週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

東西に長~い高気圧からの東~南東うねり、週末まで波は続きそう⁈【2020.11.18】

おはようございます。はるべえです。

11月18日の気圧配置と風と波情報を本日も更新していきます。

今朝も暖かい朝を迎えました。

冬は外にでた瞬間から寒っ!て感じがしますけど、今朝も全然寒さを感じません。

昨日も日中は20度を越える気温まで上昇し、薄手の羽織るものさえあれば夜も全然平気な感じでした。

ちょうど1ヶ月前くらいの陽気ですね。

今日もこの暖かさが続きます。日中の最高気温は東京では21度予想。九州では25度予想のところがあり夏日になりそう。

ただ自然は必ずバランスを取りにきます。

この暖かさはその前の期間にかなり寒かった時期の反動なのか、それともこれから強い寒気が入ってくるのか・・・

そんな単純ではないですけど、「自然は必ずバランスを取りにくる」のだけは間違いないです。

※このブログでは毎日の地上天気図とアメダスなどのデータをざっくり見て、主に千葉と湘南エリアの風と波の状況とサーフポイント毎のコンディションについて毎日更新しています。2016年から約4年分の毎日の天気図と波情報を掲載しています。

今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

先週から日本付近は高気圧の帯に覆われており、高気圧が東海上へ過ぎさってもすぐに次の高気圧が張り出してきて、

みたいな感じとなって、天気の大きな崩れがなく青空が広がっています。

いいお天気で気温も上がり、ウエットスーツへの着替えも全然寒くない気温で、これくらいの暖かさならまだ千葉南エリアならジャージのフルで全然いけますね。

今日は高気圧の中心は東海上へと抜けていきましたけど、関東地方は中心に近い位置にあって今日も青空が広がりそうです。

ただ高気圧の後ろ半分に覆われてくるということは、風向きは次第に南東~南~南西へとシフトしていく傾向となり、

今日の千葉エリアはこれから日中は南よりの風が入ってきそうです。

ちょうど等圧線と等圧線の間の真ん中あたりに関東地方は位置していて、気圧傾度が小さいエリア→風が弱いエリアに位置してきそうな感じなので、それほど南の風は強くは吹かないんじゃないかと思います。

東海上へと離れていった高気圧は東西に長い高気圧で、ざっくり東西に3000㎞~4000㎞くらいはあるんじゃないかというくらいの横に長い高気圧。

その高気圧の南側では東寄りの風が2000kmくらいに渡って吹いているエリアがあり、そこで東うねりがつくられています。

もう少し高気圧の位置が北にあれば、これから週末にかけて東うねりの反応がもっと良くなりそうなのですが、これから週末にかけても千葉エリアにはこの高気圧からの東ベースのうねりが届くので、波は十分にある状態が続きそうです。

日本付近はこれから週末金曜~土曜前半あたりにかけて北日本を低気圧が通過していくようなステージへとなってきそうなので、風向きに合わせて行動する感じとなりそうですね。

こちらのページでKindle本を紹介していますのでご覧になってください
https://amzn.to/35BqIrQ

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

おはようございます。はるべえです。11月17日の気圧配置と風と波情報を本日も更新していきます。昨日も一日いいお天気が続きましたね。週末の土日から寒さは緩んできて、昨日も少し汗ばむくらいの陽気でした。高気圧が次々と日本[…]

腰腹くらいの波

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北西の風から西の風が吹いているところもあるようです。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは弱い北からの風ですが、ほとんど風は感じません。

