毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

3連休のサーフィン・ポイントはどこに行く?南西の風でまた水温が下がるかも・・・【2020.8.6】

気圧配置と波情報 : 台風4号は温帯低気圧へ

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

台風4号は午前3時の時点では黄海にあって北東に1時間に35㎞の速さで進んでいます。

中心付近の最大風速は秒速18mとして解析されており、台風としてはギリギリの状態の勢力です。

このまま北東へ進んで日本海に出るころには温帯低気圧と変わる予想に。

台風進路図

次の週末は10日の山の日を含んだ3連休。

お盆の時期となり例年であれば多くの方がお休みをとって帰省をする光景が見られますけど、今年からはちょっと事情が違ってきそうです。

今年はコロナの影響で帰省を控える方が多くなるでしょうし、飛行機で海外へという人もかなり減ってしまう状況かと思います。

とはいえ多くの方がこの3連休に合わせてお休みをとられると思いますので、そうなると、海でサーフィンしたくなりますよね。

 

この3連休は天気こそいいものの、南西の風の影響が出てきそうです。

台風4号から変わった低気圧は土曜日にはやや発達しながらオホーツク海あたりまで移動し日曜にはカムチャッカ半島あたりまで移動する見込み。

明日金曜から土曜にかけてはこの低気圧へ吹き込む南西の風が強く入りそうです。

また低気圧が抜けたあとも太平洋高気圧の縁辺を流れる南西の風が継続的に太平洋側へ入りやすい気圧配置。

日曜には日本海には新たに弱い低気圧が東進しそうであり高気圧から低気圧へ向けて、引き続き南西の風が吹き込みやすい状況が続きそう。

太平洋高気圧の勢力の予想からして、3連休の後のお盆の週も同様に南西の風が入りやすい気圧配置が続きそうな感じ。

今年の梅雨の時期はこれでもかというくらい南西の風が続きましたけど、今回は前線上を低気圧が通過するという訳ではなく、高気圧からの吹き出しによる南西の風であり、夏の気圧配置ですね。

3連休を含むこの1週間はこの南西の風が吹くというのをベースにポイント選び。

特に明日金曜から日曜前半あたりまでは低気圧へ吹き込む南西の風なので強めに吹き込む予想。

この南西の風により先週金曜から反応してきた東うねりが抑えられてしまう傾向にもなりそうですけど・・・。

昨日の記事にも記載した内容と重複する部分がありますが、

千葉南エリアと湘南ではオンショアながらサイズアップ傾向、風が北へ変わるタイミングがなくていい波になるタイミングがなさそうな感じ。南西の風をかわす千歳や千倉が波質的にはいいかもですが、サイズはあまり期待できません。オンショアが少しおさまる朝の時間帯を狙うか、オンショアとわりきってサイズのある波で入るかでしょうか。湘南は風波で波質的にはイマイチですけど、遊べるくらいの波はありそうです。

千葉北エリアでは南西の波になると反応が鈍くなり、東よりのうねりも抑えられてしまいスモールサイズになってしまいそう。飯岡など南に向いたポイントではオンショアながらサイズ少し反応あるかもですが、波のコンディションとしては期待はできません。一宮周辺が風をかわして無難なエリアですが、東うねりの反応がどこまで続くかですね。腿腰くらいサイズあれば一宮周辺が無難なエリアとなりそうです。

茨城の鹿嶋は風が合うんですが、東うねりの反応がどれだけ残るかですね。でも無難なエリアかもしれません。腰腹くらいサイズが残ってくれれば鹿嶋エリアがよさそうな感じです。

また日曜まで吹き続けると水温がまた下がってくるかもしれません。

3連休の後半に千葉や茨城の海に行く予定のかたは、ウエットスーツを持っていったほうがよいでしょう

特に茨城エリアに向かうときは、最低シーガル以上は持っていったほうがよいと思います

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置と波情報 : 台風4号は黄海→日本海へ午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。今日は天気図とタイトルだけのまずは簡易更新です。順次内容はアップしていきます。→19時に追記更新しました。 […]

週末は南西の風の写真

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアはまだ不安定に弱い風。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは雲が少しでていますがよく晴れています。

ちょうど朝一が潮の多い時間帯となってしまい割れにくいコンディション。ただ腰腹くらいのセットは入ってきているので、これから潮が引いてきたらもう少しコンディション良くなりそうです。大潮回りの午前中のミドルタイドの時間帯に入るのが良さそうです。

白渚も昨日と同じくらいの腰腹サイズのブレイクがあり、潮が多い時間帯では無難なポイント。今朝も遊べる波があり、風の影響少ない時間帯ではこれから潮が引いてくればコンディションも上向いてくるでしょう。

