毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

台風10号は温帯低気圧になるもうねりは残る、南西の風をかわすポイントへ【2020.9.8】

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

気圧配置と波情報 : 今日もカミナリには要注意!

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

台風10号は九州の西を沿岸部スレスレに北上、更に朝鮮半島の東沿岸部を北上して中国東北区まで移動、午前3時50分の発表では温帯低気圧となりました。

台風10号

温帯低気圧へと変わったものの、依然として中心気圧は低い状態は継続。

東海上の高気圧から温帯低気圧へ向けての南西の風が今日も吹き続きそうな気圧配置です。

台風10号からのうねりは落ち着く傾向ではあるもののまだまだ波の高い状態は続きます。

こちらは石廊崎の波浪観測データ

既にピークは越えており波高はダウン傾向ではあるものの、まだ午前5時のデータでは波高2.4m周期は10.3秒を観測しています。

石廊崎の波浪観測データ

そしてこちらは屋久島の波浪観測データ

ピーク時は10mを越える波高を観測しましたが、現在は1m程度まで下がってきています。

屋久島の波浪観測データ

今日は台風10号が残した南西うねりがダウン傾向ながらも十分なサイズで残りつつ、高気圧から温帯低気圧へと吹き込む南西の風が各地でやや強めに吹きそうなので、昨日と同じく、南西の風をかわすポイントからチェックしていくのが良いでしょう。

また昨日に引き続き今日も所々で大気の状態が不安定となりそうです。

今朝6時のレーダーナウキャストですけど、既に発達した雨雲がチラホラと南西の風にのって移動しているようです。

レーダーナウキャスト

昨日は都内に夕方までいて、日没の時間あたりに木更津~房総スカイラインあたりをクルマで走っていたのですが、かなりの集中豪雨のエリアを通過することになり、ワイパーも効かないくらいの雨量でした。

今日の午後も同様に雷を伴った激しい雨が降る可能性があり、海に入っているときにゴロっときたりピカっと光ったりしたら一旦海から上がるようにしましょう。海の中においては雷は本当に危険です。南の空から黒い雲が近づいてきそうであれば、早めに上がる準備をしておいたほうがよいでしょう。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置と波情報 : 強い南風と再び強まる南西うねり午前3時の実況天気図 ASAS今日は二十四節気の白露です。台風10号は対馬海峡の南西にまで位置しており、北へ時速40kmややスピードをはやめながら進んでいます。[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは南西の風。

高気圧から温帯低気圧へと吹き込む南西~南ベースの風が朝から吹いています。

朝から海から入る風がべたべたしていて、湿気がものすごいです。部屋の中は常時湿度70%くらいなので、朝からあまりクーラーはつけたくないんですいけど、しぶしぶ除湿の機能だけ使っており60%程度までやっと下がってきたところ・・・

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは南からの風が弱く吹いているくらいで、亀田病院のヘリポートの吹き流しは下に垂れたまま。

風は弱い状態ですけど、昨日吹いた南寄りの風の影響が残りまとまりのない波が続いています。

サイズ的にはまだセットで頭サイズの波が入ってきていますが、あまりショルダーの張ってこない波が多くコンディション的にはイマイチな感じです。

今朝も駐車場はガラガラ。8月の平日だったら、これくらいのコンディションでもほぼ満車近くまでなっていましたけど、、、9月に入ってから一気に減ったような気がします。

今日は南西の風が続くので、風をかわす千倉や千歳へ向かうのが無難となりそうです。

千倉は南西のうねりと風をかわし、他ポイントよりもワンサイズは下がりますが、それでも腹胸くらいのセットは入ってきている模様。

風が合うのでそこそこ遊べるコンディションにはなっているようです。

平砂浦もまだサイズ残っていますが、今日もオンショアベースの波で荒れたコンディションとなるでしょう。

千葉北

千葉北も南西の風をかわす一宮周辺が無難なポイントセレクトとなります。

南西のうねりと風をかわしてサイズはそこまでないですけど、それでも腰腹~胸くらいのサイズ感で十分遊べるコンディションです。

SNSでシェアされた動画などを見ても、面はそこそこまとまって遊べそうな波が入ってきてました。

九十九里エリアはオンショアとなりまとまりのないジャンク気味なコンディションが続きそう。

作田の堤防脇で風を軽減してなんとかできるくらいでしょうか。

湘南

南西うねりはまだまだセットで頭サイズの波が入ってきていますが、昨日と同様風があわない湘南エリアです。

鵠沼もセット間隔は長めになってきていてアウトには出れるような感じですが、面はまとまりないブレイク。

でもサイズがあるので、面をそんなに気にしなければ朝のうちは出来るコンディションではありそうです。

午後にかけてオンショアが強まってくると更にコンディションはダウン傾向となるかも。

今日の空と海の注意事項は?

