毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

台風のうねりに備えて・・・今日のうちにサーフギアの点検を!【2020.8.30】

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

気圧配置と波情報 : 千葉は北東うねりが先行?湘南は南西うねり

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

8月最後の週末土日、今日はもう30日になりました。

今日も暑い日が続きます。

鴨川市の防災無線からは今日も熱中症警戒アラートに関するアナウンスがでており、室内にいても熱中症になる可能性もありこまめな水分補給や適切な冷房の使用が必要です。特にお年寄りの方が近くにいる場合は気にかけていただければと思います。

さて、先週から注目している台風9号ですが、本日現時点での予想は以下のようになっています。

台風9号

今はまだフィリピンの東にあってほとんど動きはなく、これから北へゆっくりと移動してくる予想。

勢力も北上するに従い強まって、台風の強さのカテゴリでいうところの「非常に強い台風」まで発達する見込みです。

関連記事

なぜサーファーが台風に注目するのか?[caption id="attachment_8459" align="alignleft" width="2016"] 某ポイント:台風の強い南うねりが入ったときに素晴らしい波が現れる[/capt[…]

沖縄は今日のうちに備えをしておいたほうが良さそうです。十分な警戒をお願い致します。

台風9号はそのまま東シナ海を北上してから対馬海峡へと北東方向へと進み、朝鮮半島を縦断するような予想コースです。

さて、波のほうはどうかといいますと、、、

こちらWindyから9月1日火曜日の午後4時の波予想のアニメーションです。

もうこの時点では気象庁の予想もECMWFの予想もそんなに大差はなさそうですので、一番視覚的にわかりやすいWindyから掲載します。

9月1日火曜日16時予想
“Video by Windy.com”www.windy.com.

ここ最近の記事にも記載してましたとおり、

台風9号からの南西うねりと千島の東の高気圧からの北東うねり

によってサイズアップしてきそうです。

まず台風9号からの南西うねりは月曜の夕方あたりから西日本のサイズ変化を気にしておきたいところ。

火曜日の朝には西日本で十分反応してくる可能性があります。

台風8号は磯ノ浦ではあまり反応しませんでしたけど、今回はしっかり反応してくるのではないかと思います。

今回も御前崎の反応は比較的早そうで、火曜日の早い時間からサイズアップしてきているかもしれません。

湘南は火曜の朝一にうねり届いているかは微妙な感じがします。

ただ火曜日中には南西うねりが今回はしっかり反応してくるのではないかと、期待したいところですけど、

千島の東の高気圧からの北東うねりと北東の風が南西うねりの反応にどれだけ影響してくるか…

今回は個人的にはそこが非常に注目なポイントだと思います。

そしてもう一方の千島の東の高気圧からの北東うねりですが、

こちらも同じくらいのタイミングで北から反応が南下してくるような感じになりそうです。

まず月曜中には東北地方から茨城エリアあたりまで北東うねりが反応してサイズアップしてきそう。

明日の仙台新港のサイズや茨城の鹿嶋エリアのサイズの反応をチェックしておくと反応度合いがわかるでしょう。

ただこの北東うねりは同時に北東からの強めの風ももたらしそうであり、茨城以北のエリアではオンショアベースとなってコンディション的には厳しい感じの波になってきてしまいそう。

そして火曜日には千葉エリアにも北東うねりが反応してきそうです。

同じく北東の風が入りそうなので、北東の風をかわすポイントをチェックしておきましょう。

メジャーなポイントとしては、飯岡、片貝、御宿、鴨川、平砂浦などが北東の風をかわせるポイントとなります。

勝浦のリーフも気になるところですが…。

千葉エリアは南西うねりよりも一足先に北東うねりの反応が出てきそうな感じかなと思います。そこそこサイズアップしてきそうなので、上記の北東の風をかわすポイントからチェックしていくのがよいでしょう。

また千葉南エリアでは一足遅れて台風9号からの南西うねりも反応してくることに期待したいところ。

台風9号からの南西うねりの反応が良くなりそうならば、平砂浦では風も合いいい感じのコンディションになってくるはず。

石廊崎の波浪観測データで10秒以上の周期の波が観測されていて、鎌倉の由比ガ浜がサイズアップしてきていれば、南へ向かうのが良いでしょう。

個人的には、南西うねりがしっかりと反応してくることに期待したいです。

火曜の後半から水曜を狙いたいところです。

台風のうねりに備えてギアの点検をしておこう

台風9号からの南西うねりや北編する高気圧からの北東うねりによって、今週はサイズアップしてきそうです。

大きなサイズの波のコンディションに入る前に、今一度サーフ・ギアの点検をしておきましょう。

まずはリーシュコードです。

これは完全に消耗品となりますから、毎年の台風シーズン前には新しいものにしておくことをお勧めします。

どれにするのかはもう好みだと思いますが、やはり足に絡みにくいのがいいですよね。昔からあるリーシュコードはちょっと使っているとすぐに足にまとわりつく感じになってしまいますけど、最近は各メーカーから絡みにくいタイプのものがいろいろ出ているので、比較してもらえればいいかなと思いますが、FCSの商品だけ以下に掲載しておきます。

消耗品ですし板と自分を繋ぐ大事なコードなので、毎年買い替えるタイミングを作っておくのがいいと思います。例えば毎年の誕生日には必ずリーシュコードを買うと決めておくとか、7月の給料日には必ず買うとか、毎年海外へ行くタイミングで買うとか…

