冬型の気圧配置で北〜北西の風、千葉エリアはミドルサイズのファンウェイブ!【2019.11.30】

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

はるべえのKindle本も全3冊無料で読める!30日間無料キャンペーン中

気圧配置&天気と波情報 : 今朝も朝一はかなり冷え込む

午前3時の実況天気図 ASAS

カムチャッカ半島には猛烈に発達している低気圧があり中心気圧は960hPa、また大陸から高気圧が日本に張り出してきていて、この高気圧の中心気圧は1036hPa。

この低気圧と高気圧の間では76hPaもの気圧差があり、西高東低の気圧配置。

まさに冬がやってきたという感じになってきましたね。

今日も冬型の気圧配置となるため、太平洋側は広く晴れますが、今朝も放射冷却がかなり効いてます。

朝の千葉県を木更津から鴨川まで走ってきましたけれども、もうあちこちで霜がおりていてまさに冬の景色。内陸部はもう氷点下となっているところがあり、これからの季節の朝一サーフィンは、道中の路面凍結にも十分注意が必要です。

特に房総スカイラインや旧鴨川有料道路はかなり冷え込む地点があり、所々凍結します。行きは鴨川有料道路は長い下り坂が続くのでカーブの付近ではスピードの出し過ぎに特に注意が必要です。サーフィン楽しむためにも安全運転でいきましょう。

一方で南海上には台風28号が発達しています。

中心気圧は955hPa、西へゆっくり進んでいます。これから更に発達して925hPaまで気圧を深めてくる予想です。フィリピンを横断して南シナ海に抜ける見込みとなっており、フィリピンは警戒が必要となります。

ゆっくり進んでおりまだ発達していく見込みなので、太平洋側へのしっかりとしたうねりを期待したいところですけど、ちょっと期待はあまりできなさそうですね。

ただ台風のうねりがなくても、来週も東ベースのうねりが反応する日が多くなりそうです。

昨日のコンディションはこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 溜まった洗濯物を片付けましょう午前3時の実況天気図 ASAS南海上の低気圧と前線は東へ移動し西からは大陸にある高気圧に覆われてきました。カムチャッカ半島付近には発達した低気圧があり大陸には高気圧[…]

千葉・湘南 風、波、潮の状況と今日の注意事項

気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

今朝の千葉エリアは、千葉北エリアでは北西からの弱めのオフショア、千葉南エリアは北からの強い風が吹いてます。

東海上にある高気圧からの吹き出しによる南東ベースに加えて通過した低気圧からの東から北東よりの波が反応しており、昨日よりも波は落ち着いてきています。

九十九里や一宮周辺では北西の弱めの風が吹いていて今朝は面もまとまってきて十分遊べる波になってます!

サイズはアベレージサーファーには嬉しい腰腹から胸くらいのファンウェイブ。上級者の方にはちょっと物足りないかもしれないですけど、面は昨日よりも全然整ってきていて遊べる波が多くのポイントで入ってきているようです。

千葉南のほうが北風が強く、かなり煽られがち。サイズは千葉北と同じくらいかすこし南の方がサイズありそう?

冬だとこんなパターンが結構ありますね。風が千葉北より千葉南のほうが強いけどサイズも千葉南の方があるパターン。部原あたりまで北上すると風が弱くなることがよくあります。

朝は潮が多くて割れにくいポイントが多くなってますけど、サイズが胸肩くらいのあるポイントではそこそこ遊べるコンディションになっています。

湘南は腿腰くらいで物足りなくなってきました。早めに入っておいたほうが良さそうです。

はるべえのKindle本も全3冊無料で読める!30日間無料キャンペーン中

今朝の波:鴨川マルキ

朝は潮が多い時間で地形が深くなってしまったマルキは割れにくいブレイク。

左側はたまに入るセットですこし乗れるくらい。右側に人は集中していて、腰腹から胸くらいのセットは入ってきますが厚いブレイク。

面はキレイですがもう少し引いてきたらよくなりそうです。

上手な方はインサイドまでカットバックしながら走れてましたが、セット入ると数人同時テイクオフしているような状況なので十分注意が必要です。

今後の気圧配置と波: 明日は南西の風にシフトしそう

午後9時の予想天気図 FSAS24

千葉エリアは午後も北よりの風が続く見込みです。昼過ぎからは北東の風が入ってくるかもしれません。

北の風をかわすポイントが中心のサーフィンとなりそうです。午前中は一宮や千倉千歳などもまとまり気味ですが、北東が入ってくるとザワついてきます。

千葉南エリアは潮が引いてくるタイミングで
北風を軽減する鴨川から和田エリアあたりが良さそうな感じ。

千葉北エリアも片貝から北のポイントのほうが軽減しやすいですが、風が強くなったら片貝や飯岡などへ向かったほうがよいかもしれません。ちょっと物足りなくなるかもですね。

