台風1号「マラカス」になりそうなはるか南海上の熱帯低気圧【2022.4.7】

はるべえ
はるべえ@
波乗りブログ毎日書いてる
気象予報士
です

4月7日 木曜日の
気圧配置と風と波の状況を

本日も更新していきます。

台風1号「マラカス Malakas」が発生しそう

台風1号候補の熱帯低気圧

昨日の記事では記載してませんでしたが
昨日の午前9時の実況天気図からは
はるか南海上のカロリン諸島付近に
熱帯低気圧が発生しています

今朝の午前9時の天気図でも
熱帯低気圧のまま西へゆっくり
移動していたようですが

明日の午前9時の予想天気図には
台風になることが予想されています。

予想どおり台風に昇格するとなると
今年は4月に入ってはじめての台風1号の
発生となりそうでして

台風の名前は「マラカス Malakas
と命名される予定です

サーファーが知っておきたい台風の知識
-その1- (台風の定義と名前、強さと大きさ)

https://asasfsas24.com/20190709/wave-8409/

現時点ではこのままフィリピンの東を北上
する予想がでていますが
今後の動向は気にしておきたいところです

久しぶりの台風発生となりそうで
これからの季節は南海上に目をむける
ことが多くなってきますね

今日の気圧配置と風と波

午前9時の実況天気図

今日の午前9時の実況天気図です

昨夜から日本海を東進していた高気圧は
今朝9時の時点では三陸沖あたりまで
移動してきました

東海上には別の高気圧があり
その更に東海上には
しっかりとした東うねりを
もたらした低気圧があって
ともに東へと移動しています

昨日は南西の風が吹いていましたが
今朝は三陸沖にある高気圧からの
吹き出しによる北東の風へと
シフトしてきたこともあり

昨日よりも4℃くらい低い
気温になっていますが
もう寒さまでは感じないように
なってきましたね

はるか東海上へと移動していった
低気圧からのしっかりとした
東バックスウェルはだいぶサイズは
落ち着いてきつつも
今朝も反応は続いています。

ただ今日は北東の風が朝から
強めに吹いたポイントも多くなったので
北東の風をかわすポイントが
メインでのサーフィンとなり

風をかわしつつ東うねりの反応で
ミドルサイズの波が反応していた
片貝や鴨川ではそこそこ遊べる
コンディションが続いたのでは
ないかと思います。

その他のポイントはだいぶ
風の影響がでてしまい
一宮周辺では昨日のオフショアから
今日はまた北東のジャンク気味な
コンディションとなってしまいました。

昨日のファイナルの日だけでも
オフショアが吹いてよかったですね

こちらは今日の昼過ぎの
千葉南エリアの波の様子です

昼頃に見たのですが、
既に東よりの風がやや強めに入っており、
まとまりのない波になってしまってました。

朝はもう少しまとまっていた
のではないかと思います。

朝は風の影響も少なく
腹胸くらいのセットも
入ってきていい感じの
時間帯がありましたが、

午前中のうちから
東よりの風が入ってきました。

面はザワついてきて
ヨレた感じになってきましたけど、

セットはまだ乗れる波はあって
他ポイントよりは波はまとまって
いたように見えました。

湘南エリアは昨日の夕方は
少し南西の風波でサイズアップしてきていた
ようなんですけど

今朝は潮が多い時間帯ということもあり
うねりも弱く物足りないコンディション
が続いたようでした

今日の暦と潮回り

【千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)】
2022/04/07
日の出:05:17 / 日の入:18:04
小潮
満潮:06:44(128cm) / 21:01(104cm)
干潮:01:03(78cm) / 14:01(23cm)【湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)】
2022/04/07
日の出:05:20 / 日の入:18:07
小潮
満潮:06:53(133cm) / 21:22(113cm)
干潮:01:26(85cm) / 14:19(27cm)

