毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

令和2年7月の台風発生はゼロ?気になる2つの熱帯低気圧の動向は【2020.7.29】

気圧配置&天気と波情報 : 西経から台風がやってくる⁈

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

おはようございます。7月29日水曜の朝の気圧配置と波情報です。

千葉と湘南エリアは相変わらずの物足りないサイズの波が続いており、そろそろ台風からのうねりが入ってきて欲しいところ。

今年の令和二年の台風発生数は今のところまだ2つ。

以下に気象庁HPに掲載されている台風の発生数の表を引用掲載しました。

6月までの発生数だったら、2016年、2017年と状況は変わらないのですが、今年はなんと7月になってもまだ発生していません。

台風発生数
気象庁HPより引用 https://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/typhoon/statistics/generation/generation.html

6月まで同程度の発生数で推移した2016年は7月に4つ発生、2017年はなんと8つも発生しているのですが、2020年はまだ発生ゼロ。

7月もあと今日含めてあと3日ありますけど、このまま発生数ゼロでいくとなると統計開始以来では初となりそうです。

2020年は現時点でもまだ本州の多くの地域では梅雨明けしておらず、昨日やっと九州南部が梅雨明けしたところ。

関東地方の梅雨明けも来週にまでお預けとなりそうな状況にもなってきており・・・

そんな2020年の7月ですけど、ここにきて南海上に熱帯低気圧が2つ発生しています。

東経と西経
気象庁HPから引用加筆 https://www.jma.go.jp/jp/g3/asia_c.html?area=jp&time=20072903

日本に近いほうの熱帯低気圧(TD)は明日までの予想気圧配置を見るとすでに消滅している模様・・・

気になるのがハワイ方面から西へ進んできているほうの熱帯低気圧

これがジワジワと西へと進んできており、台風の定義を満たしつつ東経180度の黒のラインを7月中に跨いできたら・・・7月中に台風発生ということになります。

関連記事

なぜサーファーが台風に注目するのか?[caption id="attachment_8459" align="alignleft" width="2016"] 某ポイント:台風の強い南うねりが入ったときに素晴らしい波が現れる[/capt[…]

このように日付変更線をまたいだ越境して台風として認定される台風はたまーにあることなんですけど、さて今回はどうなることやら??

ここ数日はこの西経エリアにある熱帯低気圧の動向に注目してみたいと思います。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 関東の梅雨明けはまだ先・・・午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。7月28日 火曜日の朝の気圧配置と波情報です。太平洋高気圧の勢力が強まって梅雨前線を日本海まで押し上げ[…]

今日の波

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北よりの風。

久しぶりに朝から少しヒンヤリした空気で北よりの風が吹いています。

梅雨前線は東日本では南下してきており、梅雨前線上の低気圧が東海上へと抜けていきました。

昨日は前線の南側に位置した千葉と湘南エリアでは南西ベースの風が強めに吹いたことで、風波が若干ですけどサイズアップ。

石廊崎の波浪観測データでもちょっと変化があるかどうかといったところですけど・・・

波浪観測データ

そして低気圧が通過したあとになるので、低気圧の後面に位置する関東地方は北から北東の風が吹いています。

前回こちらの記事でも書いた低気圧が通過したあとにコンディションが整うパターンではありますけど、今回はサイズアップ度合いがイマイチでしたね。

関連記事

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ

千葉南

今朝の鴨川エリアは北からの弱い風が吹いており、昨日はぜんぜん整わずな波でしたけど今朝は面が整ってきています。

6時半くらいのサイズはセットで腰腹くらいはあって波数もそこそこあり、潮回りも引きから上げに向かう時間帯で十分遊べるコンディション

今朝はたくさんのサーファーが入ってます。このまま午前中は遊べるコンディションが続きそうです。

北から北東の風なので白渚も今日はコンディションが良さそうです。同じくらいかもうワンサイズは大きめのセットが入ってるかと思いますので後でチェックしにいこうと思います。

南西ベースの風波によるサイズアップなので平砂浦もいい感じになっているでしょう。

千葉北

南西ベースの風波アップ+北東の風のパターンだと千葉北はあまり反応しないパターンです。

南西からの波は回り込んで入ってくるため反応が鈍く、今朝も膝腿くらいのスモールサイズが続いています。

湘南

もう少しサイズアップするかと少し期待していたのですが、反応はイマイチでしたね・・・

昨日よりかはサイズアップしていて、腿腰くらいの波はありそうですけど、サイズダウンも早そう。

潮が引いている今のうちに入っておくのが良さそうです。

久しぶりに朝から北東の風、朝の鴨川~白渚&夕方の白渚の波

昨日の低気圧へ吹き込む南西の強い風により作られた南西からの風波が残り、低気圧が通過したあとの北~北東の風により鴨川~白渚はサイドオフの風。 朝は潮回りもよく上げ込みのミドルタイドの時間帯で午前中は十分に遊べるコンディションでした。
夕方の白渚は潮が上げてしまっていることもありサイズダウン、乗れるような波はほとんどブレイクしていませんでした。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: うねりの向きが変わりそう

