毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

熱帯低気圧から水蒸気たっぷりの空気が入ってくる・・・今週も大雨に厳重警戒【2020.7.13】

気圧配置&天気と波情報 : 久しぶりの朝から北東の風

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

おはようございます。7月13日の月曜日、今週もはじまりました。

黄海には低気圧がありそこから九州北部を通って本州の太平洋沿岸に梅雨前線がのびており、東海上へと抜けていった低気圧へと繋がります。

南海上には太平洋高気圧、北側にはオホーツク海高気圧と日本海にある高気圧が連なってる状況。

今日は北の高気圧が優勢となっており、梅雨前線は関東地方よりも南にあってオホーツク海高気圧縁辺から梅雨前線に吹き込む風が吹いています。

今朝は久しぶりに千葉エリア各地で北よりの風が吹いており、朝の空気はヒンヤリと感じるものがありました。

空は曇が優勢で日差しはなく、今日は昨日よりも5度ちかく最高気温は低くなりそうです。

晴れた日差しで掛け布団を干したいんですけど、、、ちょっと今日はそんな感じじゃないですね・・・。

そして気になるのがフィリピンの東にある熱帯低気圧

この熱帯低気圧は発達して日本に近づいてくることはなさそうですけど、

台風や熱帯低気圧は南から暖かい空気を北へ運ぶ役目があることから、この熱帯低気圧から梅雨前線に向けて暖かく湿った空気がより入りやすい状況になってきそう。

今日はまだ前線の北側に位置するエリアが多いものの、今後前線が北上してきて南からの空気が入りやすくなったときは、水蒸気をたっぷり含んだ空気が流れ込むということなので、大雨となりやすい状況となります。

衛星画像

今朝の衛星画像は低気圧の前面で雲が発達した状態が見られます。

この時間は九州北部から中四国地方まで雲がかかっており雨が降っているところも多いですけど、そこまで強い降りにはなってない模様。

でもこれまでの雨で地盤がかなり緩んでいるところもあり、少しの雨で土砂崩れの危険があるところも多いはずです。

今週も引き続き大雨に警戒な時間帯が続いてしまいそうです。

このような状況はいつまで続くのか、、、

全国の週間予報を見ても、今の時点では次の週末も西日本から東日本まで曇りや雨のマークが並んでいます。

ただこのブログで何度か記載したこともありますが、太平洋高気圧の勢力に相当する500hPaの5,880m等高度線が次の週末にかけて範囲を広げてきそうな傾向が見えてきています。

以下Sunny-Spotさんのサイトにて専門天気図が見れるのですが、そちらに掲載されている週間予報支援図から一部引用させていただき5880mの等高度線を黄色で手書きで塗ってみたものを掲載させていただきますと、以下のような感じ。

次の週末には5880mの範囲が西日本から東日本まですっぽりと覆うくらいまで拡大することが予想されています。

つまり太平洋高気圧が梅雨前線を北へ押し上げてノックダウンするのがこのタイミングかも⁈

まだ1週間後の話なので状況が変化してくる可能性も大きいですけど、今のところこんな兆しが見えてきているということだけお伝えしておきます。

Sunny-spot.net! 天気・気象情報
https://www.sunny-spot.net/chart/FXXN519.pdf

週間予報支援図
引用元:  https://www.sunny-spot.net/chart/FXXN519.pdf 

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置と波情報 : 高気圧同士の攻防が続く午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。7月12日 日曜日の朝です。梅雨前線は相変わらず本州付近に停滞しており今朝も九州の一部では強い雨が降っていて引き続き警戒が必要な時間帯は[…]

 

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北から北東の風。

南西の風がしばらく続いていましたけど、久しぶりに北寄りの風からのスタートです。

南よりの風波はサイズダウン傾向なので早めに入っておいたほうが良さそうなポイントが多そうです。

波浪観測データ

千葉南

鴨川から和田エリアでは波はまとまってきましたが、朝は時間が経過するにしたがって潮の多い時間帯となり厚いブレイク。サイズは昨日よりもダウン傾向で腿腰から腹くらいでしょうか。鴨川マルキポイントでは潮が上げて波数も少なくなってしまいました。

平砂浦も朝はまだ遊べる波が残っているかもしれませんけど、午後にはなくなってしまうかも。

千葉北

北東の風ですがサイドオンとなるポイントが多く、またサイズも物足りない腿腰くらいのブレイク。

パッとしないサイズとブレイクなポイントが多くなっている感じです。

湘南

南からの風波はサイズダウンしており膝腿くらいのスモールコンディション。

潮が多い朝の時間帯は割れにくいので潮が引いた時間帯にロングや厚めの板で入るのが良さそうですね。

今日のビギナーの方向け注意事項は?