明日の気圧配置と風と波

明日午前9時の予想気圧配置

明日午前9時の予想気圧配置です

今夜には三陸沖にあった高気圧が
千島近海から北東方向へと移動するにつれて
気圧の谷に差し掛かりますが

明日の朝には気圧の谷が東へ抜けていき
東シナ海と日本海に中心のある
高気圧が日本付近を覆ってくる
予想気圧配置です。

明日の朝は
西から覆ってくる高気圧の前面で吹く
北寄りの風からのスタートとなりそうです。

午後になると気温の上昇もあり
吹き出した風が回り込むように
東~南東の風にまでシフトしてくる
予想
がでています。

沿岸波浪予想図

明日の午前9時の沿岸波浪予想図では、

房総半島沖では東からの波で
周期は11秒、波高1.5mが予想されています
また相模湾沖では、東南東の波で
周期は10秒、波高は1.1mが予想されています

 

遠ざかっていった低気圧からの
東うねりは弱くなっていきますが
東海上の高気圧からの東~南東うねりの
反応も入ってきそうであり

千葉エリアは東よりの波が
明日もそこそこなミドルサイズで
続くのではないかと思います

明日も北~北東の風をかわして
今日の午前中にそこそこなコンディションで
できていたポイントからの
チェック
が無難となりそうで

午前中は遊べる時間帯が
あるのではないでしょうか

ただ明日も朝一は潮が多めで
割れにくい時間帯であり
深夜まで南西の風が吹きそうなので
少しボヨついた波の可能性も
ありそう
です。

昼前あたりからは東~南東の風に
シフトしてきてしまいそうなので
北よりの風が吹いている早めに
風の合うポイントで入っておくのが
よいかと思います

湘南エリアは今夜から南海上で吹く
南西の風によって明日の朝は少しだけ
風波が反応があるかもで

南東うねりの反応も少しあって
潮が少ない時間帯は物足りないながらも
出来る波があることに期待したいですね

明日の暦と潮回り

【千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)】
2022/04/08
日の出:05:16 / 日の入:18:05
小潮
満潮:07:05(122cm) / 22:28(97cm)
干潮:01:25(85cm) / 14:50(30cm)

【湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)】
2022/04/08
日の出:05:19 / 日の入:18:08
小潮
満潮:07:11(126cm) / 22:52(107cm)
干潮:01:48(94cm) / 15:07(35cm)

友だち追加

サーフィン初心者の方向け
サーフポイントの選び方の相談や
ブログに関する質問を受け付けてます

友達追加してDMでお問い合わせください


過去の「今日の気圧配置と波情報」

過去5年分の今日の記事を紹介しています

【千葉・湘南】今日の気圧配置と波情報(2022/04/07)
4月7日の気圧配置と波情報
2021
https://asasfsas24.com/20210407/wave-18688/
2020
https://asasfsas24.com/20200407/wave-12531/
2019
https://asasfsas24.com/20190407/wave-6809/
2018
https://asasfsas24.com/20180407/wave-3522/
2017
https://asasfsas24.com/20170407/wave-230/

いい波にのるために

Kindle電子書籍
「いい波にのるために」シリーズ Vol1~5
好評発売中です。Amazonでも高評価を頂いてます。
https://amzn.to/3gyh2my

今日の記事は以上です。

うねりの向きを知っていい波をあてる

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です/貴重な週末の休みの日に海に行くならいい波に乗りたいですよね!\週末サーファーの方なら誰もがそう思っているかと思いま[…]

うねりの向き
波をつくるための風

/サーファーはいつも風を気にしています\はるべえはるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。そうなんですサーファーはいつも風を気にしているんですよね海に行く前日はもとより平日の[…]

波をつくるための風
沿岸で吹く風

はるべえはるべえ@波乗りお天気ブログを毎日更新している気象予報士です今回はビーチで実際に我々が感じることのできる「風」について・・・サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたと[…]

サーフチェックサムネイル
“天気図から風と波を予想していい波をあてる”をテーマに、週末サーファーがいい波にのるための、気象・海の知識と経験則についてKindle電子書籍にしました。

Kindle Unlimited」への登録で、全ての本は30日間無料で読めます。Amazonユーザなら登録は簡単です Kindle Unlimitedはこちらから
最新情報をチェックしよう!