今週はアリューシャンの低気圧からの北東うねりの反応に注目【2021.1.3】

アリューシャンからの北東うねりが気になりますね

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

1月3日 日曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

正月も3日目を迎え今日で正月休みも終わりで明日から仕事はじめという方も多いかと思います。

今年の仕事はじめは、例年のように挨拶まわりとかなさそうで、自宅からリモートで仕事をはじめる方が多そうですね。

でもここにきてまた緊急事態宣言を要請とかの報道も出てきており、、、

コロナとは共存せざるを得ない状況が続きそうなので、それを踏まえつつ、その状況を早く普通の状態に持っていかないといけないのではないかと思います。

このコロナによる世の中の状況も非常に気になるところでありますが、アリューシャンからの北東うねりが気になる1週間となりそうです。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

今日も西うねりが続いています!はるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月2日土曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。昨日の元旦~今朝の朝一に初乗り[…]

このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

今朝も冬型の気圧配置が続いており、アリューシャン列島にある低気圧は昨日よりもやや勢力を落としながらもやや楕円形の状態をキープしています。

日本列島にかかる等圧線は4本となり、一時は8本かかっていた等圧線は半分になりましたが、引き続き日本海側は大雪となっているところもあり交通障害や雪崩などにも注意が必要です。

東海沖で吹く西風は強弱ありながらも続いており、湘南や千葉南エリアでは西うねりの反応が弱まりつつも何とか続いています。

一方で千葉北や茨城には東~南東うねりが弱く続いていて、小ぶりですがポイント選んで何とかできるといった感じ。

今日の後半から明日あたりからは、アリューシャンで発達している低気圧からの周期の長い北東うねりが反応してくる可能性があります。

参考記事)【冬の波】いい波のパターン~アリューシャンからの北東うねり~

関連記事

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

今朝の実況データ

衛星画像

北日本の日本海側には引き続き寒気を伴った筋状の雲が流れ込んできており、大雪が続いているところがありそうです。

西日本から北陸の日本海側の雲はやや隙間ができてきたものの、雲が多い状態は続きます。

太平洋側は晴れるところが多くなっていますね。

衛星画像

アメダス気温

午前7時の気温は今朝も各地で冷え込んでいます。

朝一で海に入るときは防寒対策バッチリして耳栓もして入るようにしたほうがよいですね。

アメダス気温

アメダス風向風速

昨日の午後は南西~西の風が湘南まで影響がでましたけど、今朝は北寄りの風が千葉と湘南でも吹いています。

今日はこのまま北よりの風が続きそうです。

アメダス風向

石廊崎の波浪観測データ

年末の30日に低気圧が通過したときに吹いた南西の風波によりサイズアップした波は、冬型の気圧配置となり東海沖で吹く西風による西うねりでサイズキープしてきてます。

ただ昨日から今朝にかけては波高は1mを下回ってきており、徐々にサイズダウンしてきている状況です。

石廊崎の波浪観測データ

その他の実況データはこちらをご覧ください

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/03
日の出:06:47 / 日の入:16:39
中潮
満潮:07:55(133cm) / 18:28(137cm)
干潮:00:54(2cm) / 13:05(84cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/03
日の出:06:51 / 日の入:16:41
中潮
満潮:08:17(138cm) / 18:40(138cm)
干潮:01:17(-1cm) / 13:29(89cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

今日のポイント

はるべえ
  • 年末から続いていた西うねりはサイズダウン傾向
  • 湘南と千葉南エリアも昨日よりサイズダウンしての腿腰~腹で何とかできるブレイク
  • 千葉北は東ベースの波で小ぶりな膝腿~腰くらいでちょっと物足りない
  • 今夜から明日にかけてアリューシャンから北東うねりが届くかも

千葉エリア

今朝の千葉エリアは弱い北よりの風。

千葉南エリアでは西うねりの反応は弱まってきつつ、南東のうねりも少し反応しているような感じで、腿腰~腹くらいのサイズ感。

鴨川マルキや白渚ポイントもセットで腰腹くらいありそうですが、潮が引いている昼前後の時間帯のほうが良さそうな感じ「。

平砂浦にも西うねりが反応が残っているようで、こちらも腰腹くらいで遊べる波はありそうですね。

千葉北エリアは弱い南東~東うねりの波で九十九里エリアでは物足りないブレイクが続きます。

一宮周辺では腿腰くらいのブレイクはあるようで、物足りないながらも少しはできる波といった感じでしょうか。

湘南エリア

西うねりの反応はだいぶ弱くなってきており、昨日よりもサイズを下げてきている感じですね。

鵠沼ではまだセットで腿腰くらいの波はあるようですが、ロングや厚めの板を持参したほうが楽しめそうです。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

