冬型が緩み西うねりもサイズダウン、南シナ海では台風23号が発生【2020.12.21】

おはようございます。はるべえです。

12月21日月曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

今週も新しい1週間のはじまりとなる月曜日がはじまりました。

といっても2020年ももうあと今週と来週だけですね。

週末サーファーの方は28日に仕事をお休みすれば9連休となる方が多いのではないかと思いますが、

今年は海外トリップにも行きにくい状況なので、いつもの海か国内トリップで年末年始過ごす方も多いのでは。

一気に寒くなってきています。防寒対策とサーファーズイヤー防止のため耳栓をして海に入るようにしたいところです。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

おはようございます。はるべえです。12月20日 日曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新します。 冬型の気圧配置が昨日から再び強まっています。日本海側では大雪が続いており、先日の関越自動車道の立ち[…]

西うねりの反応

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

アリューシャン列島付近で低気圧は引き続き発達したままの状態をキープしています。

ただ日本付近の冬型の気圧配置は西から緩んできており、今日は日本列島にかかる等圧線は5本です。

だいぶ等圧線の間隔が広くなってきました。

 

そんな日本は寒波に覆われていた状況ですけど、昨日南シナ海では台風23号が発生。

もちろん日本への影響はありませんが、今年最後のの台風発生となりそうです。

台風23号

 

今朝の衛生画像を見てみましょう。

日本海にある寒気を伴った筋状の雲はだいぶ範囲が狭くなってきましたね。

衛星画像

 

ただレーダーナウキャストではまだ日本海側では雪が続いているところも多くありそうです。

今日も日本海側は雪で大平洋側は冬晴れの冬の天気分布。西日本の日本海側の雪はおさまってきています。

レーダーナウキャスト

 

そしてこちらは石廊崎の波浪観測データ

波高としては1mくらいの状況がキープされて観測されているようですが、東海沖の西風はだいぶ収まってきている模様

石廊崎の波浪観測データ

こちらはいつもの海の安全情報のサイトから引用しています。
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimizu/omaesaki_lt/kisyou/index.html

御前崎灯台の西風は変わらず吹いていますけど、昨日の夜からは風速は10m/sを下回ってくるようになりました。

御前崎灯台の風

昨日の湘南は昼くらいには腰腹くらいのサイズの波に少しアップしてきて、夕方まで遊べる波が続きました。

千葉南エリアも同じく腰腹サイズの波の反応までありましたけど・・・、

今朝の千葉と湘南エリアは、昨日まで反応していた西うねりは弱くなってきており、物足りないサイズでのスタートとなっている模様。

 

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/21
日の出:06:43 / 日の入:16:30
小潮
満潮:09:49(124cm) / 20:16(111cm)
干潮:02:30(37cm) / 15:23(88cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/21
日の出:06:46 / 日の入:16:33
小潮
満潮:10:04(121cm) / 20:42(111cm)
干潮:03:01(37cm) / 15:42(84cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ

今朝の風と波の状況(千葉・湘南エリア)

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

千葉エリア

今朝の千葉エリアは北~北西の風。

今日は西うねりの反応が弱くなってきて物足りないサイズの波からのスタート。

今朝の鴨川マルキポイントは良く晴れています。

風は弱い北からの風で強くは吹いていません。

サイズはセットで腿腰くらいですけど、腰サイズのセットはかなり待つ感じ・・・。

波の面はクリーンな感じで入ってきますけど、潮も多くなってきてちょっと物足りないサイズですね

白渚や千歳ポイントも同じくらいな膝腿~腰くらいのサイズ感。

白渚ポイントは小ぶりながらも形よく割れる波があって、セットで腰くらいで遊べる波はありましたね。

千葉北もこれだけ冬型が続いてしまうと北西の風により東うねりが抑えれてしまいスモールコンディションが続きます。

こんなときはアリューシャンからの北東うねりを期待したいところなんですけど、

アリューシャン列島付近の低気圧の形から日本には北東うねりは入ってこなそうな流れ・・・

今日はパイプラインマスターズの最終日ですけど、引き続きこのアリューシャン列島から北西うねりが届き続けるんじゃないかと思います。

 

湘南エリア

冬型が緩んできたことにより東海沖の西風も弱くなってきました。

今朝は膝腿くらいのサイズはあるようですが、ちょっとショートには厳しいコンディションにもなってきています。

今日入るならロングや厚めの板で入ったほうが良さそうですね。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、西から高気圧に覆われてきて、だいぶ等圧線の間隔も広いエリアに入ってきそうです。

千葉と湘南エリアともに北西の風が続きそうなので、面はクリーンなコンディションが多くなると思いますが、

うねりは弱い状態が続きそう。

今日は夕方まで膝腿~いい時間帯ではセット腰くらいな感じが続いてしまうでしょう。

この土日にサーフィン楽しんだ方は今日はお休みでも良さそうです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日の夜までに関東沖あたりに小さな低気圧が発生する見込み。

この低気圧の南側で西よりの風が吹きそうですが、これに千葉と湘南への西うねりの反応はあんまり期待はできなそうです。

今日の夜に御前崎沖合の風が一時的に強まってきそうなんですが、それほど長くは続かず。

明日も日中は今日と同じくらいかややサイズアップするかどうかといった感じで、できるところで膝腿~腰くらいな感じでしょうか。

ショートでは物足りないサイズの波となるのではないかと思います。

アリューシャンからの北東うねりも入ってこなそうな感じもしますが、茨城の鹿嶋エリアのサイズ変化も合わせてみておきましょう。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/22
日の出:06:43 / 日の入:16:31
小潮
満潮:10:34(123cm) / 21:42(100cm)
干潮:03:14(50cm) / 16:49(81cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/22
日の出:06:47 / 日の入:16:33
小潮
満潮:10:47(119cm) / 22:13(101cm)
干潮:03:44(51cm) / 17:03(77cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2016.12.20

12/21 3:00今日は冬至昼の時間が一番短い日でこれから6月の夏至にかけて陽は長くなっていく夏至の頃は朝一は4時くらいから海に入れるが冬至の今頃は早くても6時30分以降寒くなるのはこれから、海の中も冷たくなるのはこれから、朝一着[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.21

12/21 3:00 ASAS冬型の気圧配置は緩み大陸から高気圧に覆われてきている。今週は日曜日のクリスマスイブまでは平年並みか少し高いくらいの気温予想で関東は厳しい寒さからは一旦逃れられそう。だがクリスマスの25日からはまた強い寒気が[…]

IMG
OnThisDay-2018.12.21

12/21 3:00 地上天気図と波情報東日本から北日本にかけては高気圧に覆われるところが多く晴れていますが、東シナ海から前線を伴った低気圧が東進してきています。西日本からすでに天気は下り坂で、今夜には東海地方まで雨になるところが多くなりそ[…]

OnThisDay-2019.12.21

気圧配置&天気と波情報 : 今年のイタロの活躍は凄かった午前3時の実況天気図 ASAS日本付近は東海上と南シナ海の2つの高気圧に挟まれています。西日本の太平洋側は晴れ間も出ているようですが、日本海側は雲が多い天気。朝の[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

東海沖からの西うねり

季節毎の特徴的な気圧配置のときに、どのような風と波のコンディションになるのでしょうか?このブログでは、こちらのカテゴリにて、様々な気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションについて解説してきています[…]

東海沖からの西うねり
エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(日本海エリア)
防寒アイテム

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、今回もオニールの商品の紹介です。今回はサーフィン用のソックスです。今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、千葉南エリアではまだ[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

西うねりもサイズダウン
最新情報をチェックしよう!