週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

西うねりの反応は午前中まで、明日から北東の風が続きます【2020.11.10】

おはようございます。はるべえです。

11月10日火曜日の気圧配置と風と波の状況を本日も更新していきます。

今日も太平洋側はいいお天気です。

西高東低の気圧配置は弱まり西からのうねりもサイズダウン傾向ですが、まだ今朝は遊べる波がありましたね。

それでは今後の波のコンディションについて見ていきましょう。

※このブログでは毎日の地上天気図とアメダスなどのデータをざっくり見て、主に千葉と湘南エリアの風と波の状況とサーフポイント毎のコンディションについて毎日更新しています。

2016年から約4年分の毎日の天気図と波情報を掲載しています。

今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

日本列島にかかる等圧線は今朝の時点では4本となり、昨日に比べてだいぶ等圧線の間隔も広くなってきました。

大局的に見れば西高東低の気圧配置が続いてますが、東海沖で吹く西風による西うねりが続きつつも昨日よりは弱くなってきている模様。

海上保安庁 海の安全情報
https://www6.kaiho.mlit.go.jp/micsgis/sp/map.html#zoom=8&lat=35.037672&lon=137.940654

ですが今朝も朝一は湘南や平砂浦では腿腰~腹くらいで遊べるサイズで続いています。

西~南西のうねりは千葉南エリアのほうが反応はよく、千葉北はワンサイズくらい小さめで東ウネリがベースな感じでしょうか。

今日は全般的には北寄りの風、午後には北東の風にややシフトしてくる見込みです。

南海上には台風が2つ発生中

一方で南海上には台風21号と22号が発生しており、仲良く西へと進んでいるところ。

日本付近への影響はなく西へと進んでいますけど、ここ最近はこのエリアで台風がよく発生して、同じようなコースでフィリピンを横断して南シナ海に抜けていってます。

台風22号は今朝の実況天気図では1000hPaとして解析されてましたが、明日夜の予想天気図では960hPaとなる予想が出ており、これからかなり発達しながらフィリピンへと向かう現時点での予想となっています

台風21号

台風21号

台風22号

台風22号

空模様タイムラプス映像

この日の空模様のタイムラプス映像です。

朝は少し波あって多少遊べた波。日中はいいお天気が続きました。

 

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

おはようございます。はるべえです。11月9日の週明け月曜日の気圧配置と風と波の状況を本日も更新していきます。昨日の湘南エリアには南西の風波→西うねりが一日反応していて、腰腹サイズで十分遊べる波が入っていましたね。千葉[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/
今朝の千葉エリアは北の風、それほど強くは吹いてませんでした。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは北からのオフショアの風で面は整った状態からのスタート。

波のサイズは腿腰~腹くらいでしょうか、朝チェックしたときには、まだ潮が少ない時間帯だったので、そこそこ波数もあってコンスタントにブレイクしていました。

今日も午前中の潮が上げるタイミングで入っておくのが無難で、午後は潮が多いまま日が暮れてしまいそうです。

ちょっとヨレが入ってますけど、遊べる波が十分入ってました。

白渚ポイントのほうが少しサイズはある感じで腰腹プラスくらいな波。

こちらも面は少しヨレてますけど、ピークがいくつもあって遊べる波が入ってきてましたね。

気持ちのいい朝一の海です。

千葉北

東ベースのうねりが弱めに反応しており、千葉南よりもワンサイズは小さめなコンディションが多くなっています。

一宮周辺でも物足りない腿腰くらいな波で、北寄りの風も入ってイマイチな感じとなってますね。

北東の風を軽減できる片貝エリアは更にサイズ小さめで、膝腿くらいなかなり物足りないコンディションとなっているようです。

湘南

朝一のSNSの情報を見ると腰たまーに腹くらいなセットが入ってきていたようなんですが、潮が上げてきて少しサイズも下がってきたような感じでしょうか。

東海沖の西風は北よりにだんだんシフトしてきていますので、今回の西ウネリの反応で遊べたのは今日の午前中くらいまででしたね。

次の冬型が強まるタイミングに期待しましょう~

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

北東の風が吹く時間帯が多くなりそう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、大陸から移動してきた高気圧にすっぽりと覆われるようになってきます。

こうなるともう西ウネリはサイズダウンしてしまう傾向となり、また高気圧の前面に位置してくることから北東ベースの風が吹きやすくなってきます。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は、高気圧に覆われて広く晴れのエリアがひろがりそうです。

明日は各地で最低気温が一桁台となってきそうで、寒い朝となりそう。

千葉エリアの朝一は北西からのオフショアの風が吹きやすく、次第に北~北東ベースの風へとシフトしていきそうな感じ。

高気圧前面に位置してきたときの風向きのパターンですね。

明日は西からの波はなくなり、東ベースの波がメインとなってきます。

サイズ的にはあまり期待はできなそうな感じながらも、朝一は北西からのオフショアの風となるポイントが多くなりそうなことから、少しでもサイズのあるポイントで朝一に入っておくのがいいんじゃないかと思います。

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/11/10
日の出:06:08 / 日の入:16:36
小潮
満潮:13:13(132cm) / 00:00(cm)
干潮:05:43(48cm) / 19:23(89cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/11/10
日の出:06:12 / 日の入:16:39
小潮
満潮:13:45(133cm) / 00:00(cm)
干潮:06:08(39cm) / 19:49(87cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/11/10
日の出:06:20 / 日の入:16:50
小潮
満潮:00:01(124cm) / 14:04(153cm)
干潮:06:51(56cm) / 20:23(89cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/11/10
日の出:06:27 / 日の入:16:59
小潮
満潮:00:54(129cm) / 15:01(165cm)
干潮:07:44(63cm) / 21:21(100cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/11/10
日の出:06:38 / 日の入:17:17
小潮
満潮:00:40(141cm) / 14:31(169cm)
干潮:07:25(60cm) / 20:44(94cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/11/10
日の出:06:11 / 日の入:16:27
小潮
満潮:12:37(125cm) / 23:06(110cm)
干潮:04:50(46cm) / 18:33(95cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

昨年、一昨年、その前の年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、振り返りの参考にしてもらえればと思います。

OnThisDay-2016.11.09

11/10 3:00元T1623からのウネリは昨日も1日を通して続き、今朝は若干サイズダウンしてきたもののしっかりとしたウネリが残っている東ウネリに反応するポイントでは肩頭からオーバーヘッドなコンディション、今朝も北西ベースの風だが昨日[…]

IMG
OnThisDay-2017.11.10

11/10 3:00 ASAS昨日関東地方にも強い北風をもたらした冬型の気圧配置は緩み、日本付近は高気圧に覆われてきた。だが高気圧の後ろには低気圧が控えていて今夜には日本海へ中心を移動させてくる。この低気圧は日本海で前線を伴い発達しながら[…]

IMG
OnThisDay-2019.11.10

気圧配置&天気と波情報 : 午前中が良さそう午前3時の実況天気図 ASAS今朝は簡易更新です。日本海にある高気圧に北から覆われるようになり、高気圧の吹き出しで関東地方は北東の風が朝からやや強めに入ってます。南東うねりは昨[…]

今日の記事は以上です。こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

防寒アイテム

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、今回もオニールの商品の紹介です。今回はサーフィン用のソックスです。今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、千葉南エリアではまだ[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!