毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

西日本は今日にも梅雨明けしそう!関東は北東の風でどんよりした空模様が続く・・・【2020.7.30】

気圧配置と波情報 : 関東の梅雨明けは8月になりそう・・・

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

おはようございます。7月30日木曜日の朝の気圧配置と波情報です。

昨日は午前中は前日の南西からの風波が残って北東の風が吹いたことで、千葉南エリアの南向きのポイントを中心に午前中は遊べる波がありました。

湘南もちょっとだけサイズアップした波でしたけど、午後にはどちらのエリアもサイズダウン。

潮が上げてきたということもありましたけど、風波はすぐにダウンしてしまいました。

一方で千葉北には北東から東の波が反応するようになり、一宮周辺では久しぶりに腹胸くらいまでのサイズでしたけど風があわずなコンディション。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置&天気と波情報 : 西から台風がやってくる⁈午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。7月29日水曜の朝の気圧配置と波情報です。千葉と湘南エリアは相変わらずの物足りないサイズの波が続いており、[…]

今日の波

昨日の朝の鴨川~白渚&夕方の白渚の波です。

今朝も梅雨前線は西日本では日本海側まで北上してますが、近畿北部から東海地方あたりを通って関東の南海上にまで斜めに伸びています。

予想気圧配置を見ても、おそらく九州北部から近畿地方あたりまでは今日にも梅雨明けの機会となりそうです!

でも太平洋側は波がないですね。。。

関東地方は前線の北側に位置しており、千島付近にある高気圧からの北東の風が今日も入りやすい一日。

今日もヒンヤリとした空気で過ごしやすい一日となりますけど、7月末ですが関東地方の梅雨明けは8月に入ってしまいそうな感じにも・・・

昨日話題にした熱帯低気圧は今朝の天気図ではまだ熱帯低気圧として解析されています。

また越境してきそうな低気圧もLスタンプとして解析されており、これから日付変更線を跨いできそうです。

あとは南シナ海にある低気圧が熱帯低気圧に昇格しそうな状況でしょうか・・・

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北から北東の風。

朝からヒンヤリした空気で少し肌寒いくらいの陽気。今朝も広く雲に覆われています。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは昨日の朝よりもサイズダウンしていて膝腿くらいのスモールコンディション。

風は北よりで面はよく、潮も少ない時間帯でこれから上げに動いてきますけど、いかんせんうねりが弱いです。

たまのセットはワイドに入ってきますけど、それにテイクオフして1発あてるくらいのショートライドがほとんどです。

白渚も昨日の夕方にはすでにうねり弱くなってたので、今朝もおそらく膝腿からたまに腰くらいのサイズとなっているでしょう。

千葉南エリアで今日入るなら、スモールサイズながらも鴨川マルキか白渚で午前中に入るのが良さそうです。

平砂浦は昨日の朝は良かったんですけど、今朝はうねりの向きが変わったので反応なしのほぼフラットですね。

千葉北

北東から東の波に変わってくると千葉北が反応してきますが、今朝はまだまだうねりの反応よわい状態。

敏感に反応する一宮周辺では腿腰くらいで物足りないながらも周辺と比較してはサイズはあるほうです。北東ベースの風が合わないながらもサイズあるポイントで入ったほうが遊べそうです。

北東の風なので片貝周辺のほうが面はよいですけど、一宮周辺よりワンサイズは落ちてこちらも物足りないコンディション。

湘南

東からの波・うねりとなり湘南は反応しにくい向きの波です。

今朝はフラットなポイントも多くロングでも厳しいくらいの波となりそうですね。

今日の空と海の注意事項は?

