毎朝の気圧配置と波情報/波予想記事を毎日更新 ~ 読み続けると「週末の波」が見えてくる ~

台風14号うねりは一旦落ち着くも明日は再び南~南西うねりが強まりそう【2020.10.9】

お知らせ:サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

千葉は東うねりと強い北東の風をかわすポイントへ

午前3時の実況天気図 ASAS

実況天気図

おはようございます。10月9日の金曜日の朝の気圧配置と風と波の状況です。

今朝の千葉エリアの気温は16度~17度くらい。

雨はそれほど強くは降ってませんが北寄りの風が吹いており、涼しいというよりも寒い朝になっています。

ついこの前までスプリングで海に入っていたような気がしますけど、、、これからはジャージのフルがメインとなってくる日が多くなってきそうです。

さて、台風14号が日本に近づいてきています。

今朝の6時45分に発表された予想進路図はこちら。

日本に近づいてきたことにより予報円はだいぶ小さくなり、当初予想されていたコースよりも南よりを通るコースが予想されています。

予想進路図

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

当初は予報円の中心を結ぶ線が千葉南部の真上にかかっていましたが、今朝の予想では千葉の南東海上を通るような予想に。

ただ予報円の中にはまだ千葉県全域がすっぽりと入っており、暴風警戒域も四国から関東までの広い範囲が対象となっているので、

ここで気を緩めないほうが良さそうです

以下の記事にも詳しく記載していますが、予報円は台風の中心が70%の確率で入るよう描かれますので、千葉県のどこかに上陸する可能性がなくなったという訳ではありません。

昨日の気圧配置と波情報

サーファーが知っておきたい台風に関する知識シリーズ5回目です。前回までの記事をざっとおさらいしておきますと1回目はそもそもの台風の定義のところから、台風の強さや大きさのカテゴリについて記載していますhttps://asasfsa[…]

少し宣伝になりますけど、、、

台風情報の活用や災害への備えなども踏まえ、サーファーが知っておきたい台風に関する情報を以下のKindle本にてまとめています。

台風による災害の頻度も多くなっていることから、台風が接近するたびにこちらの内容を思い出してもらい、こちら読むことで少しでも事前の安全に対する行動のきっかけになってもらえればと思っています。

サーファーと台風についてのKindle電子書籍
【Kindle】サーファーが知っておきたい台風の知識

少し話がそれましたが、、、

今日の気圧配置としてはここ最近ずっと続いている気圧配置と大きくはかわらず、北偏する高気圧から台風14号と秋雨前線へ向けて強い北東の風が吹き込む気圧配置が続いています。

今日も千葉と湘南エリアでは、北~北東の風が強く吹き続くでしょう。

そして波のほうはといいますと、、、

昨日の記事を一部夜にも更新したときに記載しましたが、どうも台風のうねりっぽさが感じられない波です。

台風からのうねりがしっかりと反応しているときは、波の音が豪快な感じで聞こえるんですけど、昨日の夜に耳をすまして聞いていたところ

そんな豪快な音は聞こえず。。。

今朝も千葉南エリアでは頭サイズのセットは入ってきていますけど、うねりの向きを見てみると、やはり東から入ってくるうねりが多く、

台風からの南~南西のうねりがメインで反応しているといった感じではないですね。

台風と秋雨前線の北側でずっと吹き続いた北東の風により、南よりのうねりは抑えられた感じになってきていると思います。

石廊崎の波浪観測データはこんな感じ。

昨日の昼頃をピークにそこから少しダウントレンドを示しています。

石廊崎の波浪観測データ

ただ、これから週末にかけて台風が近づいてくることにより、再び南~南西のうねりが強まってきそうです。

今日は一旦少しサイズ落ち着いた感じになるかもしれませんが、明日明後日と再び大きく荒れてきそうですので、その点だけはよく認識しておきたいところです。

昨日の気圧配置と風と波はこちら

昨日の気圧配置と波情報

千葉の外海はクローズ気味、湘南はいい感じのコンディション!午前3時の実況天気図 ASASおはようございます。10月8日の朝の気圧配置と風と波の状況です。台風14号は8日午前6時の発表では、南大東島の北東約250k[…]

