北海道は冬の嵐となり暴風雪に注意、南海上には台風25号と26号【2019.11.15】

毎日の気圧配置と波情報

地上天気図から見られる気圧配置の変化、風と波および潮の状況から、主に千葉と湘南エリアのサーフポイントの波情報と今後の波予想に関する記事を毎日更新中。

サーフポイントの選び方やいい波をあてるために参考になる情報です。

また、日々の天気概況や季節変化、シビアな気象現象が見込まれるときにはその注意点など安全にサーフィンを楽しむための知識や経験則についても記載しています。

twitter/Instagramでも随時情報配信中
twitter : https://twitter.com/asasfsas24
Instagram : https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/

気圧配置&天気と波情報 : 昨日の夕方の湘南は良かった

午前3時の実況天気図 ASAS

昨日沿海州付近にあった低気圧は北上しながら更に発達して、午前3時時点では972hPaまで中心気圧をさげてきています。

昨日から多くのニュース番組でも報じられているとおり、北海道は冬の嵐です。

今朝の衛星画像を見てみると、日本海北部からオホーツク海にかけて寒気を伴った筋状の雲がびっしりと敷き詰められており、真冬並みの寒気が南下してきています。

この時期としてはかなり強い寒気と急速に発達した低気圧の影響となり、気象庁も緊急会見をして注意を呼びかけています。

北海道は大荒れの天気。最高気温は札幌で2度となり日本海側は暴風雪が吹き荒れている状況になっているはずです。

関東地方もこの寒気の南下により今朝は寒い朝を迎えており、北よりの風が冷たく感じる朝です。

一方で南の海上には2つの台風が発生しています。今朝は北と南にそれぞれ冬と夏の嵐が描かれている天気図です。

台風25号はマリアナ諸島付近にあって強い勢力は維持している模様。これから北緯20度を越えてきそうですが予想進路図は迷走しそうな進路が描かれています。

台風26号はフィリピンの東にあって西に進んでいる状況。

日本への直接的な影響はないですが、台風25号からのうねりの反応が見られるかどうかといったところ。

徐々に北上してきていますが、千葉や湘南への南東うねりは日曜あたりに弱く反応するくらいでしょうか。本来の台風のうねりとしての大きなサイズアップは期待はできないですけど、波長の長い波は少し反応してくるかもしれません。

昨日のコンディションはこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 南西の風によりサイズアップ中午前3時の実況天気図 ASAS沿海州付近には発達中の低気圧があって、そこから南に山陰から九州北部をめがけて寒冷前線が伸びています。ここ数日お伝えしているとおり、この低[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、北東から北西の風。

一部ではやや強めの風が吹いているようで、風が冷たい朝を迎えています。

昨日の湘南エリアは、北海道に冬の嵐をもたらしている低気圧にむけての南西の風が強く吹き、風波によるサイズアップから北風にシフトした後のファンウェィブという、冬の波の狙い目パターンとなり夕方は腹胸くらいのオフショアの波でコンディションはなかなか良かったようです。

ですが今朝は千葉と湘南ともにサイズダウンしてのスタートに。

千葉エリアも昨日の風波によりサイズアップしましたが、サイズダウンは早く千葉北エリアでは膝腿から腰くらいのサイズ感。

南西の波のときは千葉南エリアのほうがサイズの反応がよく、今朝もまだ鴨川から和田エリアでは腰腹くらいのサイズは残っているようですが、また朝一は潮の多い時間帯になってきてしまいました。

潮が多くても比較的割れやすい白渚や花籠周辺などが比較的できるかもしれません。

湘南も昨日の波はサイズダウンしてしまい、鵠沼でも膝腿くらいでロングか厚めの板がおススメのコンディション。

今朝は湘南に腰腹くらい波が残ってたら朝一行こうかなと思ってたんですが、サイズは残らなかったので今日はやめにしました。

今日の注意事項は、、、

サイズダウンして次第に風もおさまり海も穏やかになってきています。

海の中はまだ温かいですけど、風が冷たいとそろそろジャージのフルでは寒くなってきそうです。

日中は陽も出て風も弱くなりそうなのですが、千葉エリアではいるなら朝一はもうセミドライが必要になってきました。

去年までは耳栓してなくて入ってましたが、今年からはちゃんと耳栓して入ろうと思います。

今後の気圧配置と波: 台風25号のうねりが弱く反応するか?

午後9時の予想天気図 FSAS24

夜になってもオホーツク海を中心とした大きな低圧部が広がり、北海道の冬の嵐は続きそう。引き続き暴風雪などによる交通への影響なども懸念されますので、慣れている北国の方でもお出かけの際は注意が必要かと思います。

千葉と湘南エリアは今日はサイズダウンしたままの状態が続きそうです。

潮は日中は引いてもそれほど大きくは動かない潮回りとなっているので、潮回りでのコンディションの変化はほとんどなさそうです。

日中は北からの風も収まってきて穏やかに晴れてきそうですが、波はあまり期待できなさそうです。

千葉南エリアではサイズが少し残って多少はできるコンディションが続くかもしれません。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

明日の夜にかけても北海道付近の等圧線は混んだままで冬型の気圧配置が続きます。

西日本から東日本にかけては高気圧に覆われて太平洋側は晴れが続きそうです。

千葉エリアは高気圧の前面で東風が吹きやすく、弱く東寄りのうねりに反応するくらいで、パッとしないコンディションになりそうです。

湘南もサイズは小さいままからのスタートとなりそうです。

過去の同じ日の気圧配置と波情報

別途更新予定

各エリア : 今日のこよみ潮まわり

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/11/15
日の出:06:15 / 日の入:16:34
中潮
満潮:06時23分(147cm) / 17時13分(153cm)
干潮:11時42分(86cm) / 時分(0cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/11/15
日の出:06:17 / 日の入:16:36
中潮
満潮:06時46分(147cm) / 17時26分(151cm)
干潮:12時05分(87cm) / 時分(0cm)

伊良湖エリア:今日のこよみと潮まわり(赤羽根)

2019/11/15
日の出:06:27 / 日の入:16:47
中潮
満潮:07時18分(174cm) / 18時26分(168cm)
干潮:00時37分(12cm) / 12時54分(85cm)

磯ノ浦:今日のこよみと潮まわり(和歌山)

2019/11/15
日の出:06:32 / 日の入:16:56
中潮
満潮:08時01分(186cm) / 19時15分(177cm)
干潮:01時25分(13cm) / 13時34分(94cm)

宮崎:今日のこよみと潮まわり(宮崎)

2019/11/15
日の出:06:43 / 日の入:17:16
中潮
満潮:07時48分(189cm) / 19時03分(186cm)
干潮:01時10分(11cm) / 13時23分(87cm)

仙台新港:今日のこよみと潮まわり(仙台新港)

2019/11/15
日の出:06:18 / 日の入:16:25
中潮
満潮:05時42分(140cm) / 16時17分(152cm)
干潮:10時47分(91cm) / 23時29分(7cm)

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

台風情報

台風情報は刻々と更新されるので以下より最新の情報をご確認ください。

気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報
http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!