日本海側を中心に冬の嵐、明日朝一は湘南と千葉南の西うねり狙いが良さそう【2021.1.29】

日本海で低気圧が急速に発達してきています

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

1月29日金曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

今日はこの低気圧により日本海側で暴風雪などに厳重警戒な一日となりそうです。これまでの大雪にプラスしての大雪となってきそうですので、日本海側の方々は十分にご注意していただきたいと思います。

太平洋側へも北西~西の風が強まってきており、千葉南エリアは朝一から西風がかなり強く吹いています。

今日はこの後、西うねりの反応も出てきそうですが、この強い風がネックとなりそうな感じに・・・

波のサイズは十分あるので、今日もこの強い風をかわす感じでのポイント選びとなりそうですが、、、ちょっと風が弱くなってきた??

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

湘南は今朝も遊べる波が十分残ってますねはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月28日木曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今朝は昨日の南西の風[…]

湘南は南東うねり
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

日本海で低気圧が急速に発達してきています。

午前3時の中心気圧は984hPa、低気圧からのびる寒冷前線が南東方向に進んでいており、等圧線の間隔が非常に狭くなっています。

ニュースでも取り上げられているように今日は冬の嵐に。あるニュースでは雪を降らせる台風と思ったほうがよいと表現されてました。

北西の風が全国的に強く吹き、特に日本海側では暴風雪となるところが多くなってきそうであり、厳重な警戒が必要に。

今年は大雪による交通障害が多発していますが、今日から明日にかけてもまた立ち往生などが発生する可能性もあり、ドライバーの方は今日は予定を変更するなどの対応が必要になってきそうです。

 

そしてこの強い風は太平洋側も含めて強く吹いてきます。

既に日本海から太平洋側へと吹き抜けて東海沖では非常に強い西風が吹いています。

こちらいつも掲載引用させてもらってます海の安全情報のサイトから御前崎灯台の風データです

日付が今日に変わる時間あたりから北→北西~西の風にシフトし、風速も時間の経過とともに強くなっているのがわかります。

東海沖の風

引用:海の安全情報 https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

この西風の強さであれば、西うねりが午前6時~8時くらいには千葉南から届きはじめその後湘南にも反応してくるのではないかと。

 

ただ千葉南エリアは朝一から西風がかなり強く吹いていて、ちょうど大潮の満潮時刻で割れにくい時間帯です。

湘南や千葉北は北~北西の風がまだそんなに強く吹いてないようなのですが、これから強めに吹いてきそうな感じも。

 

うねりは東からの広範囲なうねりは西風に抑えられつつも続き、また湘南と千葉南エリアには西うねりがこれから反応してきそうです。

波は十分にあるので、今日はこの強い風をかわすポイント・エリアに向かわないとですね。

 

千葉南は西風が強い状態が続きそう、湘南と千葉北がこれからどれだけ強くなるかですが、風の強さとともに西風なのか北西の風かでもコンディションがだいぶ変わってきますので、風の変化に応じて行動できるようにしておくのが良さそうです。

 

西うねりについてはこちらの記事でガッツリ解説しています

参考記事)東海沖からの西うねり~真冬の湘南に打ち寄せるミドルサイズのいい波の仕組み~

関連記事

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり

今朝の実況データ

衛星画像

日本海にある急発達している低気圧は北から東側に発達した雲域があり、この5時50分のデータでは寒冷前線が低気圧から真南に伸びている様子がわかります。

そして寒冷前線がの西側では強い西~北西の風が日本海で吹き荒れて、寒気を伴った筋状の雲が敷き詰められてきました。

衛星画像

アメダス気温

今朝も湘南と千葉南の沿岸部では10度くらいはあり、冷え込みが厳しいという訳ではないんですが、風が冷たいです・・・

アメダス気温

アメダス風向風速

アメダス気温の5時と6時を掲載しました。

千葉南部から三浦あたりまで西風が強くなってきています。

アメダス風向

アメダス風向

石廊崎の波浪観測データ

今日はこれから西からの波で波高が午前6時~8時あたりにかけて1mを越えてくるのではないかと思われます。

石廊崎の波浪観測データ

その他の実況データはこちらをご覧ください

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/29
日の出:06:40 / 日の入:17:04
大潮
満潮:05:52(134cm) / 16:28(144cm)
干潮:11:04(79cm) / 23:29(-11cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/29
日の出:06:43 / 日の入:17:06
大潮
満潮:06:12(142cm) / 16:43(145cm)
干潮:11:27(82cm) / 23:50(-11cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

今日のポイント

はるべえ
  • 東からの広範囲なうねりは西風で抑えられつつも残り、プラスで西うねりがこれから反応してくる
  • 千葉南は朝から西風がかなり強く吹き、湘南や千葉北の朝一はまだ北~北西でそんなに強くない
  • 千葉は強い西風をかわすポイントでは、東うねりが抑えられながらも波は残る
  • 湘南と千葉南には西うねりがこれから反応、北風が続けば湘南は良くなりそう

千葉エリア

今朝の千葉南エリアは朝から西風がびゅーびゅー吹いてます。

 

