寒波の前の暖かい日曜日、週明けから厳しい寒さがしばらく続く【2020.12.13】

おはようございます。はるべえです。

12月13日 日曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

今日は東海上に低気圧が抜けていき弱い冬型の気圧配置となってますが、来週からの厳しい寒さの前の暖かい日曜日です。

日本海側から東海沖へと吹く流れができてきて、その影響が千葉や湘南エリアにもでてきそうで午後から風向きが変わってきそう。

これからどんな流れができてくるのか?まずは気圧配置から見ていきましょう。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

おはようございます。はるべえです。12月12日土曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。さて今日は週末サーファーのみなさまが待ちに待った土曜日です。昨日の夜は早く寝て今朝は朝一から海に入る!っという方も[…]

週末土曜の波
はるべえのKindle本も全3冊無料で読める!30日間無料キャンペーン中

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

昨日の記事にも記載しましたけど、関東の南海上と北日本には小さな低気圧ができてから東海上で発達するというパターンです。

今日はその低気圧が1つにはまとまらず、4つの低気圧が1つの大きな低圧場を形成し、東海上で発達していきます。

東に低気圧、西の大陸には高気圧があり、西高東低の冬型の気圧配置に。

まだ本格的な冬型という訳ではないですが、日本付近は等圧線が縦に並び、今朝も関東地方は北寄りの風。

 

ここで、衛星画像を見ると日本海側で風が収束するラインができてきてますね。

この収束するラインは日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)といわれており、このラインが北陸あたりに出来ることがこれからの季節は多くなってきます。

衛生画像

西うねりの記事を記載するときにいつも記載してますけど、

北陸付近にあつまった風の流れは、若狭湾から琵琶湖と関ケ原をとおり伊勢湾をとおって東海沖の太平洋側へと抜けていく流れができます。

東海沖では西の風となって強く吹く流れとなり、この東海沖で吹く西の風が西うねりをつくり、

この西うねりが湘南や千葉南エリアに届くという流れができてきます。

 

ですが今日はまだこの東海沖の風が西よりの風になって吹きはじめたところで、朝の千葉や湘南はまだその影響はなく北よりの風が弱い状態が昼くらいまでは続く感じに。

午後からは東海沖からの西風の流れが関東の南海上まで及んできそうであり、その影響で千葉エリアも南部から西~南西の風が入ってきそうです。

午前中はここ最近続いている東~南東うねりがベースで反応していますが、午後は西~南西の風波も混じってくるでしょう。

午後から海に向かう方は、この風向きの変化を気にしておいたほうが良さそうです。

週明けから厳しい寒さ

こちらはこの先の気温偏差の推移の予想のグラフです。

関東地方は上から2番目の「館野」のデータを見てください。

こちらを見ると13日までは偏差0のラインですけど、14日からー4度のラインとなり16日の水曜日にはー8度のラインにまで下がっています。

つまり明日からの1週間は平年値よりも-4~ー8度低い気温が予想されているということです。

少なくとも金曜あたりまでは寒さが続き、次の週末には少し戻ってきますけど、それでも平年よりは下回る気温が続くという現時点での予想。

明日から一気に本格的な冬を迎えるとして備えておいたほうがよいでしょう。

そしてこの寒さはしばらく続くとして考えておいたほうが良さそうです。

今日のうちにマフラーや手袋を出しておいたほうが良さそうですね。あとダウンジャケットなどの防寒着も・・・。

気温の予想
日本気象HPより一部引用 https://n-kishou.com/ee/exp/exp01.html?cd=fzcx50&cat=e3

 

はるべえのKindle本も全3冊無料で読める!30日間無料キャンペーン中

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/13
日の出:06:38 / 日の入:16:27
中潮
満潮:03:50(139cm) / 14:40(152cm)
干潮:09:04(82cm) / 21:44(2cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/13
日の出:06:42 / 日の入:16:30
中潮
満潮:04:10(142cm) / 15:08(148cm)
干潮:09:36(77cm) / 22:10(5cm)

 

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ

今朝の風と波の状況(千葉・湘南エリア)

アメダス風向

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

千葉エリア

今朝の千葉エリアは北~北西の風。

今朝はまだ北寄りの風が吹いており、北西の風も入っているポイントが多く風が合っているところが多くなっています。

千葉南エリアでは昨日と同じくらいの東~南東うねりの反応が続いています。

鴨川~千倉までのエリアではアベレージで腰腹くらいのサイズ感の波。

東ベースのうねりのときには、南向きのマルキとやや北向きの千倉が、白渚や千歳などよりもワンサイズくらい小さめになることが多く、今日もそんな感じの反応となっている模様。

白渚や千歳は東うねりに敏感に反応するので、今日もセットで胸くらいのサイズはあるようです。

今日は干潮が9時頃なんですけど、冬場はあんまり昼の干潮は潮が引かなくなりますが、千葉南エリアでは午後の潮が上げきる前までに入っておくのが良さそうです。

 

