週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

二十四節気「立冬」、2020年の冬のはじまりは南西の風で暖かい一日【2020.11.7】

11月7日の週末土曜日の気圧配置と風と波の状況です。

今日は二十四節気の「立冬」

暦の上では今日から立春の前日までが冬となります。

関連記事

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気[…]

季節の移り変わりを感じる

つい先日には木枯らし1号も発表されて寒い日が多くなってきた感じはしますが、、、今日は暖かい朝を迎えました。

ですが、季節は着実に進んでおり、これからジャージのフルからセミドライにウエットは変わり、ブーツを履く季節になっていきます。

今年も暖かくして、冬のサーフィンを楽しみたいですね

関連記事

冬もサーフィンを快適に楽しみたいサーフィンの魅力にハマってしまった人は、冬の冷たい海に入ってサーフィンします。冬は夏に比べると格段に人も少なくなり、混雑しない海でサーフィンができます。また千葉・湘南目線でいえば北西のオフ[…]

2020の立冬は南西の風が吹き続く:今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

日本付近を覆っていた高気圧は東海上へと抜けて、日本付近は高気圧の後面に位置しています。

高気圧の後面ということはその西側には気圧の谷(気圧が周囲よりも低いところ)が待ち受けている訳で、

今回も前線が九州から西日本へと進んできています。

今日はこの前線の影響により北海道と沖縄を除いて広い範囲で雲が多く雨が降りやすい一日。

ただ各地で南よりの風が入りやすく、気温は高めで寒くありません。

鹿児島では最高気温25度予想となっており、11月とは思えない暑さになりそう。

関東地方も22度~24度くらいになり、2020年の立冬は暖かい一日になりますね。

さてそんなわけで、高気圧の後面にある等圧線に沿って千葉と湘南エリアでは南西の風が朝から吹いています。

南向きのポイントでは面はざわつきヨレが入ってまとまりのない波。でもジャンクな感じにまではまだなってないです。

サイズアップにつながるまでの強い南西の風にはなっておらず、また東うねりも南西の風で抑えられてしまっており

土曜の朝一はどこもパッとしないコンディションからのスタート。

明日はこの前線が抜けて西高東低の気圧配置になる流れ、

今日の南西の風と東海沖の西うねりで明日の朝は湘南や平砂浦では少し期待できるかもしれません。

明日の天気図のところでもう少し詳しく記載します。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

おはようございます。11月6日の金曜日の気圧配置と風と波の状況です。今朝もいいお天気からのスタートですね。上空には薄い雲があるくらいでよく晴れています。少し雲が出てきましたけど。昨日は朝から北風が強かったですけど、今朝は穏やかな風か[…]

うねり弱い

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは各地で南西の風からのスタート。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは南西の風が吹いてますけど、そんなに強くは吹いてません。

面はザワついて海に向かって右奥から斜めに入ってくる南西の風波が少し反応しており、腿~腰くらいのセットが入ってきます。

朝一はまだ潮が少なかったものの、9時前にはだいぶ潮が上げてきてバックウォッシュも入るようになってきました。

ただそこまで荒れてないので、たまーに入ってくる大きめのセットの切れ目に上手く乗れれば少し走れる波、ただかなり待ちますね。

今朝は警察と消防が駐車場に来ていてしばらく人が集まっていたようなんですが、何かあったのでしょうか・・・

パトカーからの荷物?に関するアナウンスもあったりして、なんだか心配です。

大事に至らないようにと願うしかできませんが、大事に至りませんように。。。

南西の風なので千歳が東うねりの残りが反応して風も合う感じなのですが、朝一の数時間だけでしたね。

もう潮が上げてきてしまいかなり割れにくいコンディションとなってきてしまいました。

今日は午後はほとんど潮が動かないので、朝一を逃してしまったのであれば、多少面はよくないですけど南西の風波に反応する南向きのポイントで少しでもサイズのあるところで入ったほうが良さそうです。

マルキや白渚、平砂浦あたりでしょうか。物足りないサイズで良くないですけど、少しはできると思います。

千葉北

千葉北も東~南東うねりが弱い状態が続いており、南西の風をかわすところが無難ではありますけど、

千葉南よりも南西の風は弱くなっているようです。

東うねりが少し残っている一宮周辺が周辺に比べては無難な感じでしょうか。ただかなり物足りない波となってそうです。

かといって南向きの飯岡ではサイズアップしておらず、今日は悩ましいポイントセレクトですね。

湘南

湘南はオフショアが吹いていますが、もう間もなく南西の風が入ってくる見込み。

まだ南西の風波の反応はなさそうでスモールコンディションからのスタートとなりました。

今日はとりあえずステイしておいて、明日の午前中に入ったほうが良いかも・・・。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