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

21時更新

今日の千葉南エリアは朝一の潮が少ない時間帯こそ鴨川マルキや白渚ではセットで腰腹くらいで遊べる波がブレイクしていましたが、午後になり潮があげてほとんど動かなくなってからは風波もサイズダウンし乗れる波が少なくなりました。

一方で千葉北エリアでは低気圧の後面と千島近海に中心のある高気圧からの北東の風がつよめに吹いたことで、北東の風波がサイズアップしてきました。一宮周辺では腰腹から胸くらいまでアップしてきて、面はよくないけど久しぶりのミドルサイズまであがりました。

湘南はやはり風波はサイズダウンしてしまい、午後にはかなり物足りないブレイクに・・・

明日の風と波

予想気圧配置48時間

明日の予想気圧配置は、梅雨前線が途切れる気圧配置。

ちょうど本州付近だけ前線がかからなくなって南海上の高気圧の勢力が強まり、また千島の南海上あたりに中心のある高気圧もやや南へシフト。

明日も関東地方はこの東海上にある高気圧からの吹き出しの北東のが入ります。北東からの風により気温はあがらず今日と同じくらいのひんやりした陽気となりそうです。

うねりの向きとしては北東から東ベースとなって千葉エリアには反してきます。

南西の風がベースの風と波がしばらく続きましたが、ここにきて北東~東の風と波へシフト。

いままでと逆の傾向となり、一宮周辺はサイズアップしてきますけど風があわずにまとまりのない波となってきます。サイズが周辺よりもありそうなので、まとまりないながらもいくらか風の弱そうな朝一などの時間帯では、遊べる波はあるかもしれません。

面を気にするなら、北東の風を軽減してうねりにも比較的反応しやすい片貝周辺や鴨川から和田エリアで入るのが無難となってきそうです。ただ今日の夕方の白渚を見ましたけど潮が上げている時間帯ということもあり、ほとんどショアブレイクな感じでしたので、明日はかなり物足りないサイズになってしまうかもしれません。サイズ不足だとしても潮の少ない朝のうちに入っておくのがよさそうです。

北東~東うねりなので湘南や平砂浦では反応せずスモールサイズとなってしまうでしょう。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

台風5号からのパワフルなうねり台風5号は7KTのゆっくりした速度で南西へ向かっている。昨日から南に指向しはじめており今後も複雑な動きをすると予想される。小笠原付近に停滞する期間が長くなってきているため、引き続き厳[…]

IMG

7/29 3:00 ASAS 気圧配置と波情報台風12号は遠州灘の南の海上を西に進む伊勢市付近に上陸した。その後も三重県から奈良県を通って大阪市内を通過、さらに神戸市も通過して中国地方の山陽側を更に西進して現在山口県付近[…]

今朝のtwitter波情報まとめtwitterに投稿された全国の波情報をピックアップしてまとめています。主に動画や画像で波のコンディションがわかる投稿をピックアップ。湘南と千葉の波情報が多めですが、その他ポイントの波情報もtwitt[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/07/29
日の出:04:46 / 日の入:18:45
小潮
満潮:12:51(110cm) / 23:06(134cm)
干潮:05:43(48cm) / 17:05(94cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/07/29
日の出:04:48 / 日の入:18:48
小潮
満潮:13:18(111cm) / 23:23(133cm)
干潮:06:13(51cm) / 17:26(97cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/07/29
日の出:04:59 / 日の入:18:56
小潮
満潮:13:47(141cm) / 00:00(cm)
干潮:06:50(62cm) / 18:44(111cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/07/29
日の出:05:08 / 日の入:19:03
小潮
満潮:00:25(166cm) / 14:42(150cm)
干潮:07:49(70cm) / 19:41(124cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/07/29
日の出:05:27 / 日の入:19:13
小潮
満潮:00:12(175cm) / 14:07(156cm)
干潮:07:17(62cm) / 19:22(111cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/07/29
日の出:04:35 / 日の入:18:48
小潮
満潮:12:04(114cm) / 21:49(149cm)
干潮:04:45(59cm) / 15:37(106cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

エリア毎の特徴:千葉~伊良湖

ポイント毎に異なるうねりの反応前回の記事では「うねりの向き」について記載してみましたが、今回は日本のサーフエリアの特徴や反応するうねりの向きについて記載してみようと思います。ポイントの向きによってうねりが入りやすいのかどうか[…]

波の要素と種類

前回こちらの記事にて波をつくるための風について記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.com/20181003/wave-4905/]今回からは風によって作[…]

波をつくるための風

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

今日の波
最新情報をチェックしよう!