大型で非常に強い台風19号、全国的に厳重警戒、備えは今日のうちに【2019.10.11】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

気圧配置&天気と波情報 : 台風の接近に備えましょう

午前3時の実況天気図 ASAS

台風19号が日本に接近してきています。

ここまでくると接近と上陸はほぼ間違いなく、台風への備えを今日のうちに万全にしておいて嵐が過ぎるのをじっと待つしかありません。

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風への備えこれまでに5回にわたって、「サーファーが知っておきたい台風の知識」として記事を投稿してきましたが、今回はサーファー以外の方も知っておきたい台風への備えについて記載していきます。台風への備[…]

台風19号は前回首都圏を直撃した台風15号と同じような勢力で同じようなコースを通ることが予想されています。

一番心配なのが、千葉県はまだ15号の爪痕が残ったままの状況、ライフラインなどはほぼ復旧していますが、まだ屋根にはブルーシートがある家が多く、今回の台風によりまたダメージを負ってしまうことが懸念されます。

また、今回19号の特徴としては、15号よりも大型で強風域と暴風域の範囲が非常に広いという点です。

台風予想進路を見てもらうとわかるように、黄色の円で描かれた風速が秒速15m以上の強風域はすっぽり日本をおおってしまうくらいの大きさです。

また赤い線で囲まれた暴風警戒域の範囲も広く、東京から大阪までが同時に暴風域に入るなんてこともあるかもしれません。

暴風による停電や断水、家屋の損壊、
大雨による土砂災害、河川の氾濫、浸水などの被害に加えて、高潮にも十分注意が必要です。

明日から大潮まわりとなり、特に満潮時刻と台風接近時刻が重なった場合は要注意。台風の右側では南に開いた東京湾など、台風の左側では北に開いた日本海側でも高潮の懸念があります。

とにかく今回の台風19号は、ナメてかかると痛い目に遭うのは明白なので、今日のうちに台風への備えを十分にして、明日から日曜にかけては外出を控えたほうがよいでしょう。

それでも仕事に出かけないといけない方もいるかと思いますが、台風の接近前に職場に着いておくなど、接近時に外にいることがないように調整などはすることは出来ると思いますので、何かしらの備えをしていただければと思います。

昨日の状況はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 周期が14秒オーバーの強い南うねり午前3時の実況天気図 ASAS大型で猛烈な台風19号が北上してきています。10日の午前3時時点の解析では、中心気圧は915hPa、中心付近の最大風速は秒速55m[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、北から北北西の風。

台風の北上に伴い台風へ吹き込む北寄りの風が強まってきています。

千葉エリアは今日もクローズアウト。

サイズがまだ上がってないポイントもあるかもしれませんが、今日から台風が通過して落ち着くまでは海に近づくのは控えておきましょう。外海のメジャーポイントはとにかく危険なコンディションです。

湘南もほぼクローズなコンディション。

今まだ出来ているポイントもあるようですが、もう海に入るのは控えた方がよいでしょう。

今回の台風からのうねりはかなり周期の長い強いうねりです。技量のある方だとしてもこれから海に入るのは危険です。

技量のある誰かが入っていれば、まだ入れるコンディションだと勘違いしてしまう方もでてくるかもしれませんし、こんな状況で流されたらたぶん助かりません。

前回も茅ヶ崎で流された事故がありました。今回はそんな事故を起こすような無理な行動のないようにお願いしたいところです。

こちらは石廊崎の波浪観測データ

グラフからも波高は上がってきており、午前6時のデータは、波高2.4m、周期はなんと16.1秒となっており、ここ最近で16秒の周期は見たことがありません。

それだけまだ遠い位置からのうねりが反応してきているということで、パワーのある凄まじい波が押し寄せているということです。

千葉や湘南だけでなく、太平洋側にはこの強烈な南うねりの反応が出ているので、台風の進路にあたらないエリアでも、この周期の長いグランドスウェルには十分ご注意ください。

