週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

南西の風波+北風オフショアで遊べる日曜の朝、明朝は西うねりが期待できそう!【2020.11.8】

11月8日の日曜日の気圧配置と風と波の状況です。

昨日は南西の風が吹いて気温も高くなり、薄着でもいいくらいな感じでした。

今朝もまだ暖かい空気は残っており、朝の気温は16度~17度くらいはあり寒さは感じないです。

でもこの暖かさは今日まで。

週明けから気温は下がっていきそうで今週半ばくらいには最低気温が一桁の日が多くなりそう。。。

一気に寒くなってきそうで気温だけ見るともう冬の気温になってきますね。

朝一の海に入る前の着替えがしんどい時期になってきましたが、、、気温変化で体調崩さないようにして今週もサーフィン楽しみましょう。

南西の風波が残り遊べる朝一:今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

東海上の高気圧は更に東へとシフトし、昨日南海上にあった前線も東へと移動してきて、東海上には前線上に低気圧が解析されています。

日本列島には等圧線が縦に4本かかっている状態で、西高東低の気圧配置になりつつあるような状況。

今夜にはもう少し西高東低の気圧配置がはっきりとしてくる予想となっています。

昨日は東海上の高気圧のの縁辺をまわる風から前線の南側へと吹きこむ風にもなって、朝から南西の風が吹きました。

この南西の風により昨日の午後は湘南や平砂浦でも風波でサイズアップしてきており、今日はその風波が残って反応しています。

 

一昨日の記事に記載したように、

関連記事

おはようございます。11月6日の金曜日の気圧配置と風と波の状況です。今朝もいいお天気からのスタートですね。上空には薄い雲があるくらいでよく晴れています。少し雲が出てきましたけど。昨日は朝から北風が強かったですけど、今朝は穏やかな風か[…]

うねり弱い

土曜日に南西の風でサイズアップした波が、日曜朝には北からのオフショアとなって波はまとまってきており、

今朝は湘南と千葉南エリアを中心に遊べるポイントが多くなってきています

 

今日の午前中はこの南西からの風波の残りで遊べるポイントが多く、午後は東海沖からの西うねりの反応が出てくるかもしれません。

湘南や平砂浦ではまだ西うねりの反応はなく、南西の風波が中心に反応しているはずですが、

今日の後半には風波がサイズダウンしたころに少し西うねりが反応してくるかもしれませんね。

石廊崎の波浪観測データ

午後になると風向きが不安定になって、東よりの風が入ってくるかもしれませんが、

それほど強くは吹かなそう。

今日は前半は南西の風波+北からのオフショア、後半は西うねりの反応に期待って感じの日曜日となりそうです。

 

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

11月7日の週末土曜日の気圧配置と風と波の状況です。今日は二十四節気の「立冬」暦の上では今日から立春の前日までが冬となります。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas2[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北西~北のオフショアベースの風。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは昨日の南西の風によりサイズアップした風波がオフショアでまとまってきており、

十分遊べる腰腹~胸くらいのアベレージサーファーには程よいサイズのファンコンディション。

今日も朝一から昼にかけては潮が上げにむけて大きく動き、午後は潮はほとんど動かない状況が続きます。

潮が上げきる前に早めに入っておくのが良さそうです。

白渚も同じくらいのサイズ感で、波も昨日よりまとまってきており遊べるコンディション。

千歳は波がまとまっており、潮が引いている今のうちに入っておいたほうがよいでしょう。午後は潮が多くて割れにくくなってしまいます。

平砂浦は今朝はいい感じのコンディションですね、午後は西うねりに期待したいところです。

千葉北

南西からの風波ベースとなると千葉南エリアや湘南より反応が鈍くなるのが千葉北エリア。

千葉北は南西の風波によるサイズアップはあまりなく、東ベースのうねりからの反応がメインです。

九十九里から一宮周辺まで腿腰くらいで、ちょっと物足りない感じのコンディションとなっているようです。

湘南

昨日の午後から風波の反応が少しでてきており、今朝は南西の風波により腰腹くらいのサイズの波が残っています。

風は北からのオフショアで、南西からの波なので藤沢~鎌倉エリアのほうがサイズの反応はよく、鵠沼は朝から大混雑になっている模様。

この南西の風波はサイズダウンしてきそうですが、今日はその後の西うねりの反応がどんな感じで反応してくるか見どころかと思います。

西うねりの反応は少し遅くなってからかもしれないので、南西の風波でサイズ残っている午前中の早めの時間に入っておくのが良いでしょう。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

明日の朝一の西うねりは期待できそう!

