毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

台風の時しか割れないポイントへのエントリーは慎重に、迷惑駐車だけは絶対やめよう【2020.9.6】

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

気圧配置と波情報 : 台風の波を満喫できた週末

午後3時の実況天気図 ASAS

今日は夜の更新となりました。

この週末は昨日今日ともに某ポイントにて台風10号からの波に乗らせてもらいました。

もう身体が動かないくらいの状況で運転もしんどい感じ。

だいぶロングライドもさせてもらいましたので腿への負担がかかり、立ち上がるにも「よっこらしょ」って感じです。

この週末は、土曜の朝から南うねりが反応してきて朝からいい波がブレイク。

土曜の昼には東の風が吹いてきて面はザワついてきましたけど夕方には風はおさまり、パワーのあるしっかりとしたセットが入ってきたのを感じ取れました。

そして今朝は昨日の夕方よりも少しサイズアップしたしっかりとしたうねり。

ブレイクしたときのパワーがやはり普段の波とは違い、ドルフィンしても「ずどーん」 って感じで、ボトムがリーフということもありましたけど台風の力強い波という感じでした。

千葉と湘南のメジャーなポイントは、今日のうちは全域でクローズアウトというまでには
至らず、湘南では昼頃は少し落ち着いていい感じのコンディションが続いたようですけど、さすがに夕方にはかなりハードになってきたようです。

九州はまさに厳重警戒の時間帯

22時45分時点の状況、台風10号は大型で非常に強い勢力を保持したまま枕崎市の西を北北西へ毎時30kmで進んでいます。

中心気圧は945hPa、中心付近の最大風速は毎秒で45mとなり瞬間最大風速は毎秒60mとして解析されています。

九州はすでにほとんどが暴風域に入っている見込み。

台風の北東象限においては南東よりの暴風が吹き荒れている模様で、海から吹き込む風により宮崎や大分などで激しい雨が降っているところがあるようです。

事前に気象庁からも最大級の警戒をというアナウンスが出ていたことから、多くの方が避難が完了しているかとは思いますが、明日にかけて要警戒な時間帯が続きます。

河川の氾濫や高潮にも警戒が必要な時間帯に差し掛かります。

どうか大きな被害が発生しないよう、祈るばかりです。

また、九州だけでなく四国や近畿から関東までも所々で非常に激しい雨が降っていますので、離れていても警戒は必要な時間帯となります。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

気圧配置と波情報 : 台風10号は猛烈な台風へ発達見込み午前3時の実況天気図 ASASまずは台風10号の今朝の状況から台風10号は南大東島の南南東の220㎞を北西へ毎時15㎞で進んでいます。中心気圧は920hPa、中心付[…]

台風10号からの南うねり

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

もうすでに夜になってしまいましたが、今日の状況だけ簡単に記載しておきます。

千葉南エリア

今日も一日ハードなコンディションが続きました。

鴨川〜和田エリアまでは昼頃に少しできる時間帯もあったようですけど、ハードでコンディション的には厳しい状態が続いたようです。

千倉では南西うねりをかわしてクローズアウトまでにはならなかったようですが、コンディション的には他へ移動したほうがいい波
あったのではないかと思います。

千葉北エリア

九十九里エリアではセットが入るとかなりハード気味なコンディションが続いたようです。

一宮周辺では南西うねりをかわしてサイズは落ち着いた感じの波となったようです。

台風からのうねりの向きが南西にシフトしてきたことにより、千葉北でも南西の風をかわす一宮周辺ではだいぶサイズは抑えられるようになりました。

湘南エリア

朝から頭サイズの波がヒットしていた湘南エリアですけど、昼頃には少し小康状態となりクローズアウトせずにサーフィン楽しめていたようです。

午後にはクローズアウトしてくるかと思っていましたが、ハードな波が入ってきたのは夕方になったようです。

石廊崎の波浪観測データ 6日22時時点

今日の空と海の注意事項は?

台風10号からの強いうねりで外海のメジャーポイントではハードなコンディション、かつうねりが南西にシフトしてきたこともあり、今日は内房には沢山のサーファーが訪れていました。

今日は都内に戻る日なので、帰りは内房のポイントをチェックしながら帰ったのですけど、うねりの強さ的にはそこまで強いうねりは入ってないなという印象です。

そんな内房エリアですけど、岩井など海水浴場でメジャーなポイントでは駐車場がほぼ埋まるくらいの盛況っぷり。

でも内房エリアのポイントは駐車スペースが限られたポイントが多く、ボトムがリーフなポイントでエントリーするにも入り方を知ってないと入れないポイント、潮の時間や岩の場所を知っておかないとキケンなポイントもあります。

メジャーな海水浴場のビーチ以外ではビギナーの方が入れるようなポイントではありません。

台風のうねりが反応してくると、駐車スペースが限られているポイントでは迷惑駐車が横行し、地元の方の生活道路を塞いてしまうような事態にもなってしまっているようです。

そんな状況が続いてしまうと、もうそのポイントでサーフィン出来なくなってしまう可能性もあります。

そのポイントの波を1年中待ちわびているサーファーもいますし、何より地元の方へ迷惑がかかりパトカーが出動する事態にもなりかねません。

コロナの影響もあり、より地元の方は他地域から大勢の方が訪れることに敏感になられているかもしれませんので、昨年以上にこの辺は地元の方へ配慮が必要になってきているはずです

