アリューシャンからの周期の長い北東うねりの反応が良くなりそう⁈【2021.1.4】

お正月休み終わってしまいましたね・・・

はるべえ

おはようございます。
はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。

1月4日 月曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。

今日から仕事はじめの方も多いと思います。

なんだか今年の年末年始は短かったような気もしますが、初乗りはもう済みましたでしょうか。

今年の仕事はじめは自宅からリモートでという方も多いと思います。

また昨年4月頃の状況にならなければよいのですが・・・

くれぐれも皆さまご注意くださいませ。

参考)昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の天気図と波情報

アリューシャンからの北東うねりが気になりますねはるべえおはようございます。はるべえ@サーフィン大好きな気象予報士です。1月3日 日曜日の天気図と波情報/波予想を本日も更新していきます。正月も3日目[…]

北東うねりに注目
このブログでは、日々の気圧配置の推移と千葉と湘南エリアの波のコンディションについての記事を毎日更新
~約4年分の毎日の天気図と波の状況を記載しています。
はるべえのKindle本も全3冊無料で読める!30日間無料キャンペーン中

今日の気圧配置/潮回りと波情報

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

年明けからは同じような気圧配置が続いています。

アリューシャンの低気圧とシベリア高気圧はそれぞれ発達のピークではないものの、引き続き西高東低の冬型の気圧配置です。

日本付近の等圧線の間隔はだいぶ広いですけど、日本海側はまだ雪が強く降っているところもありそうで、北日本ではまだまだ厳しい寒さが続いているようです。

昨日の記事にも書きましたが、アリューシャンの低気圧からの北東うねりの反応が気になるところです。

今朝の唐桑(宮城県)の波浪観測データを見てみますと、、、

波高こそ0.5m以下の状態が続いていますが、周期は昨日の16時から10秒以上のデータに一気に跳ね上がり、

周期の長い北東からのうねりの反応が出てきたのではないかと思います。

以下グラフでは周期が読み取れないので、気象庁のサイトからご覧ください。

15時までは5秒だったのが16時には12秒となりその後10秒以上のデータが続いています。

https://www.jma.go.jp/jp/wave/47594.html

唐桑の波浪観測データ

今朝の鹿嶋や河原子、千葉北にはまだ顕著なサイズの変化はなさそうですけど、明らかに周期の長い波は届いてきているっぽいので、

今日のサイズ変化にも注目したいところです。

参考記事)【冬の波】いい波のパターン~アリューシャンからの北東うねり~

関連記事

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディション久しぶりにこのカテゴリの記事を書いていきます。前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」による波のコンディションについて記載しました。[sitecard subtitle[…]

 

今朝の実況データ

はるべえのKindle本も全3冊無料で読める!30日間無料キャンペーン中

衛星画像

引き続き北日本の日本海側には雪雲が流れこんでいます。

新潟などの積雪はかなり凄いことになっているのではないでしょうか。

衛星画像

アメダス気温

今朝も沿岸部で2度~4度くらいと冷え込んでいます。

朝一から海に入る時は防寒対策しっかりしておきたいです。

アメダス気温

アメダス風向風速

朝一は概ね各沿岸部でオフショアが吹いてのスタート。

そんなに強くは吹いてなさそうです

アメダス風向

石廊崎の波浪観測データ

冬の時期はずっと石廊崎の波浪観測データを見ていますけど、昨日少し盛り返した感ありましたが今朝はまた下がってきてます。

石廊崎の波浪観測データ

その他の実況データはこちらをご覧ください

Windy.com:https://www.windy.com/

◆Wind

◆Waves

◆Swell1

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

2020年の風と波(前半)~記事タイトルとアイキャッチ画像から振り返る~

関連記事

2020年も元旦から大みそかまでこちらのブログにて毎日記事を書いてきましたが、2020年は歴史に残る大きな出来事が沢山ありました。我々の普段の生活も仕事のやり方や人とのコミュニケーションの仕方まで、あらゆる面で大きな変化を受け入れざ[…]

2020年の振り返り(前半)

2020年の風と波(後半)~記事タイトルとアイキャッチ画像から振り返る~

関連記事

2020年の風と波について毎日更新している本ブログ記事のタイトルとアイキャッチ画像からどんな年だったのかを振り返る(後半)です。2020年前半の記事はこちら[sitecard subtitle=2020年を振り返る([…]

2020年の振り返り(後半)

今日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/04
日の出:06:47 / 日の入:16:40
中潮
満潮:08:32(131cm) / 19:18(128cm)
干潮:01:34(11cm) / 13:54(81cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/04
日の出:06:51 / 日の入:16:42
中潮
満潮:08:53(134cm) / 19:30(129cm)
干潮:01:56(7cm) / 14:17(85cm)

週末サーファーがいい波に乗るためのKindle電子書籍

こちらのページではるべえのKindle本を紹介しています!
https://amzn.to/35BqIrQ
はるべえの電子書籍

今朝の波のコンディション(千葉・湘南エリア)

今日のポイント

はるべえ
  • 西うねりはサイズダウンして朝一の湘南は物足りないコンディション
  • 千葉は東ベースのうねりの反応があり、腰腹サイズの波はキープ
  • 午後は不安定にオンショアが吹くポイントもありそう
  • 後半はアリューシャンの低気圧からの北東うねりの反応があるかも

