北風と東うねりでいい波の日曜日!明日も朝一は風弱く遊べそう【2020.12.6】

おはようございます。はるべえです。

12月6日日曜日の天気図と波情報/波予想を更新していきます。

昨日の千葉エリアは午後になっても日差しはほとんどなく雲が多い空模様が続きました。

午後も一部では雨が降って気温も低かったので、傘を持つ手が寒かったですね

今朝は雲が多いながらも天気は回復。

日中の気温は昨日より5度くらい上がりそうで、だいぶ暖かく感じられそうですね。

千葉エリアは東うねりと北風が続いており、ポイント選べばいい波入って楽しめそうです。

そんな今朝の気圧配置を見てみましょう。

今日の天気図と波情報

‪午前3時‬の実況天気図 ASAS

昨日は関東の沖合と北陸から北日本を通過した低気圧がありました。

北日本を通過した低気圧は不明瞭となり、関東沖合を通過した低気圧はゆっくりと東へと進んでいます。

この低気圧が遠ざかっていったことにより雨のエリアからは外れていき、大陸からつながる高気圧の帯に覆われて天気は回復してきています。

低気圧は通過しましたが関東地方は低気圧の後面に位置しており、等圧線の流れと向きから今日も北よりの風が吹きやすい気圧配置です。

波は低気圧の奥にある高気圧の吹き出しから低気圧の北側で流れる東よりの風によって、千葉エリアには南東〜東うねりの反応が続いています。

今朝も千葉エリアは東うねりの反応がよいポイントでは、遊べるだけの十分なサイズがあり北風をかわせるポイントではいい波が入ってきています。

今日も朝一は潮が大きく動いたことにより、いい波の時間帯があったようですね。

午後はあんまり潮は動かず潮の多い状態が続くものの、午後からは千葉南部では風が弱くなる可能性もあり少し波がまとまってくるかもしれません。千葉北は北東の風が続いてしまうかも。

日曜ということで今日も多くのサーファーが楽しんでいますが、陸での駐車と海の中での前乗りなどは十分注意して、気持ちよく楽しみたいですね。

今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/06
日の出:06:33 / 日の入:16:26
中潮
満潮:09:05(128cm) / 19:02(128cm)
干潮:01:43(20cm) / 13:59(100cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/06
日の出:06:36 / 日の入:16:29
中潮
満潮:09:34(131cm) / 19:13(129cm)
干潮:02:10(14cm) / 14:27(104cm)

参考)昨日の気圧配置と風と波

昨日の天気図と波情報

おはようございます。はるべえです。12月5日土曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。今朝は関東の沖合に小さな低気圧があって東へと進んでいるのですが、その影響で太平洋側では関東地方だけ雨マーク。。。その[…]

十分遊べる波混雑

‪今朝の‬風と波の状況

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

‪今朝の‬千葉エリアは北よりの風
沿岸部ではやや強めに北風が吹いているところがあるようです。

今朝の千葉南エリアも北〜北西の風がやや強く吹いてのスタート。

雲が少し多めながらも今朝は晴れて気持ちのいい朝です。

東から南東うねりが今朝も程よいサイズで反応が続いています。

北の風をオフショアとする、鴨川マルキポイント和田白渚ポイントでは、今朝も朝一から十分いい波が入ってます。

セットで腹胸〜肩くらいの波も入ってきており面は整っていて十分ライドできる波。

マルキは今日は大会の規制があるのですが、こんな感じで大会も行われるようになってきて、一時はどうなってしまうかと思いましたけど、CTもはじまりますしコロナを意識しながらも大会が行われるようになってきて、なんだか嬉しいですね。

千葉北エリアも一宮周辺ではセットで胸肩サイズの波が入ってきておりサイズ的には十分な波。

昨日も北風が吹いていて今朝は北西のサイドオフなので、南西〜西をオフショアとする一宮周辺ではちょっと波はまとまりない状況が続いています。

今朝もクリーンな感じではないですが、サイズがあるのでそこそこ遊べる波はありそうです。

今日も午後は北〜北東の風となりそうなので、片貝エリアや飯岡までの九十九里エリアでは遊べる波がありそうです。

飯岡までいけば風はかわしますけど少しサイズも抑えられそうなので、少し南下した吉崎〜椎名内あたりのエリアが小ぶりながらも遊べる波でまったり楽しめそう。

湘南も鵠沼では南東うねりが反応しているようで、セットで腿腰くらいのブレイクがあるようです。

ショートはちょっと物足りないかもですけど、ロングや厚めの板では遊べる波がありそう。

波に合わせて板を変えると波乗りの楽しさが広がりますね。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

これからの気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけては東海上の低気圧は前線を伴いながらもさらに東へと移動し、西から大陸にある高気圧が張り出してきます。

