週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

千葉の最高気温は25度の夏日予想、南西の風が入り9月並みの暖かさ【2020.11.19】

おはようございます。はるべえです。

11月19日の気圧配置と風と波の状況を本日も更新していきます。

いつもは朝5時半頃起きることが多いのですが、今朝は5時に起きて支度などいろいろしているところです。

なんで5時半に起きているのかといいますと、いつもこのブログに掲載している アジア太平洋地上天気図(略号ASAS) の最新版が気象庁のホームページに更新されるのが5時半くらいなんですよね。

アジア太平洋地上天気図(略号ASAS)
https://www.jma.go.jp/jp/g3/asia_c.html

いつも午前3時の天気図を掲載していますが、観測時刻の2時間30分後に発表されるので、それがちょうど起床の時間といった感じです。

日の出の時刻が早い季節で朝一の海に入るときはもっと早く起きますけど、基本的には5時半に起床しています。

だからなんなんだという感じですけど、、、ちょうど更新されたようですので、本日の気圧配置を見てみましょう。

※このブログでは毎日の地上天気図とアメダスなどのデータをざっくり見て、主に千葉と湘南エリアの風と波の状況とサーフポイント毎のコンディションについて毎日更新しています。2016年から約4年分の毎日の天気図と波情報を掲載しています。

9月並みの暖かさ:今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

昨日の記事でも記載しました東西に長い高気圧は中心を東へと更に移動させており、日本付近はこの高気圧の後面に位置してきています。

高気圧の後面に位置してきたということは、高気圧の後面の等圧線の流れにより日本付近には南寄りの風が入りやすくなってきます。

そして高気圧の後面ということはその西側には気圧の谷が控えていることが多く、今回も日本海から黄海にかけて前線がのびており低気圧も解析されているような気圧配置。

今日は高気圧の後面で吹く南~南西の風が前線や低気圧に向けて吹き込みます

各地で暖かい南の風が吹くことになり、今日は昨日よりも更に気温が上がってきそうです。

各地で最高気温が25度以上の夏日となる地点が多くなりそうで、東京や千葉も25度予想がでていますね、、、

昨日は10月並みの暖かさという表現をしましたが、今日は9月並みの暖かさです。

今日は日中に外を歩くのには半袖でもいいくらいの陽気、これくらい暖かいのは嬉しいことですけど、、、

でも自然は必ずバランスを取りにきますので、その後の反動がどこかでありそうですね・・・。

東海上の高気圧からの東~南東うねりが今日も千葉エリアは反応しており、昨日と同じくらいの強さで続いています。

今日は南西の風が次第に強まってきそうですので、風をかわすポイントでのサーフィンとなりそうです。

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

おはようございます。はるべえです。11月18日の気圧配置と風と波情報を本日も更新していきます。今朝も暖かい朝を迎えました。冬は外にでた瞬間から寒っ!て感じがしますけど、今朝も全然寒さを感じません。昨日も日中は20度を越える気[…]

東西に長い高気圧

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは不安定に弱い風ですけど南ベースの風が混じってきています。

今日は朝5時のアメダスを掲載しています。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントはほぼ無風。