【大人気の耳栓】冷たい海に入るときの必須アイテム
SurfEars 3.0は超オススメです
Amazonだと少し安く購入できます

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけてもまた同じような冬型の気圧配置が続きます。

東海沖で吹く西風は強弱はありながらも続きそうですが、少し西北西の風へとシフトして西うねりは入りにくい状況になってくるかもしれません。

午後も千葉エリアはポイント選べば腿腰~腹くらいのサイズの波はありそうなので、ポイントと潮回りの時間帯を考慮して入ると少しは遊べる波はあるかも。

千葉北なら一宮周辺がサイズ的には無難ですが北風で面にはちょっと影響はありそうですね。

千葉南ではマルキや白渚もできますが、昼前後の潮が少ない時間帯のほうがまだ出来る波はありそう。千歳のほうが少しサイズあるかもでこちらも潮が少ない昼前後がよいですね。

湘南は膝腿くらいの波になってきそうなので、厚めの板があったほうがよいでしょう。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日の夜にかけても西高東低の冬型の気圧配置ですが、日本付近の等圧線はさほど混んでない状態が続きます。

今日の夜から明日にかけては、アリューシャンからの北東うねりが反応してくるかに注目したいところ。

関東地方では茨城の鹿嶋エリアに周期が10秒以上の北東からのうねり・波が入ってくるかどうかをチェックしておきたいところです。

アリューシャンの低気圧の等圧線の形的には、北西うねりが大きく発達しそうな形をしていますが、低気圧の中心付近からの北東へのうねりが作られているエリアもあり、

ここ数日同じような気圧配置が続きていることから、北東うねりの反応が見られそうな状況にもなってきました。

一度反応がはじまると数日間は続くことも多いので、今週前半はこの北東うねりの反応がどれだけ反応してくるかに注目しておきたいですね。

ただそこまで強い北東うねりとしての反応とまではならなそうです。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/04
日の出:06:47 / 日の入:16:40
中潮
満潮:08:32(131cm) / 19:18(128cm)
干潮:01:34(11cm) / 13:54(81cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/04
日の出:06:51 / 日の入:16:42
中潮
満潮:08:53(134cm) / 19:30(129cm)
干潮:01:56(7cm) / 14:17(85cm)


過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.01.03

1/3 3:00関東の東海上に弱い低気圧が発生し東進中穏やかで暖かいお正月は今日前半まで、これから低気圧がやや発達し冬型の気圧配置になってくる明日4日からはこの時期らしい陽気に戻ってきそう、北寄りの風が吹き関東では晴れて放射冷却により[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.03

1/3 3:00 ASAS東の海上に抜けた低気圧は974hpaまで発達し東へ15KTで進んでいる。日本付近は冬型の気圧配置が強まり日本海側は大シケ、太平洋側も北西の風がかなり強く吹き寒い一日になりそう。今朝の千葉エリアは北西の風。千葉北[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.03

1/3 9:00 地上天気図と波情報正月三日も冬型の気圧配置が続いており、日本海側特に北日本では雪で太平洋側は晴れの天気分布です。気温は平年並みのところが多く、東京も最高気温は10度くらい、最低気温は2度くらいです。最高気温が二桁になる[…]

OnThisDay-2020.01.03

気圧配置&天気と波情報 : 弱い冬型で今日も楽しめる波午前3時の実況天気図 ASAS正月の三日です。日本付近は弱い冬型の気圧配置。オホーツク海からカムチャツカ半島付近には低気圧、そしてシベリアには高気圧があり、西高東低の[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
エリア毎の特徴:鳥取~福井

ポイント毎に異なるうねりの反応[caption id="attachment_6294" align="alignnone" width="1600"] 島根:稲佐の浜[/caption]前回は日本海エリアの波のあがるコンディシ[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(鳥取〜福井)
防寒アイテム

1枚持っているとかなり使えるサーフィン用インナー秋が深まってくると水温は気温に遅れて徐々に冷たくなってきます。ここ最近の冬はかなり水温は暖かい年が多く、千葉エリアは12月に入ってもまだセミドライは不要な状況が続く年も[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン
北東うねりに注目
最新情報をチェックしよう!