毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

JPSA特別戦の最終日、大潮回りで今日も鴨川マルキはいい波!【2020.10.16】

ライブ配信の選手インタビューにも注目したい

午前3時の実況天気図 ASAS

10月16日 週末金曜日の朝の気圧配置と風と波の状況です。

今週月曜日からはじまりました、コロナ後初のJPSAの大会となる さわかみチャレンジシリーズ鴨川 は早くも今日で最終日です。

本日はDay5ということで、ショートボードの男子女子それぞれ決勝まで行われる見込み。

一応明日17日土曜日が予備日として設定されてますけど、今日もコンテストやるには十分な波はありそうですし、このまま今日のうちにファイナルまでいくのではないかと思われます。

昨日もライブではチラ見くらいしかできなかったので、夜にまとめてざーっと見ましたけど、見ていてホントおもしろいですね。

昨日の午前中の潮がまだ引いている時間帯となった午前中のヒートは、東うねりに加えて北東からのうねりも加わった模様で、素晴らしいコンディションの中でのヒートが繰り広げられました。

岩場のほうから割れるレフトの波はセットでは十分なサイズで、面もまとまったきれいに割れるレフトの波がコンスタントに入ってきて、選手が次々に素晴らしいライディングを見せてくれましたね。

引いてる午前中の時間帯のヒートはかなりいい波だったのではないでしょうか。

それとライブ配信みていておもしろかったのは、1位通過の選手のインタビューですね。

今までとは違い直接インタビューという形式ではなく、実況席と繋いでのインタビューという形式でしたが、選手それぞれの人柄やキャラクターが見れたのがとてもよかったです。

試合の内容やその日の調子のことなどを聞くのは普通ですけど、実況をされているNICOさん(@2010nico)が、選手それぞれの少しプライベートな話題の質問をしたときの選手のリアクションというか、その時にみんな笑顔になるんですよね。

あんまりプロサーファーの人柄を見れる機会はないので、いい感じで各選手の魅力をNICOさんが引き出してくれたのではないかと思います。

あと印象に残ったのは、河谷佐助選手と小川直久選手のインタビュー

コロナ禍におけるサーファーへのイメージに関して、サーファーに対する理解や魅力を熱く語ってくれた河谷選手、選手としてだけではなくJPSA副理事長として今回の鴨川での開催に至るまでの経緯と想いを語ってくれた小川選手。

それぞれのサーフィンに対する熱い想いが語られていて、これ見て心動かされた方も多かったのではないでしょうか。

こんな選手それぞれの魅力も配信されて、よかったですね。

今日も波とライディングとあわせて、この選手へのインタビューにも注目したいと思います。

10/16(金)06:30-18:00 DAY5 ショートボード
https://abema.tv/channels/world-sports-1/slots/F2b1VHoHfktY23

JPSAホームページ
https://www.jpsa.com/
ABEMA
ABEMAの公式サイトはこちらから

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

今朝もレフトのいい波 各選手3発は当て込んでます午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。10月15日 木曜日の朝の気圧配置と風と波の状況です。鴨川マルキポイントで開催されているコロナ後初のJPSAの大会 さ[…]

潮回りと北東うねり

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北から北東の風。

朝に外にでたら今朝はかなりひんやりというか寒い感じで、北風もやや強めに入って冬が近づいてきたなぁーって感じがしました。

今朝は大陸から東へ張り出してきた高気圧が北日本を中心に覆っており、高気圧が関東地方よりも北に位置していることから、高気圧からの吹き出しによる北~北東の風が強めに吹いています。

アリューシャン方面に中心のある高気圧から南へ大きく垂れ下がる高気圧の南の縁辺でつくられる東うねりがベースで反応しており、これに加えて昨日からは東へ張り出してきた高気圧からつくられる北東の風波・うねりが反応続いています。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは昨日よりも朝一は潮が多めの状態からのスタート。

