東からの波が続きそうな1週間~風と潮回りでポイント選び【2021.2.28】

今週は東からの波がしばらく続きそうです

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

2月28日日曜日の気圧配置と波の概況、
レベル別サーフポイント情報

本日も更新していきます。

今日も千葉エリアには東よりの
風波・うねりでサイズがあり、

風をかわすポイントを中心に
サーフィン可能となってますけど、

今週は東ベースの波が太平洋側には
しばらく続きそうで、

西日本から北日本までの太平洋側の
東うねりに反応するポイントでは
サイズのある日が続きそうです。

沿岸部の風向きを考慮してポイント選べば、
中級者以上の方には十分サーフィン楽しめる
1週間となってくるかも。

まずは今日の気圧配置から見ていきましょう。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

サイズアップしてきましたが北風が冷たいです・・・はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。2月27日土曜日の気圧配置と波の概況、レベル別サーフポイント情報を本日も[…]

このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

今朝は、
秋田沖あたりに中心のある高気圧に
日本付近はすっぽりと覆われています。

カムチャッカ半島付近の低気圧は
猛烈に発達してきており、
ほぼ円形構造の等圧線。

さらに東の海上にも
おおきな高気圧があり東西に長い距離
の吹走距離があって

日本から離れていく際に
東よりのうねりを発生させてきています。

赤外画像210228

気象庁HPより一部引用
https://www.jma.go.jp/bosai/map.html#5/34.5/137/&elem=ir&contents=himawari

新しいHPになって初めて衛星画像を
引用させてもらいました。

高気圧の中心があるあたりは黒く
暗域になっていて、

高気圧の縁辺では雲が多く
発生しているのが見てとれます。

特に高気圧の西側では東からの
湿った空気が流れ込んでおり
西日本は雲が多く雨のところもありそう

この赤外画像をみても
高気圧にすっぽり覆われているのが
わかりますね。

今朝は昨日よりも冷え込んだ朝に。

千葉南部でも氷点下に近い気温となっていて
ジンワリ寒い朝です。

アメダス気温210228

昨日は午前9時頃からでしょうか、
北東からの風がかなり強く吹くようになり
風が冷たく感じる一日でしたけど、

今朝は風はおさまっており
今日は昨日よりも風は弱くなってきそうです。

アメダス風向210228

午後9時の予想天気図

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、
高気圧の中心が東海上へとシフトし
高気圧は横に広い楕円形になってきます。

アリューシャン付近の低気圧は
まとまって猛烈に発達している状態が
続きそうですけど、

もう少し中心が東へとずれてくると
今週後半あたりに北東うねりが入ってきそうな
気圧配置になってくるんですが、

もう少し動向をチェックする
必要がありそうですね。

鴨川は菜の花でいっぱい!

鴨川は菜の花でいっぱいです。
菜な畑ロード開催中です。

一面かなりキレイな菜の花なので
波乗り帰りに立ち寄って見てもらうと

春を感じることができると思います

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/02/28
日の出:06:09 / 日の入:17:33
大潮
満潮:05:44(137cm) / 17:10(147cm)
干潮:11:22(49cm) / 23:45(-1cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/02/28
日の出:06:12 / 日の入:17:36
大潮
満潮:06:04(144cm) / 17:26(149cm)
干潮:11:44(54cm) / 04:39(999cm)

週末サーファーのための波乗り気象学(Kindle電子書籍)

ブログの内容をKindleにて出版しています

初・中級者の週末サーファー向けに
気圧配置と風と波について解説しています
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今日のサーフポイント(千葉・湘南エリア)

はるべえ
  • 朝は北寄りの風~午後は
    東~南東の風にシフト
  • 千葉は北東ベースの風波・うねり
    と東うねりが反応
  • 朝の千葉は北東の風をかわす所、
    午後は各地でオンショア
  • 湘南は吉浜が東うねりに少し反応

