週末サーファーが限られた時間の中でいい波に乗るために ~ 天気図パターンによる風と波を知っていい波をあてよう!~

西高東低の冬型の気圧配置になったら東海沖の西うねりに注目です【2020.10.24】

おはようございます。10月24日の週末土曜日の気圧配置と風と波の状況です。

昨日は低気圧が通過した影響でどんより雨の一日となりましたが、

千葉と湘南の今日は少し雲はあるものの気持ちのいい晴れた空が戻ってきました!

なんですけど、晴れ間が戻ってきたのは太平洋側が中心で、日本海側の特に北陸から北日本では雨風が強いところが多くなっています。

太平洋側が晴れで日本海側が雨、、、となれば、気圧配置はというと、、、

西高東低の冬型の気圧配置ですね。

今回の冬型の気圧配置はまだ本来の冬型という感じではなくて本領発揮はしていないんですけど、

日本列島には等圧線が斜めに入っており、北日本の日本海側では雨風強く荒れた空模様となってきそうです。

冬型の気圧配置ということで、今はまだ10月下旬ですけど、もう冬は目の前まできています。

ということで、今日はどんな気圧配置になって、どんな波でサーフィンができるのか? 見ていきましょう。

今日の気圧配置と風と波

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

沿海州のあたりには低気圧があってほとんど停滞している感じ、中心気圧も978hPaまで発達しています。

今南シナ海で発生している台風17号が中心気圧975hPaですから、台風と同じくらいの中心気圧となっているということです。

この低気圧は真冬並みの寒気を伴った低気圧であり、天気図を見てみると前線を伴っていません。

こんなときは低気圧がこの沿海州からサハリン付近でクルクル回って、同じような位置にある状態が少し続きます

あとで掲載する明日夜の予想気圧配置を見てもほとんど低気圧の位置は変わっておらず、

気圧配置も同じような西高東低の気圧配置が予想されています。

ですが、まだ10月下旬なので冬型といっても、まだ本領発揮はしておらずの冬型なので、北西の風が一日強く吹くという感じでもなさそう。

でも日本海側の北陸の若狭湾から琵琶湖と関ケ原をとおって伊勢湾から東海沖に吹き抜ける風の流れが見られそう

西高東低の冬型の気圧配置となったときには、この風の流れに注目。

Video by Windy.com

湘南のサーファーは御前崎沖の風の向きと強さが気になる時期となり、湘南にも西うねりが入りやすい気圧配置となってきています。

ちなみに話は全然違いますけど、台風17号はいまこんな感じです

台風17号

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

こんばんは。10月23日の金曜日の気圧配置と風と波の状況です。昨日の夜から仕事でトラブル続き・・・今朝はほとんど寝れずでまた仕事に行って今帰ってきたとこなんですが、眠い・・・、今日は更新がこんな夜遅くになってしまいました。[…]

週末の西高東低の冬型

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北西の風。

朝から沿岸部はやや強めの風が入ってきているところが多いようですけど、多くのポイントではオフショアベースの風からのスタート。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは北~北西の風。

ヘリポートの吹き流しも今日は少しなびいていて、北西の風が吹くときが多く見受けられます。

気圧配置は冬型となってきてますけど、今朝はまだ東ベースのうねりの反応が続いており、セットで胸肩くらいの十分なサイズでいい波が入ってきています。

オフショアやや強めで波のトップがブレイクするときのしぶきが美しいですね。

今日も朝から多くのサーファーがエントリーしており、左の岩場のほうにサーファーが集中しています。

白渚も東うねりがしっかり反応していて、マルキよりもワンサイズ大きめでセットは頭くらいの波。

ワイドなブレイクが中心ですが、こちらも左の方から割れるレフトの波が良さそうな感じです。ビギナーの方は他へ移動したほうがよいでしょう。

千歳も北西の風が吹く日が多くなってきて、やっと北東地獄?から抜け出せそうな感じになってきたのかも。

北西が吹けばオフよりの風となって、波にもまとまりがでてきます。

千葉北

千葉北も北西の風が吹けば多くのポイントでサーフィンできるようになり、これから冬の時期はうねり次第で十分サーフィン可能な日が多くなってきます。

今朝は東うねりがしっかりと反応していて、九十九里から一宮周辺までも胸肩からセットは頭サイズくらいでしょうか。

北西の風で波もまとまってきており、今朝はポイント選べば十分楽しめる朝一のサーフィンですね。

湘南

昨日より少しサイズダウンしてのスタートとなったようですけど、南東ベースのうねりの反応が残って鵠沼などでは遊べるコンディションからのスタート。

今は南東ベースのうねりが反応しているはずですけど、先ほども記載したとおり、これから東海沖でつくられる西うねりが反応してくる可能性があります。

大きなサイズアップとまではいかないとは思いますけど、今日も一日遊べるサイズはキープしそうですね。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

