毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

夏至を迎えた少しの寂しさと週末サーファーのちょっとした幸せ【2020.6.21】

気圧配置と波情報 : 昨日の千葉はいい波でした!

午前3時の実況天気図 ASAS

おはようございます。6月21日の日曜日の朝です。

今日は「夏至」です。

本ブログでは季節の移り変わりを感じるためにも二十四節気に関してはその時々でお知らせして、どんな意味があるのかを記載していますが、

夏至については説明する必要はない感じですね。

あわせて読みたい

サーファーは普通の人よりも多く自然に触れていることから、季節の移り変わりについても敏感に感じ取っているほうではないでしょうか。平日は会社と家の往復でという生活をしていると、会社の通勤時間に外を歩いていてもなかなか季節を感じることや気[…]

一年で一番昼の時間が長い一日です。

つまりサーファーにとっては一年で一番海に入れる時間が長い日として言い換えることもできますね。

今日が暦的には夏のピークで日差しの強さも一番強いんですけど、実際の夏は7月から8月で少しズレがあります。

でも毎年夏至の日を迎えると、、、明日からはもう冬にむかっていくんだなと思うと、なんだか少しだけ寂しい気持ちにもなります。まあ夏本番はこれからなんですけど。

さて昨日の千葉エリアは朝から夕方まで各エリアのポイントでいい波でしたね!

午後も風の影響はそれほどでなくてサイズも朝からミドルサイズの波が続き、飯岡から平砂浦までの多くのポイントでいい感じの波となりました。

昨日は特にtwitterでは「いい波だった!」「やっぱサーフィン最高!」みたいな投稿がかなり多かったと思います。

ちょうど19日の金曜日から県を跨ぐ移動自粛要請もなくなったこともあり、昨日の土曜日からサーフィンを再開したという方も多かったのかもしれません。

各ポイントでは混雑はしていたものの、ほとんどのポイントでサーフィンができるコンディションだったので、ポイント移動すればレベルに合わせたサーフィンができて、まさにサーフィン日和な一日になったと思います。

SNSでいい波だったという投稿を見ると、なんだかこちらも嬉しくなります。

いい波乗ると気持ちよくてアドレナリンも大量放出して、間違いなく笑顔になりますからね。

そしてそんないい波がSNSで共有されていけば笑顔が拡散されて、いい雰囲気になっていくような気がします。

海に行けなかった人もいい波の投稿を見て次に行くときのモチベーションにもなるでしょうし、、、海にいけなくて悔しい思いもちょっとあるかもしれませんけど。。。

サーフィンは「楽しむ」のが一番ですよね

いい波にのるのはサーファーにとっては幸せなことですから、

週末にしか海に行けなくてもSNSやブログなどでいい波を見ることが毎日のちょっとした幸せとなっている人も多いのではないかと思います。

そんな“ちょっとした幸せ”がこのブログ読んでもらうことで、少しでも拡がっていけばいいなあとおもいます。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置と波情報 : 南西~南うねりでサイズアップ午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。6月20日土曜日、週末の朝です。梅雨前線上を低気圧が通過し今朝は日本の東海上に低気圧が抜けていきました。昨日[…]

波の画像アイキャッチ

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは千葉南では風はほぼ無風からのスタートでしたが、千葉北では北東からの風がやや強めに入ってのスタート。

千葉南エリアでは昨日と同じくらいのミドルサイズはキープしていて、潮も干きに大きく動いている時間帯で風も弱く、鴨川から和田までのポイントでは今朝もいい波。

千葉北では北東の風がすでに入ってきていて、一宮周辺ではすでに風の影響がでてきている様子。

北東の風を軽減する片貝周辺がサイズの反応がありつつ無難なコンディションとなっている模様です。

うねりの向きが東よりにシフトしてきているので、飯岡や御宿では波の反応が鈍くなってきていて物足りないサイズになってきています。

平砂浦もサイズダウンですね。

湘南は今朝も膝腿くらいのスモールコンディションでロングや厚めの板が良さそうな感じ。

今日の空と海の注意事項は?