今朝はちょうど満潮時刻と朝一のタイミングが重なってしまい、潮が多くて厚いブレイクからのスタート。

潮が多い時間帯は駐車場から海を見てやや右側にサーファーが集まり、その更に西側には釣り人がズラッと並ぶ感じのラインナップ。

波はセットで腰腹くらいはありそうでしょうか。インサイドの厚めのブレイクでなかなか割れない感じの波。

もう少し引いた時間帯のほうがいいですね。

白渚ポイントも北からの弱い風。

潮が多いながらも白渚のほうがブレイクはしやすい感じで、こちらはマルキよりもワンサイズ大きめのセットが入ってきています。

今日はそんなに風の影響はなさそうなんですけど、気にする方は千歳や千倉へ向かうのがよいでしょう。

千歳ポイントも東うねりには敏感に反応するので、セットで腰胸くらいのうねりは入ってきていますが、こちら潮が多く割れにくい時間帯。

潮が引いてきたら今日は風も合うので良くなってきそうです。

千葉北

今日はこれから南寄りの風が吹くので、一宮周辺がいい感じですね。

東うねりには一番敏感に反応するエリアなので、今日もセットで胸くらいのサイズの波がコンスタントに入ってきているようです。

午後にかけても風は合うエリアなので、今日はどの時間帯でも十分遊べる波がありそうです。

九十九里エリアも朝は北西からのオフショアなので、こちらも腰腹くらいで遊べる波がある模様。

午後は風の影響が少しでてきそうですけど、そんなに強くは吹かないかもなので、空いてる海に入りたいなら九十九里エリアで南寄りの風を少しでも軽減するようなポイントがいいかもですね。

作田の堤防脇とか良さそうですけど、入れるのかな?

湘南

高気圧からの東うねりというよりかは南東うねりが反応していて、サイズは千葉よりも小さいですけど、鵠沼では腿腰くらいのサイズの波が入っているようです。同じくらいのサイズは続きそうなので、潮が動くタイミングで入れば、ショートでも遊べる波が入ってきているかもですね。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

明日は低気圧へ吹き込む南西の風が強まる

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

別途更新します。

最近は朝の時間がなくなってしまって夕方から夜には更新していますので、それくらいの時間帯にもう一度ご覧いただければと・・・

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

こちらも別途更新します。。。

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/11/18
日の出:06:16 / 日の入:16:31
中潮
満潮:07:06(147cm) / 17:25(159cm)
干潮:12:03(96cm) / 00:00(cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/11/18
日の出:06:20 / 日の入:16:34
中潮
満潮:07:25(147cm) / 17:41(153cm)
干潮:00:22(-1cm) / 12:30(93cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/11/18
日の出:06:27 / 日の入:16:45
中潮
満潮:07:59(176cm) / 18:45(171cm)
干潮:01:02(0cm) / 13:24(95cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/11/18
日の出:06:35 / 日の入:16:53
中潮
満潮:08:39(188cm) / 19:34(179cm)
干潮:01:51(-2cm) / 14:05(106cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/11/18
日の出:06:45 / 日の入:17:13
中潮
満潮:08:28(192cm) / 19:27(189cm)
干潮:01:36(-4cm) / 13:58(95cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/11/18
日の出:06:20 / 日の入:16:21
中潮
満潮:06:21(138cm) / 16:25(163cm)
干潮:10:59(100cm) / 23:52(1cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

昨年、一昨年、その前の年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?

記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、振り返りの参考にしてもらえればと思います。

OnThisDay-2016.11.17

11/18 3:00日本付近は移動性高気圧に覆われている千葉エリアでは今朝も腰腹から胸程度の波がブレイク、朝は風はよわくまあ遊べるといったところ朝は潮が上げている時間帯のため、ブレイクしにくいところが多いが、引いてくれは少しよくなりそ[…]

IMG
OnThisDay-2017.11.18

11/18 3:00 ASAS本州は北海道の東と九州の南にそれぞれ中心を持つ低気圧に挟まれており、これから低気圧は急速に発達しながら東進していき強い冬型の気圧配置へ移行していく見込み。風は北海道の東の低気圧に吹き込む南西ベースと九州の南[…]

IMG
OnThisDay-2018.11.18

11/18 3:00 地上天気図と波の概況東海上にある高気圧は更に東へ移動、サハリン付近の低気圧と前線も合わせて東進し、西から高気圧に覆われてきています。はるか東海上の高気圧をメインとした東うねりの反応は続いており、うねりの反応[…]

OnThisDay-2019.11.18

気圧配置&天気と波情報 : 台風25号は熱帯低気圧へ降格午前3時の実況天気図 ASAS高気圧の中心は東の海上に抜けていき日本付近は高気圧の後面に位置してきます。昨日黄海にあった低気圧は、発達しながら日本海北部を東進していく[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

東西に長い高気圧
最新情報をチェックしよう!