大会も中止がほとんどとなり、一年で一番盛り上がる時期なだけに残念です。

サーファーは変わらず多く訪れるとは思いますけど…

今のところ駐車場の閉鎖にはならなそうだけど・・・

今のところサーフィン禁止とか緊急事態宣言中の駐車場の閉鎖になるような方針は、ざっと見たところ出てない様子。

しかし、ここにきて都内の感染者が増加しており、また緊急事態宣言発令なんて声が出てきたり、県をまたぐ移動の自粛なんて雰囲気が出てくると・・・マズイですね、、、

あまりコロナのことはここで記載する必要もないですけど、

ただ現時点(7月15日)では、感染者は増えているけど重症者はたしか10人以下です。

前回、緊急事態宣言が出たのは医療崩壊を防ぐことが目的だったと思いますが、今時点ではまだ前回のような医療・病床が逼迫している状況ではないようです。

コロナを根絶するのが目的ではないので、

今のこの重症者が少ない状況からすると、再び緊急事態宣言や自粛によって経済が止まってしまうほうが全体からしてみるとリスクのほうが大きいような…気がします。

海水浴場が開設されないこの状況下において、更にまた自粛ムードが強まるなんてことになったら、、、今となってはコロナよりもそちらの影響のほうが怖いのかもしれません。

もちろん重症者が増えたり病床数が逼迫したり医療崩壊に近づいてきてしまったときには、再度止めることにはなるかとは思いますけど、今はまだそんな状況までいってないのでは?っと思います。

いろんな意見がありますけど・・・現時点ではそんな風に思います。

海の事故が増加しないかが心配・・・

海水浴場が開設されないということは、監視員やライフセーバーもいない状態になると思います。

海の家がなく海水浴場ではないという状況であっても、夏の太陽が降りそそぐビーチにいれば海の中に入りたくなるもの。

遊泳禁止という状況になりつつも、やはり海水浴を楽しむ人が必ず出てきます。

監視員やライフセーバーが不在の状態で、離岸流に乗ってしまい沖に流されてしまったとかいう海の事故が増加しないかが心配されます。

またサーファーも例年よりも注意が必要になるかもしれません。

特に鵠沼みたいにサーフィンエリアと海水浴エリアが白い杭できっちり境界があったようなところでは、今年は境界がなくなりそうなので・・・

インサイドまで乗り継いだら、小さい子供が浮き輪で浮いていてぶつかりそうになった・・・なんてことが多くなるかもしれません。

特にまだコントロールがうまくできない人がロングボードで波に乗ってきたときなどは、大きな事故にもなりかねません。

ここ最近は雨が続き、今日は肌寒さも感じるくらいなのでまだ海水浴って感じではないですけど、

これから梅雨明けして海が気になりだしてくる陽気になったときには、ポイントの状況をよく確認して入るのと、インサイドに海水浴している人がいないかどうかをよく確認するなどしたほうがよいでしょう。

例年と異なる夏になることは間違いなさそうです。

 

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置と波情報 : 南西の風波と北東の風午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。7月15日水曜日の朝の気圧配置と波情報です。低気圧が東北地方から太平洋側へと抜けていき、その低気圧からのびる寒冷前線もあわせ[…]

今日の波

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北よりの風が吹いています。

朝は外に出たらかなりヒンヤリしました。でもだんだんと空が明るくなってきています。

石廊崎の波浪観測データはまだ反応が残っているようです。

波浪観測データ

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントはほぼ無風。

久しぶりに面がクリーンな朝一です。南から南西の風波の残りと南東ベースのうねりの反応が残っていて今朝も遊べるサイズ。

ちょうど潮も引きに向かう朝一でミドルタイドでいい感じの時間帯でした。

セットで腹胸くらいのいい感じのセットが入ってきていますが、かなり早いワイドなブレイク。

面がクリーンなのでたまーに肩くらいのいい形のセットが入ってきて、目の前に迫ってくると”おおぉー!”って感じがしますが、、、ホレホレのブレイクでかなり早いテイクオフが必要、あまり抜けれている人はいませんでした。

ここ最近は途中に砂がついているようで、ロータイドの付近だと途中で足がつくくらいの水深です。

その浅くなったところに一気にホレあがる波で、上級者の方はこんな波がいいのかもしれないですけど、アベレージサーファーだとあんまり乗れないかも。でもたまーに切れたポジションから乗れば、スリリングなテイクオフを味わうことができました。