ボクもしばらく使ったリーシュコードが切れたというかジョイント部が外れたことが何度かあるので、やはり1年に1回のできれば台風シーズン前に買っておくと安心です。


これも忘れないでおきたいところですけど、リーシュコードとボードを繋ぐ紐。

まあこれはリーシュコードを購入するとついてくるので、これだけ購入しなくてもいいとは思いますけど、でもこの機会に紐の劣化状況をよーく見ておいたほうがよいかと思います。よほどのことがないと切れないとは思いますけど、ここも安全のためには必ずチェックしておきましょう。


あとはワックスも忘れずに準備しておきましょう。



そしてフィジカル的にも、海に入ってからいい動きができるような ”おまじない” をしておくとよいと思います。

ボクは海に入るときにはいつもこれをかじってるんですが、やはりこれ食べたときは、体が軽く感じられてパドルが楽に感じるんですよね。

海に入る30分くらい前に3つ食べてます。

プラシーボ効果なのかもしれませんけど、台風の波に乗る前には ”おまじない” もあったほうがよいのではないかと…思いますので、紹介しておきます。


ちょうどいま、アマゾンのタイムセールをやっているので、必要なアイテムを探してみるとお安く購入できるかもしれません。


昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置と波情報 : 2つのうねりの反応に注目午前3時の実況天気図 ASAS台風9号が昨日の夕方に発生しました。昨日ツイートも投稿したのですが、来週はこの台風9号からの南西うねりと、これからオホーツク海から張り出しを強めてきそうな[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは南から南東ベースの風が少し入ってきています。

千葉南

今朝も千葉北や湘南よりも波の反応がいい千葉南エリア。

鴨川マルキポイントは朝はほぼ無風ですが波は少しヨレが入った感じのブレイク。昨日と同じくらいのセットは腰腹~たまに胸くらいあって今日も朝から十分遊べるコンディション。

干潮時刻付近ではちょっと力がないブレイクになってきましたけど、たまに入ってくるセットはまだまだ乗れる波で、インサイドまで乗れる波も全然あります。でも、混んでますね・・・

白渚も安定したブレイクでこちらも腰腹~胸くらいで今日もいい感じのファンウェイブが入っているようです。

ここ最近はずっと白渚が安定的にいい波入ってきているので、平日の朝でも駐車場は満車のことが多く、海の中も激混みな時間帯もあるようです。

千葉北

千葉南よりかはワンサイズ小さい状態が続いている千葉北エリア。

それでも一宮周辺では腰腹サイズはありオンショアが入ってきてますけど、遊べる波はあるようです。

九十九里エリアも風が気になりますけど、ポイント選べば遊べるだけの波はありそうですね。

湘南

物足りないサイズが続いてますけど、鵠沼は相変わらずの賑わいを見せているようです。

ロングや厚めの板なら少しできそうですけど、1つの波に何十人も一斉テイクオフしているのではないかと思われますので、接触事故やインサイドの海水浴客などに十分注意が必要です。

 

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 強いうねりに備えよう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけて台風9号は北緯20度線を越えてきて勢力を強めながら北上を続ける見込み。

まだ今日は当然うねりは入りませんけど、千葉エリアでは午後も引き続き遊べるサイズはありそうです。

午後は潮が多くなるので割れにくくなるポイントもありますが、白渚では多少潮が多くても十分遊べるコンディションは続くでしょう。

週明けの風と波

予想気圧配置48時間

明日の夜には台風9号は非常に強い勢力となって北上を続けます。

西日本の南向きポイントでは反応が出てくるかもしれません。屋久島の波浪観測データをちょくちょくチェックする一日となりそうです。

今日と明日で台風のうねりに備えをしておきましょう。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

8/30 3:00 ASAS台風15号は北北西に18ktで進んでおり中心の気圧は980hPaだが風速15メートル以上の強風域が大きく大型の台風となっている。このまま北上を続けて千葉茨城をかすめながらも更に北上していく予報。JTWCは気象[…]

IMG

8/30 3:00 ASAS 気圧配置と波情報東北地方には秋雨前線がかかり昨日よりやや北上して停滞、この前線の北と南では陽気ががらりと変わる。前線の南には高気圧があり中心は昨日よりやや東へ移動している。FSAS24カムチ[…]

気圧配置&天気と波情報 : 今日も南西の風が吹き続く午前3時の実況天気図 ASAS秋雨前線が停滞する同じような気圧配置が続きます。今朝も本州上には秋雨前線があり、南の海上に中心のある高気圧から前線に向けて暖かく湿った空気が[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/08/30
日の出:05:10 / 日の入:18:09
若潮
満潮:01:26(131cm) / 16:02(137cm)
干潮:08:51(28cm) / 21:16(95cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/08/30
日の出:05:13 / 日の入:18:12
若潮
満潮:01:35(127cm) / 16:21(137cm)
干潮:09:10(25cm) / 21:32(94cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/08/30
日の出:05:22 / 日の入:18:20
若潮
満潮:02:53(153cm) / 16:55(171cm)
干潮:09:55(41cm) / 22:31(103cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/08/30
日の出:05:31 / 日の入:18:28
若潮
満潮:03:42(162cm) / 17:34(183cm)
干潮:10:42(45cm) / 23:07(117cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/08/30
日の出:05:48 / 日の入:18:41
若潮
満潮:03:33(174cm) / 17:19(188cm)
干潮:10:27(43cm) / 22:56(105cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/08/30
日の出:05:03 / 日の入:18:09
若潮
満潮:15:23(139cm) / 00:00(cm)
干潮:08:00(38cm) / 20:02(113cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

あわせて読みたい

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き
あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ5回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

サーフギア
最新情報をチェックしよう!