満潮時刻が昨日よりも少し遅くなったことから、日の出の午前6時ころの時間帯はまだ少し潮が多くてややボヨつき気味なところありましたけど、

7時くらいになって潮が引いてきて、またコンディションが良くなってきてます。

波のサイズは昨日と同じくらいはキープしてそうな感じ、昨日の朝のほうが少しサイズあったかなという感じですけど、

でもセットで胸肩~頭くらいの波も入ってきており北~北東のオフショアベースの風。

今日もこれから素晴らしいコンディションの中での各選手の見事なライディングが期待できそうです。今日もライブ配信から目が離せないです・・・

https://www.instagram.com/p/CGYsZXmDDTN/?utm_source=ig_web_copy_link

その他の千葉南エリアのポイントですが、

白渚はマルキよりも北東の風の影響が強くでていて、面はザワついてまとまりのないブレイク。

左から斜めに入ってくる東ベースのうねりはサイズは十分ありますが、ちょっと波はきれいに入ってくるといった感じではない波。

今日は金曜ですけど、海の中はガラガラです。マルキは入れませんし波はあるのでサイズのある波を楽しみたい方は白渚へ向かってもよいかもです。

白渚

 

和田浦は風の影響が強めに出ていて、こちらはコンディション的にはちょっと厳しい感じの波。

サイズはありますけど、風も強めで今後も厳しめの波が続いてしまいそう

千葉北

北~北東の風と東ベースのうねりが続いていることから、今日もポイントとしては片貝エリアが中心のコンディション。

昨日のSNSでも片貝新堤は頭サイズのグラッシーな素晴らしいブレイクだったとの情報がありましたが、今朝も北の風でセットは頭サイズの波が入ってきている模様。

今日もいい波が期待できそうですが、その分混雑もしそうなのでルール&マナーで楽しみたいところですね。

その他ポイントは一宮周辺などハードでクローズアウト。

片貝から飯岡までのポイントもハードなポイント多くなっているようで、ちょっと厳しいコンディション。飯岡までいけば強いうねりをかわして少し落ち着いてできるコンディションになっているのではないかと思います。

湘南

昨日の朝よりも少し南東ベースのうねりが反応している感じでしょうか、鵠沼でも腿腰くらいのセットが入ってきているようです。

南海上の熱帯低気圧からの南東うねりが少し反応してきている感じですかね

これから潮が引いてきて更に割れやすくなってくるので、今日はショートでも遊べるくらいのコンディションになる時間帯・ポイントがありそうです。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

北東〜南東うねりと北東の風をかわすポイントへ

今夜9時の予想天気図 FSAS24

大陸から日本海に中心のある高気圧~はるか東海上まで繋がる高気圧の帯に覆われていますが、

この高気圧の帯から南東海上の前線を伴った低気圧へと吹き込む北~北東の風が今日の後半も吹き続きそうです。

東ベースの波は後半も続き、昼前から大潮まわりのミドルタイドで少しサイズとブレイクする場所と波質にも変化がでてきそう。

鴨川マルキポイントはオフショアが続き、これからの昼頃の時間帯はまたいい感じのセットが入ってきそうです。

岩場の方からのレフトの波が割れてきて、選手もポジションは左よりでのライディングになってきそうですね。

ファイナルまで目が離せなくて、今日はもう仕事は無理そうだな、こりゃ。

その他ポイントとしても、北東の風をかわすポイントが中心のサーフィンが続きます。

千葉北だと片貝エリアが無難なポイントセレクトとなりそうです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日も同じようなパターンが続き、北偏する高気圧からの吹き出しが南海上に横たわる前線にむけての北東の風が続きます。

東ベースのうねりが続きます。明日もサイズは十分な反応がありそうなので、この北東の風をかわすポイントでのサーフィンです。

千葉南は鴨川マルキポイントは明日は入れると思います。

今日までの熱戦冷めやらぬ状況で、明日も朝から波は良さそうなので多くのサーファーが集まりそう。

会場の撤去などが明日までかかるんでしょうか、もしかしたらまた駐車場の最前列が停めれないかもしれなく、朝からすぐに満車になってしまいそうな感じがしますので、ご注意ください。

