週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

小春日和なサーフィン日和、千葉のあさイチは東うねりサイズアップしたいい波!【2020.11.14】

おはようございます。はるべえです。
11月14日の気圧配置と風と波の状況を本日も更新していきます。

昨日の午後あたりから東うねりの反応が良くなって、千葉エリアの今日の朝一はサイズアップした波が入ってきてます!

朝一は各地で北西からのオフショアで面も整っているところが多いようで、いい感じの週末土曜日ですね。

今日はこの後どんな感じかも含めて見ていきましょう。

※このブログでは毎日の地上天気図とアメダスなどのデータをざっくり見て、主に千葉と湘南エリアの風と波の状況とサーフポイント毎のコンディションについて毎日更新しています。2016年から約4年分の毎日の天気図と波情報を掲載しています。

東うねりのいい波;今日の気圧配置と波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

日本付近は西から高気圧に覆われてきており、北日本の天気も回復してきています。

今日は全国的に晴れとなり昨日よりも気温があがるところが多くなりそう。

東京や千葉の予想最高気温は20度くらいで、つい先日までの寒さから一転、小春日和な暖かさの週末となりそうです。

ちなみにですけど、
この「小春日和」という言葉は春先に使われる方が多いのですが、、、それは実は間違いで、この時期に暖かい日になったときに使うのが正しい使い方です。

今朝も朝一は北西からのオフショア。
冬になると朝一の風は千葉北より千葉南エリアの方が北西の風が強く吹くときが多くなります。

今朝もそんな感じで、鴨川から南のポイントはかなり強い北西の風、でも部原まで北上すると風はそんなに吹いてないことが多いんですよね。

そして東海上を遠ざかっていった高気圧からの東ベースのうねりですが、予想通り昨日の午後から反応が良くなってきて今朝は各地で十分遊べるサイズの波が入ってきています。

高気圧が遠ざかるときは東から南東うねりになることが多く、高気圧の南側で作られたうねりが西日本の東向きのポイントから反応してきます。

九州は宮崎や四国の中村や生見などから伊勢国府の浜などが反応してきて、その後伊良湖から御前崎あたりまで反応してくる流れが多く、千葉エリアのサイズアップはその後に反応してくるパターンが多いです。

南東うねりになってくるので、湘南も少し反応してくるときが多いです。そんなに顕著なサイズアップはしないですけど、ショートでも遊べるサイズの波は反応してくることもあるので、高気圧が東海上を遠ざかっていったときは要チェックですね。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

おはようございます。はるべえです。11月13日の気圧配置と風と波の状況を本日も更新していきます。昨日の千葉南部は朝からどんより雲で昼くらいから青空でてくるかと思いきや、結局晴れてきたのは15時くらいからとなり、日照時間が短かった[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北西の風。
先程も書いたとおり千葉南部では北西の風がかなり強めに吹いており、オフショアとなるポイントが多いながらも、波のトップからもの凄い量のしぶきが舞い上がります。

千葉南エリア

今朝の鴨川マルキポイントは北西からの強い風。オフショアで面はクリーンなんですけど、、、風が強すぎな感じのコンディション。
波のサイズはセットで胸肩くらいはあるでしょうか。ちょっとオフショア強すぎて乗りづらい波になってますけど、十分遊べる波は入ってきています。

もう少し経つと風はおさまってくる傾向にあり北東の風もかわすポイントなので、風が少し弱くなってから入っても良さそう。

昼前の潮が上げるミドルタイドの時間帯くらいが風もおさまってきてコンディションは良くなってきそうですね

マルキが極強いオフショアが吹いている朝一のときは、御宿や部原まで北上すると風は弱
い時が多いです。

今日はまだそんなに寒くないですが、真冬の朝一でこんだけ強い風が吹いていると、海に入るの萎えてしまう時もあるので、そんなときは少し北上してみるといいかもしれません。

今朝も部原ではセットで胸くらいのサイズの波が入っているようで、こちらも十分遊べるコンディションだと思います。

千葉北エリア

今朝はいい感じのコンディションからのスタート。
千葉南のポイントよりも風は弱く、北西ベースのオフショアの風。
一宮周辺では胸肩サイズの波がコンスタントに入ってきていて、今朝は十分遊べるいい波が入ってきています!
片貝から飯岡までの九十九里エリアでも多くのポイントで出来るコンディション、風も弱く朝一は十分いい感じな波です

湘南エリア

高気圧からの南東うねりが弱く反応していますが、鵠沼ではセットで腿腰くらいの波が入ってきていて、ショートでも遊べるサイズにはなっているようですね。

東ベースのうねりなので、吉浜までいけばワンサイズ大きめの波が反応しているでしょう。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波:

今夜9時の予想天気図 FSAS24

高気圧の中心が日本海にまで東へと進んできます。

この高気圧の東進と気温の上昇により、これからの時間帯は北東の風が吹きやすくなってきそうです。

東うねりは同じくらいのサイズ感で続きそうですが、午後にかけてはこの風の影響が少しでてきそうです。

午後に海に入るなら北東の風を軽減する片貝周辺や鴨川マルキなどが無難なエリアとなってくるでしょう。

千葉南エリアの強いオフショアもおさまってきそうです。

飯岡や御宿などの北東かわすポイントでも少しできるくらいのサイズは出てきているので、2R目にまったりサーフィンしたいなら、これら少しサイズが抑えられるポイントで入ってもいいかもですね。

ただそこそこサイズがあるのと風がそこまでジャンクになるような風にならなければ、一宮周辺でも中級者以上の方ではまだまだ遊べる波が続くかもしれません。

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日は高気圧の中心がさらに東へと移動して東海上にまで移動していきます。

東うねりは続きそうで、明日の朝一も北西〜北の風ベースで吹きそうなので、明日も朝一狙いで海に向かうのが無難によいでしょう。

今日の午後と同じくらいのサイズはあるんじゃないかと思います。

今日の朝一の千葉南部はかなり強いオフショアが吹いてましたけど、明日は今日ほどは強くは吹かなそう。

また午後は高気圧の東進に伴い、次第に東から南東の風にシフトして夕方には南よりの風にまでシフトしてきそうです。

明日の午後は風向きが上記のとおりにシフトしてきそうですが、そんなに風は強くはないんじゃないかと思います。

明日もよく晴れてそこそこ遊べる波もあって、朝一から十分楽しめそうですね。

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/11/14
日の出:06:12 / 日の入:16:34
中潮
満潮:03:43(151cm) / 15:19(157cm)
干潮:09:29(61cm) / 21:57(13cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/11/14
日の出:06:16 / 日の入:16:36
中潮
満潮:04:05(151cm) / 15:47(153cm)
干潮:09:57(54cm) / 22:22(13cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/11/14
日の出:06:24 / 日の入:16:47
中潮
満潮:04:45(180cm) / 16:33(182cm)
干潮:10:39(56cm) / 23:00(11cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/11/14
日の出:06:31 / 日の入:16:56
中潮
満潮:05:23(192cm) / 17:18(195cm)
干潮:11:19(61cm) / 23:44(12cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/11/14
日の出:06:41 / 日の入:17:15
中潮
満潮:05:14(200cm) / 17:05(204cm)
干潮:11:08(53cm) / 23:31(6cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/11/14
日の出:06:16 / 日の入:16:24
中潮
満潮:02:59(142cm) / 14:23(152cm)
干潮:08:32(68cm) / 21:09(16cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります

昨年、一昨年、その前の年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?

記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、振り返りの参考にしてもらえればと思います。

OnThisDay-2016.11.13

11/14 3:00東海上に東進する低気圧や高気圧からの吹き出しによる東ベースのウネリが続いているここ最近の千葉はこのウネリの反応によりサイズがある状態が続いている少しサイズは落ち着いてきており、今朝は九十九里や一宮、鴨川から和田まで[…]

IMG
OnThisDay-2017.11.14

11/14 3:00 ASAS移動性の高気圧は中心を東の海上に移し、日本付近は高気圧後面から気圧の谷へ。日本海の北部には低気圧があり東進中。この低気圧に向けて南よりの風が強く吹いたがこの時間は風は落ち着いてきた模様。これから寒冷前線が[…]

IMG
OnThisDay-2018.11.14

11/14 3:00 地上天気図と波の概況東から南の海上にある連なった低気圧は東へ移動し、代わって西から高気圧が東進してきます。低気圧やはるか東の海上にある高気圧からの東ベースのうねりに加えて北東の風波が反応している状況です。[…]

OnThisDay-2019.11.14

気圧配置&天気と波情報 : 南西の風によりサイズアップ中午前3時の実況天気図 ASAS沿海州付近には発達中の低気圧があって、そこから南に山陰から九州北部をめがけて寒冷前線が伸びています。ここ数日お伝えしているとおり、この低[…]

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。
またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!

twitter:https://twitter.com/asasfsas24
Instagram:https://www.instagram.com/asasfsas24/
facebook:https://www.facebook.com/asasfsas24/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!