週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

西うねりの反応をチェックするときに見ておきたいデータを紹介します【2020.11.9】

おはようございます。はるべえです。

11月9日の週明け月曜日の気圧配置と風と波の状況を本日も更新していきます。

昨日の湘南エリアには南西の風波→西うねりが一日反応していて、腰腹サイズで十分遊べる波が入っていましたね。

千葉南エリアにもポイントによっては遊べる波が入っていて風もそれほど吹かず、サーフィン楽しめた日曜日となったようです。

週明けの月曜の今朝ですが、千葉南エリアでは強い北よりの風が吹いていて寒いです。

湘南と平砂浦に西うねりが反応して朝から遊べる波があるかなと、昨日の朝の記事には書いたのですが・・・

どんな感じか見ていきましょう

※このブログでは毎日の地上天気図とアメダスなどのデータをざっくり見て、主に千葉と湘南エリアの風と波の状況とサーフポイント毎のコンディションについて毎日更新しています。2016年から約4年分の毎日の天気図と波情報を掲載しています。

今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

オホーツク海から千島近海までは低気圧が縦に並び、またシベリアには1036hPaの勢力の強い高気圧がほとんど停滞しています。

日本列島には北海道から九州までに6本の等圧線がかかり、西高東低の冬型の気圧配置です。

先週末の土日は過ごしやすい気温で推移して寒さは感じなかったのですが、今朝の鴨川~南房総は北の風が強く冷たく感じる朝。

太平洋側は広い範囲で晴れるものの、今日は北風の冷たく感じる一日となりそうです。

そして今週は最低気温が一桁となる日が続き、真冬並みの気温で推移しそうな1週間。

厚手の冬物が必要になってくるくらいな気温となりそうで、まだ体が寒さに慣れてない時期ですから体調崩されないようご注意ください。

今日の千葉エリアは午前中は北よりの冷たい風が吹き、午後は東よりの風にシフトしてきそう。湘南エリアも大体同じような傾向になると思います。

昨日は南西の風波の残りからスタートして、後半からは西うねりも反応してきていたようです。

南西~西うねりに反応しやすい、湘南エリアや平砂浦、千葉南エリアではアベレージサーファーには程よい腰腹サイズの波で、夕方まで十分遊べる波が入ってきていたようですが、

今朝は少し西うねりが抑えられながらも、藤沢~鎌倉エリアではセットで腰腹サイズの遊べる波が入ってきているようですね!

こちらは鵠沼の波の状況みるときにいつも拝見させてもらっている サーフ飯さん(@seaglass134) さんの投稿です。

遊べそうな波が入ってきてますね!

https://twitter.com/seaglass134/status/1325578157814996992?s=20

冬型の気圧配置になったときには、若狭湾から入って琵琶湖・関ケ原を通り伊勢湾あたりを抜けて東海沖へ吹く流れがつくられます。

この東海沖で吹く風により西うねりが発達し、その波が湘南や平砂浦などに反応してきます。

これからのシーズンでは、西高東低の気圧配置になったら、御前崎の風向風速を要チェック。

こちら私がいつも見ているサイト 海上保安庁の海の安全情報 です
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/micsgis/sp/map.html#

御前崎の状況を見てみると、昨日から平均して10m/sくらいの西風が吹いており、東海沖で西うねりが発達していると想定できます。

ただ今朝はもう少しワンサイズくらい反応いいかなと思ったのですが、上記のとおり腿腰~腹くらいでした。

この御前崎の風向風速を見るのと同時に、東京湾~相模湾沖に反対の風が強く吹いていないかもチェックが必要です。

海の安全情報のサイトからチェックしておいたほうがいいのが、以下の3つの風向と風速ですね。

  • 三浦半島の先端にある剱崎灯台
  • 房総半島の南端にある洲崎灯台
  • 伊豆大島の伊豆大島灯台

この3つの灯台の風向風速が北東~東の風で風速10m/s程度のデータが続いていたときには、西うねりの反応が鈍くなる傾向にあります。

こちら伊豆大島灯台の今朝の風向風速データです。
海の安全情報より引用させていただきます(https://www6.kaiho.mlit.go.jp/03kanku/shimoda/izuoshima_lt/kisyou/index.html

こちらを見ると昨日の22時くらいまでは西の風が吹いていたんですけど、23時くらいから北東~東の風にシフトしてきているのがわかります。

風速も平均して8~9m/sくらいで吹いていますね。

伊豆大島灯台の風向風速

東海沖で作られた西うねりなんですけど、東京湾~相模湾沖にかけて東よりの風が入ってしまうと、

西うねりは反対からの強い東風により抑えられてしまう傾向となります。

なので今朝は少し反応が鈍かったのではないかとの個人的な見解です。

西うねりがいい感じで反応するかどうかは、こんなデータを見ておくと反応よさそうかどうか想定つきますね。

  • 御前崎の風向風速
  • 3つの灯台の風向風速
  • 石廊崎の波浪観測データ

これからのシーズンではこんなケースがちょくちょく出てきますので、いい波あてるためにチェックしてみてもらえればと思います。

いつもこのブログでは、あんまり難しいデータを見ることなく、簡単に誰でも見れるデータを見て、ざっくり波の想定をつけれるくらいな感じで記事を書いてます。

専門的なデータを見ればみるほど予想があたるのかどうかわかりませんが・・・、海に行く前にそんなよーく見ている時間ないですから、

気象庁や海上保安庁などの誰でも見れるデータをざっくり見て想定できればいいかなと思っています

 