台風が抜けて温帯低気圧となりましたが、台風10号からのうねりはまだ続いています。

ビギナーの方が入るにはサイズが大きすぎるコンディションがまだ多いですので、もう少し落ち着いてから練習したほうがよいでしょう。

流れもありビギナーの方だけで入るのは危険なのでやめておきましょう。

また先ほども記載したとおり、今日も大気の状態が不安定となり雷が発生する可能性があります。

南の空をよく見ておいて黒い雲が向かってきていたり、急に暗くなってきたりしたら一旦海から上がって様子見したほうがよいでしょう。

サイズが大きいときだと海からあがるにしても時間がかかるときが多いです。スープに乗ってこれれば早いですけど、そんな時に限って乗れるようなスープはなく、カレントのあるブレイクしないエリアをひたすらパドルする状況になることが多いです。

ちょっと怪しいなと思ったら少しインサイド寄りに移動するとか、スープが割れやすいポジション付近へと移動するとか、早めに行動に移したほうがよいかもしれません。

雷は本当に危険です。

命あってのサーフィンなので、大げさに聞こえるかもしれませんけど、決して大げさなことではないと思います。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 明日も南風をかわすポイントが無難

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては引き続き沿岸部でも南西の風が吹き続くでしょう。

千葉エリアでは南西の風をかわす一宮周辺や千倉周辺ではミドルサイズで風をかわして遊べるコンディションとなりそうです。

潮の時間も考慮にいれながら、昼前後の潮が少ない時間帯に入ったほうが乗れる波は多いのではないかと思います。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日も引き続き南西の風から次第に南の風にシフトしつつ吹き続くでしょう。

千葉エリアでは今日と同じく南よりの風をかわす一宮周辺や千倉・千歳、また茨城の鹿嶋などのエリアへ向かうのが良さそうです。

サイズはダウン傾向ではありますが、腰腹サイズは残って遊べる波はありそうです。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

9/8 3:00 ASAS秋雨前線が引き続き停滞中、昨日と同じような位置の東の海上に低気圧があり、これからやや発達する見込み。南の海上には太平洋高気圧、さらにその南には熱帯低気圧がありしばらくすると台風に昇格してきそう。今朝の千葉エリア[…]

IMG

9/8 3:00 ASAS / FSAS24ここ数日同じような気圧配置が続いている。前線が本州に沿うように横たわり東海上に中心を持つ高気圧からの吹き出しが前線に向かって流れ込む。関東地方は今週火曜日から南の風が入りやすい気圧配置[…]

気圧配置&天気と波情報 : 今夜は外出も危険な暴風域に午前3時の実況天気図 ASAS台風15号が関東地方に向けて接近してきています。午前6時の台風情報では、八丈島の南の海上にまで北上してきており中心気圧は96[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/09/08
日の出:05:16 / 日の入:17:56
中潮
満潮:07:42(127cm) / 19:22(139cm)
干潮:01:29(49cm) / 13:18(74cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/09/08
日の出:05:19 / 日の入:17:59
中潮
満潮:08:06(125cm) / 19:28(137cm)
干潮:01:51(44cm) / 13:35(75cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/09/08
日の出:05:29 / 日の入:18:08
中潮
満潮:08:45(154cm) / 20:27(161cm)
干潮:02:30(62cm) / 14:26(88cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/09/08
日の出:05:37 / 日の入:18:16
中潮
満潮:09:37(163cm) / 21:17(169cm)
干潮:03:22(73cm) / 15:12(101cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/09/08
日の出:05:53 / 日の入:18:29
中潮
満潮:09:19(172cm) / 21:05(178cm)
干潮:03:05(66cm) / 15:02(94cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/09/08
日の出:05:11 / 日の入:17:55
中潮
満潮:06:56(133cm) / 18:31(147cm)
干潮:00:47(56cm) / 12:26(83cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

台風の知識

台風を良く知るための連載(2回目)前回の記事では台風の基本的な知識として、台風の定義と名前について、および台風情報でも表現に使う強さと大きさについて、記載しました[sitecard subtitle=台風のことを知っておく(その[…]

沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

台風10号の残りうねり
最新情報をチェックしよう!