明日は南西~西うねりの反応を要チェック

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、南海上を前線が東へと進みます。

明日の夜明けくらいまで南西~西の風が続きそうです。

今日の午後は千葉・湘南エリアともに南西の風が強めに吹いてきて、南向きのポイントでは更に面が荒れてきそう。

ただ風波はもう少しアップしてくるかもしれないので、午後に入るならオンショアだと割り切ってもサイズがあるポイントで入ったほうが遊べるんじゃないかと思います。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は、前線が東海上へと抜けて日本付近は西高東低の気圧配置へと移行していきます。

今夜あたりから、日本海の若狭湾から琵琶湖と関ケ原を通って伊勢湾から東海沖へと抜ける風の流れが強くなってきそうです。

Video by Windy.com

明日にかけてはこの風の流れと西うねりの反応を要チェックですね。

ただこの東海沖の風が強まってくるのは日付が変わった頃からになりそうなので、明日の朝一はまだ西うねりの反応はイマイチかもしれません。

後半のほうが西うねりの反応が良くなってきそうなので、サイズを求めるなら明日の後半に藤沢~鎌倉エリア、もしくは平砂浦を狙ってみると

いい感じの波をあてられるかもしれません。

御前崎のアメダス風向風速のデータと石廊崎の波浪観測データをちょくちょくチェックしておくと良いでしょう。

上記のデータ見て反応よさそうなら海へ向かうでもいいかもしれません

石廊崎の波浪観測データ

 

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/11/07
日の出:06:06 / 日の入:16:39
中潮
満潮:09:22(124cm) / 18:54(130cm)
干潮:01:53(32cm) / 13:45(107cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/11/07
日の出:06:09 / 日の入:16:42
中潮
満潮:09:59(126cm) / 18:59(129cm)
干潮:02:18(24cm) / 14:18(111cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/11/07
日の出:06:17 / 日の入:16:52
中潮
満潮:10:07(145cm) / 20:14(138cm)
干潮:02:54(41cm) / 15:17(113cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/11/07
日の出:06:24 / 日の入:17:01
中潮
満潮:11:06(154cm) / 20:29(145cm)
干潮:03:52(48cm) / 16:10(130cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/11/07
日の出:06:35 / 日の入:17:19
中潮
満潮:10:35(159cm) / 21:02(153cm)
干潮:03:30(46cm) / 15:50(120cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/11/07
日の出:06:08 / 日の入:16:30
中潮
満潮:08:44(118cm) / 17:54(133cm)
干潮:01:09(28cm) / 12:33(108cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

昨年、一昨年、その前の年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?

記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、振り返りの参考にしてもらえればと思います。

OnThisDay-2016.11.06

11/7 3:00千葉エリアではほぼ全域で北東ベースの風が朝一から強めに吹いているこの風によりコンディションを落としているポイントが多く、風をかわす鴨川マルキなどが無難なポイントになりそうだ東海上の高気圧などからの元から続いていたウネ[…]

IMG
OnThisDay-2017.11.07

11/7 3:00 ASAS昨日に引き続き高気圧にすっぽり覆われて今朝も晴れのスタート。2日分の高気圧は東へ移動し明日は気圧の谷へ。ただし関東目線では天気の大きな崩れはなさそう。大陸と朝鮮半島に前線を伴った低気圧が発生し日本海を東進してい[…]

IMG
OnThisDay-2018.11.07

11/7 3:00 地上天気図と波の概況西から高気圧の前面に覆われてきており関東地方は天気は回復、高気圧縁辺で吹く北から北東の風が強めに入る立冬の朝となりました。はるか東の海上にある高気圧からの東うねりが昨日よりもやや反応良くなってきて[…]

OnThisDay-2019.11.07

気圧配置&天気と波情報 : 秋晴れのサーフィン日和午前3時の実況天気図 ASAS今朝の関東地方も良く晴れており秋晴れが続いています。今週はずっと秋晴れが続き、さわやかな秋の陽気となってますが、北日本は早くも雪の季節に突入し[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

波のコンディション

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181029/wave-5097/]今[…]

沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!