毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

低気圧による大雨と暴風に警戒、太平洋側は午後まで大荒れな空模様【2020.4.18】

今朝の気圧配置と空模様 : 朝から強い南よりの風

午前3時の実況天気図 ASAS

おはようございます。
4月18日土曜日です。

今朝は朝早くから起こされるだろうなと思って布団に入ったのですが、やはり起こされました。

何に起こされたかといいますと、
南よりの風です。

低気圧が発達しながら東へ進んでいて、
低気圧の前面に位置する千葉県は昨日から南東の風が吹き続いています。

午前3時の気圧配置では低気圧と前線が西日本あたりにあり、これからさらに発達しながら東へと進んできます。

このため、関東地方では東海上にある高気圧から温暖前線の東側へと南東から南の風が吹き出していて、強く吹いています。

この南よりの風が強く吹くと、
外の風の音というよりもウチの場合は窓の建てつけがわるいらしく、すきま風でピューピュー音がするんですよね、、、

隙間なんちゃらテープも貼ってだいぶ音は軽減されたんですけど、

アメダスの風向風速の観測値が南よりの風で風速5mを越えたあたりからピューピュー言い出します。

今日の鴨川のアメダスは風速8mで南南東の風。

南よりといっても南東ベースだとまだそれほどではないんですけど、南西の風になってくるとさらにピューピューが強まります。

今日は低気圧の接近から通過に伴い、これから南東の風から南西の風に次第にシフトしていく予想。

夕方くらいからさらに騒がしくなりそうです。

まあ自分的にはこれはこれでいいかなと思っていまして、
まあ一種の南風が強まってきたことを知らせてくれるアラームのようなものとして、活用?しています。

すみません、くだらないことを書いてしまいましたけど、、、

先程も記載したとおり、千葉の沿岸部は南南東からの風がかなり強く吹いていて、雨も強まってきています。

館山では18mmもの雨が観測されていて、まとまった雨です。

今日はこの状態が午後まで続く見込み。
大雨や暴風に注意な時間帯が続きそうなので、警戒が必要な状況となります。

低地の浸水や河川の氾濫、また土砂災害にも警戒が必要となり、一部地域では土砂災害警戒情報がでるのではないかと思われます。

鴨川市ではすでに昨日の時点で、避難所に関する情報がアナウンスされていました。

特に今回は非常事態宣言が出ているなかでの避難となってしまう方も出てしまうかもしれなく、

避難所は3密が適用される場所となってしまう可能性があることから、

その点も踏まえての持ち物も増えて人との間隔を開けるなどの行動をとらざるをえません。

こんな状況でのさらなる自然災害はほんと勘弁してほしいところですが、

とにかく自分の命を守る行動を想定して早めに準備しておくことが重要だと思います。

どうか大きな災害が起こりませんように。

昨日の記事はこちら

昨日の気圧配置と風と波

今朝の気圧配置と空模様 : 次第に雲が多くなる午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。4月17日金曜日の朝となりました。今朝は夜明け前は弱い雨。どんより灰色の空でしたけど、すこし空が明るくなって[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは南南東の強い風。