千歳は潮が多くて朝一は割れにくい波、こちらは風があうので潮が引いている昼前後を中心とした前後のミドルタイドの時間帯に入るのが良いと思います。

千葉北

まだ風の影響がなく今朝も朝一から遊べるコンディションが続いています。

先週金曜からこの東うねりが反応してきているので、もう1週間続いていますね。朝一は風の影響が少なくて九十九里から一宮周辺までは腰腹~胸くらいの程よいサイズのファンウェイブ。

午後から南の風の影響があるかもしれませんけど、一宮周辺では夕方まで遊べる波がありそうです。

湘南

今朝もスモールコンディションが続いています。

潮も上げておりサーフィンするには厳しいコンディションです。

今日の空と海の注意事項は?

3連休は南西の風が吹いて水温がさがるかもしれません。

ビギナーの方で千葉北や茨城へ向かう方はウエットスーツを忘れないようにしましょう。

どれだけ水温に影響でるのかは、これからの風の吹き方次第ですけど、特に茨城の鹿嶋などへ向かうときはシーガルは持っていったほうがよいと思います。よく夏の鹿嶋で見かけるのは、海パンだけで入った人が30分もしないうちに紫の唇になって上がってくる光景です。

特に朝一などはジャージのフルがあってもいいくらいの水温になるときもありますので、ご注意ください。

南西の風が続くことでカレントが発生するポイントも多くなります。

海へ向かって左方向への流れとなるポイントが多く、ビギナーの方は流されてないかどうか常にポジションを確認するようにしましょう。

ビーチのどこかに目標物を定めて、ちょくちょく振り返って今の位置を確認したほうがよいです。

気づいたらテトラの前にいたとかよくある話。ビギナーの方はテトラに吸い込まれる可能性もあるので、特にテトラの沖の側へ流されると危険です。

十分にこの辺は注意して入るようにしましょう。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 明日は朝から南西の風が強い

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては台風から変わった低気圧が日本海を北東へ進みます。

各エリアで午後から南西の風がやや強まってくる見込みで、南向きのポイントでは風の影響がでてくるでしょう。

湘南は今日のうちのサイズアップはなさそうで、スモールサイズが続いてしまいそうです。

3連休にむけての風と波

予想気圧配置48時間

低気圧は北海道からオホーツク海へと進んでいきます。

3連休にむけての風と波、ポイント選びに関しては先ほど記載したとおりとなります。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

8/6 3:00 ASAS台風5号は種子島付近にあり北東に進んでいる。現時点での予報では九州南部から四国を通過し近畿地方を通過して日本海へ向かう。西日本各地ではこれから火曜日にかけては厳重な警戒が必要。九州の各ポイントは危険な状況で海に[…]

IMG

8/6 3:00 ASAS 気圧配置と波情報台風13号は北緯25度あたりの小笠原近海にあって北北西に10ktで進んでいる。東シナ海には太平洋高気圧から分断した猛暑をもたらす高気圧があり西日本は今日も850hpaで20度エリア内に入り[…]

IMG

気圧配置&天気と波情報 : 九州は暴風と土砂災害に厳重警戒午前3時の実況天気図 ASAS台風8号は強い勢力のまま宮崎に今朝上陸しました。台風は暴風域を一部伴ったままの上陸となり、強風域は九州をすっぽりと覆っています。暴風と[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/08/06
日の出:04:52 / 日の入:18:37
大潮
満潮:05:19(148cm) / 18:50(140cm)
干潮:12:08(18cm) / 00:00(cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/08/06
日の出:04:54 / 日の入:18:41
大潮
満潮:05:34(149cm) / 19:05(145cm)
干潮:00:05(77cm) / 12:29(19cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/08/06
日の出:05:05 / 日の入:18:49
大潮
満潮:06:30(175cm) / 19:46(175cm)
干潮:00:55(87cm) / 13:09(30cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/08/06
日の出:05:14 / 日の入:18:56
大潮
満潮:07:23(187cm) / 20:29(189cm)
干潮:01:35(96cm) / 13:58(34cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/08/06
日の出:05:33 / 日の入:19:07
大潮
満潮:07:11(196cm) / 20:15(194cm)
干潮:01:27(86cm) / 13:43(30cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/08/06
日の出:04:42 / 日の入:18:40
大潮
満潮:04:23(161cm) / 18:04(144cm)
干潮:11:22(27cm) / 23:29(83cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

今日の波
最新情報をチェックしよう!