今日も多くのサーファーで賑わいそうなので、海の中での接触などには十分注意して楽しみたいところです。

テイクオフのときはよく周りをみて奥から乗ってくるサーファーがいないかを見るようにしましょう。

また、関東地方は曇りや雨が降りやすい空模様となりそうです。

沿岸部でも一時的にまとまった雨が降るところあるかもしれません。

奄美地方は大雨に警戒が必要です。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 北東の風と波が強まりそう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

今夜にかけては高気圧が東の海上に中心を
移動させ引き続き北東から東ベースの風が関東地方には入りそうです。

午後の方が風の影響で面にまとまりが更になくなってきてしまいそうなので、今日は早めの時間帯が良さそうです。

午後にはいるなら少しでも北東の風を軽減しつつ波のサイズも多少はある千葉北なら片貝周辺が無難な感じでしょうか。

オンショアや面のまとまりを気にしなければ一宮周辺でもサイズあるのでできると思います。

千葉南なら鴨川や白渚などサイドに少しかわせるポイントがまだ良さそうな感じ。

ただ夕方は潮があげてしまって割れにくくショアブレイク気味なコンディションになってしまうかもしれません。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

明日は梅雨前線上の低気圧が東進してくる予想。

この低気圧の位置だと低気圧接近前から東の風と波が強まるパターンとなりそうです。

低気圧の北側の前面で吹く東から北東の風が強まり、千葉エリアでは東うねりで再びサイズアップしてくるでしょう。

風が東ベースで強めに吹きそうなので、多くのポイントでは面がガタガタになりそうです。

明日も今日と同じく北東の風を軽減できるポイントへ向かうのが良さそう。

片貝周辺や鴨川から白渚まで、またサイズが出てきたら飯岡や御宿などでも多少はできるようになりそうです。

湘南は東ベースのうねりの反応は鈍いですけど、吉浜までいけば少しサイズ反応がでてきて北東の風も軽減できて多少できるようにはなりそうですね。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay(2017/06/21)

6/21 3:00 ASAS梅雨前線が本州付近に停滞、梅雨前線上の低気圧は四国付近にあり東へゆっくり進む。太平洋高気圧から暖かく湿った空気が大量に前線に流れ込み梅雨前線の活動が活発になってきている。今朝は西日本では雨風がかなり強まって[…]

IMG
OnThisDay(2019/06/21)

気圧配置&天気と波情報 : 午後は広い範囲で雷雨に注意午前3時の実況天気図 ASASオホーツク海には高気圧があり南東進。梅雨前線は南海上に停滞しており、はるか東海上の低気圧から沖縄奄美付近を通り中国大陸まで続いています。[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/06/21
日の出:04:25 / 日の入:18:56
大潮
満潮:03:33(141cm) / 17:39(137cm)
干潮:10:36(2cm) / 22:49(88cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/06/21
日の出:04:27 / 日の入:19:00
大潮
満潮:03:45(151cm) / 18:00(150cm)
干潮:10:57(7cm) / 23:09(99cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/06/21
日の出:04:38 / 日の入:19:07
大潮
満潮:04:46(169cm) / 18:28(174cm)
干潮:11:36(14cm) / 23:56(97cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/06/21
日の出:04:47 / 日の入:19:14
大潮
満潮:05:29(174cm) / 19:07(185cm)
干潮:12:23(16cm) / 00:00(cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/06/21
日の出:05:08 / 日の入:19:23
大潮
満潮:05:27(183cm) / 18:55(188cm)
干潮:12:10(9cm) / 00:00(cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/06/21
日の出:04:12 / 日の入:19:02
大潮
満潮:02:35(150cm) / 16:56(140cm)
干潮:09:52(9cm) / 21:49(103cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き
あわせて読みたい

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風
あわせて読みたい

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!