もちろん海は大荒れでスープだらけの真っ白な海でクローズアウト。

ここ最近ずっと家にいる方がほとんどだと思いますが、今日は流石に外に行きたいとは思わないと思います。

ただ先程も書きましたけど、
大荒れの天候により警戒が必要になる地域の方は気が気でないと思います。

自治体からの情報などもこまめにチェックし、南に開いた山の斜面に近い方などは場合によって自主判断で避難するなども必要になってくるかもしれません。

今後の天候の状況には十分注意してもらいたいと思います。

石廊崎の波浪観測も反応してきています。

今日の空と海 タイムラプス映像

撮影時間:AM6:30~PM4:00

早朝から強い南風による窓のすきま風で起こされて…空模様の撮影開始。

朝は南東からの強い風、海はオンショアで真っ白な海面がひろがります。

ここまで一面真っ白になったのは久しぶりに見ました。

低気圧が近づき雨風ともに強くなるとともに、風はゆっくり南の風にシフト

一旦強い雨域が抜けて青空が見え隠れするも、レーダーアメダスを見ると西の空からは活発な線状降水帯が東へ…

まさに線状となった真っ黒な雨雲が通りすぎる瞬間があらわれ、

雨風ともにこの日のピーク。

その後、西の空から急速に明るくなり、しばらくすると澄んだ青空がひろがりました。

そんな一日の空模様を映像にしています。

※緊急事態宣言によりしばらくは個別ポイントのコンディションや動画の掲載は控えようと思います。

※YouTubeには千葉の海や空の映像などを控えめにアップしていますので、よろしければチャンネル登録をお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

今後の気圧配置: 夜には天気回復し明日は西の風

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけては低気圧がまとまりながら中心を北日本から北陸あたりに移動させてきます。

関東地方は南南東の風から次第に時計回りに風はシフトして夕方には南西の風になりそうです。

先週末に嵐をもたらした低気圧は中心が千葉南部あたりの沿岸すれすれを通過したために、低気圧通過後には北の風へとシフトしましたが、

今回は中心が列島を縦断していきそうなので、低気圧中心通過後の千葉エリアの風向は南西の風となりそうです。

この南西の風に変わってから数時間後には雨もやみ天気は回復してきそうです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日は低気圧が東海上へと進んでいくために、低気圧へと吹き込む西の風からのスタートとなりそうです。

朝はやや強めの西よりの風が吹いてそうですが、午後にはだいぶ風も弱まってきそう。

千葉エリアの海はまだ今日の南東からの強烈な風で発生した風波が続き、外海では明日の朝もまだ荒れた状態が残るでしょう。

午前中はずっと西よりの風で千葉エリアではオフショアベースの風となるので、

後半にはすこしまとまってくるポイントもあるかもしれません。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay(2017/04/18)

4/18 3:00 ASAS https://t.co/REK7DUeguB発達中の低気圧が日本海にあって北東進している。本州付近は低気圧の暖域に入り各地で南から南南西の風が非常に強く吹いており荒れた天気になっている。今日の夕方にかけ[…]

IMG
OnThisDay(2018/04/18)

4/18 3:00 ASAS日本付近は気圧の谷で、関東の南岸を低気圧が通過中。低気圧は東進を続けこれから昼過ぎにかけて東の海上へ抜けていく見込み。関東目線では低気圧へ吹き込む東よりの風が強く吹いており、次第に北寄りの風にシフトしてい[…]

OnThisDay(2019/04/18)

毎日の天気図と波情報4/18(木) 3:00 ASAS 今日の波と天気概況南の海上の低気圧は東海上を発達しながら通過中です。西からは高気圧が東進してきており今日は全国的に晴れの見込み。さらに気温はかなり上昇して20度を越える地[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/04/18
日の出:05:02 / 日の入:18:13
長潮
満潮:02:31(114cm) / 13:33(103cm)
干潮:08:22(75cm) / 20:10(39cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/04/18
日の出:05:05 / 日の入:18:17
長潮
満潮:02:48(119cm) / 13:58(111cm)
干潮:08:32(78cm) / 20:35(46cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/04/18
日の出:05:15 / 日の入:18:25
長潮
満潮:03:33(142cm) / 14:59(124cm)
干潮:09:37(81cm) / 21:23(50cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/04/18
日の出:05:24 / 日の入:18:33
長潮
満潮:04:18(147cm) / 15:48(128cm)
干潮:10:21(87cm) / 22:11(53cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/04/18
日の出:05:41 / 日の入:18:45
長潮
満潮:04:06(153cm) / 15:37(138cm)
干潮:10:06(84cm) / 22:00(51cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/04/18
日の出:04:55 / 日の入:18:14
長潮
満潮:01:47(111cm) / 12:23(103cm)
干潮:07:13(80cm) / 19:17(40cm)

こちらの記事がよろしければシェアをお願いします!

波をつくるための風

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!