もう少し潮がのってきたほうがいいのかもしれません。

千葉北

千葉南よりもサイズの反応は鈍く腰くらいの波。北よりの風で一宮周辺もあんまり良さそうな感じではないですね。

南西の波が思ったよりも続いているので、今日は千葉南のほうがサイズもありいいかもしれません。

湘南

昨日も波はぜんぜん残って十分遊べる波が残りました。今朝はサイズ下がりましたけど、セットを選べばまだ遊べる波があるようです。

 

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波:

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今日の千葉エリアは途中から東よりのオンショアが入ってきて面がざわついたポイントが多くなったのではないかと思います。

南からの風波もさすがにサイズダウンし、東から南東の波がベースとなって、千葉エリアは夕方も遊べるだけのサイズはキープ。

潮が多い時間帯が続き良くはない波でしたけど、今日も一日サーフィン楽しめたんじゃないかと思います。

東ベースの波になると湘南はサイズダウンしてスモールコンディションになってしまいましたね。

週末にむけての風と波

予想気圧配置24時間その2

まず明日の朝ですけど、梅雨前線上に弱い低気圧が発生して関東の近いところに予想されています。

明日の千葉エリアはこの低気圧と前線の北側に位置することから、低気圧へと吹き込む北東の風が入りやすいでしょう。

おそらく朝一から北東の風が千葉北・南エリアともに吹いていると思います。

雨も降っていて、海に入るモチベーションがちょっとダウンしそうな感じになるかも。

波は今日と同じく東から南東ベースの波が入ってきており、北東の風をかわす片貝周辺や鴨川エリアが比較的コンディション的には良さそう。

予想気圧配置48時間

明日の夜には低気圧が東海上へと北東へ進み、梅雨前線もやや北上してきそうな状況に。

明日の後半は北東から次第に北の風へとシフトしてきそうです。

東から南東の波がベースとなりそうですけど、前線の南側から南西の波も混じってきそうな感じでもあります。

土曜日は少し前の予想では低気圧が発達して進む感じでしたけど、だいぶ変わってきてしまいました。

ただ朝は風は弱そうであり、午後からは南西の風が強まってきそうなことから、土曜は朝一から昼前までに入っておいたほうが良いのは変わりなさそうです。

明日の後半あたりから、低気圧の南側から南西の波が入ってきそうなので、土曜日は南西からの波がベースで反応。

千葉北よりも千葉南エリアのほうがうねりの反応は良さそうなので、鴨川から和田エリア、あとは平砂浦などの北から北東の風をかわすポイントからチェックするのが良いのではないかと思います。

湘南も再びサイズに反応がでてきそうで、北よりの風が吹きそうです。やはり朝一から入るのが無難でしょう。

そこまで大きなサイズアップにはならなそうですけど、十分遊べるサイズにはなりそうです。

明日は金曜なのでリモートワークできる方は在宅勤務にして定時には仕事をやめて、22時には寝て土曜の朝一の波に間に合うようにしたいところですね!

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

7/16 9:00 ASAS昨日からウネリを届けてくれた熱帯低気圧は日本の東の海上に位置し、太平洋高気圧が日本の南で停滞。台風4号が南シナ海で発生したが日本への影響はなさそう。梅雨前線は日本海からこれから北日本に差し掛かり、明日にかけてや[…]

IMG

7/16 3:00 ASAS 3連休最終日の海の日の月曜日。 猛暑をもたらす鯨の尾型の気圧配置は変わらず、今日も各地で猛暑日になりそう。 フィリピンの東の熱帯低気圧はTDのまま台風には昇格せず太平洋高気圧の縁辺を南西方向へ進んでいる[…]

IMG

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップ。湘南と千葉の波情報が多めですが、その他ポイントの波情報もtwi[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/07/16
日の出:04:36 / 日の入:18:53
長潮
満潮:00:00(125cm) / 14:41(112cm)
干潮:07:29(44cm) / 19:11(95cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/07/16
日の出:04:39 / 日の入:18:56
長潮
満潮:00:14(131cm) / 15:07(119cm)
干潮:07:52(45cm) / 19:35(103cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/07/16
日の出:04:50 / 日の入:19:04
長潮
満潮:01:20(150cm) / 15:28(143cm)
干潮:08:30(59cm) / 20:35(111cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/07/16
日の出:04:59 / 日の入:19:11
長潮
満潮:02:01(155cm) / 16:23(150cm)
干潮:09:26(66cm) / 21:19(123cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/07/16
日の出:05:19 / 日の入:19:20
長潮
満潮:02:01(162cm) / 15:47(155cm)
干潮:09:00(60cm) / 21:11(110cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/07/16
日の出:04:25 / 日の入:18:58
長潮
満潮:13:58(119cm) / 23:44(139cm)
干潮:06:40(55cm) / 17:49(109cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

あわせて読みたい

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

海水浴場が開設中止アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!