ビギナー

今日は湘南でも昨日より少し波はあり
ビギナーの方でも長めの板で
テイクオフの練習はできそうです。

大潮まわりで潮が少し引いてくる
ミドルタイドの時間帯に
鵠沼から茅ケ崎のビーチのポイントで
練習ができるのではないかと思います。

潮が多い時間帯は割れにくいので
潮を見るということを意識して
タイミング合わせて入るのが
良さそうです。

潮が引いてサイズ少しでてきたら
ピークからのライン上に波待ちしないよう
まわりを少し見てみましょう。

千葉エリアはサイズがあるので
昨日と同じく北東の風を
かわすポイントからチェックがよいです。

朝はそんなに風の影響ないかもですが
北東の風をかわすポイントのほうが
朝から波は整っているはずなので、

波もまとまってサイズも抑えられて
ビギナーの方には入りやすい波でしょう。

メジャーなポイントでは飯岡や御宿エリア
からチェックが良いと思います。

膝腿~たまに腰くらいの波はありそうで
同じエリアでも入る場所によってサイズも
多少変わってくるので、

その点も考慮にいれながら
なるべく空いてるところを探して
入るのがよいのではないかと。

東ベースのうねりなので、基本的には
東側にいくほどサイズは抑えられ、
西側へいくほどサイズはある傾向です。

御宿でいうと、岩和田のほうが波は小さめで
浜ポイントのほうがサイズはあるほうでしょう。

ただこれもうねり・波の入ってくる向きによって
この通りではなくなるので、
その辺もポイントに通いながら、
体で覚えていくことになると思います。

 

中級者~

千葉エリアは十分サイズはあり
昨日と同じく北東の風をかわすポイントから
チェックして、

出来そうなら早めに入っておくのが
良さそうですね。

風は昨日よりもだいぶ落ち着いてきて
片貝エリアではミドルサイズで遊べる波が
あって楽しめそうです。

一宮周辺はセットでアタマサイズはあるようですが
昨日の風の影響もあり波はまとまらず、
ちょっとハード気味かもしれません。

千葉南エリアもミドルサイズの波が続き
北寄りの風をかわす白渚や和田あたりからの
チェックがよいでしょう。

今日は干潮が11時頃なので、
干潮時間の前後の時間帯に入ると
そこそこ遊べる波もありそうです。

 

鴨川マルキポイントも昨日は朝は潮が多くて
全然割れませんでしたけど、

だいたい潮位が100㎝を下回ったくらいから
厚い波ですけど割れるようになり
腰腹くらいのサイズの波が割れるように
なってきました。

今日も午前9時過ぎあたりからは
割れやすい波になってきそうなので
マルキで入るなら、潮の少ない時間帯ですね。

湘南ではいるなら吉浜までいけば
少し出来る波がありますけど、

ちょっと物足りないので、
今日も千葉へ向かうのが
無難かと思います。

 

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れ
タイムラプス映像などをアップしています。

こちらは過去動画の中から紹介しています

こちらは昨年2020年の2月28日の波の様子です。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください
&チャンネル登録をお願いします!

明日の気圧配置とサーフポイント選び

明日朝9時と夜9時の予想天気図

予想気圧配置24時間

予想気圧配置48時間

明日は、高気圧がはるか東海上へと遠ざかり
日本海には前線を伴った低気圧が東進してきます。

東海上の高気圧は、
かなり東西にひろい楕円形をしていて、
太平洋側には東~南東の波が続きそうな
気圧配置になってきそうです。

またアリューシャン付近の低気圧からの
北東うねりも週の中頃から少し反応も
してきそうで、

今週は東ベースの波がある日が
続きそうです。

 

東からのうねりに反応する太平洋側の
宮崎、中村、生見、伊勢、伊良湖~御前崎、伊豆
そして千葉以北の太平洋側まで

十分に波のある日が続きそうですね。

あとは沿岸部の風の影響を考慮して
ポイントを選べば、

今週は十分サイズのある波で
サーフィン楽しめるかもしれません。

 