今日も朝一の時間帯はちょうど満潮時刻と重なっており、潮が多くタプンタプンな感じ。

波のサイズはセットで腰腹くらいのサイズの波は入ってきており、風は吹いてないですけど波はボヨついておりまとまりのないブレイク。

たまに大きめのセットでいい感じ波も入ってくるんですけど、かなりレアな感じです。

今日は外の気温も暖かく海の中もまだまだ水は温い感じで、ジャージのフルで十分いけます。

もう少し潮が引いてきたほうがいいのですが、まもなく南西の風が入ってきそうなので、更にまとまりのないブレイクになってしまいそうです。

白渚ポイントも腰腹くらいのサイズ感でマルキと同じく風はないですけど、まとまりのない波ですね。

こちらもまもなく南西の風で更にコンディションを落としてきそうです。

今日は千歳や千倉で入るのが無難な感じで、これから潮が引いてくればもう少しできるようになりそうですね。

千葉北

南西の風が既に一部で吹きはじめているところもあるようです。

今日は終日一宮周辺が無難な感じで、東うねりには反応がよいので、腰腹~胸くらいの程よく遊べる感じのコンディションが続きそうですね。

湘南

湘南も南東ベースの波が弱めながらも反応が続いており、鵠沼では今朝も物足りないながらも遊べる波はあるようです。

厚めの板で波に合わせて海に入ると楽しさ広がりますね。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

明日は南西の風が更に強めに吹き続く

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては低気圧が発達しながら日本海を東へと進んでいきます。

東海上の高気圧の後面からこの低気圧へと吹き込む南西ベースの風が今夜にかけても吹き続きます。

朝は無風な千葉南エリアもこれから南西の風が吹きはじめ、午後にはそこそこ強めの風となってきそうです。

南向きのポイントではオンショアで荒れ気味なコンディションとなりながらも風波でサイズはアップ傾向に。

東向きのポイントは南西の風でうねりが少し抑えられますけど、東~南東うねりはそんなに簡単になくなる感じではなさそうなので、

今日は南西の風をかわすポイントで入るのがよいですね。

千葉南エリアでは潮が引いてる昼前後に入っておいたほうがよいでしょう。一宮周辺は終日遊べるコンディションとなりそうです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日の夜には低気圧が北海道を横断してオホーツク海へと抜けていくところ。

この低気圧から南西方向へ寒冷前線がのびており、明日夜9時には日本海沿岸あたりに位置することが予想されています。

明日の千葉と湘南エリアはまだこの低気圧の南側に位置していることから、南西の風が続き、今日よりも風は強まってきそうです。

天気も下り坂となって今晩あたりから雲が多くなり、明日は一日雲が多くところにより雨となるところもありそう。

東うねりは少し抑えられながらも続きそうなので、明日も南西の風をかわすポイントからのチェックですね。

今日は南向きのポイントでもオンショアで波はまとまりないながらもまだサーフィンできるくらいなコンディションが続くかもですが、

明日はオンショアが強くてジャンクな感じにもなってきそうです。

朝一から南西の風が吹きそうなので、朝一から一宮周辺や千歳・千倉、あとは茨城の鹿嶋などへ向かうのがよいでしょう。

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/11/19
日の出:06:17 / 日の入:16:31
中潮
満潮:07:59(138cm) / 18:00(151cm)
干潮:00:41(5cm) / 12:42(102cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/11/19
日の出:06:21 / 日の入:16:33
中潮
満潮:08:17(138cm) / 18:12(146cm)
干潮:01:05(5cm) / 13:08(100cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/11/19
日の出:06:28 / 日の入:16:44
中潮
満潮:08:50(165cm) / 19:20(160cm)
干潮:01:45(9cm) / 14:08(103cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/11/19
日の出:06:36 / 日の入:16:53
中潮
満潮:09:33(176cm) / 20:06(166cm)
干潮:02:37(9cm) / 14:50(117cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/11/19
日の出:06:46 / 日の入:17:12
中潮
満潮:09:19(180cm) / 20:06(176cm)
干潮:02:21(7cm) / 14:44(105cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/11/19
日の出:06:21 / 日の入:16:21
中潮
満潮:07:13(130cm) / 17:01(157cm)
干潮:11:36(103cm) / 00:00(cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

昨年、一昨年、その前の年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?

記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、振り返りの参考にしてもらえればと思います。

OnThisDay-2016.11.18

11/19 9:00日本付近は前線を伴った低気圧が通過中朝一は千葉エリアも風の影響が少なく北寄りの弱めの風でコンディション的にはまあまあのポイントが多かったが、低気圧の暖域にはいり風は南寄りにシフト、これから更にこの南ベースの風が強まり[…]

IMG
OnThisDay-2017.11.19

11/19 3:00 ASAS日本海と太平洋沿岸をそれぞれ東進した低気圧は東へ抜けた。南の海上を通過した低気圧は三陸沖で978hpaまで発達、日本付近は冬型の気圧配置となり朝から冷たい北風が各地で吹いている。午後には次第に冬型は緩んできて[…]

IMG
OnThisDay-2018.11.19

11/19 3:00 地上天気図と波の概況東シナ海から前線を伴った低気圧が東進しています。また関東の南にも小さな低気圧があり、これらは今夜には南の海上から東の海上へ抜けていく見込みです。東海上には高気圧があり東ベースの波がなんとか続いて[…]

OnThisDay-2019.11.19

気圧配置&天気と波情報 : 冬のいい波になるパターン午前3時の実況天気図 ASAS沿海州から樺太あたりで発達している低気圧から南へ伸びる寒冷前線、今日の朝一までには南海上へ抜けていってます。昨日も記載したとおり、この低気圧[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
うねりの向きを知っていい波をあてる

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き
沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

千葉は25度予想
最新情報をチェックしよう!