日曜も冬型の気圧配置が続く

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけても同じような気圧配置となり、サハリンあたりにある低気圧は同じような場所に居座り続けます。

北日本の日本海側は北西からの風がかなり強く荒れた天候が続きそうです。太平洋側は晴れが続きます。

千葉エリアの風は午前中は北寄りの風がベースとなりそうですが、午後は少し不安定な風向きとなってくるかも。

夕方には東海沖から流れてくる西の風の影響が入ってきそうで、西から南西の風が吹いてきそう。

潮も午後は多めでほとんど動かないので、今日は午前中のうちに早めに入っておくのがいいですね。

午後は風向きが西に変わる頃にはもう暗くなっているかもしれないので、今できているところはすぐに入っておくのが良さそうです。

湘南も午後はオンショアが少し混じって吹いてきそうな感じ、面がザワついてくるところがありそうです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日はサハリン当たりの低気圧はやっと少し移動してきてオホーツク海あたりに中心が予想されています。

等圧線の本数も少しだけ減ったような感じとなりますが、北日本はまだ風が強い状態が続きそう。

明日の朝も北西から北のオフショアベースの風が吹きそう。

東うねりは今日よりサイズはダウン傾向となってきますけど遊べるだけの波は十分残りそう。

西うねりが反応するポイントではサイズキープして明日も遊べそうです。

千葉と湘南エリアは午後にかけては風向きが少し不安定になってオンショアとなるところがありそう、ただそんなに影響は強くは出ないとは思います。

明日も潮が少ない朝一から入っておくのが良さそうです。

今日できているポイントは明日の朝も十分サーフィン可能なコンディションとなり、晴れて気持ちのいいサーフィンができそうです。

湘南や平砂浦に西うねりがどれだけ反応してくるか、個人的にはこの反応状況をチェックしておきたいと思っています。

 

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/10/24
日の出:05:52 / 日の入:16:53
小潮
満潮:12:34(122cm) / 20:33(119cm)
干潮:03:54(48cm) / 16:46(114cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/10/24
日の出:05:56 / 日の入:16:56
小潮
満潮:12:54(119cm) / 20:18(114cm)
干潮:04:13(42cm) / 17:12(111cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/10/24
日の出:06:04 / 日の入:17:06
小潮
満潮:13:18(144cm) / 22:59(127cm)
干潮:05:06(61cm) / 19:09(120cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/10/24
日の出:06:12 / 日の入:17:14
小潮
満潮:14:44(158cm) / 00:00(cm)
干潮:06:13(67cm) / 00:00(cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/10/24
日の出:06:24 / 日の入:17:32
小潮
満潮:13:46(159cm) / 00:00(cm)
干潮:05:49(66cm) / 19:29(126cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/10/24
日の出:05:53 / 日の入:16:46
小潮
満潮:11:54(117cm) / 19:30(128cm)
干潮:02:55(44cm) / 14:34(114cm)

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

昨年、一昨年、その前の年の今日はどんな天気でどんな波だったのか?

記憶に残るいい波だった日もきっとあるかと思いますので、振り返りの参考にしてもらえればと思います。

OnThisDay-2016.10.23

10/24 3:00元T1622からのウネリは日曜まで何とか残り先週末は湘南でも楽しめていたさすがに湘南の今日はサイズなくかなりキビシイコンディションに千葉は北から北東の風が強めに吹くポイントによっては風が弱いところもあるが、これか[…]

IMG
OnThisDay-2017.10.24

10/24 3:00 ASAS台風21号は温帯低気圧へとかわり千島の東で再度発達している。一時的に冬型の気圧配置となり日本列島には等圧線が縦に走り、北海道では大雪になっているところもある。関東地方は久しぶりの晴れの期間が数日はある見込み[…]

IMG
OnThisDay-2018.10.24

10/24 3:00 地上天気図と波の概況東の海上に高気圧があり東進中、その後で大陸には別の高気圧が東進してくる見込みで、今日は2つの高気圧の気圧の谷。また南の海上には低気圧が発生しそうな短い前線が停滞し、さらに南の海上には台風[…]

OnThisDay-2019.10.24

気圧配置&天気と波情報 : 午後には台風からのうねり午前3時の実況天気図 ASAS非常に強い台風21号が日本に近づいてきています。午前6時45分の情報では、台風21号は父島の南南西の海域約100kmのところにあり、中心気圧[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

アリューシャンからの北東うねり

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

うねりの向きを知っていい波をあてる

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き
防寒アイテム

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、今回もオニールの商品の紹介です。今回はサーフィン用のソックスです。今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、千葉南エリアではまだ[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

西うねりに注目
最新情報をチェックしよう!