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、オホーツク海から関東の東海上まで低気圧のLスタンプが縦にずらっと並んでいます。

日本列島にかかる等圧線も4本から5本になり等圧線の間隔も狭くなってくる予想気圧配置です。

朝から反応している南西の風波はサイズダウン傾向となりそうなので、今できているポイント近くにいるなら早めに入っておくのがよいでしょう。

 

そして後半は西うねりが反応してくる可能性があります。

朝7時の御前崎のアメダスを見ても8m/sの風速が観測されており、この風は明日まで続きそう。

西うねりの反応状況は要チェックです。

御前崎のアメダス

 

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日も西高東低の気圧配置が続き、東海沖で吹く西よりの風による西うねりが明日も続きそうです。

明日も午前中は北よりの風が吹きそうであり、西うねりに反応する湘南や平砂浦、また千葉南エリアのその他のポイントでも反応してくるところもありそうです。

明日の朝一はねらい目のタイミングとなるでしょう。

月曜日ですけど、今はもう在宅勤務の方が多くなってきていることから、明るくなってくる6時くらいから8時くらいまで入って、10時からリモートワーク開始でも十分楽しめる感じかと思います。平砂浦はちょっと遠いから厳しいですけど、湘南ならぜんぜんこんな朝一のサーフィンが楽しめそうです。

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/11/08
日の出:06:07 / 日の入:16:38
小潮
満潮:10:54(122cm) / 19:43(120cm)
干潮:02:53(40cm) / 15:20(111cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/11/08
日の出:06:10 / 日の入:16:41
小潮
満潮:11:36(125cm) / 19:49(119cm)
干潮:03:21(31cm) / 16:14(114cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/11/08
日の出:06:18 / 日の入:16:51
小潮
満潮:11:32(142cm) / 21:30(127cm)
干潮:03:55(50cm) / 17:07(116cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/11/08
日の出:06:25 / 日の入:17:00
小潮
満潮:12:42(152cm) / 21:10(133cm)
干潮:04:56(56cm) / 18:29(131cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/11/08
日の出:06:36 / 日の入:17:19
小潮
満潮:11:59(155cm) / 22:25(142cm)
干潮:04:33(55cm) / 17:35(123cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/11/08
日の出:06:09 / 日の入:16:29
小潮
満潮:10:24(116cm) / 18:31(124cm)
干潮:02:05(35cm) / 13:39(112cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

昨年、一昨年、その前の年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?

記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、振り返りの参考にしてもらえればと思います。

OnThisDay-2016.11.07

11/8 3:00T1623はdevelopng lowに降格し前線を伴いながら北東進している千葉エリアには元T1623からのウネリがはいりサイズアップ、朝のうちはまだ風も弱めのポイントが多く、ワイドに入りがちでブレイクはイマイチなとこ[…]

IMG
OnThisDay-2017.11.08

11/8 3:00 ASAS晴天をもたらしてくれた高気圧は東の海上へ中心を移し日本付近は気圧の谷へ。沿海州には低気圧があり前線を伴う、また九州付近にある前線にもこれから低気圧が発生し、沿海州の低気圧と共に東へ移動する見込み。今日はこの低[…]

IMG
OnThisDay-2018.11.08

11/8 3:00 地上天気図と波の概況移動性の高気圧は北海道付近まで中心を移動させ代わって東シナ海には前線を伴った低気圧が東進してきています。高気圧の南側では北東から東の風が吹いており、この北東ベースの風波が昨日から反応が良くなってい[…]

OnThisDay-2019.11.08

気圧配置&天気と波情報 : 午後からは北東の風にシフト午前3時の実況天気図 ASAS立冬の朝を迎えました。今朝も日本列島には等圧線が縦にはしり北から北西の風が吹いています。今日は終日北の風ベースの一日。昨日よりも気温[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

うねりの向きを知っていい波をあてる

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き
防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。今年2018年は例年よりもかなり水温は暖かく、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続いています。[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

波のコンディション

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181029/wave-5097/]今[…]

沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

西うねりに期待
最新情報をチェックしよう!