湘南はかなりスモールサイズでビギナーの方の練習にも物足りないかもしれません。

先日の南西の風でまた少し水温下がっているかもしれないので、千葉茨城エリアへ向かう方はウエットは持参したほうがよいでしょう。

ただ北東の風になってきているので、水温は上がってくる傾向となります。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 東ベースの波が続く

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけては梅雨前線が西日本にはかからなくなってきており、西日本の各地では今日にも梅雨明け機会となりそうな感じ。

一方関東地方は前線が南海上にあり、また千島付近の高気圧からの北東から東の風が入りやすく雲がでやすい空模様が続きます。

特にうねりが強まってくる要素はなく、午後は潮もあげてきてしまい更に物足りないコンディションとなってきそうです。

西経からの低気圧は今夜にも東経に入ってきますが、発達はしなさそうであり熱帯低気圧としても解析されなそうです。

もう1つの熱帯低気圧は今夜には予想されてませんね。

週末にむけての風と波

予想気圧配置48時間

明日の金曜には太平洋高気圧が西日本に勢力を広げてきて、西日本では一気に夏がやってきそうです。

ただ関東地方は高気圧と高気圧の間に位置しており弱い気圧の谷。

東日本では雲が多くなり雨の降るところもあるのではないかと思います。

東海上の高気圧からの東ベースのうねりの反応が少しよくなってくるかもしれません。

もう少し時間が必要かもしれませんけど、東うねりに敏感なポイントでは腰腹くらいのサイズにはなってきそうな感じなので、

風の影響を考慮しつつ東うねりに敏感なポイントからチェックしていくような感じになるかと思います。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

7/30 3:00 ASAS台風5号は10KTの速さで南南西に向かっている。先週月曜日から千葉エリアで反応しだした台風5号のウネリは1週間続いており、太平洋側のサーファーは、先月波がなかったぶんを取り戻すくらいの波のある1週間だったはず。[…]

IMG

7/30 3:00 ASAS 気圧配置と波情報台風12号は中国地方から九州に入りゆっくり南に縦断して現在は枕崎市の西の海上にある。偏西風は台風よりも北側を流れており、台風を動かす流れは上層にある寒冷渦のみとなっている状況[…]

気圧配置&天気と波情報 : 千葉北と茨城は水温低下に注意午前3時の実況天気図 ASAS昨日はやっと関東甲信地方も梅雨明けが発表されました。去年が異様に早い梅雨明けだったこともあり、今年は去年よりも1ヶ月遅れの[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/07/30
日の出:04:46 / 日の入:18:44
小潮
満潮:14:33(118cm) / 00:00(cm)
干潮:07:01(38cm) / 18:41(103cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/07/30
日の出:04:49 / 日の入:18:47
小潮
満潮:15:01(121cm) / 00:00(cm)
干潮:07:29(40cm) / 19:11(107cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/07/30
日の出:05:00 / 日の入:18:55
小潮
満潮:00:33(156cm) / 15:21(150cm)
干潮:08:05(52cm) / 20:21(117cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/07/30
日の出:05:09 / 日の入:19:02
小潮
満潮:01:26(163cm) / 16:13(161cm)
干潮:09:00(58cm) / 21:12(130cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/07/30
日の出:05:28 / 日の入:19:12
小潮
満潮:01:17(172cm) / 15:37(164cm)
干潮:08:32(52cm) / 20:53(116cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/07/30
日の出:04:36 / 日の入:18:48
小潮
満潮:14:02(123cm) / 22:50(150cm)
干潮:06:06(49cm) / 16:59(117cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

あわせて読みたい

気圧配置と天気図パターンによる波のコンディションを解説前回のこのカテゴリでは、「高気圧からの吹き出し」と「アリューシャンからの北東うねり」による波のコンディションについて記載しました[sitecard subtitle=関連記事[…]

梅雨の波アイキャッチ
あわせて読みたい

高気圧からの吹き出しサーファーは海に行く前に必ず波の状況がどうなのかを確認します。今のこの時代は波情報やSNSが発達していて、海にいかなくても波のコンディションやブレイクの様子が写真や動画で見れるようになりましたが、波予想の基本は天[…]

あわせて読みたい

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

あわせて読みたい

サーファーにとってのもうひとつの”風”前回の記事に記載しましたとおり、サーファーにとっての風には二側面あるということをお伝えしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfsas24.[…]

サーフチェックサムネイル

【Kindle版】
週末サーファーのための波乗り気象学(前編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

今日の波
最新情報をチェックしよう!