停める場所がなければ無理に路駐したり、地元の方の迷惑につながるような行動だけは絶対に避けなければなりません。

またそのようなポイントの場所などをSNSで投稿することも控えたほうがよいと思います

普段は行くことがないポイントだけに、ビジターとしてエントリーするならば、その辺のルールとマナーを守ることが必要です。

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

今後の気圧配置と波: 南風が強まりクローズが増える

明日午前9時の予想天気図 FSAS24

明日は台風10号は九州の西を北上し、東海上の高気圧との間で本州付近は等圧線が縦に走る東高西低の気圧配置となります。

冬型とは真逆の風の流れで、広い範囲で南の風が強く吹く気圧配置です。

台風10号からの南西うねりは更に強まり、また強い南風の影響で多くのポイントでクローズアウトとなりそうです。

湘南はほぼ全域でクローズ、千葉もほぼクローズアウトで、外海でできるのは南西うねりと南風をかわす一宮周辺くらいでしょう。

もしくは同じく強い南西うねりと南風をかわすことができる茨城南部の鹿嶋〜波崎までのエリアができるポイントとなりそうです。

内房の一部のポイントでも出来る可能性はあります。

明日はこの週末のような、まとまったサイズのあるいい波といった感じにはならないと思いますので、無理せずこの週末の筋肉痛を回復させる時間に充てたほうが良いかもしれませんね。

明後日9時の予想天気図 FSAS48

明後日には台風10号は中国の東北区まで北上しつつもまだ台風としての特徴は保持している予想。

東海上の高気圧の縁辺流となる南西の風が入りやすい気圧配置です。

台風10号が残した南西うねりの反応は残りつつ、南西の風が吹きやすいので、火曜日も南西の風をかわすポイントからチェックするのが良いのではないかと思います。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay(2017/09/07)

9/7 3:00 ASAS本州には秋雨前線がかかり、昨日西日本付近にあった前線付近の低気圧は今朝は東の海上まで移動した。前線や低気圧からの南うねりが昨日は磯ノ浦でよく反応していたが、今朝は湘南で反応している。このように前線が絡む場合は、そ[…]

IMG
OnThisDay(2018/09/07)

9/7 3:00 ASAS / FSAS24今朝も東日本から西日本の太平洋側には秋雨前線が停滞、東海上に中心のある高気圧からの吹き出しが前線に向けて吹く構図。沖縄の南海上にある熱帯低気圧は台風にまで発達しておらず、ゆっくりと北西方向に[…]

OnThisDay(2019/09/07)

気圧配置&天気と波情報 : 南西うねりの反応は鈍いまま午前9時の実況天気図 ASAS台風13号は黄海にあって北に時速40kmで進んでいます。中心気圧は970hPa、中心付近の最大風速は秒速35mとして解析され[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/09/07
日の出:05:16 / 日の入:17:57
中潮
満潮:07:01(136cm) / 19:01(142cm)
干潮:00:54(49cm) / 12:54(63cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/09/07
日の出:05:18 / 日の入:18:01
中潮
満潮:07:22(132cm) / 19:10(141cm)
干潮:01:17(44cm) / 13:12(62cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/09/07
日の出:05:28 / 日の入:18:09
中潮
満潮:08:04(163cm) / 20:05(167cm)
干潮:01:55(61cm) / 13:59(74cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/09/07
日の出:05:37 / 日の入:18:17
中潮
満潮:08:54(173cm) / 20:55(176cm)
干潮:02:45(71cm) / 14:44(86cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/09/07
日の出:05:53 / 日の入:18:30
中潮
満潮:08:39(183cm) / 20:40(186cm)
干潮:02:30(64cm) / 14:33(80cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/09/07
日の出:05:10 / 日の入:17:57
中潮
満潮:06:13(141cm) / 18:11(149cm)
干潮:00:12(56cm) / 12:05(72cm)

こちらの記事がよろしければSNSでシェアをお願いします!

あわせて読みたい

週末は波があるのか?ないのか?[caption id="attachment_5553" align="alignnone" width="1024"] 写真:メローな程よいサイズのいい波、こんなコンディションなら最高だ[/captio[…]

うねりの向き
あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ4回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

あわせて読みたい

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ5回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

あわせて読みたい

都内から週末に通える海週末サーファーは毎週のように海に通ってサーフィンする方が多いと思います。1年間はだいたいの年は52週あるとして、春夏秋冬の毎週欠かさず海に行くとすると1年間で52回海に行くことになります。私の場合、海に[…]

あわせて読みたい

大阪市内から週末に通える海前回の記事では、都内に住んでいると仮定して関東地方で週末に通える千葉、茨城、湘南の各エリアの概要について記載しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://asasfs[…]

アイキャッチ画像

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

最新情報をチェックしよう!