今朝の千葉・湘南エリアの風と波

アメダス風

☀️気象庁 アメダス 風向風速(関東地方)
https://www.jma.go.jp/jp/amedas/206.html?elementCode=1

☔️気象庁 レーダーナウキャスト
https://www.jma.go.jp/jp/radnowc/

🌊気象庁 波浪実況・予想図
https://www.data.jma.go.jp/gmd/waveinf/tile/jp/index.html

🌀気象庁台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

今朝の千葉エリアは北西~北東の風。

沿岸部でも強めに吹いているところもあり今日も北東ベースの風の影響を強く受けそうです。

千葉南

今朝の鴨川マルキポイントは北~北西の風。風はそこまで強くは吹いておらず面はクリーンなコンディション。

先ほども記載しましたけど、今朝も朝からセットは頭サイズの波が入ってきていますけど、昨日よりも少し落ち着いた波になっています。

うねりの向きは東からのうねりがメインで入ってきており、台風14号からの南~南西うねりの反応が一時的に鈍ってきたと思われます。

左の岩場の方にサーファーは集中しており、セットは頭くらいで今朝もレフトの波を中心に十分乗れる波はあります。

波数もコンスタントあることから、中級者以上でないとアウトには出れなさそう。ハマると結構しんどいかもしれません。

千葉南エリアでできるポイントはあとは平砂浦が落ち着いていてサーフィンは十分可能なコンディション。

御宿の岩和田も北東の風とうねりをかわしてミドルサイズで十分できそうです。

千葉北

北東の風が強めに吹いて東ベースのうねりの反応が続きハードなポイントが多くなっています。

片貝ではなんとか風を軽減してできそうな波はありそうですが、ちょっと北からの風が強すぎるような状況かもしれません。

東ベースのうねりをかわしてサイズと風をかわす飯岡では出来るコンディションではありそうです。

その他のポイントはクローズアウトですね。

湘南

昨日の朝は頭サイズのかなりいい波が入っていた湘南・鵠沼では今朝はサイズダウンして腰腹くらいのサイズ感。

先ほども記載したとおり、強い北東の風によって台風14号からの南~南西うねりが一旦反応が鈍くなってきているからだとは思います。

ただ遊べるだけのサイズの波はポイントによっては残っているので、鵠沼でも十分に楽しめるコンディションにはなっているようです。

一旦落ち着いた台風14号からの南うねりは、これから台風が接近するに従い再びサイズアップしてくると思われます。

 

※YouTubeには今日の波チェック動画、海と空の映像や雲の流れタイムラプス映像などをアップしています。

https://www.youtube.com/channel/UChclptxfHQYAEE6LnBsJHhQ

よろしければご覧ください&チャンネル登録をお願いします!

南から南西うねりが再び強まる

今夜9時の予想天気図 FSAS24

予想気圧配置24時間

今夜にかけて台風14号は四国の南海上まで近づき進路を北東方向へとシフトさせてくる気象庁からの予想となっています。

北東の風は強めに吹き続き、千葉エリアでは強い東ベースのうねりをかわす、飯岡・御宿・片貝・鴨川・平砂浦以外はクローズアウトなコンディションが続きそうです。

上級者の方はその他リーフなポイントでもエントリーできるかもしれませんが、アベレージサーファーの方はうねりをかわしてそこそこなサイズの飯岡や御宿、平砂浦あたりへ向かったほうが楽しめるのではないかと思います。

湘南は今日はサイズは落ちましたけど、ポイントによってはミドルサイズで十分遊べるところもありそうです。

一旦は反応が鈍っている台風14号からの南~南西うねりの反応が突然良くなってサイズアップしてくる可能性もありますので、

その点を頭の中に入れておいたほうがよいでしょう。

急に波が大きくなってきたり波のパワーが強くなってくるのを感じたら、早めに上がるなど、技量に合わせて慎重に行動してもらえればと思います。

明日夜9時の予想天気図 FSAS48

予想気圧配置48時間

明日の夜には台風14号は東海沖にまで進んでくる見込みで、雨風ともに強まってきます。

台風が南海上を東へと進むことから、明日は更に北東~東北東の風が強まりそうです。

また一旦抑えられていた台風14号からの南~南西うねりの反応が再び良くなってきて、大きくサイズアップしてくることも想定されます。

千葉エリアではほとんどのポイントでクローズアウトとなり、今日できているポイントでも厳しくなってきそうです。

できるのは一部のポイントのみとなりそうですが、台風が近づいてきますので無理な行動はしないよう、特に後半は大荒れにもなってくる可能性もありますので十分注意が必要です。

湘南は北寄りの風でオフショアベース、今日は一旦落ち着いた波も明日は再びサイズアップしてきそうです。うねりは南~南西方向から入ってくるうねりへとシフトして反応してくるはずで、鎌倉エリアでも反応は良くなってきそう。