千葉北だとやはり片貝エリアが明日も無難なポイントセレクトとなりそうですね。

サイズは明日もそこそこ大きなサイズがありそうなので、ちょっと厳しそうという方は、飯岡や御宿などへ向かうのが良さそうです。

飯岡や御宿に行ってみたらちょっとサイズ小さいなと思ったら、それぞれ少し南下して椎名内や部原などを見てもよいでしょう。

今週は平日にいい波でのプロのサーフィンを見て、かなり海に行きたくなっているサーファーが多そうなのと、北東の風をかわすポイントに集中しそうなので混雑しそうです。

駐車する場所も踏まえ海の中でもルールとマナーでお互い気持ちよくサーフィン楽しみたいですね。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay-2016.10.15

10/16 3:00移動性高気圧の後面に差し掛かる朝一は北寄りの風がそれ程強まらずに吹いており昨日よりコンディション持ち直しているポイントが多くなっている全般的には腰腹から胸サイズで、引きにかけて割れやすくなり、千葉エリアは楽しめる日[…]

IMG
OnThisDay-2017.10.16

10/16 3:00 ASAS今朝も秋雨前線が南の海上に停滞、等圧線が横に走向し北日本を覆う高気圧から前線に向けて北東よりの風が強く吹いている。午前3時の解析で台風21号が発生した。このままゆっくり北上し沖縄の南の海上には次の土日あたり[…]

IMG
OnThisDay-2018.10.16

10/16 3:00 地上天気図と波の概況日本のはるか東の海上には低気圧があり、そこから台湾付近まで秋雨前線が横たわる。今朝の天気図では、その低気圧を小さな高気圧が東西南北の各方向から取り囲むというあまり見かけない気圧配置になっている。[…]

OnThisDay-2019.10.16

気圧配置&天気と波情報 : 今日も冷たい北東の風が続く午前3時の実況天気図 ASAS大陸から高気圧が連なり日本海に中心のある高気圧に広く覆われています。今日はこの高気圧により広い範囲で晴れになるのですが、関東だけは雲が多く[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/10/16
日の出:05:45 / 日の入:17:03
大潮
満潮:03:44(157cm) / 16:05(157cm)
干潮:09:57(36cm) / 22:17(33cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/10/16
日の出:05:49 / 日の入:17:05
大潮
満潮:04:06(155cm) / 16:29(155cm)
干潮:10:22(29cm) / 22:41(30cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/10/16
日の出:05:57 / 日の入:17:15
大潮
満潮:04:51(188cm) / 17:13(190cm)
干潮:11:03(35cm) / 23:22(33cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/10/16
日の出:06:05 / 日の入:17:24
大潮
満潮:05:33(203cm) / 17:55(207cm)
干潮:11:44(39cm) / 00:00(cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/10/16
日の出:06:18 / 日の入:17:41
大潮
満潮:05:22(212cm) / 17:43(214cm)
干潮:11:33(35cm) / 23:52(32cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/10/16
日の出:05:45 / 日の入:16:57
大潮
満潮:02:55(152cm) / 15:15(151cm)
干潮:09:07(44cm) / 21:28(41cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

地形と波のブレイク

波はどうして崩れるのか?前々回のこちらの記事にて波の発生から終わりまでについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181029/wave-509[…]

海底の地形と波アイキャッチ
海での怪我について

サーフィン中に怪我をするケース・パターンとはサーフィンを長いことやっていると1度や2度ではおさまらないくらい怪我をすることはよくあることです。サーフィン中に怪我をしてしまうケースはいろんなパターンがありますが、大きく分け[…]

安全にサーフィン画像
気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

波の要素と種類

前回こちらの記事にて波をつくるための風について記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181003/wave-4905/]今回からは風によって作[…]

沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!