サイズダウン傾向で風も弱くビギナーの方の練習にはちょうどいいコンディションになってきているポイントがありそうです。

腿腰くらいで風の影響が少ないポイントで潮が少し引いてる時間帯に入って練習するのが良さそう。

でも湘南は午後になるとサイズが更にダウンして波がなくなってしまうかも。。。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ
よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 今夜から再び大雨に警戒な時間帯

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては日本海に低気圧と前線が東進してきて西日本では前線の南側に位置するようになってきます。

前線の南側では暖かく湿った空気が入りこみやすく、大気の状態が不安定にもなってきて局地的な大雨になるところも増えてきそう。

今夜から再び大雨に警戒な時間帯となってきます。

先ほども記載した熱帯低気圧からの空気も加わってきてより湿った空気にもなりそうなので、西日本にお住まいの方は警戒していただきたいと思います。

千葉エリアは北寄りの風から午後は東から南東の風にシフトしてきそうです。

それほど風は強くなく影響はすくないかもしれませんが、オンショアベースとなり少し面に影響がでてくる感じかも。

南からの波はサイズダウン傾向、午前中は潮が多いので潮が少ない午後のほうがまだ出来る時間帯はありそうです。

湘南は午後は波なくなってしまうかもしれませんね。

週末にむけて

予想気圧配置48時間

明日は日本海の低気圧がゆっくりと東へと進んできます。

千葉エリアは夕方あたりから夜にかけて南よりの風へとシフトしてきそう。

明日は低気圧が近づいてきて前線の南側に位置するようになり、千葉では朝からまとまった雨になってきそうです。

朝から南寄りの風が強く吹き、やや荒れた感じの朝となりそう。

日中も南西の風が再び強まってきてしまうでしょう。

今週末に梅雨明けになるのかはまだわかりませんけど、南の高気圧が強まって前線を北へノックアウトし、次の週末はスカッと晴れた空の下でサーフィンできたらいいですね!

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

7/13 3:00 ASAS梅雨前線は東へ移動し太平洋高気圧からの縁辺流が前線へ吹き込む気圧配置。南から南西の風が各地でやや強めに吹いている。日本の南には2つの高気圧に挟まれる形で低気圧が昨日よりも明瞭に解析されてきた。今朝の千葉エリ[…]

IMG

7/13 3:00 ASAS 太平洋高気圧が西日本へ勢力を強めており鯨の尾型の気圧配置。高気圧の中心は東シナ海にあり豪雨のあった西日本は広く猛暑となりそう。未だライフラインが復旧しない地域もあり大変な状況が続いている。この連休は熱中[…]

IMG

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップ。湘南と千葉の波情報が多めですが、その他ポイントの波情報もtwitt[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/07/13
日の出:04:34 / 日の入:18:54
小潮
満潮:09:35(104cm) / 22:21(125cm)
干潮:04:08(72cm) / 15:32(67cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/07/13
日の出:04:37 / 日の入:18:58
小潮
満潮:10:04(105cm) / 22:34(130cm)
干潮:04:40(73cm) / 15:45(74cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/07/13
日の出:04:48 / 日の入:19:05
小潮
満潮:10:55(128cm) / 23:29(150cm)
干潮:05:16(88cm) / 16:43(86cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/07/13
日の出:04:57 / 日の入:19:12
小潮
満潮:11:50(134cm) / 00:00(cm)
干潮:06:19(99cm) / 17:30(98cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/07/13
日の出:05:17 / 日の入:19:21
小潮
満潮:11:31(142cm) / 00:00(cm)
干潮:05:45(88cm) / 17:24(88cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/07/13
日の出:04:23 / 日の入:19:00
小潮
満潮:08:34(113cm) / 21:25(134cm)
干潮:03:17(81cm) / 14:34(75cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

あわせて読みたい

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
あわせて読みたい

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

あわせて読みたい

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風
あわせて読みたい

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

今日の波
最新情報をチェックしよう!