千葉北エリアも一宮周辺ではセットで胸くらいのサイズの波は入ってきているようであり、あさから遊べる波。

片貝~飯岡までの九十九里エリアではワンサイズくらい小さめですけど、腰腹くらいのサイズはキープしている模様です。

午前中はまだ風が弱く潮も比較的少ない時間帯なので、早めに入っておくのが良さそうですね

湘南エリア

今朝もスモールコンディションからのスタートですが、鵠沼では既に多くのサーファーで賑わっているようです。

ロングや厚めの板を持参して楽しみたいですね。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては、東海上の低気圧はやっとまとまって発達するようになり、東海上を離れていきます。

午後には東海沖からの西風の流れが少し影響してきて、千葉南エリアから西よりの風にシフトしてきそうです。

昼前から一時的に西の風が強くなってくるかもなので、これから向かうのであれば、うねりの反応がよく西風がオフショアとなる

千歳や一宮周辺などからチェックするのが良さそうです。

その他のポイントでも西風なのでオフショアとなるポイントが多いですが、南向きの鴨川マルキや平砂浦、飯岡や御宿などはサイドからの風となって面に影響がでてきてしまうでしょう。

そして注目なのが日本海に解析予想されている小さな低気圧。

これが発達しながら強い冬型の気圧配置を引き起こします。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

今夜に日本海で発生する小さな低気圧は発達しながら明日の朝には太平洋側ぬ抜けていきます。

そして明日の夜にはカムチャッカ半島付近にまで到達し、猛烈に発達する予想に。

こちら明日の21時の予想気圧配置は、まさしく西高東低の冬型の気圧配置という気圧配置です。

明日は通過する低気圧へと吹き込む西~南西の風が朝から非常に強く吹くでしょう。

沿岸部ではかなり強く吹くと思われます。

明日の朝一はこの西~南西の風が強すぎるので海に入るのはおススメしません。

というか無理に入らなくてもよいと思います。

一宮周辺や千歳千倉などではオフショアとなりますけど、東~南東うねりは抑えられてサイズはダウン傾向。

オフショアかなり強く、持っているボードも吹き飛ばされそうなくらいな感じにもなりそう。

その他のポイントでもオフショアの風になるポイントもありますが、ちょっと風が強すぎな感じがします。

午後には少し収まってきそうなので、明日どうしてもという方は午後のほうがまだよいのかもしれませんが、オフショアとなるポイントでは波がなくなってしまっているかもしれませんね。

湘南は明日は朝からジャンクでサイズアップする時間帯が続きます。

夕方になって風が収まって北風にかわれば少しまとまってくるかもですが、日が暮れるほうが早くなるかも…

火曜日の朝にはまとまっているはずで、更に西うねりの反応もでてきそうなので火曜日以降に備えたほうが良さそうです。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/12/14
日の出:06:39 / 日の入:16:28
大潮
満潮:04:42(146cm) / 15:18(157cm)
干潮:09:51(87cm) / 22:27(-8cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/12/14
日の出:06:42 / 日の入:16:30
大潮
満潮:05:02(148cm) / 15:43(153cm)
干潮:10:21(83cm) / 22:52(-4cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2016.12.12

12/13 3:00九州の南に低気圧、本州付近は高気圧の後面に覆われて天気は下り坂この低気圧が今夜にかけて関東に近づいてくる今朝の千葉エリアはまだスモールただウネリに敏感な一宮周辺では腰腹サイズまで持ち直し、適度に遊べるコンディショ[…]

IMG
OnThisDay-2017.12.13

12/13 3:00 ASAS千島近海には970hpaの低気圧があり等圧線の間隔が狭く強い冬型の気圧配置となっている。衛星画像では日本海の離岸距離が短く北西~西からの対流雲列でびっしりな状況。この発達した低気圧からのうねりがこの週末あた[…]

IMG
OnThisDay-2018.12.13

12/13 3:00 地上天気図と波情報昨日日本付近を通過した低気圧は東の海上へ抜けて発達しています。日本付近は西高東低の冬型の気圧配置。等圧線が縦にはしり今朝も北から北西の季節風が強めに吹く朝になっています。大陸の高気圧も勢力[…]

OnThisDay-2019.12.13

気圧配置&天気と波情報 : 南東うねりが抑えられサイズダウン午前3時の実況天気図 ASAS日本付近を通過していった二つの低気圧はカムチャツカ半島からアリューシャン方面へと北東へ進み、中心気圧は970hpaまで発達した大きな低圧[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

高気圧からの吹き出し

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(千葉~伊良湖)
防寒アイテム

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、今回もオニールの商品の紹介です。今回はサーフィン用のソックスです。今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、千葉南エリアではまだ[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン
寒波の前の日曜日
最新情報をチェックしよう!