毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

大潮回りの干潮前後の時間帯に入るのが良さそう、午後は雷に要注意【2020.6.6】

気圧配置と波情報 : 広い範囲で大気の状態が不安定に

午前3時の実況天気図 ASAS

おはようございます。6月6日の土曜日 週末の朝をむかえました。

昨日の南房総は早朝は濃い霧に覆われており見通しがわるい状況からのスタートでしたが、日が昇るにつれて視界も良好となり、沿岸部でも一昨日のような濃霧にはなりませんでした。

また昨日は昼過ぎまで風は弱く面にも影響はでないくらいの弱い風。

大潮回りで千葉南エリアでは干潮前後2時間くらいはブレイクしやすくなり腰腹サイズくらいのセットも入ってきていて、そこそこ遊べる時間帯がありました。

夜は満月もきれいでしたね。

さて今日の気圧配置はといいますと、

梅雨前線は東シナ海から南西諸島を通って南海上を日本の東へとのびています。

この前線に向かっては南から暖かく湿った空気が大量に流れ込んでいる状況となり、昨夜には奄美地方で雷を伴った猛烈な雨を観測したとのこと。

南西諸島では明日にかけても大雨に警戒が必要で土砂災害や河川の氾濫にも要注意です。

今日は注意が必要なのは南西諸島だけでなく、北日本から西日本の広い範囲で午後は大気の状態が不安定となります。

サハリン付近には寒気を伴った寒冷渦があり、日中は30度近くまで気温が上昇する予想。これに加えて関東地方は東からの湿った空気が流入しやすいことから、午後は落雷や降雹などが発生する地点がありそうです。

今日の午後に海に入るときには、空の様子を少し気にしながら入るようにして、真っ黒な雲に覆われてきたり雷鳴が聞こえたりした場合は海から一旦上がるようにしておきましょう。

午後はオンショアが入りがちで潮も多い時間帯なので、無理して入るようなコンディションにはなっていないとは思います。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアはほぼ無風。

相変わらずの目立った波源がない気圧配置が続いています。

はるか東海上にある高気圧からの東から南東ベースのうねりが弱く反応しているのと、あとは前線の南からのうねりの反応が少しあるくらい。

今朝も全国的に物足りないサイズからの週末スタートです。

千葉エリアはアベレージで膝腿からセット腰くらいのサイズ感。

朝一は潮がまだ多く特に千葉南エリアでは割れにくい時間帯でしたので、これから干潮で大きく引いてくる11時前後くらいの時間帯のほうがコンディションはよくなってきそうです。

湘南も波の小さい状態が続いています。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 明日は北東の風をかわすポイントへ 

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけては紀伊半島沖合の梅雨前線に低気圧が予想されていて、低気圧が東進してきます。

風は昼前から次第に東から南東ベースの風が千葉エリアには入ってきそう。

先程も記載したとおり午後は大気の状態が不安定となりそうなので、午後に海に入るときは空の様子に十分ご注意ください。

潮は正午を過ぎると次第に潮位が高くなり夕方にかけて割れにくい状態となることもあるので、今日は物足りないコンディションかもしれませんが、昼前までに1R入っておくのがよさそうです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日は梅雨前線上の低気圧が南海上を通過して東へと移動し、日本海にある高気圧に覆われてきます。

高気圧が北偏する気圧配置ということは、関東地方は北東の風が入りやすいことが多く、明日も朝から北東の風が吹きそうです。

南海上を低気圧が通過することから、千葉沿岸部では朝まで雨がのこりそう。

前線の北側では東ベースのうねりがやや反応よくなる可能性あり、また後半は低気圧の南うねりの反応も混じって反応してくるかもしれません。

明日は終日北東から東北東の風が吹いて午後はやや強めに吹くエリアも出てきそうなので、この北東の風をかわすポイントが中心のサーフィンとなりそうです。

夕方はサイズアップしてくるかもしれませんので、風の影響のない南に開いたポイントや構造物で風を軽減できるポイントでは比較的できるコンディションになるかもしれません。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay(2017/06/06)

6/6 3:00 ASAS本州付近は移動性の高気圧に覆われる。アリューシャン付近まで移動した低気圧からの北東ウネリとはるか東の海上にある太平洋高気圧からのウネリが主に反応している状況。南の海上には長大な梅雨前線があり少しずつ北上してくる[…]

IMG
OnThisDay(2019/06/06)

気圧配置と波情報 : 全国的に晴れて気温も上昇、久々の真夏日になりそう午前3時の実況天気図 ASAS今日は二十四節気の芒種、稲や麦などの芒のある穀物を植える頃。梅雨前線は南の海上に停滞していますが、今日は低気圧に囲まれた高気圧に覆[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/06/06
日の出:04:24 / 日の入:18:50
大潮
満潮:03:40(149cm) / 17:51(141cm)
干潮:10:46(-8cm) / 22:55(86cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/06/06
日の出:04:27 / 日の入:18:54
大潮
満潮:04:00(156cm) / 18:08(153cm)
干潮:11:08(1cm) / 23:20(93cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/06/06
日の出:04:38 / 日の入:19:01
大潮
満潮:04:58(179cm) / 18:43(181cm)
干潮:11:49(2cm) / 00:00(cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/06/06
日の出:04:47 / 日の入:19:08
大潮
満潮:05:46(186cm) / 19:18(193cm)
干潮:00:07(93cm) / 12:34(0cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/06/06
日の出:05:08 / 日の入:19:17
大潮
満潮:05:37(194cm) / 19:11(196cm)
干潮:00:00(81cm) / 12:22(-5cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/06/06
日の出:04:12 / 日の入:18:56
大潮
満潮:02:36(157cm) / 17:06(141cm)
干潮:09:56(-2cm) / 21:51(99cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

あわせて読みたい

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!