今朝の鴨川マルキポイントは北西~西の風が強め。ヘリポートの吹き流しも時々真横になるくらい強く吹くときがあり、瞬間的には10m/sを越える風もありそうです。

強弱ありながら風は吹いていますが、西風というよりも北西の風が吹いているので面はまだそれほど荒れてきていません。

東ベースのうねりがまだ入ってきていますが、午前7時くらいからは西うねりも少し入ってきているようにも見えます。

この後は西風は続きそうですが、このまま少し西北西くらいの風であれば面は荒れる感じにまではならず、潮が引いてくるともう少し良くなってくるかも

午前8時過ぎくらいから、風が少し収まってきたような・・・ただ強弱があるのでなんとも言えないですけど、、、風が弱くなれば潮が引いてくるタイミングが良さそうです。

そして8時半くらいから西うねりもはっきりと反応してきました

東うねりと西うねりが両方入ってきている感じで、こんな時は波が重なるときが多く波と波の間隔が狭くなる傾向にあります。

1つの波越えたあとにすぐにもう1つ波がブレイクしそうなときってあるかと思いますが、そんな感じです。

 

和田エリア~千歳・千倉あたりまでも西からの強い風が入っており、サイドオフ~オフショアが強く吹いています。

東うねりはこの西風によりだいぶ抑えられてきており、今日は入りやすいサイズにまでなってきてますけど、ちょっと風が強すぎッて感じ・・・

千歳や千倉がストレートなオフショアとなり、東うねりもまだ胸肩くらいのセットは入ってきているようなので、今日は千歳・千倉あたりでのサーフィンが無難となりそう。

こちらも風の強さは強弱ありそうですね。

昼の南房総の波はこちらでTweetしています。

湘南エリア

湘南エリアは西風の影響はまだなく北風が吹いてオフショアですね。

南東ベースのうねりの反応はまだ残っているようで、これにプラスしてこれから西うねりの反応が出てきそうです。

風がこのまま北で続けば、今日は一日十分遊べる波となりそうですので、、、風向き次第ですね。

腰腹~胸くらいのミドルサイズの手ごろな波で出来る波となりそうなので、このまま北風が続くことを期待しましょう。

西風のエリアが北上してきたとしても、千葉南ほど強い西風にはならないかもしれないですね。

風が冷たいので防寒対策しっかりしておきましょう

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

ちょうど1年前の動画です。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、低気圧は動きは遅く引き続き日本付近は北西~西の風が強く吹く状態が続きそうです。

湘南は西うねりの反応も加わり、西風が強くなりすぎなければ、そこそこ遊べる波が続きそうな感じでしょうか。

千葉南は西風が強く続きそうなので、後半も千倉や千歳エリアが無難となりそうです。

千葉北も西風がこれから強まってきそうなものの、東うねりは続きそうなので一宮周辺ではコンディション良くなってきそうな感じでしょうか。

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日の夜の予想気圧配置ですけど、低気圧はカムチャッカ半島あたりでやや縦の楕円形で猛烈に発達してきてますね。。。

ただ日本付近は西から高気圧が張り出してきて、今日よりは風が収まってきそうです。

 

今夜から明日の朝にかけても東海沖の西風は強い状態が続きそうなので、明日の朝一も湘南と千葉南エリアには西うねりがいい感じで反応しているのではないかと。

朝一の風も北~北西で今日より弱い風なので、明日は朝一から西うねり狙いで海へ向かうのが良さそうです。

 

ただ明日の朝は冷え込みキツそうなので、、、防寒対策しっかりとしておきたいですね。

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/30
日の出:06:39 / 日の入:17:05
大潮
満潮:06:22(136cm) / 17:09(146cm)
干潮:11:39(72cm) / -(-cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/30
日の出:06:42 / 日の入:17:07
大潮
満潮:06:41(143cm) / 17:23(147cm)
干潮:12:02(77cm) / 04:39(999cm)

 

関連記事

普段は天気図と波のことばかり書いているこちらのブログですが、、、たまにはこんな記事も書いてみようかと思います。 というのも、先日 BILLABONGの直営店に行く機会があり、フラーっとお店の中に入っ[…]

50周年記念Tシャツ

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.01.29

1/29 3:00北日本の冬型も緩んできており日本付近は高気圧に覆われる一昨日からの南よりのウネリは弱まり、東海上の高気圧からの吹き出しベースのウネリへとシフト今朝の千葉エリア、昨日よりも若干サイズダウン傾向だが腰腹からポイントのよっ[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.29

1/29 3:00 ASAS日本の東に高気圧は移動しかわって西から前線が東進中、北海道付近にも低気圧があり発達しながら北へ向かう。次第に冬型の気圧配置へ移行していっており、大陸からの離岸距離が短くなってきて北陸地方をめが[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.29

毎日の天気図と波情報1/29(火) 3:00 地上天気図と波情報日本海を東進した低気圧は北海道を通過し東海上へ抜けていきました。北日本から東日本は等圧線の間隔が狭くなり強い北西の風が吹いています昨日は北海[…]

OnThisDay-2020.01.29

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASAS昨日一日中広い範囲にまとまった雨をもたらした低気圧、午前3時の天気図ではちょうど南房総あたりに中心があるように見えており北東方向へと進んでいます。千葉南部は昨夜遅くは[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

東海沖からの西うねり

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり
エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(伊勢~和歌山~四国~宮崎)
防寒アイテム

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、今回もオニールの商品の紹介です。今回はサーフィン用のソックスです。今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、千葉南エリアではまだ[…]

冬のサーフィン防寒対策

冬もサーフィンを快適に楽しみたいサーフィンの魅力にハマってしまった人は、冬の冷たい海に入ってでもサーフィンします。 当然ながら、冬は夏に比べると格段に人も少なくなり、混雑しない海でサーフィンができます。[…]

冬のサーフィン防寒対策
日本海で低気圧
最新情報をチェックしよう!