夜には等圧線が描かれないエリアに関東地方は位置するようになり、風の弱いエリアに入ってきます。

午後は千葉南部から風が弱いエリアにはいってきそうですが千葉北部はまだ北〜北東の風が吹いているかもしれません。

千葉南エリアは、引き続き鴨川マルキや白渚を中心にいい波は続きそうですが、風が弱くなってくれば千歳や千倉でも波がすこしまとまってくるかもしれません。

午後になって風がなければ千歳などに向かうと白渚よりも混雑してない海でサーフィンできるかもしれませんね。

千葉北は北の風が夕方まで続いてしまうかもしれないので、片貝エリアから飯岡までのポイントで風の影響が少なめのポイントではいるのが良さそうです。

‪明日夜9時‬の予想天気図 FSAS48

今日の夜から明日の昼頃にかけては千葉エリアは北部も含めて風のよわいエリアに入ってきそうです。

朝一は北西からの弱い風が全域で吹きそうで、千葉エリアは多くのポイントでオフショアの弱い風が吹いて、まとまった波が期待できそうです。

今日の夕方の波のコンディションがいいポイントでは、明日の朝一も引き続きいい感じのコンディションが続くでしょう。

千葉南エリアでは鴨川〜和田・白渚エリア、千歳と千倉も明日の朝一から晴れてコンディション整って気持ちのいいサーフィンが楽しめそうです。

千葉北エリアも今日の夕方の一宮周辺のコンディションはまだまとまってないかもですが、明日の朝には少しまとまりのある波になってきていそうです。

朝一のチェックは一宮周辺から見ていくのが良いかもしれません。

片貝エリアから飯岡までの九十九里エリアも風の影響は弱そうですが、少し物足りないサイズになっているかもしれないですね。

ただ腿腰〜腹くらいのサイズは残りそうな感じだと思います。

月曜朝一なのでお仕事の方も多いと思いますが、うまくリモートワークを活用して朝一のサーフィンを楽しみたいところです。

明日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/07
日の出:06:34 / 日の入:16:26
小潮
満潮:10:04(127cm) / 20:07(117cm)
干潮:02:35(30cm) / 15:21(98cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/07
日の出:06:37 / 日の入:16:29
小潮
満潮:10:34(128cm) / 20:18(119cm)
干潮:03:02(22cm) / 15:50(102cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2016.12.05

12/6 3:00日本海の低気圧が北東進中寒冷前線が日本海沿岸に沿うように位置しており、本州は広くこの低気圧の暖域に入っている湘南では低気圧に向かっての南から南西の風が吹いており、オンショアコンディション千葉もだんだんと南よりの風に[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.06

12/6 3:00 ASAS昨日は冬型の気圧配置ながらも日本海で発生した小低気圧が東へ抜けたこともあり関東地方は低気圧に吹き込む南西の風が強く吹いた。湘南では風波のオンショアながらもサイズアップし夕方には少しまとまって出来るようになってい[…]

IMG
OnThisDay-2018.12.06

12/6 3:00 地上天気図と波情報今朝は昨日までの高温のぶり返しの序章的な感じで、関東地方でも最高気温は昨日に比べて7度くらい下がり、冷たい雨の木曜日。低気圧からのびる前線がはるか東の海上まで移動し、日本付近は新たな低気圧が複数これ[…]

OnThisDay-2019.12.06

気圧配置&天気と波情報 : 次第に冬型は緩むが寒さ続く午前3時の実況天気図 ASAS今朝も冬型の気圧配置が続いていますが等圧線の間隔を見てもわかるように、大陸にある高気圧が張り出してきており、冬型は緩んでいく傾向です。衛星[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

潮回りに合わせて海に入る

なぜ潮回りを知っておく必要があるのか?週末サーファーがいい波に乗るために。いままでの記事では、主に風と波に関する内容を記載してきました。ですが、いい波に乗るためには気象のことだけでなく、潮汐に関してもいろいろ知っておく必要が[…]

潮回りを見る男性サーファーの画像
エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(千葉~伊良湖)
波のコンディション

前回の記事では、波の要素と種類、波の発生から終わりまでについて記載してみました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181029/wave-5097/]今[…]

波のコンディションとブレイク
沿岸で吹く風

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!