毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

低気圧へ吹き込む強い北風、強い北東〜東うねりをかわすポイントへ【2020.1.18】

気圧配置&天気と波情報 : 関東平野部は雪は降らなそう

午前3時の実況天気図 ASAS

南海上を低気圧が発達しながら東へ進んでいます。

後にアメダスを掲載してますが、関東地方沿岸部は北よりの強い風が吹いており、午前8時の気温は全域で5度以下となっています。

昨日から関東平野部でも積雪かとの予報がでていましたが、降ったとしても雪は山沿いが中心となり、午前8時の時点では関東南部が主体の雨に。

今日はこのまま風の強い状態が続きそうで、北東の風から次第に北西の風へとシフト。

雨は昼過ぎには止むところが多くなりそうですが、気温が低い状態が続きます。

強い北からの風と北東から東の強いうねりをかわすポイントが中心となりそう。
ジャンクなクローズアウトなポイントが多くなっているので、十分注意が必要になります。

昨日のコンディションはこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS千葉南部の沖合には小さな低気圧があり今朝はどんより雲の多い空模様からのスタートです。これから週末にかけては、東シナ海にある低気圧の動向に注意が必要となってきます。[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、北から北東のかなり強い風。

低気圧からの北から北東の風が非常に強く吹いており、九十九里から一宮周辺の東向きポイントではジャンクなクローズアウトのコンディションに。

強い北風をとうねりをかわす片貝周辺だけなんとか出来そうな状況ですが、風が強すぎて上級者向けのアタマサイズの波。無理して入らない方がよいかもしれません。

今日は飯岡や御宿などの北の風をかわすポイントへ行くのが無難になりそう。
少しサイズが物足りないのであれば、それぞれ南に移動した椎名内から吉崎あたりと部原などがよいかも。

千葉南エリアでも強い北風をかわす鴨川マルキが無難なポイントに。
セットでは頭サイズの波が入ってきてこちらは十分サーフィン可能なコンディション。

和田から千倉まではうねりと風が強すぎてハードなほぼクローズアウトな状況ですね。

湘南は東ベースのうねりとなると反応せず、今朝も吉浜で少しサイズでてきたくらいな状況でしょうか。
なので、千葉の平砂浦もまだ反応してないはずです。

今日の注意事項は、、、

風が冷たく寒い1日となります。
海に入るなら防寒対策をしっかりとして入るようにしましょう。

サイズアップしていてクローズアウトなポイントも多く、また入れたとしても上級者のみのポイントもありそうなので、技量に合わせて強い風とうねりをかわすポイントへの移動が良さそうです。

この後は更にうねりが反応してきてクローズになるポイントが増えてきそうな感じ。

今後の気圧配置と波: 明日にかけて更にサイズアップ

午後9時の予想天気図 FSAS24

低気圧は発達を続けながら中心を東海上へとシフトさせていきます。

今日の後半は北西よりの風にシフトし強く吹く状態は続きそうです。

北東から東ベースのうねりは更に強まりそうで、まだサイズアップしてない飯岡や御宿などのポイントでもサイズアップしてくる可能性があります。

今出来ている片貝周辺や鴨川エリアでも午後には更にサイズアップしてきてクローズアウトな状況になるかも。。。

波のサイズをよくチェックして無理のないように、後半はサイズが抑えられるポイントへ
移動したほうがよいかもしれないです。

平砂浦までいくと逆に波がないかもしれませんが、うねりがまわりこんで遊べるサイズまでアップしてくるかもしれないので、湘南の波のサイズを気にしておきましょう。

湘南は吉浜がもう少しサイズアップしてきそうですね、少しできるくらいまで待ったほうがよいかも。

鵠沼なども午後はもう少し反応がでてくるかもしれませんが、そこまでのサイズアップは期待できないでしょう。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

低気圧はさらに東海上を北東方向へと進み日本からは離れていきます。

今日吹いた強い北西の風は弱まり、明日は朝はまだやや強く吹いているところもありそうですが、次第にだいぶおさまった状態となってきそうです。

うねりは今日の後半から強まった状態が続きそうで、明日も朝からクローズアウトなポイントが多い状態からのスタートとなりそう。

今日の夕方の波のコンディションを見ておいて、夕方に出来ていたポイントでは明日は朝からコンディション整ってくる可能性があります。

片貝や鴨川では上級者向きのかなりサイズのある波となりそう、エキスパートな方は勝浦のリーフが気になるところです。

御宿や飯岡などの強いうねりをかわすポイントが今日の夕方にどれだけサイズアップするかですが、明日も前半は強いうねりかわすポイントからチェックしていくのが無難かなと。

湘南も夕方に鵠沼などでサイズアップしてくれば、明日の朝も楽しめる波がありそう。鵠沼がサイズアップしてくれば、千葉の平砂浦でも十分できる可能性がありますので、合わせてチェックしてみましょう。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2017/01/18)

1/18 3:00西から高気圧に覆われて一連の強い寒波が抜け、寒さの底は脱し平年並みの気温まで戻ってきている千葉エリアには東海上に抜けた低気圧からのウネリが反応していて今朝も九十九里から一宮周辺周辺は肩頭サイズ、鴨川から千倉までも胸肩サ[…]

IMG
OnThisDay(2018/01/18)

1/18 3:00 ASAS昨日本州付近を東進した低気圧は東の海上に抜けた。今回の低気圧は前線を伴い中心付近の等圧線もしっかり閉じた明瞭な低気圧であり、南からの風波により各地でサイズアップ。今朝は風が北よりにシフトしコンディションが整うタ[…]

IMG
OnThisDay(2019/01/18)

1/18 3:00 地上天気図と波情報冬型の気圧配置が続いています。昨日は西から南西の風が入りましたが今朝は等圧線は縦に走り北西の風。この時間は日本海側の大雪は昨日よりはおさまってきていますが引き続き大雪や吹雪には要警戒な状況が[…]

各エリア : 暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/01/18
日の出:06:46 / 日の入:16:52
小潮
満潮:10:04(128cm) / 23:34(98cm)
干潮:03:31(58cm) / 17:11(53cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/01/18
日の出:06:49 / 日の入:16:54
小潮
満潮:10:21(124cm) / 23:43(99cm)
干潮:03:52(55cm) / 17:29(57cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/01/18
日の出:06:57 / 日の入:17:05
小潮
満潮:11:17(139cm) / 00:00(cm)
干潮:04:48(60cm) / 18:22(52cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/01/18
日の出:07:04 / 日の入:17:14
小潮
満潮:12:10(142cm) / 00:00(cm)
干潮:05:41(67cm) / 19:23(56cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/01/18
日の出:07:14 / 日の入:17:34
小潮
満潮:11:54(154cm) / 00:00(cm)
干潮:05:26(57cm) / 18:48(49cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/01/18
日の出:06:50 / 日の入:16:41
小潮
満潮:08:59(130cm) / 22:25(94cm)
干潮:02:25(58cm) / 16:10(55cm)

あわせて読みたい

このサイトでは週末サーファーが海にいる限られた時間の中で、いかにいい波に乗るかということをテーマに、気象の観点からいい波をあてるための記事を多く書いています。そんなこのブログのターゲットである多くの週末サーファーは、海から1時間以上[…]

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き
あわせて読みたい

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風
あわせて読みたい

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!