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

11月8日の日曜日の気圧配置と風と波の状況です。昨日は南西の風が吹いて気温も高くなり、薄着でもいいくらいな感じでした。今朝もまだ暖かい空気は残っており、朝の気温は16度~17度くらいはあり寒さは感じないです。でもこの[…]

西うねりに期待

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは朝一は北の風が冷たかったですね・・・

西うねりのこと書いてたら時間なくなってしまいました、、、サクッと記載していきます。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは北の風が朝は強かったですが、9時くらいにはもう風はそんなに強くは吹いてませんでした。

昨日よりちょっとサイズダウンした感じですが、セットで腿腰~くらいの波は入ってきているようです。

これから潮が上げてきて割れにくい時間帯です。

白渚も腿腰~腹くらいな感じの波で、ちょっと力のなさそうな波でした。

太陽が照らす海の中にいるサーファーがとてもきれいな光景でした。

白渚

千葉北

南西から西うねりがベースになると千葉南よりも少し反応が鈍くなるのが千葉北エリア。

九十九里から一宮周辺までは膝腿~腰くらいの物足りないブレイクが中心のようです。

湘南

先ほども記載したとおりで昨日よりサイズ少しダウンしてのスタートな感じですが、それでも腰腹くらいで鵠沼ではいい感じのブレイク。

西うねりは続きそうで、相模湾沖の風がどうなるか次第なところはありますが、少し弱くなっているような気もするので、

サイズはキープしもう少し西うねりは反応良くなってくるかもですね。

今日も一日遊べるサイズの波は続きそうです。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今日いっぱいは西うねりが続きそう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

引き続き西高東低の気圧配置です。

東海沖の西風は続き西うねりも継続して反応してきそうな感じ。

東京湾~相模湾沖の風も少し収まって南東よりにシフトしてきそうな感じもあるので、

午後の方が西うねりの反応は少し良くなってきそうな感じもします。

ただ潮が多くなってくるのと東よりの風が沿岸部でも吹きやすくなってくるので、湘南では茅ケ崎~鎌倉エリアで午前中のうちに入っておいたほうが良さそうですね。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は西から高気圧が張り出してきて西高東低の気圧配置は緩んできます。

朝のうちはまだ東海沖からの西うねりの反応がありそうですが、午後には弱くなってきそうな感じでしょうか。

風は沿岸部でも朝は北東の風なので、明日も朝一から湘南や平砂浦では西うねりで遊べるサイズの波がありそうです。

ただ明日の朝も相模湾沖の風が北東~東の風がやや強めに吹く可能性もあり、今朝と同様で少し抑えられてしまっているかもなので、

今日よりもサイズアップはなさそうで、今朝と同じくらいの腿腰~腹くらいのサイズ感あればといったくらいで考えておきましょう。

千葉エリアは北東の風が吹き、東ベースのうねりは反応弱く物足りないコンディションとなってしまいそう。

まだ千葉南エリアのほうが西うねりに少し反応するポイントも多いので、鴨川~千倉までの間のどこかで遊べるくらいの波はありそうです。

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/11/09
日の出:06:07 / 日の入:16:37
小潮
満潮:12:21(126cm) / 22:01(111cm)
干潮:04:14(46cm) / 18:11(105cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/11/09
日の出:06:11 / 日の入:16:40
小潮
満潮:12:57(128cm) / 22:15(110cm)
干潮:04:41(36cm) / 18:50(104cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/11/09
日の出:06:19 / 日の入:16:50
小潮
満潮:13:02(145cm) / 00:00(cm)
干潮:05:20(56cm) / 19:21(106cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/11/09
日の出:06:26 / 日の入:16:59
小潮
満潮:14:13(157cm) / 00:00(cm)
干潮:06:17(62cm) / 20:50(118cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/11/09
日の出:06:37 / 日の入:17:18
小潮
満潮:13:28(160cm) / 00:00(cm)
干潮:05:57(60cm) / 19:36(113cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/11/09
日の出:06:10 / 日の入:16:28
小潮
満潮:11:53(120cm) / 20:02(113cm)
干潮:03:22(42cm) / 16:48(110cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

昨年、一昨年、その前の年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?

記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、振り返りの参考にしてもらえればと思います。

OnThisDay-2016.11.08

11/9 3:00T1623から変わった低気圧からのウネリが続いており千葉エリアでは北寄りの風が強めに吹きハードなコンディションになっているところもある。今後も北から北西の風ベースとなり強く吹きそうなので風の合うポイントではあおられなが[…]

IMG
OnThisDay-2017.11.09

11/9 3:00 ASAS昨日沿海州にあった低気圧は千島近海まで東進して発達中、大陸からは高気圧が張り出し日本付近は冬型の気圧配置に。ただ気圧系の移り変わりは早く西日本は高気圧に覆わてきている。関東目線では今日いっぱい冬型による北の風[…]

IMG
OnThisDay-2018.11.09

11/9 3:00 地上天気図と波の概況日本海には前線を伴った低気圧が東進してきておりこの朝の時間は寒冷前線の通過している北陸から近畿と四国にかけての縦のラインで雨となっています。特に四国では雷を伴って激しく降っている地域もあるようです[…]

OnThisDay-2019.11.09

気圧配置&天気と波情報 : 北東の風をかわすポイントへ午前3時の実況天気図 ASAS太平洋側を中心に良く晴れてお出かけ日和な土曜日です。ですが、千葉エリアはどんよりの曇り空。時々小雨が車のフロントガラスに落ちてきますが、ワ[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。今年2018年は例年よりもかなり水温は暖かく、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続いています。[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!