昨日21時の沿岸波浪実況図です。

太平洋側は軒並み周期15秒、波高は4mオーバーの波として解析されてます。

今日の注意事項は、、、

明日の台風の接近と上陸に備えましょう。

繰り返しになりますが、こちらに備えに関しての記事を再掲しますので、参考にしていただければと思います。

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風への備えこれまでに5回にわたって、「サーファーが知っておきたい台風の知識」として記事を投稿してきましたが、今回はサーファー以外の方も知っておきたい台風への備えについて記載していきます。台風への備[…]

今後の気圧配置と波: 明日は外出控えて厳重警戒

午後9時の予想天気図 FSAS24

台風の中心が北緯30度付近まで到達します。
今夜にかけては北東の風が吹き続くでしょう。

海はもちろん危険な状況が続きますので、様子を見に行くなどもしないように、近づかない方が良いでしょう。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

明日土曜日の夜がピークとなります。

停電や断水になることを想定しておきましょう。

屋根が吹き飛んだときにどんな対応をすれば良いのか、事前にシュミレーションしておきましょう。

外出は危険です。

看板や瓦が飛散して飛んでくる可能性があります。車も横転したり、鉄塔が倒壊したりする可能性が高まります。

瓦がとんできて窓ガラスが割れるかもしれません。雨戸を閉めることと雨戸ないときはカーテンを閉めておきましょう。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

OnThisDay(2016/10/11)

10/11 3:00前線の北側に位置しており朝一から千葉エリアでは北東風がどこも強く、各ポイントともにコンディションはよくない状況オンショア、チョッピーな腰胸サイズなポイントがほとんど、昨日に引き続き鴨川マルキは風をかわしているため、こ[…]

IMG
OnThisDay(2017/10/11)

10/11 3:00 ASAS日本海から三陸沖にかけて長大な前線が解析されており、その南には本州付近を2つの高気圧が覆っている。今夜にかけて日本海には前線上の低気圧が明瞭となり東進、東日本から西日本にかけてはこの低気圧に吹き込む南寄りの風[…]

IMG
OnThisDay(2018/10/11)

10/11 3:00 地上天気図と概況沿海州付近にある低気圧から寒冷前線が山陰と九州方面に向けてのびている。昨日の予想どおりの気圧配置に。関東地方は暖域に入るが等圧線は混んでなく風は不安定に弱い状況。今朝は千葉県沿岸では雨雲がまとま[…]

各エリア : 今日のこよみと潮まわり

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/10/11
日の出:05:42 / 日の入:17:11
中潮
満潮:02時46分(133cm) / 15時38分(142cm)
干潮:09時10分(46cm) / 21時34分(62cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/10/11
日の出:05:44 / 日の入:17:13
中潮
満潮:03時07分(129cm) / 15時49分(142cm)
干潮:09時28分(43cm) / 21時50分(52cm)

伊良湖エリア:今日のこよみと潮まわり(赤羽根)

2019/10/11
日の出:05:55 / 日の入:17:24
中潮
満潮:03時58分(157cm) / 16時39分(170cm)
干潮:10時17分(54cm) / 22時38分(67cm)

磯ノ浦:今日のこよみと潮まわり(和歌山)

2019/10/11
日の出:06:01 / 日の入:17:31
中潮
満潮:04時42分(166cm) / 17時23分(182cm)
干潮:11時01分(63cm) / 23時20分(78cm)

宮崎:今日のこよみと潮まわり(宮崎)

2019/10/11
日の出:06:15 / 日の入:17:48
中潮
満潮:04時31分(178cm) / 17時10分(190cm)
干潮:10時49分(58cm) / 23時09分(71cm)

仙台新港:今日のこよみと潮まわり(仙台新港)

2019/10/11
日の出:05:41 / 日の入:17:06
中潮
満潮:01時48分(133cm) / 14時52分(140cm)
干潮:08時19分(50cm) / 20時44分(70cm)

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

台風情報

台風情報は刻々と更新されるので以下より最新の情報をご確認ください。

気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報
http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?週末が近づくとこの土日はどんな波になりそうなのか、沿岸の風はどこから吹きそうか 風が強いのか弱いのか 潮回りは何か 干潮と満潮の時間は 地形は決まっているのか どの[…]

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!