強いオフショアとまとまった雨が少しモチベーションを下げてしまいそうではありますけど、

気にならないのであれば、中級者以上の方はサイズ十分な波で遊べる波が前半を中心にありそうです。

明日の後半は台風が近づいてくることから、無理な行動はせず早めに上がったほうがよいでしょう

ビギナーの方は明日は海に入るのは控えたほうがよいです。

過去の気圧配置と波情報

今日と同じ日の気圧配置と波のコンディションの過去3年分の記事です。
過去の今日はどんな天気でどんな波だったのかご覧ください

OnThisDay-2016.10.08

10/9 3:00北海道の東にある低気圧から伸びる前線が日本列島に沿って停滞している前線の南に位置するエリアでは南から南西ベースの風が強く吹いている千葉、茨城ともにこの強い南西の風を交わせるポイントで今日は楽しめてるようだ鹿嶋は風も[…]

IMG
OnThisDay-2017.10.09

10/9 3:00 ASAS本州付近は今日も移動性の高気圧に覆われており関東地方では朝から晴れ。東の海上にある低気圧は10ktとゆっくりした速度で東進中、動きが遅いこともありこの低気圧からのうねりがこの三連休を楽しませてくれることに。今朝[…]

IMG
OnThisDay-2018.10.09

10/9 3:00 地上天気図と概況本州付近は弱い気圧の谷がありながらも東西にある高気圧に覆われて晴れている。南の海上に中心を持つ高気圧との間に前線が停滞。フィリピンの東には小さな低気圧があるが、特に大きな発達することはなさそうな状況。[…]

OnThisDay-2019.10.09

気圧配置&天気と波情報 : 台風の通過までしばらく北東の風午前3時の実況天気図 ASAS大型で猛烈な台風19号は勢力をキープしながらマリアナ諸島付近にあります。中心気圧は915hPa、中心付近の最大風速は秒速[…]

各エリア : 今日の暦と潮まわり

千葉エリア:こよみと潮まわり(勝浦)

2020/10/09
日の出:05:40 / 日の入:17:12
小潮
満潮:09:30(117cm) / 19:16(131cm)
干潮:02:16(44cm) / 13:41(104cm)

湘南エリア:こよみと潮まわり(江の島)

2020/10/09
日の出:05:43 / 日の入:17:15
小潮
満潮:10:12(119cm) / 19:15(129cm)
干潮:02:36(35cm) / 14:07(108cm)

伊良湖エリア:こよみと潮まわり(赤羽根)

2020/10/09
日の出:05:52 / 日の入:17:24
小潮
満潮:10:22(142cm) / 20:30(143cm)
干潮:03:16(56cm) / 15:15(117cm)

磯ノ浦:こよみと潮まわり(和歌山)

2020/10/09
日の出:06:00 / 日の入:17:33
小潮
満潮:11:22(150cm) / 20:49(151cm)
干潮:04:17(65cm) / 16:05(134cm)

宮崎:こよみと潮まわり(宮崎)

2020/10/09
日の出:06:13 / 日の入:17:49
小潮
満潮:10:51(156cm) / 21:18(159cm)
干潮:03:53(63cm) / 15:52(126cm)

仙台新港:こよみと潮まわり(仙台新港)

2020/10/09
日の出:05:39 / 日の入:17:07
小潮
満潮:08:48(117cm) / 18:21(138cm)
干潮:01:32(43cm) / 12:33(108cm)

こちらの記事も合わせてご覧ください!

エリア毎の特徴:日本海

ポイント毎に異なるうねりの反応前回と前々回の記事にて、千葉から宮崎までのメジャーなエリアを中心に、どのエリアにはどんな方向のうねりが反応するのかをざっくり書いてみました。[sitecard subtitle=関連記事 url[…]

台風の知識

なぜサーファーが台風に注目するのか?[caption id="attachment_8459" align="alignleft" width="2016"] 某ポイント:台風の強い南うねりが入ったときに素晴らしい波が現れる[/capt[…]

波をつくるための風

サーファーにとっての風とは[caption id="attachment_3998" align="alignnone" width="1024"] 平砂浦@千葉[/caption]こちらのブログでは毎日の気圧配置の変化によって[…]

波をつくるための風

【新刊のご紹介】
サーファーが知っておきたい台風の知識

台風スウェルをあてるための台風の知識と経験則、
台風による災害への備えについて
サーファー目線でまとめました

週末サーファーのための波乗り気象学(前編/中編)

“天気図から風と波を予想していい波をあてる” をテーマに
週末サーファーがいい波にのるための
気象・海の知識と経験則について書籍化してみました。Kindle本の紹介画像
Amazonで見てみる!

Kindle無料アプリの入手

↑Amazonの本読み放題「Kindle unlimited」↑

台風14号
最新情報をチェックしよう!