湘南は更にサイズはダウン傾向、早く入っておいたほうがよいでしょう。午後はロングなど厚めの板を持っていったほうが楽しめると思います。

明日午後9時の予想天気図 FSAS48

明日は冬型の気圧配置が緩み大陸から張り出してきた高気圧が東海上へ中心を移していきます。

日本付近は高気圧の後面から気圧の谷に差し掛かるため、明日の午前中から南西の風が吹いてきそうです。

千葉エリアでは一宮周辺や千倉などのポイントでは面が整ってくるかもしれませんが、今日よりもサイズダウンしてきそうです。

朝一はまだ風が弱く今日よりも朝は寒くなさそうなので、今日の夕方にできていたポイントを中心に朝一にサクッと入っておくのが良いのではないでしょうか。

すこし遅めの出発となって朝一を逃したときは、一宮周辺や千歳などウネリが残りそうなポイントへ向うのが良さそうです。

午前中はまだ風が強く吹かないかもしれないのでその他ポイントでもできるかもしれませんが、午後は南西が強くなってきそうです。

湘南は南西の風が入ってくるタイミングが千葉よりも遅いかもしれなくて、午前中は北の風が吹きそうです。

ただうねりは今日よりも弱まりそうなので、コンディション的には期待できないでしょう。午後は面も次第に乱れてきそうです。

この週末もサーフィン楽しみましょう!


各エリア : 今日のこよみ潮まわり

千葉エリア:今日のこよみと潮まわり(勝浦)

2019/11/30
日の出:06:30 / 日の入:16:27
中潮
満潮:07時25分(139cm) / 17時41分(148cm)
干潮:00時16分(7cm) / 12時22分(95cm)

湘南エリア:今日のこよみと潮まわり(江の島)

2019/11/30
日の出:06:31 / 日の入:16:30
中潮
満潮:07時42分(140cm) / 17時56分(145cm)
干潮:00時41分(6cm) / 12時47分(92cm)

伊良湖エリア:今日のこよみと潮まわり(赤羽根)

2019/11/30
日の出:06:41 / 日の入:16:41
中潮
満潮:08時16分(164cm) / 18時57分(158cm)
干潮:01時19分(10cm) / 13時39分(95cm)

磯ノ浦:今日のこよみと潮まわり(和歌山)

2019/11/30
日の出:06:46 / 日の入:16:51
中潮
満潮:09時00分(174cm) / 19時42分(163cm)
干潮:02時10分(10cm) / 14時21分(106cm)

宮崎:今日のこよみと潮まわり(宮崎)

2019/11/30
日の出:06:56 / 日の入:17:11
中潮
満潮:08時45分(178cm) / 19時40分(174cm)
干潮:01時54分(7cm) / 14時14分(95cm)

仙台新港:今日のこよみと潮まわり(仙台新港)

2019/11/30
日の出:06:33 / 日の入:16:18
中潮
満潮:06時38分(132cm) / 16時45分(153cm)
干潮:11時24分(96cm) / 時分(0cm)

関連データリンク情報

気象庁 アメダス 風向風速

関東地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

近畿地方
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/211.html?elementCode=1

気象庁 波浪実況・予想図

https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

気象庁 レーダーナウキャスト


https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

台風情報

台風情報は刻々と更新されるので以下より最新の情報をご確認ください。

気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

米軍台風情報
http://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

梅雨の波

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(鳥取〜福井)
台風への備え

サーファーが知っておきたい台風への備えこれまでに5回にわたって、「サーファーが知っておきたい台風の知識」として記事を投稿してきましたが、今回はサーファー以外の方も知っておきたい台風への備えについて記載していきます。台風への備[…]

防寒アイテム

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、今回もオニールの商品の紹介です。今回はサーフィン用のソックスです。今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、千葉南エリアではまだ[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン
最新情報をチェックしよう!