千葉エリア

今朝の千葉エリアは北寄りの風。

朝の空は雲が多く日差しはほとんどありません。

 

今朝の鴨川マルキポイントはオフショアで面はまとまったセットで腿腰~たまーに腹くらいのサイズ感の波。

潮が上げてきて割れにくくなってきてインサイドで厚くなってしまう波が多いですけど、ショートライドできる波はあります。

 

白渚ポイントも同じくオフショアで腰腹くらい。

朝の波はまとまったいい波が入ってましたね!朝から駐車場にはクルマがいっぱいでした。


千歳ポイントもまだ北西の風でサイドオフにかわしてこちらも腰腹くらいの波。

 

千葉北は東からのうねりの反応が続いており、一宮周辺では腰腹サイズの波はあり多少は遊べるような波はありそうですね。

風はどのポイントもオフショアで面はクリーンなコンディション。九十九里エリアではもう少しサイズ欲しいところです。

湘南エリア

昨日の夕方はまだ少し西うねり反応は残っていたのですが、今朝は物足りないサイズになってきてしまいました。

鵠沼では膝腿くらいのサイズ感で、今朝もロングや厚めの板で入るのが良さそうです。

ビギナーの方にはテイクオフの練習には良さそうですね。

※YouTubeにも波チェック動画や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。
こちらは過去動画の中から紹介しています

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と風と波

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけても同じような西高東低の冬型の気圧配置が続きます。

午後も千葉エリアはポイントによっては腰腹サイズはキープし、後半になると北東うねりの周期の長い波が現れてくるようになるかもしれません。

アリューシャンの低気圧が日本に向けて北東うねりを送りこみやすいような気圧配置にもなってきそうな感じも・・・

そんなにすぐには日本沿岸には届きませんが、週の後半あたりまで北東うねりの反応は要チェックです。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日は二つ玉の低気圧が日本付近を通過する予想気圧配置。

午後の様子見て追記します。

明日の暦と潮回り

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2021/01/05
日の出:06:47 / 日の入:16:41
中潮
満潮:09:10(129cm) / 20:21(117cm)
干潮:02:16(24cm) / 14:54(76cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2021/01/05
日の出:06:51 / 日の入:16:43
中潮
満潮:09:30(130cm) / 20:32(118cm)
干潮:02:38(19cm) / 15:17(79cm)


過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波情報 過去3~4年分の記事です。

ほぼ毎日記事を書いてきてますが、1日に複数記事を書いた日などは上手く表示されない場合もあったり、記事が一部ない期間もあります。

OnThisDay-2017.01.04

1/4 3:00日本付近は弱い冬型、日本海の天気図上には解析されてない低気圧が潜んでおり、これからこの低気圧が顕在化してくる明日から明後日にかけて冬型がやや強まってくる千葉エリアは全般的に弱い北西ベースの風が吹いており面はクリーン、年[…]

IMG
OnThisDay-2018.01.04

1/4 3:00 ASAS日本付近は西高東低の気圧配置。今朝は千島の東に968hpaの低気圧、バイカル湖の西には1068hpaの高気圧があり北日本を挟んで100hpaの気圧差。等圧線は4hpa間隔で記載されるので実に25本の等圧線。バイカ[…]

IMG
OnThisDay-2019.01.04

1/4 9:00 地上天気図と波情報カムチャツカ半島付近には低気圧、シベリアには高気圧がそれぞれあり、大局的に見ると西高東低の気圧配置となりますが、黄海付近に中心を持つ高気圧が本州付近を覆うようになり、西日本から東日本は冬型は緩んできていま[…]

OnThisDay-2020.01.04

気圧配置&天気と波情報 : 南海上では海上強風警報午前3時の実況天気図 ASAS冬型の気圧配置が続いています。関東地方のこの正月三が日は初日の出が雲に隠れて見れなかったビーチはあったものの、風も比較的弱く穏や[…]

今日の記事は以上です。

こちらの記事がもし参考になったり気にいってもらえたら、ぜひコメントを残してもらえると嬉しいです。

またTwitter/Instagram/Facebook/Youtubeでも発信してますので、いいねやコメントもお願いします!


こちらの記事も合わせてご覧ください!

気圧配置による風と波

刻々と変化する波のコンディション波のコンディションは気圧配置による風向きやうねりの向き、また潮回りや海岸の地形などのいろいろな要素によって常に変化するということは、過去の記事や毎日の天気図と波情報をよんでもられば理解していただけるかと思[…]

いい波に乗るために気圧配置パターン
エリア毎の特徴:伊勢~宮崎

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事ではサーフエリア毎の特徴とうねりの反応について、千葉を起点にして伊良湖までのエリアについて記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

エリア毎の特徴とうねりの向き(伊勢~和歌山~四国~宮崎)
防寒アイテム

真冬のサーフィンには持っておきたいアイテム前回もオニールのインナーについて紹介しましたが、今回もオニールの商品の紹介です。今回はサーフィン用のソックスです。今年(2018年)は海水温が例年よりも高く、千葉南エリアではまだ[…]

冬のサーフィン準備と行動

冬の海へ行く時に注意したいこと前回は冬のサーフィンを快適に楽しむための防寒対策アイテムについて記載しました。冬のサーフィンで気をつけること~防寒対策アイテム編[sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

冬のサーフィン
最新情報をチェックしよう!