明日の千葉エリアの朝は東海上の
高気圧から吹き出す南よりの風
からのスタートとなりそう。

朝一はまだ無風か弱い南風くらいかも
しれませんが、

午後は南よりの風がやや強まって
きそうな感じです。

湘南エリアは朝一は北よりの風が吹くかも
ですけど、それでも昼頃からは南からの
風にシフトしてきそうな感じでしょうか。

東海上の高気圧からの東~南東うねりが
反応続きそうなので、

千葉エリアは今日と同じくらいの
サイズ感でできるところが多いでしょう。

ビギナー

湘南では鵠沼などのビーチのポイントでも
ビギナーの方には練習でくるくらいの
膝腿サイズは残りそうではありますけど

千葉エリアに向かったほうが
ポイントの選択肢は増えて選べるでしょう。

千葉エリアであれば、今日と同じく
東向きのポイントは少しサイズがあるので
朝一からなら南向きのポイントでも
いいかもしれません。

午後は南風がやや強まってきそうなので
一宮周辺や千歳・千倉が風としては
良いんですけど、

サイズがあり人も多くなりそうなので
朝一の風の弱そうな時間帯のうちに
飯岡や御宿などの南向きのポイントで
入っておくのが良いかもですね。

中級者~

千葉エリアの朝一は南よりの風が
既に入ってるかもしれませんけど、
まだそんなに風は強まってはないかも

無難なのは一宮周辺や千歳・千倉などの
南風をかわすポイントからチェックですね。

今日もそこそこサイズあって
できていたようなので、

明日も朝から遊べる波は
あるんではないかと思います。

明日も大潮回りで、朝一は潮が多い
時間帯からのスタートです。

厚い波となってインサイドよりの
ブレイクが多いかもしれないですけど
サイズは腹胸くらいはキープしそう⁈

午後も南風をかわして東うねりにも
敏感な一宮周辺や千歳・千倉で入るのが
引き続き良さそうです。

ちょうど昼頃が干潮時刻なので
その前後の潮が大きく動くミドルタイド
の時間帯にタイミング合わせて入れば、
そこそこ遊べる波がありそうですね。

茨城の鹿嶋エリアも同様に
明日は一日遊べる波が続くかもです。

湘南は今日と同じか風波で少しアップ
してくるかどうかといったところでしょうか

東うねりに反応する吉浜までいけば
潮が引いてる時間帯を中心に
出来る波はありそうなので、

千葉まで行くのはちょっと・・・という方は
風は合わないかもですが、サイズ重視で
吉浜へ向かうのもありかと思います。

 

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/03/01
日の出:06:08 / 日の入:17:34
大潮
満潮:06:09(138cm) / 17:55(145cm)
干潮:11:57(39cm) / -(-cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/03/01
日の出:06:11 / 日の入:17:37
大潮
満潮:06:28(144cm) / 18:11(147cm)
干潮:00:05(0cm) / 12:19(44cm)

実況データ・リンク

Wind/Waves/Swell

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

気象庁各種データへのリンク

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報
過去3~4年分の記事です。

毎年のこの日はどんな波だったのか・・・
サーフィンライフを振り返ってみましょう

OnThisDay-2017.02.28

2/28 3:00 ASAS 日本付近は高気圧に覆われる昨日は高気圧の縁辺からの北東の風が強めに吹きコンディションを落とすポイントが多かった今朝は昨日よりかは北東は落ち着いてくる見込みだが、昨日の影響が沖合いで残るなどで引き[…]

IMG
OnThisDay-2018.02.28

2/28 3:00 ASASアリューシャン付近には発達した低気圧、本州付近は北から張り出した高気圧、東シナ海からは前線を伴った低気圧が東進中。東シナ海にある低気圧は今夜には九州の北あたりまで中心を移し明日の朝には関東付近まで達する見込み[…]

IMG
OnThisDay-2019.02.28

毎日の天気図と波情報2/28 (木) 今日の天気と波の概況日本付近を覆っていた高気圧は東海上へ抜けて前線を伴った低気圧が九州の南から東進してくる予報です。今朝は関東地方から近畿四国地方まで広い範囲で雨が降っています。[…]

OnThisDay-2020.02.28

気圧配置&天気と波情報 :午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。もう昼前の更新となってしまいましたが、今朝も毎日の気圧配置と風と波の状況を更新していこうと思います。今朝の鴨川エリアの朝は風はほとんどなく気温[…]

今日の記事は以上です。

Twitter/Instagram/Facebook/Youtube
でも発信しています!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

梅雨の波

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(日本海エリア)

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

東うねり1週間
最新情報をチェックしよう!